ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ゴビンダ・KC医師,13回目ハンスト

ゴビンダ・KC医師が10月5日,13回目のハンストに入った。現在の立法議会の任期は来年1月21日まで。11月26日/12月7日には,現行2015年憲法に基づく初の連邦議会選挙が行われる。KC医師としては,これまでの闘争の成果をご破算にされてしまう恐れもあるので,新体制に移行する前に,医学教育/医療制度の改革に目途をつけたいと考えているのであろう。KC医師の要求は基本的には以前と同じ。(参照: 過去記事

・マテマ委員会勧告に従い,医学教育法/健康専門職教育法を制定せよ。
・カトマンズ盆地内での医大新設認可を10年間停止し,地方各地に国立医大を開設せよ。
・医学部授業料の上限を定め,私立医大にも順守させよ。
 [KC医師要求の医学部授業料上限額]
  MBBS:カトマンズ盆地内 385万ルピー,カトマンズ盆地外425万ルピー
  BDS:195万ルピー
  MD/MS:225万ルピー

ところが,こうした改革要求に対し,UMLやマオイストの議員を中心とする「医学マフィア」が強硬に抵抗,「医学教育法案」を骨抜きにし,改革を阻止しようとしている。

「主要3党は,医学マフィアの企てに加担している。これは,民衆の四分の三に医療を受けられなくし,中下層階級出身学生に医学教育を受けられなくするものだ。」また,「カトマンズ大学医学部は,政府規定額より高い授業料[500百万ルピー]を取り,これにより医学マフィアに金儲けさせる許しがたい役割を果たしてきた」。このようなことは,「断じて許せない」(*3)。

KC医師は10月12日,51名からなる対政府交渉団を組織し,政府と具体的な交渉に入ることにした。また,これに呼応して10月14日には,大規模なKC医師支援デモも行われた。連邦選挙で騒然とする中でのハンスト闘争。KC医師にとって,状況は有利とは言えない。今後どう展開するか,予断を許さない。

 連帯ツイッター(7月20日)

*1 “Dr Govinda KC launches 13th hunger strike,” Kathmandu Post, Oct 6, 2017
*2 “People should hit the streets to support Dr KC: Prof Mathema,” Republica, October 9, 2017
*3 “Dr KC on 13th hunger strike, wants KU VC sacked,” Republica, October 6, 2017
*4 “Dr KC warns of stern protest against judiciary,” Republica, October 9, 2017
*5 “Justice missing from judiciary: Dr KC,” Republica, Oct 11, 2017
*6 “Dr KC names talks team of 51 members,” Republica, October 13, 2017
*7 “Rally taken out in support of Dr KC,” Himalayan Times, October 15, 2017

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/10/17 @ 15:31

カテゴリー: 社会, 教育

Tagged with , , ,