ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

桜の宝塚

7日の日曜は,絶好の花見日和。最近は身内の介護で遠出できないので,自転車で近くの桜を見に行ってきた。

今年の桜は,完璧な一斉開花。美しいというよりは,たじろぎ,息をのむほどの生命力の噴出発現。その一気に咲いた無数の花々を見ると,いやでも散り際の潔さ,美事さを思わずにはいられない。

桜は,厳しい冬を耐え忍び,本格的な春の到来を待ち望む日本人の心情に,たしかに最も自然に,最も力強く訴えかける日本の花である。それだけに,利用価値も,むろん絶大だったのだが・・・・。(参照:花の宝塚とゼロ戦と特攻顕彰碑


■「宝塚大歌劇場・花のみち」入口/宝塚大歌劇場


■花のみち(歌劇場前)


■宝塚音楽学校(TMS)/阪急電車


■宝塚大橋東詰/同左

■宝塚大橋西詰/伊和志豆神社

■平林寺/同左

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/04/08 @ 10:46

カテゴリー: 自然, 宗教, 平和, 文化

Tagged with , , ,