ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ジャーナリスト逮捕、つづく

ネパールでは、このところジャーナリストの逮捕がつづいている。別件(職権乱用)だが超大物カナク・デグジト氏逮捕に続き、様々な容疑でジャーナリストが逮捕されている事態に対し、「国際ジャーナリスト連盟(IFJ)」は、次のように警鐘を鳴らしている。
※ “Three journalists arrested in three weeks in Nepal,” The International Federation of Journalists, 26 May 2016.

(1) Manoj K. Rai (Bhadragol Kirati): Gaunle編集長
自称宗教指導者バクタ・B・ライを批判する記事を掲載した容疑で1週間以上勾留後、裁判所命令により保釈。

(2) Shesh N. Jha: Sahayatra編集長
5月22日、シェシュ・N・ジャー編集長は、反政府派の一人が首相官邸の壁に抗議の落書きをしている現場にいて、その人物と一緒に警察に拘束され、その日は釈放された。

ところが、翌23日、ジャー編集長は、同じ反政府派の人物が今度はシンハ・ダルバールの壁に抗議の落書きするのを写真に撮っているところを、その人物とともに、公安法違反容疑で逮捕された。

(3)Chandra Man Shrestha: Nepal Sandesh編集長
5月23日、ガガン・タパ議員に関する虚偽記事掲載の容疑で逮捕。根拠は、不道徳・不当な記事掲載を禁止するElectoronic Transaction法。

IFJは、これらの逮捕を非難し、表現の自由、報道の自由を保障するよう、ネパール政府に強く要求している。
©谷川

Written by Tanigawa

2016/05/30 @ 10:31