ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

次期大使推薦予定,取り消し

プラチャンダ内閣は8月5日,オリ前内閣が発表していた次期大使候補22名のうち,「政治的」選考の14名の推薦を,議会ヒアリングの開始直前に取り消した(sojo.com, 5 Aug)。

外務省関係の8候補は,前日の4日に議会ヒヤリング終了,そのまま次期大使に任命される予定。電光石火,さすが,「プラチャンダ」だ。

推薦取り消し
Mahendra Bahadur Pandey, Dr Khadga Bahadur KC, Ali Akhatar Mikrani, Yubraj Karki, Yubnath Lamsal, Prof Dr Mahendra Prasad Singh Rajpoot, Padam Sundas, Dr Naradnath Bhardhwaj Wagle, Dr Shivamaya Tumbahamphe, Lucky Sherpa, Khagendra Basnyat, Barat Bahadur Rayamajhi, Niranjan Kumar Thapa and Sharmila Parajuli Dhakal
推薦予定
Prakash Subedi, Rishiram Ghimire, Ramesh Khanal, Jhabindra Prasad Aryal, Dr Durga Bahadur Subedi, Sewa Lamsal Adhikari, Tara Prasad Pokhrel and Lok Bahadur Thapa

オリ前首相は,プラチャンダ新内閣のこの決定について,議会ヒアリング直前の段階での次期大使推薦予定取り消しは党派対立を煽るものだ,と批判した(Republica, 5 Aug)。

大使選任は,どの国でもそうだが,特にネパールでは重大な政治マターだ。今回は,次期大使選任中の政権交代のため,「よもや」と思いつつも,やはりそうか,と妙な納得もした。やはり,ネパール政治は難しい。

【参照】新任大使アグレマン取得停止要請

160808

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/08/08 @ 14:26