ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

カルキCIAA委員長,瀬戸際(2)

2.カルキ任命異議申し立て裁判
(1)異議申し立て棄却
ロックマン・シン・カルキのCIAA委員長任命については,2014年5月16日,プラカシ・アルヤル弁護士が違憲の訴えを最高裁判所に提出した。

▼2007年暫定憲法の規定(現行2015年憲法もそのまま継承)
第119条(5) CIAA委員長の資格要件(要旨)
 a 学士号の保有。
 b 任命直近において政党に所属していないこと。
 c 会計,歳入,工学,法律,開発または調査のいずれかの分野において20年以上の経験を有する卓越した人物。
 d 高潔な道徳的資質(उच्च नैतिक चरित्र)を有する人物。

アルヤル弁護士は,憲法規定のこの委員長資格要件をカルキは満たしていない,と訴えた。

▼原告側の主張
1)経験年数と専門知識の不足
カルキは,憲法規定の高度な専門知識を持っていない。また,パンチャヤト期王室雇用の6年間は在職年数に算入するべきではなく,それを差し引くと,20年の経験年数には達しない。
2)「高潔な道徳的資質」の欠如
カルキは,国王親政の書記官長(Chief-Secretary)として2006年人民運動の弾圧に加担した。この事実は,ラヤマジ委員会も認定している。また,トリブバン空港事務所など多くの役所において,管理職高官として様々な汚職に関与した。

このアルヤル弁護士のカルキ任命異議申し立てに対し,最高裁は2014年9月24日,棄却を言い渡した。棄却理由の詳細は不明。

161110

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/11/10 @ 09:05

カテゴリー: 行政, 司法, 憲法

Tagged with , , ,