ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

キルティプル南西低地,少し被害

キルティプルの丘の外周南西低地は,地質が悪いらしく,少し地震被害が見られた。完全崩壊ではなく,部分的損傷。

それでも寺院境内や空き地には,テントやトタン避難小屋が多数設置されている。おそらく余震を恐れてのことだろう。この辺の家屋の多くは,地震が無くても危険なほど古く,人々が警戒するのも無理はない。

カトマンズ市内の地質の悪いところ,たとえばアサン,インドラチョーク付近は被害甚大だそうだ。どのような状況か,気になるところだ。

なお,キルティプルには観光客は全く来ていない。昨日のタイ航空もガラガラだった。観光業は大きなダメージを受けているのではないだろうか。

150714d150714a
■震災被害建物,橙色標識はOXFAM/中国提供テント

150714c150714b
■OXFAM頑張るがこれらは自然崩壊

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/07/15 @ 01:10

カテゴリー: 社会, 自然

Tagged with ,