ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

ゴビンダ医師のハンスト闘争(12)

1.民主的専制とサティヤグラハ:ネパールから学ぶ
2.ゴビンダ医師ハンスト略年表
3.マテマ委員会報告
4.医学教育令制定と医学教育問題調査委員会報告(以上前出)

5.オリ共産党政権成立とその医学教育政策
(1)医学教育政策後退とゴビンダ医師の抵抗
2018年2月15日,オリ共産党政権が発足した。ゴビンダ・KC医師の要求する医学教育改革については,コングレス党前政権も積極的とは言えなかったが,それでも前年秋,ゴビンダ医師の要求をほぼのみ「医学教育令2074(2017)年」を制定した。ところが,同政令発布直後の総選挙で大勝し政権を奪取した共産党(NCP)は,ゴビンダ医師の要求するような医学教育改革には強硬に反対してきた。ゴビンダ医師の改革要求闘争は,オリ政権発足により,これまでの成果ですら根こそぎ反故にされかねない状況となった。

事実,オリ政府は,「医学教育令2074年」の施行にも,それを法律として制定することにも否定的であった。また,医学教育問題調査委員会(MEPC)報告の公表や,そこで勧告されている腐敗・権力乱用責任者処罰にも着手しようとはしなかった(*1)。

これに対しゴビンダ医師は,改革要求が容れられなければハンストに入る,と繰り返しオリ政府に警告した。そして,このゴビンダ医師の不屈の戦いに,市民・学生・保健医療関係者らの支持も拡大し,政府はついにシンハダーバー(政庁地区)南西角交通要所のマイティガル・マンダラでの集会を禁止する強権発動に出た(集会参加者一斉逮捕は6月30日開始)。政府が力で医学教育改革を抑え込もうとしていたことは明らかである。

■マイティガル・マンダラ(赤丸印,Google)

しかしながら,それでもゴビンダ医師への支持拡大は止められず,「医学教育令2074年」の次の期限(7月4日)までに何らかの具体策をとらざるを得ない状況に,オリ政府は追い詰められていった。この間の経過の概略は以下の通り。

5月3日,ゴビンダ医師は,「次の議会で医学教育法が制定されることを期待している」とのべ,もし同法制定をはじめとする医学教育改革が実現されなければハンストに入る宣言した。主な改革要求:
・「医学教育法」の制定
 ・医学教育問題調査委員会報告で処分勧告された43人の処分実施
 ・規定以上の授業料を取る医大の処分
 ・マイティガル・マンダラでの集会禁止の撤回

これに対し,オリ内閣は5月9日,「医学教育令2074年」の継続を議会可決はしたが,それ以上の改革には手を付けようとはしなかった。そこでゴビンダ医師は6月7日,従来の改革要求に医療関係者脅迫禁止法の制定など新たな要求をいくつか加えた「6項目要求」を政府に突き付け,要求が容れられなければハンストに入る,と改めて宣言した。

ところが,議会で三分の二以上の絶対多数を握るオリ政権は,またもやゴビンダ医師の要求を無視した。オリ首相は,デウバ内閣がゴビンダ医師の諸要求をほぼ受け入れ制定した既存の「医学教育令2074年」を法律として継承発展させるのではなく,その精神に反する新たな“医学教育法”の制定(旧医学教育法への事実上の復帰)を目論んでいた。ゴビンダ医師は,こう非難している。

「この政府の方針は認められない。われわれは,一般の人々に利用可能な高度な医療と,妥当な負担で可能な高度医学教育を実現するために闘っているのだ。(*2)」

ことここに至って,ゴビンダ医師は,オリ政府には医学教育改革への意思なし,と判断せざるをえなくなった。そして,ついに6月29日,北西部カルナリ州のジュムラにおいて,彼は無期限ハンストに入ることになったのである。第15回目のハンストである(*2)。

■BBCのハンスト報道(ゴビンダ教授連帯FB)

*1 “Dr Govinda KC serves 15-day ultimation, warns of another hunger strike,” Onlinekabar, 3 May 2018
*2 “Dr KC to start 15th fast unto death from today, in Jumla,” Republica, 29 Jun 2018

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/12/29 @ 16:21