ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

首相選挙,オリ有利だが?

10月10日,スシル・コイララ首相が正式に辞表を提出し,今日(10月11日),次期首相選挙が実施される。議会定数601,現議員総数598(欠員3)。次期首相は,299票以上の多数により選出される。

今回の首相選は,NC=UML=UCPN体制が崩れ,NC対UML=UCPN=RPP-Nの構図となった。
 ■NC候補:スシル・コイララ
 ■UML=UCPN=RPP-N候補:KP・シャルマ・オリ(UML)

UMLのオリは,現行「2015年憲法」推進派であり,対マデシ強硬派,反インド派とみられている。そのオリを,マオイスト(UCPN)が王党派の国民民主党(RPP-N)と手を組み,推薦している。左右ナショナリスト共闘ということであろうか。

議会議席は,UML+UCPN+RPP=291。この3党に加え,他の小政党の多くもオリ支持の見込みなので,オリ当選はほぼ間違いないとみられている。

しかし,王党派(RPP-N)とマオイスト(UCPN)との結託は余りにも不自然だし,反インドへの危惧もあり,UML内でもUCPN内でも,党決定への反発が高まっており,首相選では相当数の造反が出るかもしれない。そうなると,オリ落選ということもない訳ではない。

一方,NCのスシル・コイララ候補は,現状では劣勢である。NC内も割れており,NC=UML=UCPN体制の継続を求めたプルナ・カドカ書記長は,コイララ擁立に抗議し,書記長を辞職してしまった。

しかし,コイララ候補にとって有利なのは,マデシ系諸党が支持してくれそうなこと。36議席をもつ「統一民主マデシ戦線」は,すでにコイララ支持を決めた。他のマデシ系諸党派も,コイララ支持に回る可能性が高い。インドとの関係もあり,こうした支持が急速に広まれば,コイララ再選ということもありうる。

今日の首相選挙は,当初の予想以上に,今後のネパールにとって大きな意味を持つことになりそうである。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/10/11 @ 06:01

カテゴリー: インド, 選挙, 憲法

Tagged with ,