ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for 4月 2015

学校の地震被害

地震では,各地の学校が甚大な被害を受けていると思われる。地方の状況はまだわからないが,たとえばカトマンズ市内ディリバザールのスリョダヤ校

三十年ほど前,初めて訪問した時は,他の学校と同様,電気もない小さな小屋のような学校だった。幸い,校長が根からの子供好き,世話好き,教育熱心だったので,徐々に拡大し,やがて下図のような格調のある文化財級の古い建物を借りて校舎とし,子供たちを教え始めた。

この校舎が,今回の地震で大きな被害を受けた。幸い土曜休日だったので,校内での子供たちや先生方の被害はなかったようだ。

しかし,校舎は,倒壊はまぬかれたものの,各所に亀裂が入り,構造部分に大きなダメージを受けたため,このままではもはや授業再開は無理のようだ。

こうした校舎被害は,他にも多いに違いない。教育分野での被害の拡大も心配される。

▼震災以前の校舎(2004年度学校カレンダー)
150430a

震災直後:校舎と校庭避難テント
150430d150430b
150430c

Written by Tanigawa

2015/04/30 at 13:04

カテゴリー: ネパール, 国際協力, 教育

Tagged with ,

ネパール救援初動態勢,世界と日本

下図は,ニューヨーク大学アイアン・ブレマー教授(ユーラシア・グループ代表)がツイッターに掲載し,広くリツイートされ世界中に広まっているもの。右下にAFPとあるが,元の記事は見つけられなかった。

かつて,自衛隊を非軍事的な「国際救援隊」に改組し,どの国にも,どの地域の人々にも警戒されず,世界で最も期待され信頼される救援・支援組織とすべきだという提案がなされ,かなり広く支持されていた。ネパール救援の初動状況を見ると,いま一度,検討されてよい提案である。

Who’s Helping Nepal(ブレマー教授ツイッター)[□印追加]
150429a

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/04/29 at 10:59

カテゴリー: ネパール, 国際協力, 情報 IT

Tagged with , ,

震源地ゴルカの被害状況

ゴルカは震源地であり,前述のように,村や町の被害が心配されている。ゴルカ出身のバブラム・バタライ元首相(マオイスト)がヘリで緊急視察したところ,全壊に近い村もあるようだ。

ネパールの村々は,急峻な山腹にへばりつくように点在したり,ナイフの刃先のような狭い稜線上に位置するものが多く,素人目にも,揺れや地滑りには極めて弱そうだ。。

それらの村々への道路も,山腹を切り開いただけの山道が多く,各所で不通となっていると思われる。ヘリなどの支援はできないのだろうか?

▼ゴルカの村と町(バタライ元首相FBより)
150427f150427g

▼ゴルカ(2009年3月)

[参照]ゴルカ関連記事
ゴルカの落差と格差:美少女の不幸
血みどろのゴルカ王宮

[追加]ゴルカ郡だけで,死者375人,不明多数(Republica, 28 Apr)。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/04/28 at 11:24

ネパール震災救援支援

ネパール震災被害救援を支援するための募金活動が始まった。以下は,ネットで情報提供されている主な活動(4月27日現在)。

150427a ネパール:大規模地震の被災地に緊急援助チームを派遣
ネパールで25日に発生した大規模地震をうけ、国境なき医師団(MSF)は4編成からなる緊急医療援助チームを派遣する。・・・・さらに、MSFは医療物資など緊急援助物資3000セットを送る予定。・・・・
http://www.msf.or.jp/news/detail/headline_2127.html

150427b ネパール 地震被害緊急支援募金
2015年4月25日に発生した地震により、ネパールおよび周辺国での死傷者は6500人超となり、建物や文化財も多数倒壊するなど甚大な被害がでています。・・・・Yahoo!基金では、これらの被害状況を受けて緊急支援募金の実施をいたします。
http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630016/

150427c ネパール地震緊急募金
日本ユニセフ協会は、ネパール地震の被害を受けた子どもたちを支援するための「ネパール地震緊急募金」の受付を開始しました。・・・・
http://www.unicef.or.jp/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=nepal

日本ネパール協会 ネパール地震被害義捐金の募集
日本ネパール協会は、ネパール国民及び政府、被害を受けられた皆様に対し心からのお見舞いを申し上げますと共に、海外在住ネパール人協会(NRNA)などと連携して、義捐金を募集致します・・・・。
http://nichine.or.jp/JNS/?p=7771

150427d  救援調整のため職員を派遣~ネパール地震災害
国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)は、各国赤十字社に対して緊急支援を要請する準備を進めています。
http://www.jrc.or.jp/press/150426_003566.html

150427ePM DISASTER RELIEF FUND
The government has appealed to all to make contributions to the Prime Minister Disaster Relief Fund to help with the treatment, rescue and relief of those caught in the Saturday earthquake and to facilitate the unprecedented scale of disaster management.[…] Anyone wishing to make contributions can do so by making deposits to any of the Relief Fund bank accounts:
 00100105200270 and 00101102200012 at Everest Bank
 002-11-053313 at Nepal Bank
 0411010000005 at Global Bank
 18013243801 at Standard Chartered Bank
 035142 ‘C’ at Nepal Bangladesh Bank
http://www.myrepublica.com/politics/item/20014-govt-appeals-for-contributions-to-pm-disaster-relief-fund.html

【追加】
150427m ネパール中部地震被災者に対する緊急医療支援
AMDA街頭募金
ネパール中部地震被災者に対する緊急医療支援活動のための街頭募金
5月1日(金)12時00分~13時00分,岡山高島屋 正面玄関前あたり

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/04/27 at 07:57

カテゴリー: ネパール, 国際協力

Tagged with ,

中国と米国,震災救援に着手

中国と米国が,いち早く,ネパール震災被害救援に着手した。

中国は,26日,専門家65人からなる救援隊と救急支援用品一式を,特別機でネパールに送り,救援活動に着手する。また,米国大使館も,ただちに100万ドルの緊急支援を発表。USAIDの災害救援隊などが救援活動を始める。

地震の震源はゴルカ,マグニチュードは7.9。死者は約1400人。カトマンズだけで約500人に及ぶ。女性と子供の犠牲者が多い。(日本時間4月26日午前現在)

[参照]高層ビルの耐震性:モルタル塗り煉瓦壁

150426b ■米国大使館HP

150426a ■MBS・TV(4月26日)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/04/26 at 09:12

カテゴリー: ネパール, 社会, 自然

Tagged with ,

ネパールで大地震,死傷者多数

ネパールで,ラムジュン(カトマンズとポカラの中間付近)を震源とするマグニチュード7.9の大きな地震があり,Hindustan Times, The Hidu等のインド・メディアによると,400人以上が死亡した。建物多数が崩壊し,地滑り等も発生しているという。まだ情報がごく限られており,各地の被害は不明。震源に近いゴルカや観光地ポカラの被害が心配される。

地震は,午前11時56分に発生,以後余震が続き,The Hinduによれば,午後2時45分現在も続いている。

カトマンズ中心部のビムセン(ダラハラ)塔も完全に崩壊。休日で賑わっており,多数の死傷者が出ているのではないか。また,旧王宮付近も大きなダメージを受けているという。(日本時間20時23分記述)

150425a ■震源(BBC,25 Apr

【地震データ】USGS
Time: 2015-04-25 06:45:21 UTC
Nearby Cities:
49km E of Lamjung; 69km NW of Kirtipur; 70km NW of Kathmandu
70km NE of Bharatpur; 72km NW of Patan
150425b

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/04/25 at 20:27

カテゴリー: ネパール

Tagged with , , ,

京都の米軍基地(68):翼賛奉仕へ粛々と

経ヶ岬進駐米軍への翼賛奉仕体制づくりが,米軍主導で,粛々と進められている。権力もカネもあるから,住民は翼賛奉仕に加担した方が得策,反対派はじり貧,見る影もない。

150423f■「つかみ取られる日本(!?)」(米軍FB)

1.視察・宴会
米軍最前線最先端基地には,米日要人の視察が続々。4月13日には防衛大臣政務官ご一行が,はるばる秘境・経ヶ岬にまで,ご機嫌伺いにこられた。視察後は,もちろん宗主国のための宴会。視察団:防衛大臣政務官・石川博崇,防衛省地方協力局地方調整課長・藤代誠,航空幕僚監部総務部長・荒木文博,中部航空方面隊副司令官・金子真一,中部航空警戒管制団司令・山本祐一ほか(敬称略)。

その数日後(たぶん4月19日)には,京都府の山田知事が視察。日本のメディアはあまり報じないが,誠実な米軍は,ちゃんと報告してくれている。

150421b150421c
 ■防衛大臣政務官等の視察(米軍FB)/宴会(米軍FB)

150421a■山田知事視察(米軍FB)

2.日米友好協会
地元も盛り上がっている。4月16日には,特定非営利活動法人「京丹後市日米友好協会」が設立された。目的は,「京丹後市民と米国人をはじめとする基地関係者との相互理解と友好関係を増進し、地域社会の安心安全に寄与すること」。

米軍人・軍属およびその家族との交流なのに,なぜ「日米友好」なのか? 相手は,毎日のように世界のどこかで戦争をしている,世界最強の恐ろしい軍隊。目的と名称が一致していない。が,われらが京都府知事は,もちろん「国益」のため,法人設立を認可した。

150423150423a
 ■協会マーク(米軍FB)/協会会合(米軍FB)

3.消防協定
その数日後の4月21日には,京丹後市が,「在日米陸軍基地管理隊緊急業務局統合消防本部」という,いかにもおどろおどろしい米軍機関との間で,消防協定を締結した。

「協定書」はまだ未見だが,報道によると,米軍基地で火災が発生した場合,米軍の要請を受け,市の消防隊が消火にあたるのだそうだ。

大丈夫かな? 基地内は日本の治外法権。しかも,危険物ごろごろ。一応,燃料タンクなどの情報は提供されるそうだが,本当に危険なもの,つまり軍事秘密であり「特定秘密」でもありうる恐ろしい危険物の情報など,ちっぽけな自治体の消防になど教えるはずもない。

それなのに,中山市長は満面の笑みをたたえつつ,米軍統合消防長と固く握手し,「協定書」を取り交わした。市長によれば,「今回の協定によって、米軍の安全と同時に市民の安全も守れることにつながる」(NHK京都4月21日)という。

どうして? 危険きわまりない外国軍基地の火災現場に突入し,滅私奉公させられるのは,市長ではなく,市民を守るはずの消防隊員なのに。

150423b■協定書交換(米軍FB)

150423d150423e
 ■協定書交換(NHK京都)/米軍責任者(NHK京都)

4.エルモ京丹後支部
独立行政法人「駐留軍等労働者労務管理機構(エルモ)」も,たぶん4月上旬に,開設。「経ヶ岬通信所の日本人雇用者のため」だそうだ。それにしても,「エルモ」とは,ちょっと気恥ずかしくなるような,が,いかにもそれらしい,名称ではある。

150423c■開設文書交換(?)(米軍FB)

*「レーダーサイト火災時の消火協力 京丹後市と米軍が協定 消火設備の事前点検も」産経ネット版,2015.4.22
*「米軍基地と京丹後市が協定」NHK京都ネット版,2015.4.21
*14th MDB,FB

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/04/23 at 18:43