ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for 3月 2016

中国・ネパール共同声明

オリ首相が3月20-27日,中国を公式訪問,その成果を取りまとめた共同声明(3月23日付)が発表された。経済協力を中心に内容は広範に及ぶが,主なものは以下の通り。
 *Joint Press Statement between the People’s Republic of China and Nepal, Beijing,March 23, 2016

共同声明の概要
・平和5原則の確認
・中国側:ネパール憲法公布を歴史的前進として歓迎
・ネパール側:「一つの中国」政策支持。「ネパール領土をいかなる反中国活動にも使わせない」
・中国側:ネパール治安関係機関の能力強化支援 
・ネパール側:総領事館を広州開設決定,成都開設予定
・中国側:「一帯一路」推進
・中国側:石油製品の商業ベースでの供給。ネパールに中国石油・ガス基地建設
・アラニコ道路,シャブルベシ-ラスワガディ道路,カトマンズ・リング道路などの改修・改良
・中ネ国際鉄道およびネパール国内鉄道(タスワガディ‐カトマンズ,カトマンズ‐ポカラ‐ルンビニなど)計画の推進
・中ネ自由貿易協定交渉および国境経済ゾーン計画の推進
・30億人民元(2016-2018)の対ネ経済援助
・自家用ソーラー発電装置3万2千セットの対ネ援助
・中ネ送電線架設,アルン‐キマタンカ等の水力発電所建設援助
・中国側:ネパール観光開発支援(観光関係者への中国語教育など)
・中国系銀行支店のネパール国内開設
・中国文化センター等による中ネ文化交流の促進,ネパール人留学生の受け入れ

これらの中には,約束されたものと要望として出されたにすぎないものとが混在しており,どこまで実行可能か,よくわからない。しかし,経済分野を中心に中ネ関係が大きく前進したように見えることは,たしかだ。これをどう評価するか? インドからの見方なども交え,見ていくことにしたい。

160331■ネパール外務省FB3月23日

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/03/31 at 20:03

カテゴリー: 経済, 外交, 中国

Tagged with ,

京都の米軍基地(92):子供への刷り込み

京丹後市進駐米軍が,子供向けイベントをせっせと開催し,おやつや歌舞音曲でご機嫌取りをしている。さすが戦略にたけた米軍,目の付け所がよい。

われわれ老人は,平和憲法の下で生活してきたため,少なくとも日本直接参加の戦争とは無縁,完全な「平和ボケ」に陥っている。だから,軍服や迷彩服の人に出会ったり,ましてや武器や軍用車などを目にすると,ギョッと驚き,とっさに逃げようとするか,あるいは逃げもできずその場で固まってしまう。「平和ボケ」老人の典型的症状だ。第二の自然となった本能に近い行動であり,それだけに治療は困難,処置なし。

米軍は,そんな「平和ボケ老人」など,眼中にはない。子供の成長は早い。物心つく前に軍人,軍属,武器,軍施設などを見せ,慣れさせてしまえば,ものの数年余もすれば成長し,軍隊アレルギーのない,米軍好みの日本少青年となってくれる。いわゆる「刷り込み」。

米軍参加催事は,米軍の進駐戦略の一環である。イースターやクリスマスともなると,米軍文化に加え,キリスト教文化も子供たちに刷り込まれる。

進駐軍に,そのような刷り込み作戦を許してよいのか? 「平和ボケ」老人も,ボケの恍惚にまどろんでいるわけにはいかないだろう。

米軍主催イースターエッグハント参加の子供たち(子供の顔引用者削除)
(1)京丹後市日米友好協会FB(3月27日)
160329d160329b160329c

 

(2)京丹後市国際交流協会FB(3月27)
160329g160329h

[参照1]米軍基地建設を憂う宇川有志の会「文殊さん定期報告685」
★連合区長からの回答をまとめました!
⑦ 米軍主催イースターエッグの宇川アクティブライブハウスの使用許可は連合区長の一存でなされたものか?
回答 運営は連合区、ハウスの事務局長を中心にやっている。私は宇川の人々がここを利用して楽しく暮らしていけばいいのだから(外国人であれ子どもであれ)誰でも自由に利用すればいいと考える。[FB抜粋]

[参照2]宇川アクティブライフハウス(京丹後市HP)

[参照3]京都の米軍基地(91):武器を背に布教活動

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/03/29 at 11:18

カテゴリー: 軍事, 平和

Tagged with , , ,

早春の小川のカワセミ

宝塚のわが下駄箱アパートのすぐ傍を小さな小川が流れている。市街地の小川だが,緑濃い六甲山のおかげで,清流は真夏でも絶えることはない。

今日(3月21日),散歩に行くと,岸辺にははや早春の花々が咲き,小鳥たちが水浴びに来ていた。その風景の写真を撮っていると,目の前に,なんとあの幻の小鳥カワセミがやってきた。総天然色! 美しい。残念ながら,写真には撮り損ねた。(参照:「水辺の宝石」カワセミきらり」神戸新聞,「カワセミ」サントリー愛鳥活動)

この小川の岸辺では,真冬を除けばいつも季節の野の花が咲き,梅雨には蛍が群舞し,夏や秋にはトンボが飛び交う。セキレイも来れば,オシドリや白鷺(?)も来る。

むろん,小川は交通の邪魔だし,そこにカワセミが来ようが,蛍が群舞しようが,国民総生産(GNP)には何の関係もない。いや,むしろ,そんなものを愛で時間をつぶす市民が増えたら,消費は減退し,経済的にはマイナス効果しかない。だから,そんな厄介者の小川など埋め立て,あるいは暗渠にし,道路や商業地などをつくった方がよい,といった意見が出てくるのもわからないではない。

しかし,ここは考えどころーー小川か道路か? カワセミか商売か? 

160321b160321a■岸辺の花とツグミ(?)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/03/21 at 19:15

カテゴリー: 経済, 自然, 文化

Tagged with ,

米太平洋軍の対ネ支援活動

在ネ米大使館が,米太平洋軍のネパール支援活動の宣伝をしている。”Multinational Planning Augmentation Team (MPAT) Tempest Express-28″, Radisson Hotel, 10-18 March 2016.

MPATは2000年設立,アジア太平洋地域の多国籍軍による戦争以外の緊急時における非軍事的作戦の立案・執行を目的とするという。それ以上のことは,軍事のことであり,私にはよくわからない。

今回の「テンペスト・エクスプレス‐28」は,ネ国軍と米太平洋軍の共催。ワークショップでは,極西部バジャン郡で巨大地震発生を想定し,図上訓練が行われたらしいが,詳細は不明。

いずれにせよ,この図上訓練にもみられるように,ネパールにおいて米軍のプレゼンスがこのところ目立ち始めているように思われる。非軍事作戦ないし軍民協力活動とはいえ,国境近くの微妙な地域における米軍参加の「作戦」であることに変わりはない。

160319■在ネ米大使館ツイッター(3月18日)

▼「うそ発見器」支援,米司法省(米大使館ツイッター3月20日)(3月20日追加)
160320■軍民協力や治安対策が目立つ最近の米支援活動

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/03/19 at 19:37

カテゴリー: ネパール, 軍事

Tagged with , , ,

NC党役員,それでも包摂不足の批判

コングレス党(NC)新役員は包摂的選挙で選出されたが,デワン・ライ氏らは,それでも包摂不足と批判している。
 * DEWAN RAI, “Congress puts marginalised communities on the margins,” Kathmandu Post, Mar 15, 2016

記事によれば,新しい党中央執行委員会の女性委員数は,以前の17人から14人に減少した。その14委員のうち,一般枠選出は一人だけで,他の13委員は留保クォータ枠から選出。憲法は女性議員33%を定めているのに,党女性役員は17%だけ。党では女性が周縁化されている,というわけだ。

また,マデシからは,マデシ住民の多い第2州を含め,州選出委員は一人も選ばれていない。このように,NCは「周縁化されているダリット,女性,ジャナジャーティおよびムスリムを代表させることに大きく失敗した」。

“マデシ住民多数州からはマデシを代表として選出しなければならない”――そうとも言えるし,そうでないとも言える。ここで,包摂民主主義の評価は分かれる。

160316■たしかに男ばかり(コングレス党FB)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/03/16 at 11:29

カテゴリー: 政党, 民族

Tagged with , , ,

コングレス党の包摂民主主義選挙

コングレス党(NC)が,第13回党大会(3月3-7日)において,次期党役員を選出した(途中経過既述)。

1.憲法の政党規定
ネパールの政党は公党であり,憲法第29編第269-271条において,その構成・運営が厳密に規定されている。
 ・政治イデオロギーや政治哲学を共有する人々が政党を組織・運営する。(某国“野合”政党はネパールでは失格?)
 ・党綱領は民主的でなければならない。
 ・全国および州の党役員は少なくとも5年ごとに選挙で選出。
 ・党の各レベル執行役員は,国民の多様性を反映させるため,比例制としなければならない。

2.NC選挙結果
党 首: S.B. デウバ (शेरबहादुर देउवा Sher Bahadur Deuba)
書記長: S. コイララ (Shashank Koirala)
会 計: S.T. ヤダブ (Sita Devi Yadav,女性)

中央執行委員(85)
 一般選出(25): デウバ派14,ポウデル派11
 州代表(14[各州2]): デウバ派7,ポウデル派7
 クォータ(22): デウバ派14,ポウデル派8
   [留保クォータ: 女性6,先住民5,マデシ5,ダリット5,ムスリム1] 

▼開票途中結果図解(Republica,14 Mar 2016)
160315

3.包摂民主主義の功罪
ネパール政治は,いまや一種の包摂民主主義原理主義といっても言い過ぎではあるまい。政治的に最大限自由であるべきはずの政党についてさえ,憲法でこまごまと規定し,党運営には包摂原理の厳守が求められている。

包摂民主主義には,むろん功罪両面がある。ある段階までは“功”の方が大ということは,たしかにいえる。これは認めなければならないし,事実十二分に認められる。

しかし,それにしても,ネパールはスゴイ! これから先,ネパール政治はどうなるだろう? 世界注視の政治実験とすら,いってもよいだろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/03/15 at 11:23

最高裁長官も女性に

カトマンズポスト(3月14日)によれば,司法委員会(憲法第153条設置)は3月13日,スシラ・カルキ最高裁判事を次期最高裁長官に推薦することを決めた。推薦通り任命されれば,4月中旬就任予定。

スシラ・カルキ最高裁判事は,1952年ビラトナガル生まれ。バナラス・ヒンドゥー大学大学院修了(政治学),トリブバン大学法学士。弁護士会推薦で最高裁判事就任。

カルキさんは,初の女性最高裁長官。これで大統領(BD・バンダリさん),連邦議会議長(O・ガルティさん)に加え,司法トップも女性となる。男性は首相(オリ氏)だけ。スゴイ!!

160314

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/03/14 at 18:15

カテゴリー: 司法

Tagged with , ,