ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for 12月 2015

京都の米軍基地(85): 米軍「参加」テロ対策発足

「京丹後テロ対策ネットワーク」が12月18日,京丹後市警察において設立され,そこに米軍も「参加(take part in)」していた。具体的なことは何もわからないが,設立総会に米軍が参加していたことからして,米軍が京丹後の今後のテロ対策において重要な役割を果たすことになるのはまず間違いないとみざるをえない。

 151229a■経ケ岬米軍FB12月21日

 160104c■京丹後市日米友好協会FB12月18日

テロ対策は,すでに京都でも具体策がいくつか策定されている。産経新聞はこう報道している。
———-
京都をテロから守れ 官民連携の組織発足 「監視の目を張り巡らす」
 来年5月[の]伊勢志摩サミットや2020年の東京オリンピックを見据え、京都府警などは23日、府内で発生するテロへの対策を進めるための官民連携組織「京都テロ対策ネットワーク」を発足させた。・・・・
 ネットワークには、府警や府、京都市、海上保安庁、JR西日本など約40団体約80人が参加。設立総会では、府警警備1課の担当者が国際会議を狙った海外の事例や、府内で起こる脅威、抑止の具体的方策などについて説明。「関係機関が連携しテロへの監視の目を張り巡らすことが必要」と強調した。(産経新聞2015.10.24)
———

 151229■京都府警HP

この京都のテロ対策において京都府警が重視しているものの一つが,京丹後市の米軍Xバンドレーダー。府警は次のように述べている。
———-
「京都平安策2016」の策定について(通達)
我が国では、2016年伊勢志摩サミット、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を控える中、世界有数の国際観光都市である京都は、これら機会を捉えた国際テロの標的となるおそれも排除できず、また、京丹後市に設置された米軍Xバンドレーダー基地(米軍経ヶ岬通信所)の運用に反発している極左暴力集団等によるテロ、ゲリラ事件の発生も懸念されるところである。(2015年11月制定,赤強調引用者)
———-

京丹後では,基地交付金で住民監視カメラが市内要所に設置された。そして,今度は,米軍の参加をえて「テロ対策ネットワーク」が設立された。目もくらむような急展開。これから先,基地の町,京丹後はどうなるのだろうか?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/12/29 at 20:02

大統領の政治利用と権威失墜

バンダリ大統領が12月16日,UDMF(統一民主マデシ戦線)の反対を押し切り,強引にジャナクプルを訪れ,ジャナキ寺院を参拝したため,大混乱となり,大統領としての権威を大きく損なうことになってしまった。(大統領はヘリでカトマンズ‐ジャナクプル往復。)

151228d■大統領とジャナキ寺院(大統領府HP,12月28日)

ネパール憲法(2015年9月20日公布施行)は,大統領について,次のように定めている。
 ・大統領(रास्ट्रपति)は,ネパールの国家元首(राष्ट्राध्यक्ष)。
 ・大統領には,憲法の「遵守・擁護(पालन र संरक्षण)」義務がある。
 ・大統領は,「国家統一(राष्ट्रिय एकता)」を促進。
 ・大統領は,原則として内閣の同意と勧告に基づき行為する。
 ・大統領は,連邦議会議員(および州議会成立後はその議員)から構成される選挙人団により選出。
 ・大統領の任期は5年。

ネパールの大統領は,国家元首としての「権威」は持つが,実質的な「権力」の行使はできない。いわゆる儀式的大統領制である。

ところが,その大統領が12月16日,地元住民の反対を無視し,ジャナクプルのジャナキ寺院訪問を強行した。お伴は,R.チェットり軍総監,GD.ヤダブ副議長,RK.スッバ土地改革相,K.ヤダブ議員(NC)ら。警備には,国軍,武装警察,警察,中央調査局などが大量動員された。

151228b 151228c■国軍総監/中央調査局

この大統領の国民統合の象徴らしからぬ振る舞いに対し,UDMFや地元住民は烈火のごとく怒った。主な理由は,以下の通り。
 (1)政府要人,憲法賛成署名議員らのジャナクプル訪問には絶対反対を宣言していた。
 (2)寡婦の寺院参拝は不浄として禁止されている。(大統領の夫は故マダン・バンダリ)
 (3)犬が近づいた花を献花した。(治安要員が警備犬多数を寺院内に入れていた。)
 (4)治安要員が革靴を履いたまま寺院内に入った。

大統領一行は,黒旗の抗議を受け,火炎瓶や石を投げつけられた。ジャナキ寺院付近は治安部隊との衝突で大混乱に陥り,インド人参拝者を含む数十人(60名以上?)が負傷した。

このジャナクプル事件につき,オリ内閣のパンディ大臣が12月20日,反政府派の「無秩序で乱暴な行為」を非難した。「国民統一の象徴にして憲法の擁護者たる大統領に対するそのような誤った行為は,国家全体,民主主義,共和制に対する攻撃である。」(*7)

さらにオリ首相自身も,「犯人たちを法の裁きに服させるためのあらゆる手段をとる。だれであれ,信仰を理由に攻撃されてはならず,大統領の信仰も非難攻撃されてはならない」と,一段と強い調子で宣言した(*1)。

しかし,このマデシ非難は,いささか政治的に過ぎる。そもそも,国民統合の象徴としての大統領を,地元の激しい反対運動を無視して派遣したのは,「同意と勧告」を与える内閣である(内閣の明示の意思表示がなくとも,あったものと理解されねばならない。)内閣は「権威」とは区別されるべき「権力」を行使するのであり,したがって「権威」を担う大統領のこのような露骨な「政治的利用」は厳に避けるべきである。

政治において権威と権力を分離するのは,本質的に弱く邪悪な人間が,自らの限界を自覚しているからである。それは人間の政治的慎慮(prudence)といってもよい。

歴史的にみると,権威の源泉ないし根拠は,多くの場合,血統,すなわち王制や天皇制であった。これは神話的・神秘的であり不合理だが,それゆえ権威への人為的恣意的介入を許さず,かえって強力であった。弱い人間からなる政治共同体の統合の権威的象徴としては,よくできている。これとは対照的に,民主的大統領制には,そのような人為的介入を許さない神話的・神秘的な権威の根拠がない。民主的大統領制は,成熟した強い自律的市民の存在を前提としており,その運用は権威的王制よりもはるかに難しいといわざるをえない。

もしそうだとするならば,世界で最も民主的な共和制憲法を制定したネパールであればこそ,大統領の権威をよくよく尊重し,その政治的利用は厳に慎まなければならない,ということになるであろう。

 151108■オリ首相
【参照】
*1 Christopher Sharma,”Nepal’s tribal block President from entering Hindu temple: She is a widow,” Asia News, 12/24/2015
*2 “Morcha announces fresh protests,” Nepali Times, December 18th, 2015
*3 “UDMF ‘CLEANSES’JANAKI TEMPLE AFTER WORSHIP BY ‘WIDOW PREZ’,” Republica,18 Dec 2015
*4 SURESH YADAV,”PROTEST AGAINST PREZ BHANDARI’S VISIT DISRUPTS RAM JANAKI MAHOTSAV,” Republica, 16 Dec 2015
*5 “Madhesis target President,” Nepali Times, December 16th, 2015
*6 “Protests, clashes mar President’s Janakpur visit,” The Himalayan Times, December 17, 2015
*7 “Govt endorses three-point roadmap,” The Himalayan Times, December 21, 2015

谷川昌幸(C)

 

Written by Tanigawa

2015/12/28 at 18:27

愛国者必読: 施光恒『英語化は愚民化』

日本の英語化は,安倍政権と財界の共通の教育目標である。日本社会の英語化によって,安倍首相は「美しい日本」を取り戻そうとし,日本財界はグローバル競争に勝ち抜こうとしている。

単に口先だけではない。安倍首相は国連演説など機会あるごとにカタカナ英語(米語)で演説し失笑を買っているし,企業独善経営者たちも英語社内公用語化で社員の面従腹背を招いている。

小学生にもわかることだが,敵性言語の使用によって日本国の「美しい伝統」が取り戻せるはずはなく,また日本企業が「日本」企業でありつつ他国企業との競争に有利となることもない。日本の英語化は,英語帝国主義(English Imperialism)への日本の卑屈な自発的従属であり日本の英語植民地化に他ならない。

このことを明快な日本語で的確に指摘し警鐘を鳴らしているのが,この本:
施光恒『英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる』集英社新書,2015

書名にも,著者の危機感がよく表れている。少々過激と感じられるかもしれないが,議論はきわめて合理的であり,説得力がある。(要旨下掲表紙カバー参照)

想像もしてみよ。自分が日々聞き話し,読み書きし,そして考えるその言葉によって,すなわち自分自身の母語によって,自分が生まれてから死ぬまで,生活のあらゆる場で,文化的に,社会的に,政治的に,そして経済的に差別される日が来ることを! それは,第二の自然となってしまった構造的差別,ないし宿命的「言語カースト制」といってもよいであろう。

むろん,この本にも,触れられていない論点がいくつかある。そのうち最も重要なのが,現在の日本語(標準語)も,日本各地の様々な地域言語(いわゆる方言)を権力的に弾圧禁止することによって人為的に創り出された「国語=国民語=国家語」であるということ。

この国家公認「国語」による地域言語弾圧,すなわち「標準語化」政策は,本書で批判されている「英語化」と,論理的には同じものだ。したがって,「英語化」政策批判は,「国語化」政策に対する自己批判を踏まえたものでなければならない。

本書では,おそらく新書ということもあって,日本自身の国語化政策,標準語教育への自己批判は,割愛されている。そのことさえ踏まえておけば,本書は,水村美苗『日本語が亡びるとき:英語の世紀の中で』(筑摩書房,2008)とともに,日本の愛国者がいまひもとくべき必読書の一つといってよいだろう。

【参照】書評:水村美苗『日本語が亡びるとき』 英語帝国主義 安倍首相の国連演説とカタカナ英語の綾 安倍首相の怪著『美しい国へ』

151227
<英語化を進める大学に巨額の補助金を与える教育改革から、英語を公用語とする英語特区の提案まで。日本社会を英語化する政策の暴走が始まった。英語化推進派のお題目は国際競争力の向上。しかし、それはまやかしだ。
社会の第一線が英語化されれば、知的な活動を日本語で行ってきた中間層は没落し、格差が固定化。多数の国民が母国語で活躍してこそ国家と経済が発展するという現代政治学の最前線の分析と逆行する道を歩むことになるのだ。「愚民化」を強いられた国民はグローバル資本に仕える奴隷と化すのか。気鋭の政治学者が英語化政策の虚妄を撃つ!>
[本書表紙カバーより]

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/12/27 at 13:09

カテゴリー: 経済, 言語, 教育, 文化,

Tagged with

ネパール式パーキンソンの法則,オリ巨大内閣

オリ首相は25日,前日に引き続き,分割による省増設を断行した。巨大内閣40大臣の処遇のためらしい。猫の目改編のため正確には追いきれないが,24~25日の分割再編は次のようなものらしい。

省の分割再編(12月25日現在,省の総数31)
 ・農業開発省 ⇒⇒ 農業開発省 + 畜産開発省
 ・通商・供給省 ⇒⇒ 通商(供給)省 + 供給省
 ・保健・人口省 ⇒⇒ 保健(人口)省 + 人口・環境省
 ・都市開発省 ⇒⇒ 都市開発省 + 上水・衛生省

これは,英政治学者CN.パーキンソンの唱えた「パーキンソンの法則」のネパール版といってもよい。やらなければならない仕事は増えもしないのに,放っておけば,役所や役人は増えていく,ということ。
 
ネパール憲法では,先述のように,大臣は25人以内と明確に規定されている。これは,つい数か月前,オリ首相をはじめとする現議員自身が圧倒的多数をもって制定した憲法ではないのか。

ネパール最高裁は,日本の最高裁より,はるかに積極的だ。訴えが出されれば,最高裁が巨大内閣を違憲と判断することは,まず間違いないであろう。

151226

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/12/26 at 12:01

カテゴリー: 行政, 議会, 政党

Tagged with , ,

オリ内閣拡大,困ったときの椅子頼み

大臣の椅子(ポスト)は,ネパールでも,日本など他の国と同様,政権維持のための,最も頼りになる手段だ。イザとなると,憲法規定も必要性もそっちのけで,大臣ポストが大判振る舞いされる。

いまオリ内閣は,マデシ反憲法闘争とそれに伴う「非公式経済封鎖」により窮地にある。マデシ要求を呑まなければ,「非公式経済封鎖」による石油・ガスなどの物資不足は長期化する。呑めば,今度は,マデシ以外の民族や社会諸集団が激しく反発する。二進も三進もいかない。

そこで,オリ首相は12月24日,いつもの手,大臣ポスト追加配分に踏み切ったのだ。新任大臣と拡大後のオリ内閣の構成は,以下の通り。
新任大臣(4)
 D・ボハラ(RPP):労働雇用大臣
 PB・シン(社会人民解放党):上水・衛生大臣
 SL・タパ(人民解放党):科学技術大臣
 E・ダカール(家族党):無任所
新任国務大臣(6,全員UML,無任所)
 D・バンダリ,MK・チョーダリ,DC・ヤダブ,NP・マガル,BB・マハト,DN・サハ
拡大後のオリ内閣(与党:UML,UCPN-M,RPP-Nほか12党)
 大臣40(首相1,副首相6,大臣21,国務大臣10,副大臣2)

内閣について,現行2015年憲法は,次のように規定している。
憲法第76条(9) 大統領は,首相の推薦に基づき,包摂原理に則り選ばれる25人以内の連邦議会議員からなる大臣会議[内閣]を組織する。
(原注)本条でいう「大臣」は,副首相,大臣,国務大臣および副大臣を含む。

 [訳注]大統領रास्ट्रपति 首相प्रधानमन्त्री 大臣मन्त्री 国務大臣राज्य मन्त्री 副大臣सहायक मन्त्री

オリ首相は,今回,いくつかの省を分割した。必要に迫られてというより,大臣の椅子を増やすためだと批判されている。また,無任所大臣もいっぱい。とくに新任国務大臣は全員UMLで,無任所。今後,具体的な担当任務が割り当てられるかどうか,不明。

このような省庁の分割や無任所の手を使えば,大臣はいくらでも増産できる。憲法の規定など,知ったことではない。ありがたい包摂民主主義の呪文を唱えさえすれば,憲法規定の州区画だろうが,大臣定員だろうが,たちどころに死文化されてしまうらしい。

151225

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/12/25 at 19:40

カテゴリー: 行政, 議会, 憲法, 政党

Tagged with ,

ネ政府閣議決定を歓迎,印政府

インド外務省は,12月21日付声明において,ネパール政府の閣議決定(20日)を「歓迎する」と公式に宣言した。

印外務省声明によれば,カマル・タパ副首相兼外相が印外相に公式に伝えたのは,次のような内容の閣議決定。
 (1)国家諸機関への比例的包摂参加と人口数に基づく選挙区画定を実現するための憲法改正。
 (2)コンセンサスに基づき州区画を見直すための憲法改正。
 (3)話し合いとコンセンサスに基づく市民権問題の解決。(筆者補足:これにも憲法改正必要。)

印政府は,このようなネ政府閣議決定を「歓迎し」,そして,それらの決定が実行され,ネパールが正常な状態に復帰すれば,「二か国間の障害なき交易のための環境が創り出されるであろう」と宣言している。

たしかに,もしこのネ政府閣議決定が実行されるなら,タライ紛争は収束に向かい,「非公式経済封鎖」も解除されるであろう。しかしながら,閣議決定されたとされる3つの事柄は,いずれも憲法の根幹にかかわる重要問題であり,実行には大きな困難が予想される。UML,UCPN-M,RPP-Nの与党3党でさえ,足並みは必ずしもそろってはいない。マデシ系諸党も一枚岩ではない。

閣議決定の実行期限は,一応,3か月がめどとされている。振出しに戻ったに近いような難しい憲法問題が,本当に,わずか3か月で解決できるのか? それとも,この閣議決定も,またもや苦し紛れの問題解決先送りにすぎないのであろうか?

 151222■憲法案賛成議員署名

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/12/22 at 21:33

カテゴリー: インド, 憲法, 民族

Tagged with , , ,

カトマンズの東芝広告

これは,ニューロード近くの商店街路地の東芝広告。蜘蛛の巣配線に,ほこりまみれの古い看板。洗濯機と冷蔵庫の宣伝だ。

既視感を禁じえない。日本の僻地に行くと,古い薬や農機具や家電などの広告が残っていることがある。日本で,そうした広告を見た時と同じような懐旧と哀愁のないまぜになったような思いに,ここカトマンズでも,しばしとらわれたのだ。

しかし,カトマンズの東芝広告については,懐旧よりも哀愁の感の方が強い。東芝の対ネ販売戦略には,以前から違和感を感じていた。数年前,あるいはもう少し前,東芝の電気洗濯機の宣伝を付けた移動式道路標識が,カトマンズ市街に大量に設置されたことがあった。(以前,コメントを投稿したが,リンク切れで所在不明。見つかったら追加します。参照:トリチャンドラ校前の信号機

カトマンズは,万年,電力,水不足。現在は,1日10時間停電。これでもまし。雨期はまだ先であり,さらに停電時間が伸びることは避けられない。水はもっと深刻。金持ちは水商売業者からタンクローリーで水を買い,貧乏人は水場を探し,多少遠くても,多少汚くても,それを汲んでこざるをえない。そんなカトマンズで,貧乏人相手に電気洗濯機の大宣伝をする――その感覚がどうにも理解できなかったのだ。

下掲の看板では,電気洗濯機に加え,冷蔵庫も宣伝されている。こちらも電力浪費家電。最近ではかなり増えたが,それでも冷蔵庫がぜいたく品であることに変わりはない。この宣伝看板が設置されたころは,いま以上に,一部特権階級だけのものだったはずだ。

そんな「反人民的」「反庶民的」な商品を,電気も水もないカトマンズで庶民向けに大宣伝する。たしかに,需要がないところで,需要を人為的に創り出すのが資本主義には違いない。それはそうだが,素人目には,どう見てもズレているというか,浮いているというか,そんな違和感を禁じえなかったし,いまも禁じえない。金儲けも,センスがなければ,成功はおぼつかないのではないだろうか。

151221a 151221b

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/12/21 at 11:49

カテゴリー: ネパール, 社会, 経済

Tagged with , , , ,