ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

中国のネパール地方選支援,インドが懸念

インドが,中国によるネパール地方選支援を警戒している。(参照:ネパール地方選を中国援助)たとえば,インドのフリー・ジャーナリストのジヌーク・チョウダリーは,「ネパール地方選を中国はなぜ支援するのか」(*1)において,次のように述べている。

中国は,プラチャンダ首相の訪中の際,ネパール地方選への百万ドルの支援を表明したが,これは「ネパールの紛争を煽るもの」だ。なぜ中国は,あえて選挙支援に踏み切ったのか? それは,「一帯一路(OBOR)」推進を図る中国にとって,ネパールがますます重要となってきたからだ。中国は,カトマンズ環状道路(第二期工事),ポカラ国際空港,仏陀国際空港,セティ水力発電所などの建設に意欲を見せている。中国は,こうした事業を進めるため,ネパールの政策決定への影響力を確保しようと考えており,今回の地方選支援もその一環にほかならない。

チョーダリは,1年前の別の記事「中国インフラのインド国境付近での拡充」(*2)においても,中国は「国境地域の防衛戦略強化のため,ネパール,パキスタンなどの近隣諸国を利用している」と,インドの安全保障の観点から警鐘を鳴らしている。

このように,ネパールへの中国の影響力の拡大は経済的にも政治的にも座視しえないというインド側からの議論が,このところ目に付くようになってきた。

■一帯一路(Xinhua Finance Agency HPより)

*1 Jhinuk Chowdhury, “Here’s why China is financing local elections in Nepal,” Hindustan Times, Apr 03, 2017
*2 Jhinuk Chowdhury, “Expanding Chinese Infrastructure on the Indian Border,” Live Encounters, May 2016
*3 Kallol Bhattacherjee, “China to fund local elections in Nepal,” The Hindu, March 30, 2017
*4 “China Promises USD 1 Million For Nepal Polls During Xi-Prachanda Meet,” News 18, March 27, 2017

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/09 @ 19:44