ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

キリスト教会,連続攻撃される

ネパールのキリスト教会が,2回連続して攻撃された。いずれも犯人は不明。

4月16日午後,「ネパール全国キリスト教連合(FNCN)」のサントシュ・カドカ書記が,ラリトプル・マンバワンのFNCN集会所開催のイースター集会に参加し,帰宅しようと会場を出て100mほど行ったところで,何者かに銃で腰付近を撃たれ重傷を負った。FNCNはプロテスタント教会の統括団体。

その2日後の4月18日午前3時ころ,今度はラリトプル・ドビガートの被昇天教会(Assumption Church)が,何者かの集団に放火された。教会西入口付近と聖職者住居の一部が焼け,バイク2台と車1台が全焼した。この被昇天教会は,ネパール最大のカトリック教会で,2009年には礼拝中を爆破され,3人が死亡している(*3,*4)。

今回狙われたのはプロテスタントとカトリックであり,犯人も具体的な攻撃目的も不明だが,宗派にかかわりなくキリスト教そのものが攻撃目標にされたとみるべきであろう。5月中旬の地方選との関係は,不明。


 ■被昇天教会/放火された住居と車輌(同教会FB)

*1 “Christian Federation concemns shooting of its member,” Kathmandu Post, 19 Apr 2017
*2 “Arson attack at the Catholic Church just after office secretary of Christian federation was shot,” nepalchurch.com, 20 apr 2017
*3 コミュナリズムの予兆(5)
*4 コミュナリズムの予兆(6)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/26 @ 12:21