ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

新憲法制定支援,中国の巧みさ

中国が,土壇場に来て,ネパール新憲法の制定を強力に支援している。巧みにして効果的,他国の追随を許さない。さすが外交大国!

 150107a ■習主席(中国外務省HP)

1.切り札としての習主席訪ネ
目玉は,習近平主席。国交60周年も絡め,もし新憲法が制定・公布されるなら,習主席のネパール訪問は可能と,中国筋はあちこちでネパール側にほのめかしている。巧い,美味すぎる!

たとえば,中国現代国際関係研究院(CICIR)南亜東南亜大洋州研究所のHU Shisheng所長は,こう語っている。

「ネパール制憲議会が,新憲法を制定しその任務を全うするなら,中国高官のネパール訪問がより確かとなるだろう。」そして,ネパール政治が安定すれば,習近平主席の訪ネも可能となる。しかし,これはあくまでもネパール側の努力にまたねばならない。「中国には,ネパールの政治に圧力をかけるつもりもなければ,ネパールへの影響力をめぐってインドと競うつもりもない。」(a)

こうした中国の対ネ外交は,ネパール側からも高く評価されている。たとえば,ビレンドラ・ミシュラ元選管委員長は,中国要人の訪ネが日常化していると特筆した上で,こう述べている。

「隣国,特に中国のような強大で発展した国からの訪問は,もちろん望ましいことだ。中国は,ネパールの安定,独立,主権をつねに尊重してくれている。これと対照的に,インドはネパール訪問をあまり重視していないようだ。[バジパイ首相の2002年訪ネの次はモディ首相の2014年訪ネなのに]モディ首相はこの訪ネを政治的に利用したにすぎない。インドは,ネパールのことは,おそらく治安機関に任せているのだろう。」(b)

このように,ネパール側の中国への期待も,きわめて大きい。

150107b ■CICIR(同HP)

2.大国外交の華と粋
ネパールの新憲法制定(新国家構築)については,これまで主に日本を含む西側先進諸国が物心ともに支援してきた。人民戦争停戦,武装解除,暫定憲法体制設立,制憲議会選挙,新憲法起草準備など。それは内政干渉ギリギリ,だからこそ,ネパール側からの反発も,少なくなかった。

ところが,その最後の最後,土壇場の総仕上げの段階になって,中国が奥の手を出し,新憲法制定への最後の一押しをしようとしている。もしめでたく新憲法が制定・公布されるなら,それは中国の決定的な一押しのおかげと言うことになる。

もし,こうして新憲法が制定されるなら,習近平主席が国賓として訪ネし,正統な新体制の出発を威厳をもって厳粛に祝福するであろう。そして,ネパール国民も,こぞって,これを歓迎し,偉大な中国の支援への感謝を惜しまないであろう。あっぱれ,見事な大国外交だ。

▼「亜太日報」(1月1-15日) ネパール発行の本格的中国語高級紙
150107c

[参照]
(a)”Chinese Nepal watchers: Xi’s visit hinges on charter,” Ekantipur,2015-01-06
(b)Birendra Mishra, “Chinese Interest,” Republica,2015-01-06

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/01/07 @ 18:33

カテゴリー: インド, 外交, 憲法, 中国

Tagged with ,