ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

検索結果

ツクツクの女性運転手さん

ディリバザール・マイティデビからスンダラまでツクツク(サファテンプ,電動三輪小型バス)に乗った。運転手は女性。ワンウーマン・バスないしワンパーソン・バスで,運転と料金受け取りを一人でこなす。高度で厳しい仕事。

ネパールの交通は,繰り返し述べてきたように,信号に従う法治(規則=ルールの支配)ではなく,人(の動き)を見て自分の動きを決める人治である。われ先にと1mでも,10cmでも先に進もうとする車やバイクの大群の中にあって,ギリギリのところで動きを決めるのは,運転手あるいは乗員の見てくれ。見てくれの立派な方(上位身分に見える方)が,優先権を行使し,先に進む。(参照:信号機 人治 交差点

そこでツクツク女性運転手。運転席のすぐ近くで観察していると,やはりナメられている。勇猛果敢に渋滞の中に突っ込んではいるものの,角突き合わせ,二進も三進もいかなくなると,結局は道を譲らされたり,バックさせられたりする。明らかなセクハラ。ケシカランが,現実は男社会,いまのところどうにもならないらしい。

ネパールでは,マオイストの蛮勇により男女平等が目覚ましく進展し,いまや多くの分野で日本よりはるかに進んでいる。そのうち交通でも,女性運転手諸氏が屈することなく日々勇敢に闘い続けるなら,女性が対等の交通実権を獲得することになるのは間違いない。

これは女性の「権利のための闘争」。西洋の「レディーファースト」えせ女性の権利とは,ものが違う。頑張れ,ネパール女性バス運転手諸君!

▼スンダラ(ネパール航空前)ツクツク乗り場
150806

▼「第三の性」選択欄付き出入国カード(「第三の性」欄=印)
150806a

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/08/06 at 19:33

カテゴリー: 社会, 旅行, 人権

Tagged with , ,

交差点に見る前近代・近代・近代以後

ネパールの交差点は,文化の交差点であり,一目でネパール文化のありようが見て取れる。この写真は,ナラヤンヒティ王宮博物館前。左が交通警官,右下が信号機,そして右上がソーラーLED照明。
150126a

これは,ニューバネスワル(制憲議会前)。左が交通警官,中央がソーラーLED照明,右が信号機。
150126b

これらの交差点において,交通警官は,人々の動きを見て交通整理をしている。これは人の支配としての人治であり,したがって「前近代」。

これに対し,信号機は,定められた規則により合理的・機械的に交通整理。これは非人間的な合理的な規則による支配であり,法治(法の支配)であり,したがって「近代」。

そして,ソーラーLED照明は,人間が作ったものながら,設置後は自然光の恵みにより自動的に発電し交差点を照らす。その限りでは人為を超克しており,いわば「近代以後」。

カトマンズの交差点では,見た限りでは,信号機は全滅,まともに機能しているものは一つもない。点灯していても,点滅であり,実際の交通整理は,交通警官が手信号でやっている。つまり,近代原理の象徴たる信号機は,日本援助などで何回も導入が試みられてきたにもかかわらず,ネパール社会には受け入れられず,打ち捨てられ,埃まみれの立ち枯れ信号機の無残な姿をさらすことになっている。交差点において,「近代」は「前近代」に完全敗北したのだ。

では,ソーラーLED照明はどうか? うまく維持され機能すれば,「近代」を超克する「近代以後」の象徴となり,世界中の絶賛を浴びることになるだろう。「近代」なきネパールにおける「近代以後(ポストモダン)」の輝かしい勝利。さて,どうなるか? 興味深い。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/01/26 at 14:17

法治「信号機」よりも人治「ロータリー」

午前,1時間ほど王宮博物館前・カンチパト付近を歩いてみた。まず気になるのが,例の信号機。

タメル入口(王宮博物館・アメリカンクラブ・旧文部省)交差点の信号機。旧来の格調高い英国風ロータリーを撤去し,日本援助で高性能信号機を設置した。

電気は来ている。午前11時頃で交通量も多い。が,見よ! 赤黄点滅で,車も歩行者も信号機など全く見ていない。法治(rule of law)の権化「信号機」は完全無視,交通警官の指示に従い,通行している。昨夜,交通警官がいないときは,ロータリー式完全「自治」通行が実践されていた。何の問題も無し。(再設置「ロータリー」は右外回りではないが,原理は,ロータリー式と同じ。)

131030a 131030b
■タメル入口交差点 SAARC本部前より(赤点滅)/パスポート・センター前より(黄点滅)

もう一つ,王宮博物館前(交通警察署前)交差点では,電気は来ているはずなのに,完全消灯,警官が交通整理。交通警察自身が,署の前で自ら法治「信号機」無視のお手本を示している。お見事!

131030d 131030c
 ■王宮博物館前交差点 完全消灯信号/背後は交通警察署 

私の「ロータリー文化論」には批判も多いが,この十数年の観察で,その妥当性がかなり実証されたように思う。

ネパール社会は,人治(人の支配)原理で動いている。そこに法治の制度や機械を外から持ち込んでも,うまくはいかない。今後どうなるか分からないが,少なくともいままでは,そうであったといってよいのではあるまいか。

[追加]点灯信号機発見(2013ー11-01)
ラトナ公園・バスパーク前の歩行者用信号機が点灯されていた! といっても,車も歩行者も警官の指示に従っていたが。
  131101

夕方,バスパークからキルティプルまでバスで1時間半。道路は車の洪水。途中のスタジアム前,野菜市場前などの高性能信号機は,もちろん全滅。すべて,警官が手信号で整理していた。

エンジンを切って待っているバスの中から見ていると,警笛の鳴らしあいで強力そうな方が,先に通されていた。これぞ人治,加徳満都の道路は法学教育の場としても有益だ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/10/30 at 23:13

スラム住民粉砕,マオイストの無慈悲

こんな極悪非道なことは,王政はむろんのこと,NC・UMLブルジョア政権ですら,決してやらなかった。ブルジョア新聞リパブリカですら,怒り心頭,写真付きの大きな記事を掲載,マオイスト政府を激しく厳しく非難・告発している。

5月8日朝,開発関係当局(カトマンズ開発局,バグマティ総合開発委員会)は,ブルトーザーと作業員,武装警官隊1800人,警官多数を動員し,タパタリ近くのバグマティ河岸のスクォター「不法居住」地区を急襲,バラックを一気に踏みつぶし,スクラップにしてしまった。

うかつにも気がつかなかったのだが,この「不法占拠」スラムには,小学校(生徒150人)や教会もあったそうだ。それらのすべてが,マオイストのブルにより踏みつぶされてしまった。

スクォター(不法占拠者,無権利居住者)たちは,もちろん抵抗した。女性や子供も「人間の盾」になった。しかし,彼らには,人民政府の催涙弾とゴム弾が浴びせられ,警棒で滅多打ちされ,容赦なく「革命」に屈服させられた。

「土地なしスクォター闘争委員会」がいうように,「革命政府は,スクォター問題をブルトーザーと銃弾により解決することにした」のである。たしかに,教祖・毛沢東が言うように「革命は銃口から生まれる」。

そもそもカトマンズの「不法占拠」河岸スラムは,マオイスト人民戦争とNC=UML自由化政策に起因する。王制下であれば,たしかに差別・貧困は甚だしかったが,最低限度の前近代的「社会保障」制度がギリギリ機能していた。グティや寺院など。

ところが,それらが自由化と民主化と革命により破壊され,下層人民には「飢える自由」が恵与された。人民戦争が村から追い出した人々,経済的・社会的自由化が「豊かな社会」からはじき出した人々,そうした最下層の人々が最後にたどり着き身を寄せ合って生きていた「不法占拠」河岸バラックを,マオイスト政府はブルとガンにより粉砕してしまったのだ。

河岸スラムは,たしかに見苦しい。日本援助の豪華橋&ピカピカ最新信号システムのすぐ下にあるスラム。豪華超高級マンション宣伝大看板の借景をなす河岸スラム。古都パタンに向かう金満観光客,超豪華ヒマラヤホテル連日開催のアゴ・アシ付きセミナー参加の内外名士たち,ピカピカ四駆でお仕事の国連関係諸氏,そして豪華国際催事場で高禄を食む最大政党マオイスト議員たち――こういった人々にとって,河岸スラムは実に見苦しい。ブルとガンとゲバ棒で一気に粉砕,更地に戻し,美しい河岸公園としたくなるのも,もっともだ。

駐屯地バラックの人民解放軍兵卒は,実力部隊として幹部を議員に押し上げたあと,「過激派」として特権議員から駐屯地バラックを追われた。スラム住民は,最底辺肉体労働者としてマンション建設に動員されながら,マンション住民からは見苦しい不法占拠者としてバラックを追われた。

しかし,そもそも土地は誰のものか? 河岸スラムにすむ人々は,ヒト以下なのか? 野良犬ですら,河岸に憩う。イヌには自然の自由(自然権としての犬権)がある。河岸スラムの人々には,ヒトの自由も,したがって当然,人権もない。


  ■ヒュンダイ・ブルでバラック粉砕(Republica, May9)


  ■がれきと化した河岸スラム(Republica, May9)

関連記事
河川敷スラム
信号機援助の無残:人治→法治→人治
カトマンズ・不動産バブル
重労働か失業か

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/05/10 at 12:18

カテゴリー: マオイスト, 社会, 経済, 人権

Tagged with , , ,

人治の国の立ち枯れ援助信号機

毎日、朝から晩まで勤勉に仕事をし、合間に街を移動。車は引き続き急増し(韓国車多し)、各地で渋滞が続発している。

この車増加を見越し(あるいは車輸出のため)、日本を始め先進資本主義国は、市内各所に最新式信号機を援助してきたが、見た限りではほぼ全滅、まともに動いているのは最近(今年?)設置したばかりの日本援助カトマンズ=バクタプル高規格道路のものだけだった。これも、この調子では、半年もすれば消されてしまうだろう。

電気は、雨期であり、足りている。スイッチを入れれば稼働するはずなのに、切ってしまう。これはハードではなく、ソフト、つまり文化の問題である。

以前にも指摘したように、信号機は法治(ルール遵守)のモデル。機械(信号機)の合理的命令に人間が服従する。法治が内面化されている日本では、たとえタヌキしかいない深夜の農道でも赤信号で車はちゃんと停止する。日本では、法(ルール)をつくる支配階級は法を守らないが、大半の人民大衆はいつ、どこでも法を遵守する。

これに対し、ネパールは本質的に人治の国。周りの人々の動きを見て自分の行動を決める。文化全体がそうなっているので、道路においても、いくら高価・高級な信号機を設置しようが、それは援助国の自己満足に過ぎず、ネパール人民にとっては何の意味もない。半年もすれば、スイッチを切り、人治に戻してしまう。

たとえば、日本援助の文部省前信号機も、ロータリー式に戻され、警官が手信号で交通整理している。ここには、怪しい「アメリカン・クラブ」があり、前回、日本援助信号機をタメル方面から激写したら、アメリカンクラブ警備兵(武装警官)がすっ飛んできて、すんでの所で射殺されるところであった。ここでは毎年、何も知らず王室博物館やタメル方面をパチリとやった日本人観光客が何人か拘束されている。いまや文部省前交差点は、ネパール文化・社会・政治のパワースポットの一つである。ぜひ見学していただきたい。ただし、写真は撮らないこと。

信号機のないロータリー式交差点は、人治のモデル。つねに相手の格や動きを見て、自分の行動を決める。そして、人治の国ネパールでは、ロータリー式や警官手信号の方が、はるかによく機能している。実に見事だ。

ネパールの人治文化は、社会に深く根付いており、近代的な法治主義や立憲政治を移植するのは、至難の業である。それは、立ち枯れの哀れをさそう日本援助信号機を見れば、誰しも納得せざるをえないだろう。
トヨタと消灯信号と交通安全啓蒙(バグバザール)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/09/21 at 14:31

カテゴリー: 社会, 文化

Tagged with , , ,

信号機援助の無残:人治→法治→人治

谷川昌幸(C)

タメル入口、文部省前の日本援助信号機の定点観察(ちょっと大げさだが)をしている。派手でよく目立つし、法学・政治学的にも、これは人治から法治への近代化移行支援の一つといってもよく、興味深いからだ。

 

1.信号機の機能停止

現状は、無残の一言に尽きる。日本援助の交通信号機は完全に機能停止し、古都景観とはミスマッチの無用の長物と化している。

 

短期滞在なので、なぜこうなったか、誰がこの決定をしたのか、今後どうなるか、そういったことはよくは分からない。が、とにかく見た限りでは、日本の信号機援助は失敗と言わざるをえない。

 

2.信号機:人治から法治へ

信号機が設置される以前は、交差点では、まず相手(車・リキシャ・人・牛など)の様子をみて自分の行動を決めていた。人治である。

 

車の数が増え、完全な人治つまり交差点完全自治では捌ききれなくなると、警官が出て、手信号で整理し始めた。これも人治。警官は偉そうな人が来ると、当然、優先通行させた。

 

これはイカンと思ったのが、東洋近代化の模範生日本。人治を法治に替えるのが、しかも内政干渉の非難を受けるリスクなしに派手に目立つ援助として実施できるのが、交通信号機援助だったからだ(たぶん)。

 

文部省前の信号機設置は、それはそれは華やかだった。短期滞在なので一部始終見学したわけではないが、それでも信号機日本援助の目的と効果を説明する大看板が交差点歩道に設置され、信号(ルール)を守る必要を図解したイラスト入りビラが付近の電柱に貼られ、たしか啓蒙横断幕もあったと記憶している。

 

設置後しばらく(2,3年)は、たしかに信号機は機能し始めていた。ネパールの人々も、相手を見て自分の行動を決める(人治)のではなく、信号機(ルール=)の指示に従い自分の行動を決める(法治)ようになりかけていた。うまくいくかな、ネパールの近代化は日本援助で達成できるかな、と愛国心丸出しで期待していた。

 

3.警官手信号への置き換え

ところが、やはりダメだった。昨年ころから、信号機があるにもかかわらず交通警官が交差点に出て、歩行者、自転車、バイク、車、牛の整理を始めた。

 

そして1年後のいま、信号機は消されるか点滅に変えられ、交差点の真ん中には交通整理用のお立ち台が設置され、警官が手信号と笛で交通整理をしている。人治への逆行である。

 

皮肉なことに、休日、夜間など、車が少なく交通警官がいないときは、交差点中央のお立ち台がロータリーの役割を果たしている。

 

ネパール人民は、日本援助の信号機を放棄し、国産警官を投入、伝統継承の人治へ戻したのである。

 

4.人海戦術

これは、見た限りでは、他の交差点でも同じだ。デリーバザール西側出口交差点、シンハダーバー前交差点など(これらは休日等には信号機に戻されることもある)。環状線(リングロード)の主要交差点はまだ見ていない。

 

そうした人治(手信号)化交差点の中でも最も惨めなのが、タパタリ交差点。パタン入口、バグマティ川の橋(日本援助)の手前にあるこの交差点は、交通要所であるうえに、ロータリー崩れの複雑な構造になっている。

 

この複雑なハイテク交通信号機も完全崩壊、見るも無残なガラクタと化している。

 

タパタリ交差点の中央にはお立ち台が設置され、警官が手信号で交通整理する。さらに進入路の各所に警官が配置され、交通整理している。人海戦術である。

 

交通警官には、女性が多い。若くビックリするくらい美人だ。イカツイ男の制服姿は威圧的だが、女性の制服姿は美しさを倍増させる。だから、女性交通警官の指示には、皆おとなしく従っている。

 

手信号に従うのも法治と言えなくもないが、手信号を出すのは人であり、やはり人治に分類すべきだろう。ネパール人民は、近代的法治を伝統的な人治に戻しつつあるのだ。

 

5.ロータリーの健在

これとは対照的に、英国式ロータリーは健在だ。たとえばマイティガル交差点は、信号機は崩壊しているものの、ロータリーは残されているので、交通はロータリーの論理により自動整理され、かなり能率的に流れている。

 

ロータリーは、英国民主主義の伝統の具現であり、これが機能する社会は、あえていうならば民主主義成熟社会、より正確にはポストモダン民主主義社会である。

 

交差点民主主義において、日本は英国に完敗した。短期的には日本型近代合理主義が強いが、長期的には英国型の方が強い。やはり日本はダメだ。英国の古き良き伝統には到底かなわない。

 

6.地下鉄とリキシャ

しかし、その英国式ロータリーといえども、このまま車やバイクが増加していけば機能しなくなる。カトマンズやパタンなどが都市再生を図るには、市街地から車やバイクを一掃する以外に方法はない。信号機不要市街に戻すのだ。地下鉄、路面電車を通し、市街地は原則として徒歩、自転車、リキシャ、牛だけに限定する(指定車を除く)。不便になるが、仕方ない。

 

一つのモデルは長崎。最近値上げされたが、それでも路面電車はどこまで乗っても120円、回数券なら100円ほどだ。安全快適。

 

もしネパールがこのまま車増加を放任し、信号機で整理しようとすれば、街を破壊し道路建設する以外に方法はない。しかし、そんな野蛮な文化破壊は選択すべきではない。

 

日本は、人口密集古都保全型都市交通体系への移行支援に、援助方針を変えていくべきだろう。

 

 

文部省前交差点。赤・黄点滅。警官手信号で交通整理。右前方が恐怖のアメリカンクラブ。

 

文部省前交差点。中央のお立ち台が、警官不在の夜間はロータリーとなる。点滅信号機完全無視。

 

タパタリ交差点。警官約十名で交通整理。制服姿の女性警官が、メチャかっこよい。

 

タパタリ交差点。ハイテク信号機消灯。醜いガラクタと化す。反文化的。

 

 

Written by Tanigawa

2010/09/07 at 12:45

カテゴリー: 文化, 民主主義

Tagged with , , ,

馬場さんと「法の支配」

谷川昌幸(C)
JICAシニアボランティアとして交通指導に当たられていた馬場喜代志さんが任期満了で帰国された。朝日新聞(1/23)が「ひと」欄で紹介し,業績を称えている。
 
 
 
以前にも述べたように(人治vs法治ーー信号の近代化論),馬場さんは,「人の支配」のネパールに「法の支配」を持ち込み,日本の権威をバックに大きな成功を収めた。ネパール社会の急速な近代化も馬場さんに味方した。
 
馬場さんが帰国されても,少なくとも道路交通においては,ネパールが再び「人の支配」に戻ることはあるまい。痛い目にあうのは,本人だからだ。
 
 
*2020/05/02 リンク更新

Written by Tanigawa

2010/01/23 at 18:32

カテゴリー: 文化

[訂正] 信号機援助と「消された日本」

谷川昌幸(C)
1.訂正とお詫び:消されていなかった日本
2009年8月26日付記事「アメリカンクラブと市民マラソンと消された日本」について,JICAのご担当者の方から,事実誤認のご指摘をいただいた。
 
「8月26日付けのブログにあります信号機のドネーションボード撤去の件ですが、実は教育省側の交差点付近に永久構造物(コンクリート製の演台ぐらいの大きさ)として設置されており、それはいまも残っております。現地事務所を通じて確認いたしましたし、私も先週ネパールに出張した際、自分の目でも確認しております。」
 
ご確認されたとのことですので,「日本の痕跡が跡形もなく消し去られている」という部分は取り消し,事実誤認をJICAとネパール政府にお詫び申し上げます。
 
私自身,文部省側にも行って探したのですが,向い側の小銃を構えた警備兵が恐ろしくて,見落としてしまったのでしょう。
 
2.信号機支援の文化的意義
ところで,ネパールへの信号機援助は,たんに信号機を設置すればよい,というものではない。信号機そのものよりもむしろ「信号=ルールに従う」という遵法精神の育成の方が重要だ。「赤=止まれ」「青=進行可」という規則を守る,その法治主義のエートスの涵養だ。これは,ルールに従うという主体的自主的行為を要求するものであり,同時期に導入され始めたATM以上にネパールの近代化,民主化に寄与する。
 
この観点からいうと,この信号機援助は,模範的だった。信号機設置後,信号とは何か,信号にどう従うべきかということをイラストで易しく説明した看板が多数設置され,多くの指導員が出て「信号=ルールに従う」よう懇切丁寧に実地指導していた。
 
このようなソフト支援は,ハコモノとは異なり,あとにはエートス=文化しか残さないが,援助の不可欠の部分といってよいだろう。まだまだ信号無視は多いが,以前と比べ,雲泥の差がある。革命的変化といってよい。
 
 JICAがこの信号援助においてソフト支援にどの程度関与されたか私には分からないが,おそらく積極的に支援されたのであろう。もしそうだとすると,その功績は高く評価される。
 
 
設置直後の信号と交通安全教育(撮影2003年3月,以下同様)。上部に日本支援の表示
 
 
信号の意味をイラストで説明。上部に日本援助の表示
 
信号機支柱の表示。日の丸強制には断固反対だが,この信号機の「日の丸」には感動した。軍事支援の米国,軍依存の王室,拉致とテロのマオイスト――その血生臭い殺伐とした内戦の真っ只中で,敢然と非軍事的援助に徹する日本の象徴が,この「日の丸」だ。祖国への誇り,祖国愛,愛国心が沸々と沸きたぎり,しばし愛国者の歓喜を味わうことができた。
 
3.援助と宣伝
ここで難しいのは,援助の痕跡を残すか否かだ。堅牢な看板を立て「日本援助」と書いておけば,痕跡はいつまでも残る。そして,ネパール開発を日本が支援してきたこと,日本はネパールの友人であることを,看板を見るネパールの人々に,そのつど思い起こしてもらえる。
 
しかし他方,開発援助は自立支援であり,援助を吸収し自分のものにしてもらうことが目標である。とすると,援助の痕跡が消え去ってしまえばしまうほど,援助は成功したということになる。
 
とくにソフト支援の場合,ハコモノ以上に経費も時間もかかることが少なくないのに,支援が成功すれば,残るのは「交通マナー」などの文化だけである。ソフト支援においては,人々の記憶と歴史に残るという密かな期待――そうなれば最高の名誉であるとしても――をもって満足せざるをえない。
 
さらに日本の場合,援助を積極的に宣伝することに照れを感じるという奥ゆかしい国民性もある。ネパールの新聞などを見ると,日本関係の記事は非常に少ない。他の国々の多くは,日本よりも援助の件数も額もはるかに少ないのに,派手に宣伝し,記事で大きく紹介される。お国柄であろう。日本人は,援助を宣伝し日の丸を立てまくるのをハシタナイと本能的に感じてしまうようだ。
 
日本援助のグラウンドと巨大看板:デュリケル(撮影2003年3月)
 
スンダラ配電所1997年完成(撮影2009年8月)
 
4.援助の多面性
ネパール援助の痕跡を残すべきか否か,もっと宣伝すべきか否か? これは難しい。開発援助には,善意だけでなく,政治的計算や経済的打算も当然働いているからである。
 
参照:
2007/03/25   信号援助と「法の支配」と宣伝看板消失 (注)この記事についても,関係部分は,上記のように訂正します。
 

Written by Tanigawa

2009/09/08 at 13:12

カテゴリー: 社会

Tagged with , , ,

アフガン・マオイスト,ネパール・マオイストを糾弾

 谷川昌幸(C)
アフガニスタン共産党(マオイスト)が,ネパール共産党マオイスト(CPN-M)を厳しく糾弾している。非は,遺憾ながら全面的にネパール・マオイストの側にある。
Open Protest Letter from the Communist(Maoist) Party of Afghanistan to the Communist Party of Nepal(Maoist), Revolution in South Asia, April 8, 2009
 
アフガン・マオイストによれば,アフガンにはネパール武装治安要員が1500~2000人いる。当初は米警備会社の警備員として派遣され,たとえばShindand空港には700人も配備されている。ネパール・マオイスト政府は,これに反対するどころか,今度はPKO派遣増派を画策している。
 
マオイスト政府になった頃から,Shindand空港ネパール人治安要員は,米「特殊部隊」の直接指揮下に入り,カンダハルではカナダ軍と共同任務に就いている。
 
アフガン・マオイストは,第6回CCOMPSA(南アジア・マオイスト協議会)大会でアフガン派遣ネパール治安要員の問題を提起し,ネパール・マオイストも善処を約束した。しかし,この約束は裏切られた。なぜネパール・マオイストは,米帝国主義のアフガン侵略に加担するのか?
 
ネパール・マオイストは,制憲議会選挙の選挙公約でゴルカ兵を「恥ずべき伝統」と呼び,これを廃止しネパール国内の生産的活動に就かせる,と約束した。ところが,アフガンやイラクのネパール兵については,CCOMPSAでの約束を無視し,さらに増強しようとさえしている。
 
「いまネパール共産党マオイスト(CPN-M)の議長がネパールの首相だ。防衛大臣はCPN-Mの指導者の一人だ。財務大臣や他の重要大臣もCPN-Mだ。つまり,連立内閣はCPN-Mの指導下にある。それなのに,この政府統治下の市民がアフガンやイラクの占領軍の重要部分を担っている。ネパールで10年に及ぶ人民戦争を指導してきたその党が,いまでは恥知らずにも占領軍と手を結び,彼らの計画の実現に協力しているのだ。」
 
ネパール・マオイストは政権を握っており,アフガンやイラクへのネパール武装治安要員派遣を止めようと思えば,すぐにでも止められる。では,なぜそうしないのか?
 
「もし停止しないのであれば,追従者・ネパール武装治安要員は,アフガンで帝国主義侵略者の利益のために民衆の血を流すばかりか,いずれアフガン・マオイストの血や,わが党と関わりのある人民の血を流すことになるであろう。」
 
まさに,血を吐くような厳しい糾弾ではないか。ネパール・マオイストは,アフガンの友党のこの批判に,どう答えるのか?
 
答えられるはずがない。このブログでもすでに批判したように,ネパール・マオイストは自分たちが「恥ずべき伝統」と非難してきたゴルカ兵募集をすでに容認している。また,ネパール人青年男女を「人的資源」と見なし,日本や東南アジア,湾岸諸国に積極的に輸出し始めている。
 
ネパール・マオイストは,人民弾圧のための傭兵として,また安価な使い捨て労働力として,自国人民を外国に売り渡しているのだ。
 
国王や封建的支配者が人民を売るのなら,まだ分からないではない。ところが,いまはそうではない。人民の友マオイストが,人民を外国に売りつけている。アフガン・マオイストの非難するとおりだ。
 
このようなアフガン・マオイストの非難に対しては,早速,反論が出されている。アフガン・マオイストなんて泡沫政党だ,ネパール・マオイストがせっかく政権を取ったのに,現実を無視して攻撃するのは,利敵行為だ,等々。たしかに,これらは政権維持のための戦術であり,長期戦略が革命達成であることは変わらない,という見方もある。 しかし,そうした言い訳は,いまネパール傭兵に殺されるかもしれない人々や,ネパール人出稼ぎ労働者に職を奪われるかもしれない現地労働者には通用しない。
 
ゴルカ兵募集,国連PKOへのネパール兵派遣,出稼ぎ労働者の送り出しは,いずれもマオイスト・イデオロギーそのものに反している。直ちに止めるべきだろう。
 
(参考)

Written by Tanigawa

2009/04/13 at 16:35

カテゴリー: マオイスト

車の運転と国家統治

 谷川昌幸(C)
 統治governmentは,「船を操る」が語源。操船,あるいは現代であれば車の運転を見ると,その国の政治のあり方がよくわかる。
 
イギリスが民主主義の国とされるのは,タイタニック号事件(史実とすれば)に見られるように,船長以下乗組員が職責に殉じ,英国男性乗客が「紳士」として振る舞ったように,人々が目先の利益よりも規範や誇りを重視し行動する態度を身につけているからだ。民主主義は紳士の政治である。
 
ネパールの政治は,この対極にある。政治はそれぞれの文化ごとに様々であってよいが,もしかりに西洋民主主義をモデルとするなら,ネパールの政治家には「紳士たれ」といわざるをえない。そして,紳士となるには,客観的規範(ルール)をたとえ自分に不利であっても守り抜くという「やせ我慢」の美学の体得が不可欠である。
 
この美学がもっとも赤裸々に現れるのが,現代では道路交通である。深夜,車一台通らなくても,赤信号で止まる。愚劣かつ高尚だ。紙一重の差。わかる人にはわかる。それが紳士だ。ネパールの車運転はこの対極にある。
 
3月19日,ゴルカに行く途中,大渋滞に巻き込まれた。カトマンズ,ポカラ,チトワンの三方面からの幹線の集まる三叉路,ムグリンのはるか手前で車が止まり,全く動かない。トラック運転手は車台の下に潜り込み寝ている(日陰で涼しい)。露天が店開きし,飲み物,お菓子,弁当を売りに来る。 はてはサドゥ(ヒンドゥー教行者)たちが現れ,渋滞解消のため(?),有難いお祈りを唱え,祝福を受けよと呼びかける。まさにネパール的(インド的)混沌。ゴルカよりも面白そうだが,ゴルカに行くという目的合理性には反する。私も近代人だから,イライラが募り,この前近代的・非合理的渋滞を呪い始めた。
大渋滞。車台下で昼寝。路上販売始まる。
 
もしこれがバンダ(ゼネスト)かチャッカジャム(道路封鎖)だとすると,マオイストかマデシか,あるいは身内を轢き殺された一族かが,自分たちの要求を通すためやっているに違いない。はなはだ不合理で,紳士的でなく,したがって民主的ではない。ケシカラン! もうあきらめ引き返そうかと思い始めた頃,これはどうやら自然渋滞らしいということがわかった。
 
そこで周囲を見回してみると,こんなことをやっていては渋滞は当たり前だ,と思われる不可解な交通慣習がいたるところに見られる。 まったくもって不可解なのが,自己中(自己中心)の横着駐停車だ。この道路はインド・タライとカトマンズを結ぶ幹線で,大型トラックが多数往来する。それらのトラックが,道幅の狭いところに平気で駐車している。たとえその20~30m先に広い空き地があっても,そこまでいって駐車することは,しない。カトマンズからムグリンまで,ずぅ~と観察してきたが,そんな自己中横着駐車が無数にあった。紳士たるもの,ルールに従うこと以上に,他人に迷惑をかけないことを心がける。ネパールの運転者はこの逆,他人のことなどまったく考えていない。おそらく,それが迷惑をかけるとすら意識していないのであろう。
 
近代的愚劣の新名所マナカマナの茶店で,ハイカラ軽薄「即席ラーメン」を恭しく賞味しながら見ていると,この世のものとも思えない超自己中ドライバーに,あきれるのを通り越し,いたく感動させられた。何と,道の両側に車を止め,茶店に入り,茶を飲んでいる。当然,通行困難になり,渋滞が始まり,ブーブー,プープーとやかましくなるが,われ関せず,まったく平気だ。恐れ入りました。
両側駐車名所マナカマナ。即席ラーメン賞味のレストランより。
 
しかし,こうした自己中は悪いことばかりではない。ネパールでは,少々他人に迷惑をかけても,怒られない。プープー,ブーブーとけたたましいが,日本のように血相を変えて文句を言い,あげくのはて殴り合いになったり,逆上して殺したりするようなことは,まずない。迷惑なれしていて,迷惑を迷惑とも感じていない。だからこそ,バンダが日常化しても,停電16時間になっても,人々はまぁ仕方ないか,と平静でいられるのだ。日本だったら,天下の一大事,非難の雨あらし,首相の首が飛んでしまう。
 
19日のムグリン渋滞も,大型トラックが駐車し,そこにばかでかい超豪華ツーリストバスが来て動けなくなたことから発生したものだった。 まったく動かない。そうなると,これまた不可解きわまりないのだが,ネパール人(インド人)ドライバーは,待つことができない。二車線なのに,反対車線に出て我先にと先に突き進む。同じことが,渋滞の向こう側でも,当然,発生している。つまり,渋滞の起点を挟んで,反対向きの車が二車線をびっしり埋め,角突き合わせているわけだ。これでは,もうどうにもならない。事態は悪化するばかりで,道路そばのサドゥご一行の祈りも,ますます熱を帯びてきた。
渋滞解消祈願(?)のサドゥご一行(左)。バス前がわれらの乗用車。 
 
ここでスゴイのは,さすがヒンドゥーの神々,行者の祈りが通じたのか,役人か顔役のような人物が警官をつれ,現れた。そして,権威を振りかざし,テキトーに車を整理し始めた。すると,あ~ら不思議,角突き合わせ二進も三進もいかなかった車が少しずつ動き始め,やっとムグリンを通過できた。
 
考察。ネパールのドライバーは,ルールがあるところではルールに従いルールのないところでは良識により他者に配慮する英国紳士の対極にある。このネパール・ドライバーの行動様式は,交通量が少ないときは有効であろうが,交通量が増えると対応できなくなる。したがって,もし車社会以前に戻るのがいやなら,ネパール・ドライバーも交通ルールと良識に従う紳士とならざるをえないのである。
 
同じことが,国家の操縦者たる政治家についてもいえる。社会が複雑化・流動化してくると,もはや人を見て統治するその場しのぎの「人治」は無理だ。ルールによる「法治」,良識による民主主義に移行せざるをえない。ネパールは紳士とならざるをえない。
 
渋滞犯の超豪華巨大観光バス(中央)。近代悪救済を呼びかけるサドゥ(右)。
 
【補足】
これは単なる精神論ではない。1970年頃までの大阪では,整列乗車,整列駐車ができなかった。電車やバスがくると,皆われ先にと乗車口に殺到し,押し合いへし合いの大混乱。運転でも,割り込みや二重,三重駐車は日常茶飯事だった。 それが,「紳士たれ」キャンペーンにより,いまではお行儀よく整列乗車,合法駐車ができるようになった。何かを失ったのではあろうが,それはいまは問わない。
 
とにかく,教育は偉大であり,一世代で人々の行動様式は革命的に改造できることが,大阪で実証された。トラですら,その気になれば,飼い慣らすことができるのだ。

Written by Tanigawa

2009/04/04 at 11:37

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。