ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

カトマンズの交通量、1/3~1/2

11月19日深夜、カトマンズ着。翌日、さっそく市内を見に行った。ラトナ公園周辺など、市中心部の交通量は、燃料不足のため、見たところ通常の1/3~1/2。車もバイクもスイス走っていた。排ガスが少なく歩くのに最適。

電動小型乗り合い三輪車(ツクツク)は、電動だからか、そこそこ走っていた。15ルピーと、安い。しかも、愛想のよい女性運転手が多い。石油不足は悪いことばかりではない。

その一方、人びとが移動に難儀していることは、屋根の上に乗客を乗せたバスが多数見られたことでも明らか。いつもだと、屋根に乗客を乗せたバスなど、市内ではほとんど見られない。やはり、燃料不足のため、バスの運行が大幅に間引かれているのだろう。

▼屋根上のバス乗客
151120c
 ■シンハダーバー前。上方は最新ソーラー照明。

151121a
 ■バスパーク。近郊・郊外行のほぼすべてのバス屋根上には乗客。

151121b■バグバザール。後方道路に車ほとんどなし。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/11/21 @ 01:58

カテゴリー: その他, 社会, 経済

Tagged with , , ,