ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

副大統領にも,マオイスト元ゲリラ選出

10月31日の副大統領選挙で,統一ネパール共産党マオイスト(UCPN-M)のナンダ・キショル(バハドゥル)・プンが,第二代副大統領に選出された。マオイスト人民解放軍出身で,ゲリラ名はパサン。

 NK・プン 325 [UML,UCPN-M,RPP-N,MJF-D]
 AK・ヤダブ 212 [NC]
   *無効10,欠席47(マデシ系ほか)

NK・プンは,1965年ロルパ生まれ。マオイスト人民解放戦争に当初から参加,ゴラヒ攻撃(2001)など,多くの戦闘を指揮。人民解放軍副司令官を経て,2008年以降司令官。和平後の人民解放軍解散・国軍統合に尽力。UCPN常任委員。

2013年第2回制憲議会選挙でカトマンズ第4選挙区から立候補するも,NCのガガン・タパに敗れ,現在,議席なし。反インド的ナショナリストとされている。

NK・プンは議員ではないので,副大統領候補とすることには反対が強かったが,プラチャンダUCPN議長が強力に働きかけ,その結果,UML推薦,RPP-N,MJF-D支持を取り付け,大差で勝利した。

これでUCPNは,いずれもマオイスト人民解放軍出身のOG・マガルを連邦議会議長に,NK・プンを副大統領に就けることに成功した。(副首相のTB・ラヤマジはバブラム・バタライ派とされている。)プラヤンダは,なかなかの策士である。

 151101a151101b■NK・プンFBより

谷川昌幸(C)

   

Written by Tanigawa

2015/11/01 @ 15:09