ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

タライ民族自治の正義と国民国家の理念

州区画をめぐる紛争がカイラリ,ラウタハト,ジャナクプルなどタライ各地で激化していることを危惧したモディ印首相が,8月24日,コイララ首相に電話し,諸民族の調和と話し合いによる問題解決を要請した。また,これは未確認だが,Economic Times(26 Aug)によると,印首相は治安強化支援にさえ言及したという。タライは印国境沿いであり,モディ首相としては座視し得ないということだろうが,こうした電話は,大国からの政治的圧力,あるいは内政干渉と受け取られても致し方あるまい。

制憲議会審議中の7州案に対しては,他にも反対は少なくないが,いま反対運動の中心になっているのは,タライのマデシとタルー。彼らの主張はきわめて明快であり,民族自治の理念を認めるなら,「タルー州」や「マデシ州」の要求を拒否することは難しい。そのことを外国メディアの気楽さからイラストで単純明快に図解したのが,India Today(25 Aug)。ネパールを1本のソーセージにたとえ,縦切りにするか,横切りにするか,と問いかけている。

 150828a■国民国家の理念,一つの国民一つ国家
 150828b■憲法案の縦割り連邦制
 150828c■マデシ,タルーの横割り連邦制

これは分かりやすい。縦割り州区画をすると,タライは丘陵地(伝統的支配民族/カースト)に従属したままとなる。これと対照的に,横割り州区画をすると,タライでは,そこに多数居住するマデシやタルーの人々の民族自治が実現する。

しかしながら,「マデシ州」や「タルー州」にも,いくつか難点がある。一つは,いうまでもなく,州内少数民族の権利をどう守るのかということ。そして,もう一つは,横割りでタライに1つないし2つの州をつくり,大幅な自治権を認めると,タライと同じ諸民族がインド側にも多数居住しているので,タライはインドとの関係を強化し,北方丘陵地,とくにカトマンズからは自ずと離れていくことになる。すなわち,国家分裂の危機である。

タライには,たしかに「民族自治」の正義がある。しかもその上,タライは,北方丘陵地,特に首都カトマンズへの補給の要所を握っている。タライは,その気になれば,いつでもカトマンズを兵糧攻めに出来る。すでに,この数週間のタライ闘争で,カトマンズでは生活必需品が不足し物価高騰が始まっている。タライには,正義に加え,強力無比の対カトマンズ闘争手段もある。宿痾の内輪もめさえ自制できれば,タライ勝利の可能性は高い。

しかし,そうなれば,今度はネパール国家分解の恐れが出てくる。民族の正義と国民国家の理念との相克-ーこれは難しい。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/08/28 @ 20:19

カテゴリー: 憲法, 民族

Tagged with , , ,