ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

京都の米軍基地(108):司令官交代で秘密主義へ?

米軍経ケ岬通信所の司令官が6月26日,サラ・カルデナス大佐からアントン・マクダフィー(Anton McDuffie)大尉に交代した。司令官交代式は,米軍御用達セントラーレ・ホテル京丹後の結婚式場付近で催行。

通信所初代司令官のオルブライト少佐はサービス精神旺盛なネアカ軍人だったし,二代目のカルデナス少佐もネット上にかなりの情報があり催事にもよく顔を出していた。ところが,三代目のマクダフィー大尉については,ネット上にもほとんど情報がない。毎日新聞は,皮肉交じりに,こう報道した。

「米軍経ケ岬通信所・・・・の司令官が26日付で交代することとなり、現司令官のカルデナス少佐と次期司令官のマクダフィー大尉が16日、・・・・府庁を訪れ、山田啓二知事にあいさつした。・・・・面会は米軍側の要望で冒頭を除き非公開とされた。府総務調整課の説明では、カルデナス司令官から「大変お世話になりました」との言葉があったが、マクダフィー次期司令官は終始沈黙。Xバンドレーダーの騒音解消のための商用電力導入と、米軍人・軍属が関係する交通事故が相次いでいることを念頭に交通安全の徹底を、山田知事が要請したが、米軍側から回答はなかったという。」(毎日新聞2017年6月17日,強調引用者)

「米軍経ケ岬通信所・・・・の新司令官、マクダフィー大尉は22日、京丹後市の三崎政直市長を訪ねて着任のあいさつをした。・・・・懇談は冒頭の写真撮影だけで非公開で行われ、三崎市長は市民の安全・安心のための取り組みを要請したという。」(毎日新聞2017年6月23日,強調引用者)

米軍はいよいよ本領発揮,アメリカ・ファースト,極秘任務遂行のため,秘密の底にむけ潜航し始めたのではないか。

▼司令官交代式(セントラーレ・ホテル京丹後,6月26日)


 *最初の写真Fliker: The 94th AADDC,最後の写真ウエストポイント士官学校HP,他は米軍通信所FBより。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/08/07 @ 14:36

カテゴリー: 軍事

Tagged with ,