ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ゴビンダ医師のハンスト闘争(6)

2.ゴビンダ医師ハンスト略年表

(2)第15回ハンスト関係略年表
[2014年]
11月17日:スシル・コイララ首相(NC),ゴビンダ・KC医師(以下KCと略記)要求に応えマテマ委員会設立。
[2015年]
06月29日:マテマ委員会,スシル・コイララ首相に報告書(110頁)提出。
[2017年]
04月17日:プラチャンダ首相(CPN-M),医学教育調査委員会(MEPC)設置。
10月23日:デウバ内閣(NC),KC要求に沿う「医学教育令2017」(「医学教育法」代替政令)を閣議決定。(憲114条:政令は内閣助言により大統領発布。次期議会否決か発布後6か月経過で失効。)
11月23日:「医学教育令2017」,バンダリ大統領が署名し成立。
[2018年]
02月04日:MEPC,デウバ首相に報告書提出し,医大認可不正関与43人の処分勧告。
02月15日:2017年末総選挙で大勝したUML-CPN(現NCP)のKP・オリが首相就任
04月26日:「医学教育令2017」,施行期間満了。
04月29日:政府,マイティガル・マンダラでの集会禁止。翌30日からKC支持派逮捕始まる。
05月09日:「医学教育令」,議会が期限延長議決。
06月07日:KC,「6項目要求」。
06月30日:KC,カルナリ州ジュムラで「無期限ハンスト」開始
07月04日:KC,体調悪化でカルナリ保健科学アカデミー(KAHS)救急室収容。
07月05日:「医学教育令」,期間満了。
07月06日:政府,「医学教育令」大幅修正の「医学教育法案」議会登録。NC,「医学教育令」を「医学教育法」として制定することを求める動議提出。
07月07日:医学協会(NMA),3日以内にKC問題への政府回答がなければスト開始と宣言。
07月08日:マイティガル・マンダラでKC支持集会。
07月09日:KC,酸素吸入開始。
07月11日:NMA,病院1時間スト(救急除く)など全国で抗議活動開始。
07月12日:政府,「医学教育法案」議会提出。
07月14日:KC,心拍異常,白血球減少などで意識失うが,KAHSにはICUなし。政府,KCのカトマンズ強制移送検討開始。マイティガル・マンダラでNC中心のKC支持大集会。
07月15日:ジュムラでKC支持デモ拡大。
07月16日:政府側交渉団結成(団長=KR・バラル教育省事務局長)。政府,「医学教育法案」議会提出。
07月17日:州政府,中央政府の意向を受け中央政府にKCカトマンズ移送を要請。KCさらに衰弱,立ち上がれない。心室性期外収縮。心停止の恐れ。
07月19日:政府動員の治安部隊と学生,看護師らがKAHSで衝突,数十名負傷。警官死亡と伝えられ,KCはカトマンズ移送同意(のち警官死亡は虚報と判明。)政府,軍ヘリでKCをカトマンズへ移送。夕方到着後,KCは収容されたトリブバン大学教育病院(TUTH)でハンスト継続。
07月20日:デウバNC党首,TUTHハンスト中のKC訪問。全国公私立医療機関,救急を除きKC支持スト。マイティガル・マンダラでKC支持集会。アムネスティ,ジュムラでの政府実力行使に憂慮表明。
07月21日:市民団体,バネスワルで抗議集会,著名人多数参加。
07月22日:バサンタプルでKC支持集会。主要14メディア編集長,KC訪問し,支持声明発表。KC体調さらに悪化し,危険状態に。
07月23日:UMLとMCの下部組織(各2),KC要求に沿う「9項目要求」に合意。KC支持集会,数百人参加。
07月24日:オリ首相とプラチャンダ共同議長,KB・マテマ,DK・バスコタ医学審議会(MEC)議長と会い,打開策協議。夕方,政府とKC側が教育相で交渉。
07月25日:医療諸機関,外来診療など休止。医師ら,KC支持デモ参加。
07月26日:TUTHで医学部学生,KC支持デモ。夕方,政府とKC,「9項目合意」署名深夜,KCハンスト終了
07月27日:政府,「医学教育法案(修正なし)」と「9項目合意」を議会提出。KC,ICU収容(6日間)。
07月31日:政府,「医学教育法案」の修正案(「9項目合意」に基づき22か所修正),議会登録。
08月7日:KC,退院。
08月11日:KC側交渉団,首相と官邸で交渉開始。


 ■トリブバン大学医学部/ネパール医学審議会

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/10/09 @ 14:29