ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

バブラム・バタライ,マデシ理由に離党し議員辞職

バブラム・バタライ氏(首相:2011-13)が,9月26日午後の記者会見でUCPN-M離党と議員辞職を発表した。

 150926(バタライ氏ツイッターより)

バタライ氏は,制憲議会設置の「憲法に関する政治的対話と合意形成委員会(CPDCC)」委員長として新憲法起草に努力したが,20日公布の新憲法には,彼が求めてきた社会諸集団の包摂は十分には実現されず,タライは反政府闘争激化で危機に陥ってしまった。それゆえ,人民の期待を裏切った党を離れ,議員も辞め,タライと連帯する,ということであろう。

バタライ氏は,新憲法の採決・公布の頃から,反憲法闘争に向かうマデシ諸党への支持を公言し始め,24日の記者発表では,タライの人々のため,彼らの要求の実現に努力する,と宣言した。そして,ついには26日の離党,議員辞職となったのである。

たしかに,バタライ氏がプラチャンダ議長と協力して設立したマオイストの基本理念は被差別社会諸集団の国家社会への包摂であり,10年に及ぶ人民戦争もその実現のために戦われたといっても過言ではない。ところが,バタライ氏からすれば,NC,UMLばかりかUCPN-Mまでもが,人民の期待を裏切り,非包摂的な新憲法を強引に制定・公布してしまった。だから,彼としては,もはや党も議会も離れ,マデシと連帯し包摂参加実現のために努力せざるをえない,と結論するにいたったのであろう。

が,マデシの背後には,いまはインドがいる。マデシ連帯には,党への裏切りばかりか,売国の罵声も,当然予想される。しかし,それでもインドが本気なら,マデシ側の勝利は間違いない,そうバタライ氏は腹をくくり,政治家としての勝負に打って出たのではないだろうか。

[参照]
*1 “Bhattarai quits UCPN (Maoist),” Kathmandu Post, Sep 26, 2015
*2 “Bhattarai quits Maoist party,” Nepali Times, September 26th,2015
*3 “Buburam Bhattarai severs ties with UCPN-Maoist, resigns from Parliament,” The Himalayan Times, September 26, 2015
*4 “Bhattarai expresses solidarity with demands of Madhesi parties,” Kathmandu Post, Sep 24, 2015
*5 “India and Nepal: A constitutional crisis?,” Indian Express, September 24, 2015
*6 “Why India is concerned about Nepal’s constitution,” BBC News,22 September 2015

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/09/26 @ 23:58