ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

検索結果

マチェガオン付近の震災,散策にさして支障なし

23日午後,暇つぶしにマチェガオン付近をぶらぶらしてきた。下記のコース。

キルティプル⇒⇒バトケパティ⇒⇒ドゥドポカリ⇒⇒マチェガオン⇒⇒タウケル⇒⇒サルヤンスタン⇒⇒キルティプル

ちょっと長いが,特にドゥドポカリ~マチェガオン間は,乾季にはマナスルやランタンの山々が見えるし,カトマンズ市街方面の景色もよい。山麓沿いの,車もバイクも少ない絶好の散歩コース。

数日前から天候が変わり,初秋のような爽やかな風。途中の茶店でお茶を飲んだりしながら,のんびり半日を過ごした。

この小路沿いにも古いレンガ積みの家屋があちこちにあり,山麓の風景とよくマッチしていたが,地震でかなり倒壊してしまった。特に,古い村であるマチェガオンには,レンガ造りの趣のある家が多かったが,地震で相当数が倒壊した。残念だか,自然には手向かえない。

マチェガオンからタウケルに向かって緩やかに下っていく小路からは,両側にレンガ工場が見える。特に情緒があるのが,乾季の花と霧の季節,いつまで見ていても飽きない。

ところが,そのレンガ工場の煙突が,地震で折れてしまった。これでは情緒半減。レンガ工場は,半壊煙突でも震災後復興のためフル操業,周囲にはレンガ山積みだ。この景気なら,煙突など,すぐ直すだろう。

環境上問題もあろうが,霧に霞むレンガ工場の煙突は,菜の花の田園によく似合う。

▼伝統的家屋健在
150725a150725c

150725f150725g

150725h150725i

150725j■竹製の門

▼被災家屋
150725b150725d

150725l

150725e■寺院の塔上部も破損

▼レンガ工場の折れた煙突
150725m150725n

▼キルティプル遠望
150725k■稲田の白点は白鷺(のような鳥)

【参照】
カトマンズ市街の震災「軽微」,観光支障なし(2015-07-16
震災深刻

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/07/26 at 12:45

カテゴリー: 文化, 旅行

Tagged with , ,

震災深刻(6): ブンガマティ

ブンガマティは,コカナの南方2~3Kmのところにあるネワールの古い村ないし町。コカナ~ブンガマティ間は,つい最近まで田畑の中の田舎道であり,ところどころに伝統的な彫刻や手織りやタンカ工房があり,それらを冷かしながらぶらぶら散歩するのに最適のコースであった。いまでは,少し家屋が増えたが,それでものどかな田舎道に変わりなく,地震以前は,外国人旅行者ともときどき途中で出会ったものだ。それが,今回は,一人も見かけなかった。

コカナから歩いてブンガマティに入ったとたん,あまりの激しい崩壊に,茫然自失。爆撃を受けた町のようだ。コカナ以上の惨状。

ブンガマティは,趣のある調和のとれた美しい町だったのに,この損壊の状況では,復元は難しいであろう。

それでも,驚くべきは,町の人々。他の被災地でもそうだったが,ここブンガマティでも,被災家族が,ごく自然な当然の作業をしているかのように,黙々と損壊した自宅の後片付けや取り壊しをしていた。状況が絶望的なだけに,ネパール庶民の不屈の精神と力強さを深く印象付けられた。

▼震災以前のブンガマティ
 コカナとブンガマティ  ブログ内検索:ブンガマティ

▼損壊家屋
150723a150723b

150723c150723d

150723e150723f

150723g■周囲の家屋ほぼ全壊

150723h150723i

150723j150723k

150723l150723m

150723n150723o

150723p150723q

150723r

▼仮設住宅
150723s

▼寺院健在
150723t■記憶では数年前修理済み。

150723u■寺院内は避難所として使用。

【参照】カトマンズ市街の震災「軽微」,観光支障なし(2015-07-16)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/07/24 at 17:40

カテゴリー: 自然, 文化, 旅行

Tagged with , ,

震災深刻(5): コカナ

コカナは,パタンの南方6~8kmのところにあるこじんまりしたネワールの村ないし町。古いレンガ造りの家並が長い時の流れの中でじっくり熟成し,落ち着いた独特の雰囲気を醸し出していた。世界文化遺産候補。

そのコカナが,今回の地震で大きく損壊した。コンクリート使用建物は,少々古くてもすべて無事のようだったが,レンガ積みの古い家は多くが全壊または半壊していた。3か月経っているので,倒壊した家々の壁は元の土に戻り,通路や宅地に土手か小山のようになって堆積している。しばし呆然,涙なくして見られない光景だ。

崩壊家屋の間の狭い通路には,ショベルカーが入り,家々の残骸を掬い取り,ダンプカーで次々と運び出していく。鉄筋も固いコンクリート片もほとんどないので,作業はみるみる進んでいく。文化は熟成に長年月を要するが,破壊は一瞬だ。

古い家並が残っているところもあるにはあるが,これだけ多数の家屋が損壊してしまうと,もとの姿に戻すのは困難であろう。コカナには,援助機関が多数入り,テントや仮設住宅の設置など,活発な支援活動を展開している。

▼震災以前のコカナ
 コカナとブンガマティ ブログ内検索:コカナ

▼崩壊をまぬかれた古い建物
150722a150722b

150722c

▼崩壊家屋/後片付け/崩壊家屋撤去
150722d150722e

150722f150722g

150722h150722i

▼仮設住宅と救援活動
150722j150722k

150722l■ワールドビジョンは,掲示によれば,一定の条件を付けたうえで,特に支援が必要な被災家族に現金7500ルピーを配布。

▼コカナの下方の田園風景
150722m

【参照】カトマンズ市街の震災「軽微」,観光支障なし(2015-07-16)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/07/23 at 14:59

カテゴリー: 自然, 国際協力

Tagged with ,

震災深刻(4):パンガ

パンガの地震被害は,甚大だ。古い建物が,あちこちで崩壊している。ほぼ無傷のキルティプル丘からほんの数百メートルなのに,ここは地盤が悪いのであろう。新しい6~7階建てのペンシル・ビルも,大きく傾き,取り壊し中であった。

崩壊した家の壁(写真参照)を見ると,レンガを積んだだけ。これでは,ちょっと揺れたら,ひとたまりもなく積み木のように崩れてしまうだろう。

しかし,それにもかかわらず,崩れていない家も,まだたくさん残っている。できるだけ早く家屋の損傷を修理し,伝統的な美しい街並みを最大限保存していただきたいと願っている。

それと,パンガでは寺院は,見た限りでは,一つも崩れていなかった。以前,通りがかると,いつもどこかで寺院補修をしていた。ここの寺院は,日頃から手入れが行き届いていたからかもしれない。

パンガの周辺の比較的新しい家々は全く無傷であり,人々はいつもと変わらぬ生活をしていた。ここでも,震災の地域差は極めて大きい。

▼パンガの街と寺院
150721q■パンガ。後方はチョバール

150721h■壊れなかった古い家屋

150721j150721i■寺院健在

▼損壊建物
150721k150721l

150721o150721n

150721m

▼ジャナセワ校・校庭の仮設住宅
150721p

【参照】カトマンズ市街の震災「軽微」,観光支障なし(2015-07-16)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/07/22 at 12:06

カテゴリー: 自然, 文化

Tagged with , ,

震災深刻(3):ムルク付近

カトマンズからカカニに向かう道路を少し上った右側の谷にあるゴルドゥンガ,ナカンドルなどの村々の被害も大きい。

下の写真は,ムルクの現状。伝統的なレンガや土壁の家屋が,完全に倒壊している。また,豪華な鉄筋3階建ても,大きなひびが入り使用できない。

地震後3か月経過しているので,ここムルクでも他の地区でも,仮設住宅がつくられ,家を失った人々が住んでいる。

屋根はトタン波板が多い。これは,昼間フライトなら離着陸前の上空からカトマンズ付近を見下ろすと,よくわかる。トタン板は,かつては高価で手に入りにくかったが,いまでは支援があったからかもしれないが,少なくともカトマンズとその周辺では,大量に出回っている。

柱と壁は,竹が大活躍。加工が容易なのに,強い。夏の蚊,冬の寒さなどの対策を工夫すれば,かなり快適だろう。

壁がレンガや粘土のカマボコ型仮設住宅もある(写真参照)。少々狭いが,簡潔でデザインもよい。竹製住宅より快適かもしれない。これなら,だれにでもすぐできそうだ。

それにしても,ネパールの人々は,粘り強い。家屋倒壊で絶望のどん底に落ち込んで不思議はないのに,まるで何事もなかったかのごとく,淡々と,黙々と後片付けや家事や仕事をしている人が多い。以前から厳しい生活だったからかもしれないが。

▼ムルクの被害状況
150721c150721d

150721e150721f

150721b150721a

150721g

【参照】カトマンズ市街の震災「軽微」,観光支障なし(2015-07-16)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/07/21 at 12:45

カテゴリー: 自然, 国際協力

Tagged with , , ,

震災深刻(2):ラニバン付近

カトマンズ西北郊外のラニバン付近(ボラタール西方ナガルジュン山麓)は,地震でかなり大きな被害を受けている。3か月過ぎ,損壊家屋の取り壊しや崩落瓦礫の片づけが進み,半壊家屋の多くはビニールシートやトタンで応急修理されている。それでも震災の傷跡は生々しく,生活再建には大変な困難が伴う。

震災写真はすでに多数報道されているが,3か月後の現況報告として掲載しておく。

▼ラニバン付近の現況
 ■相対的に崩壊が多い伝統的なレンガ積み家屋
150719c150719d

150719e150719g150719h

 ■コンクリート建も多数損壊。小学校は赤(使用不可)判定
150719a150719b

150719f150719i

 ■半壊家屋を取り壊す少女
150719j

【参照】カトマンズ市街の震災「軽微」,観光支障なし(2015-07-16)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/07/20 at 10:12

カテゴリー: 経済, 自然

Tagged with , ,

震災深刻(1):バラジュ付近

カトマンズの北西,バラジュ付近は,地盤が悪いらしく,地震被害甚大。様子が一変してしまったところさえある。

新聞等で繰り返し報道されてきたので広く知られているが,直接みると,3か月後とはいえ,やはり衝撃を受け,改めて地震の猛威を思い知らされる。

高層大規模マンションは,まだ新しいのに見るも無残に壊れている。分譲価格1500万ルピーほどの豪華マンションだそうだが,上から下まで居住不能。

ビジュヌマティ川付近には,完全崩壊や,45度傾いたり,隣のビルに倒れ掛かったりしているビルがかなりある。民家の崩壊も多い。

ビシュヌマティ川から少し南西の山腹付近でも,被害は大きい。倒壊していなくても,よく見ると,柱など構造部分に亀裂が入り,居住不能となった住居がいたるところにある。撤去,再建に多額の費用が掛かることは間違いない。

バラジュの東北,ブダニルカンタ方面や,南西のスワヤンブー方面にも,バラジュほどではないが,一見それとわかる被災建物がいくつもあった。

このように地域によっては地震被害は大きいが,だからといって観光に支障があるわけではない。たとえば,ブダニルカンタの「庭園村ホテル」。いまなら,広大な美しい庭園や豪華施設を独り占めできる。他の豪華ホテルも同様。いまこそ,ネパールへ!

▼バラジュ付近の被害建物
150718g150718e

150718d150718b

150718a150718c

【参照】カトマンズ市街の震災「軽微」,観光支障なし(2015-07-16)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/07/18 at 13:44

カテゴリー: 経済, 自然, 旅行

Tagged with ,

カトマンズ市街の震災「軽微」,観光支障なし

私は,カトマンズ在住でも建築専門家でもない。したがって,以下は,一介の外人短期旅行者が通りすがりに見た,カトマンズ市街の単なる印象にすぎない。科学的総合的評価は,専門家の調査報告をご覧ください。

    **** **** **** ****

今日(7月15日)午後,カトマンズ市街をざっと見て歩いた限りでは,建物の地震被害は,表通りからはほとんど見て取れなかった。街は,人々が忙しく行きかい,商品があふれかえり,活気に満ち満ちていた。むろん外からは見えない構造部分に致命的なダメージがあり使用できなくなった建物(特に中高層ビル)も少なくないであろうが,そうしたところには危険表示がしてあるので,注意さえしておれば観光には何の支障もない。見て歩いたのは,以下のコース。

タメルで両替後,タクシーでディリバザールへ。
ディリバザール(ガッテクロ,マイティデビ) → バグバザールアサンインドラチョーク 旧王宮・バサンタプル ニューロードスンダラバスパーク

両替に立ち寄った観光基地タメルは,平常通り。ヒマラヤ銀行の建物の壁にはごく小さなヒビが少し入っていたが,地震によるものかどうか,わからない。わが自宅マンションのヒビに比べたら,はるかにましな程度。隣の寺院は全く無傷。円安はこたえるが,タメル観光には何の支障もない。

ディリバザールのガッテクロ,マイティデビ付近は地盤が悪いらしく,崩壊が数棟みられたが,以前いくどか通りがかり,古いので絶対壊れるに違いないと思っていた家々は,すべて無事であった。この付近でも,よく注意していなければ,震災被害には気づかない。

バグバザールにも古い建物が多いが,外から見た限り被害なし。知人の古い古い5階建ての家屋も,無傷だった。

アサンインドラチョークでも,以前から自然崩壊しつつあった建物が少し崩れたくらいで,外から見る限り大被害なし。いつものように買い物客らで大混雑していた。平常通り。

これら市街地に比べ被害が大きかったのが,旧王宮とその周辺の寺院。多くが全壊,半壊状態だったが,それらは庶民の日常生活には直接関係はない。また観光に大きな支障が出るほどのことでもない。以前から自然崩壊しつつあった古い建物の崩壊が少し早まっただけ。すべて形あるものは壊れる。

スンダラではビムセン塔が倒壊し,犠牲者が出た。大参事には違いないが,行ってみて驚いたのは,壊れたのは塔だけで,周囲は見るかぎりでは全くの無傷ということ。塔の周りの店やレストランは平常通り営業し,大繁盛していた。(ただし,少し離れた巨大商業ビル[CTCビル?]は,手抜き工事だったらしく,全面に大きな亀裂が入り,使用不能のように見えた。)

このように,カトマンズ市街を表通りから一瞥した限りでは,被害は局所的であり,それらを除けば,ほとんど気づかないほど被害は全体としては「軽微」であった。したがって,観光に来て何の不安も支障もないことは,いうまでもない。

最後にもう一度念を押しておくが,以上は,外人短期旅行者が外から見て感じた街の単なる印象にすぎない。科学的総合評価は専門家の調査報告でご確認ください。

▼古い建物健在
150716a150716b
 ■マイティデビ/バグバザール

150716c150716e
 ■バグバザール/アサン

150716g150716h
 ■インドラチョーク/スンダラ(商業ビル6Fより)

150716i
 ■スンダラ

▼部分崩壊
150716d150716f
 ■ダルバル校(ラーニポカリ向かい)/アサン

▼超近代社会ネパールの繁栄(ネパール航空前付近)
150716j

参照
他地域における震災状況⇒⇒震災深刻
 バクタプル近郊山村の震災瞥見(2015-07-17)
 震災深刻(1),バラジュ付近(2015-07-18)
 震災深刻(2):ラニバン付近(2015-07-20)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/07/16 at 14:01

カテゴリー: 社会, 旅行

Tagged with ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。