ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

石油類「灰色」市場

ネパールの石油類価格が今どうなっているのか,日本にいては実情がよくわからないが,報道によると,ガソリン1リットルの価格は,正規104ルピー(125円),灰色市場190~250ルピー(230~301円)くらいのようだ。ブラック市場は闇(ヤミ)だからはっきりしないが,しばらく前までは,300~500ルピー(361~602円)くらいだった。

ここで問題は,正規と闇の中間にある「灰色」市場。ネパール政府は,インドの「非公式経済封鎖」による燃料不足への緊急対策として,昨年10月中旬,民間企業20社以上に燃料輸入を認めた。ところが,この緊急対策が不透明で,「正規」でも「ヤミ」でもない「灰色」市場ができてしまったらしい。

槍玉に挙げられているのが,ビラト石油(Birat Petroleum)。ビラトは,インドのシリグリなどからガソリンやジーゼル燃料を仕入れ,ネパール石油公社(NOC)を通して,あるいは直接,ネパール国内で販売する。
 ▼ガソリン1リットルの価格(ネパールルピー,NOC正規価格は104ルピー)
  インド106 ⇒ビラト石油⇒ NOC199       
  インド106 ⇒ビラト石油⇒ ネパール国内直接販売220~250

上記価格は必ずしも正確ではないかもしれないが,それでも,これを見ただけで,とんでもない多重価格となっていることが分かる。民間会社は,輸入さえすれば,それだけで莫大な利益が得られる。

ビラト石油は,ネパール石油公社(NOC)との間で2億ルピー相当の輸入契約を結んだ。関税もNOC負担。この取引だけで,ビラト石油は4400万ルピーの儲けとなるはずだった。まさに濡れ手に粟。NOCは深刻な燃料不足のためやむなく契約したと弁解したが,激しい非難を浴び,この契約は破棄した。(この経緯も不透明。)

現在のネパールの燃料事情は,日本にいては正直なところ,よくわからない。しかし,不足を背景に価格が何重にもなっており,ヤミに近づけば近づくほどボロ儲けができることは確かだ。民主憲法ができ,民主的政府もできたが,統治は大混乱というのが実情らしい。

 160107■ネパール石油公社(2015年11月23日撮影)

【参照】
*1 “NOC TO ALLOW ITS DISTRIBUTORS TO SELL BIRAT PETROL,” Republica, 05 Jan 2016
*2 “BIRAT PETROLEUM TANKER SEIZED,” Kathmandu Post,Dec 31, 2015
*3 “Birat Petroleum announces end of controversial fuel import deal with Nepal Oil Corporation,” The Himalayan Times, November 08, 2015
*4 “NOC awards fuel supply contract to Birat Petroleum,”The Himalayan Times, November 05, 2015
*5 “BIRAT PETROLEUM IMPORTS PETROL DESPITE TERMINATING SUPPLY CONTRACT,” Republica,25 Dec 2015
*6 “NOC ADMITS FLOUTING LAW IN CONTRACT AWARD TO BIRAT OIL,” Republica,06 Nov 2015

[追加]燃料価格Republica,2016-1-8)
 NOC正規価格:ガソリン104ルピー,ジーゼル燃料82ルピー
 ビラト石油販売価格:ガソリン190ルピー
 ヤミ価格:ガソリン350~400ルピー [最安値200ルピー]

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/01/07 @ 12:53

カテゴリー: インド, 経済

Tagged with , , ,