ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

秘境の観光資源

東海道途中下車で,寸又峡・接岨峡に行ってきた。大井川鉄道で1時間半,アプト式鉄道やバスでさらに1時間ほど。南アルプス南部の秘境だ。

峡谷は,ダムや道路でかなり破壊されているが,それでもまだまだ自然にあふれ,そこここに,ちょい古の昭和が点在している。日が落ちると,谷間のせせらぎ沿いに,無数の蛍が乱舞していた。

驚いたのは,こんな秘境の奥の奥にも,アジア諸国から観光客が来ていたこと。団体旅行ではなく,青年男女数名グループが多かった。かつて日本人がネパールに古き良き昔を探し求めたのと同じような心境かもしれない。

160610g 160610f

160610c 160610a

160610e 160610d

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/06/10 @ 09:06

カテゴリー: 自然, 文化, 旅行, 歴史

Tagged with ,