ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

検索結果

中国の対ネパール政策:消極的関与から積極的関与へ

1.対ネパール政策の転換
中国は,この数年で,対ネパール政策を大きく転換した。以前は,ネルー・周恩来合意により,ネパールはインド勢力圏内とされ,中国はチベットに重大な影響がないかぎりネパールに積極的には関与してこなかった。必要最低限度の消極的関与といってもよいだろう。

ところが,マオイスト人民戦争終結(2006年)の前後から,中国は対ネパール政策を転換,積極的に関与し,影響力の拡大を図り始めた。

 130530a ■中国大使館HP

2.駐ネパール中国大使の交代
中国の対ネ政策の転換は,駐ネ中国大使の交代からも見て取れる。

2008年11月着任の邱国洪大使(大阪総領事から転任)は,dnaindia(Mar18)によれば,ネパール国内のチベット解放運動への対応がまずく,任期途中で本国へ召還されてしまった。これに対し,2011年6月着任の楊厚蘭大使はチベット解放運動対策を評価され,中国にとってはより重要なミャンマーへ大使として栄転したという。

その後任として2013年2月に着任した現大使,呉春太(Wu Chuntai)氏は,その経歴からして,注目される。呉大使は,外務省に入り,トルコ,北アイルランド,香港勤務を経て外国安全局副局長(Deputy Director General of the Department of External Security)となる。主に情報対策,在外中国人保護,そしてチベット,新疆,台湾の安全保障を担当してきた。

この呉春太氏の大使任命は,ネパールにおけるチベット解放運動対策強化のためと見てよいであろう。

 130530 ■呉春太大使(中国大使館HP)

3.チベット解放運動取締り
呉大使は,着任後すぐ(3月11日),ヤダブ大統領と会見し,チベット解放運動規制の言質をとりつけた。

新華社(3月12日)によれば,ヤダブ大統領は「中国援助の継続を期待している」と述べ,「一つの中国政策を支持すると繰り返し,ネパール・中国国境の警備に万全を図る」と約束した。これに対し呉大使は,「われわれの重大国益へのネパールの支持を中国は高く評価し感謝する」と応えた。着任早々,大成果である。

3月15日には,ギミレ副首相(兼内相・外相)を訪問。ギミレ副首相は「われわれは一つの中国政策を支持しており,隣国への反対運動にわが国を利用させることはない」と呉大使に約束した。

プラチャンダUCPN-M議長とは4月18日に会見し,次のような発言を引き出した。「カトマンズのチベット難民のチベット解放運動を規制し,反中国運動をやめさせる。・・・・両国の安定と国民統合を,宗教の自由や人権の名をもって攻撃させはしない」(asianews, David Wood, contactmagazine, Apr23)。

4.親中派の育成
中国の積極的関与政策の遂行には,政官財学など,各界各層での親中国派の育成が不可欠となる。この戦略に沿って,呉大使は着任早々,精力的にネパール要人と接触している。一部紹介する。
 3月11日:ヤダブ大統領に信任状を提出し,会談 / MK・シュレスタ前副首相兼外相(UCPN副議長)と会談
 3月12日:プラチャンダUCPN議長と会談
 3月15日:ギミレ外相と会談 / カナルUML議長と会談
 3月28日:ネパール産業会議(CNI)出席
 3月29日:RC・ポウデルNC副党首と会談
 4月 3日:ネパール商工会議所(FNCCI)訪問
 4月11日:MK・ネパールUML幹部と会談
 4月12日:中国教育展出席。M・ポウデル教育大臣同席 / 中国研究センター訪問
 4月15日:カトマンズ大学孔子学院訪問
 4月22日:スシル・コイララNC議長と会談

他方,ネパール要人の中国招待も相次いでいる。
 4月14-20日:プラチャンダUCPN議長。習主席と会談(4月18日)
 6月4~9日頃:GS・ラナ軍総監(CoAS)
 6月第2週:カナルUML議長
 日程未定:スシル・コイララNC議長 / バブラム・バタライ前首相(UCPN副議長) / ヒシラ・ヤミUCPN中央委員

中国は,制憲議会選挙前にネパール要人を片っ端から招待し,親中派を育成し,選挙後の新体制への影響力拡大を狙っているのだ。

また,留学生受け入れも増大している。新華社(5月12日)によると,2012年度の中国受け入れ留学生32万人,そのうちネパール人は3千人(中国政府奨学生100人)だという。

中国政府は,ネパール人留学生をさらに増やすため,中国教育展なども開催している。この5月12日の教育展には,中国13大学が参加し,開会式には呉大使とM・ポウデル教育大臣が出席した。

中国政府は,カトマンズ大学に孔子学院を開設し,また中国語教師を多数派遣するなど,明確な戦略に基づき,教育文化外交を展開している。その結果,ネパール人学生の関心は,これまでのインド留学から中国留学へとシフトし始めたという(Rajesh Joshi, BBC Asia, May8)。

5.開発援助の2目的
中国は,すでにネパール開発援助を激増させている。
 ・西セティ(750MW)事業,2012年契約
 ・上部タマコシ事業(456MW)
 ・アルニコ道路(カトマンズ―コダリ)改良事業
 ・Shaphrubesi-Kerng改良事業(10年で完成予定)
 ・他に,ポカラ空港,カトマンズ環状道路,カトマンズ―Chakrapath道路など,進行中,計画中のものがいくつもある。

こうした対ネ開発援助の最大の目的は,いうまでもなくチベット対策である。The Times of India(May12)によれば,中国大使館員はフムラ,ムスタンなど,北部国境地域を定期的に訪れ,治安調査をし,地方当局との関係強化を図っている。北部15郡への援助を増やし,特に警察署の改善・強化を支援しているという。

対ネ開発援助のもう一つの狙いは,南アジアへの南下の通路とすること。このことは,中国がチベット―ネパール間の道路・鉄道建設に繰り返し言及していることを見ても明らかだ。たとえば,呉大使もカナルUML議長との会談の際(3月15日),鉄道のネパール延伸を打診している。

6.ネパールの4Sとプラチャンダ
こうした中国のネパール関与において重要な役割を果たしていると思われるのが,プラチャンダUCPN議長だ。

呉大使は,ネパールの4Sをあちこちで称賛している。Smile(笑顔),Sun(美しい自然),Sagarmatha(エベレスト),Siddhartha Gautam(仏陀)。(サガルマータを省き,3Sとされるときもある。)孔子学院では,「ネパール=中国観光交流計画」に触れ,「中国政府はネパールの観光インフラ整備に関心を持っている」とし,特にポカラとルンビニの観光開発の重要性を指摘した。PATA Nepalは,2015年の中国人観光客を21万5千人と見込んでいる。

中国のネパール観光開発は本気であり,もしそうだとすると,プラチャンダの「ルンビニ大開発」も単なるホラ話ではないことになる。ルンビニ国際空港が建設され,鉄道でラサ―カトマンズ―ルンビニが直結されることになるかもしれない。

プラチャンダは,アジア太平洋交流協力基金(APECF)の副議長(副代表)だ。議長(代表)のXiao Wunan氏は,習主席に近い人物といわれている。ルンビニ大開発には,仏教徒を取り込み,チベット解放運動に対抗させる狙いも見え隠れする。

Dnaindia(May18)は,こう書いている。「特にプラチャンダUCPN-M議長の政治力増大とともに,中国の影響力はネパール中に急拡大してきた。」

――以上の議論は,インド・西洋の情報源もあり,偏りがあるかもしれないが,それでも中国の対ネパール政策が積極的関与へと変化してきたことはまず間違いないと見てよいであろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/05/30 at 23:50

太陽光発電も中国

Republica(12 Oct)によると,ネパール電力公社(NEA)は,中国企業との間で,30MWの太陽光発電所の建設に合意し,覚書を交わした。NEAが土地を提供し,中国企業がそこに太陽光発電装置を設置,生みだされた電力はNEAが購入する。30MWといえば,関西電力堺太陽光発電所が10MWだから,かなりの規模だ。35年契約で,事業会社の持ち分は中国側98%,ネパール側8%。

さすが中国,目の付け所がよい。ネパールは,水力と同様,太陽光発電にも適地だし,それ以上に,ヒマラヤをバックに中国製太陽光発電パネルが並べば,宣伝効果は大きい。シャープなど日本製ほど変換効率はよくなくても,とにかく設置し場所取りしてしまえば,勝ちだ。

また,この程度のプロジェクトについても,新聞で大きく取り上げさせるなど,中国は広報活動もうまい。ダム(西セティ他),空港(ポカラ他),レジャーランド(ルンビニ他)など,まさに昇竜の勢いである。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/10/12 at 14:30

カテゴリー: 経済, 中国

Tagged with ,

東西丘陵横断道路も中国へ

マオイスト政府の中国傾斜――中国のネパール浸出――に拍車がかかっている。訪中したナラヤンカジ・シュレスタ副首相兼外相が,今度は,東西丘陵横断道路建設への援助を要請し,中国側もこれに好意的な回答をしたのだ。430億ルピー也。

ネパールと中国は,この外相会談において,貿易,インフラ建設,観光,投資,社会・経済開発の5分野における協力強化に合意した。たとえば,中国援助中の西セティ水力発電事業,ポカラ空港事業,経済特区建設事業などの推進。こうした中国側の好意に対し,シュレスタ副首相兼外相が,「一つの中国政策堅持」の確認をもって応えたことはいうまでもない(ekantipur, 2012-09-19)。

いまのネパールには,正式憲法もなければ議会もない。正式の政府すらない。暫定首相が暫定的政令(ordinance)と暫定予算でとりあえず統治しているに過ぎない。近代的な意味での権力の正統性はまったくない。

しかし,すごいのは,このような状態であってもネパール社会は平気であり,統治破綻に陥ることがないということ。暫定政府の暫定大臣が大国中国と堂々と交渉し,破格の援助を引き出している。立派な憲法と議会と政府がそろっている日本が,対中外交でオタオタしているのと雲泥の差だ。

ネパールには,もはや憲法も議会も必要ないのではないか? またぞろ,制憲議会選挙をやることになったそうだが,選挙民主主義原理主義国を除けば,諸外国も日本も,今度はたいした選挙援助はしないだろう。

こんな舶来の異物さえなければ,有力者間のあうんの呼吸(エリート統治)で,ネパールは,うまくやっていけるのではないだろうか?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/09/20 at 09:59

停電20時間:省エネ超先進国ネパール

ネパールは,現在,停電7時間/日。地区割りし,スケジュール表を作り,ちゃんと停電を実施している。多少不便だが,特にどうということはない。庶民は冷静に対応している。

政府発表では,乾期になると,停電は20時間/日になる予定。やはりスケジュール表を作り,粛々と実施し変わりなく暮らす。

ネパールはヒマラヤの国であり,水力発電が中心。ダム計画はいくつもあるが,かつては環境保護団体(電力浪費三昧先進国NGO)の妨害により,次にマオイスト紛争により,そして現在は紛争後混乱により,ほとんどが頓挫,電力需要急増に追いつかない。目下期待は西セティ(750MW)の中国と,上部トリスリ(250MW)の韓国。日本はお呼びじゃないようだ。

(Nepali Times,24-30 Aug)

いずれにせよ,電力はまったく足りないので,急場しのぎにインドからの電力輸入とディーゼル発電機稼働の予定だが,焼け石に水,どうにもならない。かくて,20時間/日の革命的停電が実施されるわけだ。

この窮状を見て,このところ冴えているネパリタイムズが,社説でこんな皮肉をかましている。

首相の党にとって,パワーは銃口から生まれる。とすれば,次は発電水車からパワーを生みだすべきだろう。(Nepali Times,24-30 Aug)

ネパリタイムズの立腹はよく分かるが,それはそれとして,20時間/日停電は革命的にすごい。強いられた省エネであるにせよ,それに耐えられる社会は強靱であり,真の意味で健全である。

日本だって,敗戦後しばらくは,裸電球のほの明かりの下で夕食,一家団欒を楽しんでいた。停電は常識,TVもグルメもなかったが,時間と会話と近隣交際はふんだんにあった。

このような形で「省エネ超先進国ネパール」を紹介すると,現場第一主義者からは,安全圏からの無責任放言と非難されるかもしれないが,厳密に言えば,本人以外は多かれ少なかれ部外者,そんなことをいわれたら歴史研究も外国研究も,一切できなくなってしまう。

実感主義,クソ実証主義は,決して「事実」を見ることにはならない。20時間/日停電が「超先進的」であることこともまた,もう一つの「事実」なのである。

風力発電も原発もイヤだな
停電16時間の革命的意義
電力神話からの脱却,ネパールから学べ

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/08/27 at 17:31

カテゴリー: 社会, 経済, 文化

Tagged with , , , , ,

中国輸出攻勢:ダムから中国語まで

1.西セティ水力発電事業
ネパール政府は8月7日,西セティ水力発電事業(WSHEP)を中国企業のCWI(旧CTGI,三峡公司傘下)に発注する方針を固め,22名の交渉使節団を中国に派遣した。

WSHEPは,発電量75MW,事業費16億ドル。事業配分は中国75%,ネパール25%。

ダムは,セティ川に建設され,広大な自然と多くの住民に大きな影響を与える。しかし,自然や住民の保護など,マオイスト政府は気にもかけない。なぜなら,マオイストは人民の党だから。そして中国も,大帝国だから,チマチマした地域住民や自然のことなど,眼中にはない。

また欧米の自然保護団体や動物愛護団体は,串本くんだりまで来たり動物供犠に反対したりはしても,WSHEPには反対しないだろう。あるいは,欧米のネパール先住民支援団体も,事業被害が予想される住民の支援には来ないだろう。中国は大帝国だから。

かくして,中国マオイストは,ネパール・マオイストと手を組み,インドの川上に巨大ダムを建設し,確固たる橋頭堡を築くことになる。
  (参照)西セティ水力発電事業

 ダム建設予定地(renewbl.com)

2.中国語授業支援
中国は,文化の中心だから,当然,中国語・中国文化の拡大にも熱心だ。中国大使館は,中国文化祭などを盛んに開催しているし,学校での中国語授業についても8年前に文部省から正式許可を得て,クラスの拡大に努力している(Republica, 5 Aug)。

親たちも,中国の興隆を見て,子供に中国語を学ばせようとし,学校に中国語授業の開設を要求している。いまでは,カトマンズ盆地地区で約60校が中国語授業を行っており,なかには12学年までのコースを置く学校もある。この中国語熱は,地方にも拡大している。
3.辺境国・日本の悲哀
中国政府が偉いのは,こうした中国語学習を,大使館を通して全面的に支援していることだ。文化輸出を外交の基礎としてきちんと位置づけている。その辺が,目先の小利しか追えない辺境の小国・日本との決定的な違いだ。中国は,英帝国や米帝国の仲間だ。日本は到底及びもつかない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/08/08 at 15:29

カテゴリー: インド, 経済, 外交, 中国

Tagged with , ,

TIA空港,インド管理へ?

ネパール政府は,トリブバン国際空港(TIA)の管理・運営をインドの会社に委託する計画という(Republica, 4 Jul)。委託先とされるのは,IL&FS。インフラ開発・金融などの大手であり,日本のオリックスも1/4の大株主(2011年度)。日本も無関係ではない。

 ■IL&FS

トリブバン空港については,以前から治安を理由にインドがしばしば介入した。この管理・委託計画については非難囂々で頓挫の可能性大だが,もし実現すれば,インドはネパールの首根っ子(首都空港)を押さえることになる。

人民戦争終結後,インドは中国の後塵を拝してきた。ラサ-カトマンズ-ルンビニ鉄道計画,ルンビニ国際空港計画,ポカラ国際空港計画,西セティダム計画等々。しかし,もしTIA管理・運営受託となれば,一気に形勢逆転となる。

ネパール政治は,印中米英,そして日本まで絡み,複雑だ。民主化支援,憲法制定支援など,内政干渉そのものだ。外国介入により混乱が続けば,最近とみにお元気な元国王の復権でさえ十分に考えられるだろう。

【参照】
2012/03/27 西セティ・ダム,さらに紛糾
2012/03/20 西セティ・ダム建設,紛糾
2012/01/18 「ネパール=中国友好年」と「ルンビニ観光年」
2011/10/26 プラチャンダのルンビニ開発とバブラムのBIPPA,または中印覇権競争
*ルンビニ開発については,検索「ルンビニ

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/07/04 at 17:25

カテゴリー: インド, 中国

Tagged with ,

西セティ・ダム,さらに紛糾

西セティ・ダム問題がますます紛糾し,わけが分からなくなってきた。西セティダム建設は,2月29日,エネルギー省が競争入札なしで中国三峡公司と事業覚書(MoU)を締結した。これに対し,非難噴出。
  ・このダムはネパールが自力で建設できる。
  ・財務省もネパール投資銀行(NIB)も事前に知らされていなかった。
  ・エネルギー省カルキ事務局長には協定締結権限がない。
  ・競争入札ではなく,中国企業を特別扱いした。
議会調査委員会は,5月28日まで期間延長し,調査するという(ekantipur, Mar25)。

この記事通りだとすると,ネパール政府は,ほとんど当事者能力を失っている。協定署名者の職務権限が怪しいようでは,もはや外国からは相手にされない。

中国や韓国のように果敢にリスクを取る覚悟があれば別だが,そうでなければ,日本などは手を引くのが賢明だろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/03/27 at 14:46

カテゴリー: 経済, 中国

Tagged with , , ,

西セティ・ダム建設,紛糾

中国企業(三峡公司)が受注した西セティ・ダム建設をめぐって議論が紛糾している。議会委員会が,競争入札でないのは不透明だと調査を始めたのに対し,中国企業は,そんなことをいうのなら撤退だ,と強腰だ。

興味深いのは,この住民移転強制・自然破壊ダムの建設を強行しようとしているのが,マオイストで,調査を要求しているのがNCなど野党側だということ。

マオイストは,「人民」も「自然」も「民主主義」もそっちのけで,早く建設を承認しないと,中国企業が撤退してしまうと,調査打ち切りを強硬に要求している。まるで「人民」の敵がマオイスト,味方がNCのようだ。

報道はされていないが,これは一種の中印代理戦争ではないか? 西ネパールの敏感地帯に中国企業が巨大ダムを建設する。インドからすれば,面白くないだろう。

中国援助ダムに沈黙のNGOとマオイスト

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/03/20 at 10:25

カテゴリー: インド, 経済, 中国

Tagged with , ,

中国援助ダムに沈黙のNGOとマオイスト

1.西セティ・ダム概要
中国援助の西セティ・ダムの建設が決定した。国際入札ではなく,ネパール政府が中国企業(三峡公司)と契約した。
  ・16億ドル
  ・750MW
  ・権益:中国企業75%,ネパール電力局25%
これはもともとインドが関心を持ち,発電電力も大半をインドに送ることになっていたが,政情不安や資金難のため頓挫していた。

ここに中国が目をつけた。極西部は地政学的にインドにとって極めて重要なところであり,もしこのダム建設が成功するなら,中国にとって,それは経済的というよりはむしろ政治的な勝利といってよいだろう。

 ▼建設予定地(ABD環境アセス2007より)

2.沈黙のNGOとマオイスト
ここで不思議なのが,環境NGOや人権NGO。かつて日本などがダムを建設していた頃,欧米系NGOが,環境や人権を理由に,さかんにダム建設反対を叫んでいた。そして,これに負けじと,マオイストも唱和し,あちこちでダム建設を妨害した。

西セティ・ダムは,「ABD評価」によれば,2326haの土地を必要とし,1599家族,12914人が立ち退きを迫られる。巨大事業だ。それなのに,環境・人権NGOやマオイストからの反対の声は,いまのところ,ない。

あの麗しき自然愛,人類愛は,いったいどこに行ったのだろう? 中国が怖いのかな? あるいは,体制側になったら,利権があまりに美味しく,地域住民や環境のことなど目に入らなくなったのかな?

3.身勝手で卑怯なNGO
欧米系の環境・人権NGOの中には,遺憾ながら,一部身勝手で卑怯なものがある。たとえば,捕鯨反対。私自身,日本が南氷洋くんだりまで出かけ,姑息な「調査捕鯨」をやることには反対だが,だからといって,反捕鯨NGOのやり方は度が過ぎる。

ましてや,和歌山までやってきて,伝統的な沿岸捕鯨をやっている地元漁民を一方的に攻撃するのは,正義・公正に反し,絶対に許せない。

そんな情熱があるのなら,なぜ沖縄に来て,ジュゴンを守るため普天間基地建設に反対しないのか?(まともなNGOは,むろん,その多くが基地建設反対を闘っている。) 米軍(日本政府パトロン)は怖くて実力行使できないが,和歌山の漁師ならたいした抵抗も出来ないだろうから,大向こう受けを狙って派手にやってやれ,というわけか。

ヒマラヤの環境保護や鯨・イルカ保護は大切だ。しかし,保護運動にも,最低限度の公正さは,不可欠であろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/03/04 at 15:28

カテゴリー: 経済, 外交, 中国

Tagged with , , ,