ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

京都の米軍基地(67):米軍イースター布教,大成功

経ケ岬米軍が,京丹後市の現地住民を招き,「イースターエッグハント――一緒にアメリカ文化体験」を催行した。京丹後市国際交流協会との共催。

イースター祭がキリスト教の宗教儀式であることは,前述のとおり明々白々(参照:米軍とキリスト教)。米軍は正直であり,宣撫すべき現地住民(「原住民」)を招き宗教活動をしていることを,隠しはしない。平然と,こう公言している。

Great Easter event with over 100 children for the Easter Egg Hunt. Very special service by COL Revell, 94th AAMDC Chaplin. Thank you to Central Hotel and the Kyotango International association for making it possible.
イースターイベント(復活祭)にて行われたイースターハントに、100名以上の子供たちが参加してくれました。参加者の皆様、そして開催にご協力いただきました京丹後市国際交流協会とセントラーレ・ホテルに大変感謝致します。第94米陸軍対空ミサイル防衛コマンド チャップリン、ラビル大佐による特別礼拝も受けました。
(経ケ岬米軍FB,赤強調=引用者; 原文中の「Chaplin=チャップリン」は喜劇王。和製英語ではChaplainと綴る。旧宗主国OEDで確認せよ!)

150406a150406d
 ■参加者(米軍FB,子供の顔削除)/京都新聞4月6日記事(子供の顔削除)

150406f150406b
 ■会場での礼拝(米軍FB)/礼拝案内(正面左に掲示?,同FB)

写真には,イエスや十字架は写ってはいないが,これはどう見ても礼拝(Service)。その宗教儀式,布教・宣教の場に,ほとんどが異教徒のはずの現地の子供と家族多数(約100人)が招待され,参加したのだ。

アメリカは,キリスト教を事実上「準国教」とする宗教国家であり,また米語(英語)を「世界共通語」と信じて疑わない英語帝国主義(English Imperialism)の国家でもある。対照的に,現代日本は,宗教と政治を峻別する世俗国家(憲法第20条)であり,米語(英語)は多くの外国語の一つにすぎない。日本は,国家の在り方も文化も,米国とは大きく異なる。

しかし,日本は,単に米国と異なるだけではない。困ったことに,日本は,幕末と太平洋戦争の二度の惨めな敗北がトラウマとなり,根深い対米劣等感に憑りつかれている。アメリカが後進国・日本の啓蒙を「天与の使命(Manifest Destiny)」と信じて疑わないのに対し,日本は,そのアメリカの顔色を常にうかがい,何か言われれば,すぐ恐れ入り,進んで迎合する。その典型が,キリスト教と米語(英語)だ。(参照:英語帝国主義安倍首相と英語

しかも,ここで見落としてならないのは,少なくとも米政府当局は,日本を冷静かつ冷酷に分析し,長期的戦略を立て,このような対日政策を目的合理的に遂行しているということ。

アメリカは世界有数の多文化社会。英語以外の言語,たとえばスペイン語を母語とするアメリカ人も多数いるはずなのに,米軍は,スペイン語での交流会を開き,日本の子供やその家族を招き交流しようとはしない。あるいは,キリスト教以外の宗教も,ユダヤ教,イスラム教,仏教など多数信仰されているはずなのに,たとえばイスラム教の宗教儀式を主催し日本人と交流することもない。米軍は,「アメリカ文化はキリスト教と英語」というプロパガンダが米国国益に最もかない,かつ日本に最も有効と見定め,そのフィクションにより日本人を啓蒙・教化しつつあるのだ。

子供たちは身ぶり手ぶりや片言の英語で軍人と話し,イベントを楽しんだ。」(京都新聞4月6日)

「身ぶり手ぶりや片言の英語で軍人と話し」たのは,子供だけではあるまい。大人もまた日本側は幼稚なことしか表現できず,米軍人・軍属やその家族は,たとえ2,3歳の子供であっても,会場では圧倒的に優越した上位者の側にあったにちがいなる。こうして,日本側は対米劣等感をインプットされ,ことあるごとに思い知らされ,対米従属に馴致されていく。米国ソフトパワー恐るべし。

米国は正直だ。自分たちが世界最強の武器を持ち,いつでも行使できる恐ろしいワシであることを誇りこそすれ,隠したりはしない。日本でも,イザとなれば治外法権,何でもできる。

150406c150406e
 ■経ケ岬米軍シンボルマーク(米軍FB)/霊峰富士を撃つ米兵(米軍FB)

それなのに,われらが同朋は,それを見て見ぬふりをし,子供をすら差し出す。「子供たちは身ぶり手ぶりや片言の英語で軍人と話し」たのだ!! 植民地根性が習い性となっているといわれても,いたしかたあるまい。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/04/07 @ 20:53