ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

マデシ国境封鎖闘争の一時停止とオリ首相の訪印

UDMF(統一民主マデシ戦線)が2月6日,国境封鎖作戦の中心バルサ郡における抗議活動の一時停止を指令した。それと前後して,オリ首相が2月19日訪印し,20日にモディ首相と会談することも発表された。情況が少し変化し始めた。

16日付カトマンズポスト「135日ぶりに60台以上のトラックがビルガンジに入る」によれば,2月5日に友好橋(ビルガンジ・ラクサウル間)付近のピケ・テントや道路バリケードを撤去し焼却したのは,地域の業者や住民らであった。

また,6日付ヒマラヤンタイムズ「座り込みの反政府派,追い払われる」によれば,5日に友好橋付近から反政府派を追い払ったのは「地元民とインド業者」であり,さらに6日午後,再封鎖のためビルガンジ国境付近に集まったUDMF派を追い払ったのも「インド運送業者」であった。このときの両派の投石で,インド人2人,UDMF1人が負傷している。

これら両紙の記事が事実だとすると,国境封鎖解除にあたっているのは,ネパール側業者・住民とインド側業者ということになる。特にインド側が目立ち,6日の衝突でも負傷者2人はインド人だ。警官も大量動員されているが,直接は介入しなかったようだ。

このように,ビルガンジ国境付近の状況はかなり変わってきた,。今後どうなるか,オリ首相の訪印との関係もあり,注目される。

 160207a■ラクサウル・ビルガンジ国境付近

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/02/07 @ 16:36