ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for the ‘インド’ Category

中ネ共同軍事訓練の地政学的意味

ネパール国軍と中国人民解放軍が,カトマンズの「パラ軍学校」において,初の共同軍事訓練「サガルマータの友好2017」(4月16~25日)を実施している。これは,ネパールをインド勢力圏内の一小国とする伝統的な見方からすると,驚くべき新たな事態とみてよいであろう。(参照:ネ中共同軍事訓練「サガルマータの友好2017」

そのことを中国政府側から明快に分析し,その意義を高く評価しているのが,『環球時報』のこの記事:
 ▼Liu Zongyi, “Indian Worry Over China-Nepal Drill Outdated,” Global Times, 21 Apr 2017
著者のLiu Zongyi氏は上海国際問題研究院の上席研究員。以下,この記事の概要を紹介する。

—– —– —– —– —–

「サガルマータの友好2017」は,テロ対策と災害救助を目的とする中国とネパールの共同軍事訓練である。ネパールは,中国と緊密な経済関係を持つに至り,「一帯一路」への参加も希望している。それには,テロ対策を進め,「この地域の安全と安定」を図ることが不可欠だ。また,ネパールは地震など災害多発国であり,災害救助訓練も必要だ。

この共同軍事訓練は,こうした目的を持つものであり,当初,大隊規模での実施を予定していたが,インドの対ネ圧力により,「パラ軍学校」での小規模な訓練となってしまった。が,たとえそうであっても,この共同訓練には大きな意義がある。

インドはこれまで,冷戦的な地政学的観点から,ネパールやブータンを「自国の勢力圏内」におき,「中国との間の緩衝地帯」として利用してきた。そして,ナショナリズムが高揚し,モディ首相が就任すると,インドは「対中強硬策」をとり,「中国が南アジアやインド洋沿いの国々と経済協力を進めることを警戒し,中国の影響力を押し返そうとしてきた」。

ネパールは,そのようなインドに「政治的,経済的,文化的など様々な面で依存してきた」。そのため「ネパール人の多くが,シッキムのように,自分たちも国家としての独立を失うのではないかと恐れてきた」。

そのネパールにとって,「この共同軍事訓練は,中ネ二国間関係が政治的・経済的・文化的なものから,軍事的防衛の領域にまで拡大したこと」,あるいは「ネパールが大国間バランス外交に向け前進したこと」を意味する。さらにまた,「中国との共同軍事訓練は,ネパール国内の民族的分離主義を抑止することにも役立つ」。

中国は,中国‐ネパール‐インドの三国間関係につき,明確な立場をとっている。中国は,ネパールが中国とインドの架け橋となることを願っている。中国‐ネパール‐インド経済回廊を前進させることにより,これら三国すべての発展を加速できる。インドが中国とネパールの協力をどう見るにせよ,中国とネパールとの協力は,両国民の利益となるものであり,拡大し続けるであろう。

—– —– —– —– —–

以上が,Liu Zongyi上席研究員の『環球時報』掲載記事の要旨。中ネ共同軍事訓練をバックに唱えられているにせよ,議論それ自体は,まったくもって正論である。ネパールが独立を堅持し,もって中印の架け橋になるとは,ネパール政府が以前から繰り返し唱えてきたネパール外交の表向きの基本方針だし,中ネ印の平和的経済発展にも反対のしようがない。

たしかに,新たな「正義と平和」は,新たな強者の側にある。ネパールは,昇竜・中国に導かれ,インドの勢力圏から脱出し,相対的により独立した「中印のバランサー」ないし「中印の架け橋」へと向かうのであろうか?


■ネ中共同軍事訓練(国軍HP)/一帯一路(Xinhua Finance Agency HP)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/25 at 19:10

カテゴリー: インド, ネパール, 経済, 軍事, 外交, 中国

Tagged with ,

ネ中共同軍事訓練「サガルマータの友好2017」

ネパール国軍と中国人民解放軍が,国軍パラ訓練校(マハラジガンジ)において,初の共同軍事訓練「サガルマータの友好2017」作戦を開始した。4月16~25日実施の予定。

ネパールは,軍事的には,これまでインドや英米との関係が深かった。ところが最近,中国が急接近,資金的にも教育訓練でも中国援助が急増している。その結果,ネパール国軍の中に,有力な親中派が形成され始めたという。

中国は2002年,バングラディシュと防衛協力協定を締結し,武器も供給し始めた。そのような関係を,ネパールやスリランカとも構築したいと中国は考えているという。そうなれば,パキスタンはすでに軍事的に中国と密接な関係にあるので,インドを封じ込めつつ「一帯一路(OBOR)」を実現するという中国の野望は,大きく前進することになるであろう。

【参照】
・2008年:中国,ネパール国軍に対し260万ドルの援助約束。
・2011年:中国,ネパール国軍に対し777万ドルの援助約束。
・2013年6月:中国,武装警察隊訓練校開設のため36億ルピー援助表明。
・2017年3月:対ネ投資会議において,中国が83億ドル(ネパールGDPの40%相当)のインフラ投資表明。
・2017年3月23-25日:中国国防大臣ら軍関係幹部がスリランカ訪問を終え,訪ネ。大統領,首相,国防大臣らと会談。共同軍事訓練について協議。中国側,ネパール国軍に対し3千2百万ドル援助を表明。
・2017年3月27日:中国,訪中したプラチャンダ首相に5月地方選援助(1億3千6百万ルピー)を表明。
・2017年4月16~25日:ネパール・中国共同軍事訓練「サガルマータの友好2017」

*1 “Nepal-China Joint Military Training Commences,” Nepalese Army HP (n.d.)
*2 “10-day Nepal, China joint army drill starts today,” Kathmandu Post, Apr 16, 2017
*3 Anil Giri, “Nepal-China joint military drill begins,” Hindustan Times, Apr 16, 2017
*4 Nihar R Nayak, “China’s growing military ties with Nepal,” The Institute for Defence Studies and Analyses HP, March 31, 2017

 ■ネ中共同軍事訓練(国軍HP)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/18 at 18:14

カテゴリー: インド, ネパール, 軍事, 中国

Tagged with ,

中国のネパール地方選支援,インドが懸念

インドが,中国によるネパール地方選支援を警戒している。(参照:ネパール地方選を中国援助)たとえば,インドのフリー・ジャーナリストのジヌーク・チョウダリーは,「ネパール地方選を中国はなぜ支援するのか」(*1)において,次のように述べている。

中国は,プラチャンダ首相の訪中の際,ネパール地方選への百万ドルの支援を表明したが,これは「ネパールの紛争を煽るもの」だ。なぜ中国は,あえて選挙支援に踏み切ったのか? それは,「一帯一路(OBOR)」推進を図る中国にとって,ネパールがますます重要となってきたからだ。中国は,カトマンズ環状道路(第二期工事),ポカラ国際空港,仏陀国際空港,セティ水力発電所などの建設に意欲を見せている。中国は,こうした事業を進めるため,ネパールの政策決定への影響力を確保しようと考えており,今回の地方選支援もその一環にほかならない。

チョーダリは,1年前の別の記事「中国インフラのインド国境付近での拡充」(*2)においても,中国は「国境地域の防衛戦略強化のため,ネパール,パキスタンなどの近隣諸国を利用している」と,インドの安全保障の観点から警鐘を鳴らしている。

このように,ネパールへの中国の影響力の拡大は経済的にも政治的にも座視しえないというインド側からの議論が,このところ目に付くようになってきた。

■一帯一路(Xinhua Finance Agency HPより)

*1 Jhinuk Chowdhury, “Here’s why China is financing local elections in Nepal,” Hindustan Times, Apr 03, 2017
*2 Jhinuk Chowdhury, “Expanding Chinese Infrastructure on the Indian Border,” Live Encounters, May 2016
*3 Kallol Bhattacherjee, “China to fund local elections in Nepal,” The Hindu, March 30, 2017
*4 “China Promises USD 1 Million For Nepal Polls During Xi-Prachanda Meet,” News 18, March 27, 2017

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/09 at 19:44

ネパール地方選を中国援助

プラチャンダ首相が訪中し,3月27日,習近平主席と会談した。会談後,中国政府は,ネパールの5月地方選に対し,1億3千6百万ルピーの援助をすると発表した。

あれあれ,ネパール政府は,次の選挙では外国援助を受けないと宣言していたのではなかったかな?(参照:地方選,5月14日投票)それを知ってか知らずか,よりによって人民民主主義の中国が多党制民主主義のネパールの選挙を支援する。興味深い。

一方,この中国による選挙支援には,世界最大の選挙民主主義国インドをバックにするマデシ諸党が猛反発,中国政府を激しく非難している。ネパールでは,地方選ですら,国際政治と密接不可分なのだ。難しい。

■在中ネ大使館HPより

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/03/31 at 22:40

カルキCIAA委員長,瀬戸際(4)

3.議会の弾劾裁判
(1)弾劾動議提出
議会では,カルキCIAA委員長に対する弾劾動議が受理され,弾劾裁判が始まった。弾劾(महाभियोग)につき,憲法はこう定めている(要旨)。

第101条(2) 憲法設置機関[CIAAなど]の長または構成員に対する弾劾動議は,代議院の全議員の四分の一以上の多数をもって提出できる。提出された弾劾動議は両院[代議院(下院)と国務院(上院)]の全議員の三分の二の多数をもって可決され,弾劾決議された者は解任される。
(3)&(4) 11委員から構成される弾劾委員会を代議院に設置する。
(6)弾劾手続きの開始をもって,弾劾裁判を受ける者の職務は停止される。 

この憲法規定に従い,代議院議員157人(UML107+マオイスト50)が2016年10月19日,カルキ委員長弾劾動議を議会に提出し,受理された。これにより,カルキ委員長による職務執行はただちに停止され,翌20日,最年長のディープ・バスニャット委員が委員長代行に選任された。

議会には,11委員から構成される弾劾委員会が設置された。委員の過半数はUMLとマオイスト。議会における弾劾動議審議は,45日間が予定されている。

(2)弾劾動議の先行き
カルキ委員長弾劾動議について,提案者のUMLとマオイストは当然賛成の立場だが,最大政党のコングレスはまだ賛否いずれとも決めかねている。

そもそもカルキのCIAA委員長任命は,制憲議会が解散し,最高裁のレグミ長官が暫定内閣首相であった2013年5月に強行された。任期は6年。

当時,このカルキ任命には多くの反対があったが,主要政党たるコングレス,UML,マオイスト,マデシ戦線はすべて賛成した,あるいは少なくとも表立った反対はしなかった。しかも,議会は解散していたから,この人事については議会における審議も承認も,当然,なかったことになる。

こうした場合,いつものことながらインドの圧力(陰謀)がささやかれる。インド陰謀説によれば,インドがネパールの内政混乱に付けこみ,レグミ最高裁長官の暫定首相就任とカルキのCIAA委員長任命をセットでネパールに押し付け,そして今また,カルキ委員長が最高裁再審と議会弾劾で窮地に陥ると,在ネ大使館やRAWあるいは印ネパール学の権威M教授などを動員して,インド国益のためにカルキ委員長を守ろうとしているとされる。真偽のほどは,むろん分からないが,これまでのカルキ委員長によるあまりにも強引な権限行使を見ると,あるいはそのような裏もあるのかな,という疑念をぬぐい切れない。

いずれにせよ,議会におけるカルキ委員長弾劾が,かなり難しいことに変わりはない。弾劾動議可決には議会の三分の二,397議員の賛成票が必要だ。マデシ系,RPP,RPP-Nは反対だし,NCは割れている。結局,NCが弾劾の成否を決めることになるだろう。

161112

*1 “Karki’s impeachment process,” Nepali Times, October 20th, 2016
*2 “Dr KC welcomes impeachment motion against CIAA chief Karki,” Kathmandu Post, Oct 20, 2016
*3 TIKA R PRADHAN, “Impeachment axe falls on Lokman Singh Karki, CIAA chief faces automatic suspension after 157 UML, Maoist MPs register proposal,” Kathmandu Post, Oct 20, 2016
*4 Akhilesh Tripathi. “Forces that led to Lokman’s downfall,” Republica, October 20, 2016
*5 “Deuba hints at backing impeachment,” Republica, October 21, 2016
*6 “REVEALED: Nepal’s beleaguered anti-corruption chief’s three-pronged strategy to stay in power,” OnlineKhabar, October 25th, 2016
*7 “Impeach Lokman motion: With his Guru SD Muni in tow, Amresh Singh warns Nepal PM Prachanda not to seek enmity with India,” OnlineKhabar, October 27th, 2016
*8 “Karki can’t dodge punishment if he is guilty: Mahat,” Kathmandu Post, Oct 28, 2016
*9 Yubaraj Ghimire, “Simly put: Why Nepal’s anti-graft chief Lokman Singh Karki faces the axe,” Indian Express, October 28, 2016
*10 “Impeachment motion against chief of constitutional body a bad precedent: PM Dahal; Says the outcome will be positive,” Kathmandu Post, Oct 28, 2016
*11 “Karki preparing to challenge impeachment motion,” Republica, November 7, 2016
*12 Kul Chandra Gautam, “Impeachment and impunity,” Republica, November 9, 2016
*13 “Karki impeachment debate to resume Friday,” The Himalayan Times, November 09, 2016

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/11/12 at 19:40

カテゴリー: インド, 行政, 議会, 憲法

Tagged with , ,

SSBを告発,CIAA(6)

6.インド謀略説
ネパールで紛争や権力闘争が激しくなると,ほぼ例外なく,黒幕インドの謀略や介入が取りざたされる。今回も,カルキCIAA委員長の背後にはインドがいて,彼を通してインドがネパール政治をインド国益に沿うように動かしている,と見る人が少なくない。たとえば,M・パウダャルは次のように述べている(以下,要旨)。

▼マハビル・パウダャル「ネパールの大乱戦」,リパブリカ,2016年10月8日(*1)
CIAAは,カナク・マニ・デグジト,ゴビンダ・KC医師,SSBなどに圧力をかけたり「調査」をしたりしているが,これはカルキ委員長個人というよりは,むしろ彼の背後に控えているインドの意向を受けたものだ。

そもそもロックマン・シン・カルキのCIAA委員長任命(2013年5月)は,インドの提案だった。カルキは,2006年人民運動の弾圧に関与したとしてラヤマジ委員会に告発されていた。そのため,ネパールではカルキのCIAA委員長任命には反対が強く,ヤダブ大統領も反対の立場だったが,それをインド側がムカルジー大統領や在ネ印大使館さらには情報機関をも動員して強引に押し切り,任命させたのだ。

そのインドをバックにするカルキ委員長に歯向かうと,どうなるか? カルキ委員長任命に真っ向から反対し,またインドによる経済封鎖をも厳しく批判したカナク・マニ・デグジトは,CIAAに逮捕・勾留されてしまった。

政党や議員も面と向かって抵抗することはできない。なぜなら,どの政党や議員も,ほぼ例外なく汚職・腐敗まみれであり,関係資料をCIAAに握られているからである。CIAAに歯向かえば,告発され,仕返しされてしまう。

CIAAとの闘いは,結局はインドとの闘いなのだ。「潔癖に行動し,他国にへつらったことのない人々のみが,CIAA委員長を批判することが出来る。」

161012■CIAA FBより

*1 Mahabir Paudyal, “Battle royal in Nepal,” Republica, October 8, 2016

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/10/12 at 19:32

カテゴリー: インド, 政党, 政治

Tagged with , , , ,

プラチャンダ訪印と憲法改正問題

プラチャンダ首相が9月15-18日,インドを訪問した。初の外国公式訪問。訪印中の両国会談では,経済協力や防衛治安協力も取り上げられたが,注目されたのは,やはり憲法改正問題。

モディ首相:「首相閣下の賢明な指導の下,包摂的対話を通して多様な社会のすべての人々の要望を受け止め,憲法をうまく施行されていくに違いないと,私は確信しています。」(*1)

プラチャンダ首相:「ネパール国民選出の制憲議会による昨年の憲法公布は,歴史的な成果であった。わが政府は,すべての人々の参加をえてネパール憲法を施行していく真摯な努力を続けてきた。/タルー,マデシ,ジャナジャーティのことを真剣に考え彼らの正当な要求に応えなければ,新憲法施行の環境は整わない。/民族,言語,カースト,階級に違いはあっても,ネパールの国家と国民を統一していかなければならない。/もし人々を統一できなければ,政治危機が拡大するだろう。」(*1,4)

これらネ印両国首相の発言を見る限り,ネパール憲法については,評価がほぼ一致しているように見える。しかも,インド側は,慎重に,こう念押しさえしている。

V・スワラップ印外務省報道官「憲法制定はネパールの国内問題だ。われわれは,そこに介入したことは決してない。何が最善かを決めるのは,ネパール国民である。」(*4)

しかし,非公式の場では,マデシの要求する憲法改正をめぐり,かなり突っ込んだ議論があったといわれている。ネパール側が印政府に対しネパール憲法「歓迎」の表明を求めたのに対し,印政府はこれを拒否したとも伝えられている。もしそれが事実なら,憲法改正が依然としてネ印間の懸案として残っているということになる。(*5)

そうした中,ネパールでは憲法記念日(9月20日)が祝われたが,報道を見る限り,あまり盛り上がらなかったようだ。国家構成の基本たる憲法について評価が鋭く分裂している現状は,政治的に健全な状態とは到底いえないであろう。

160924■在印ネ大使館HP

*1 KALLOL BHATTACHARJEE, “Nepal constitution, a historic achievement: Prachanda,” The Hindu, September 17, 2016
*2 Shubhajit Roy, “Involve all in implementing Constitution, India tells Nepal,” The Indian Express, September 17, 2016
*3 NAYANIMA BASU, “Nepal’s Constitution amendments dominate Modi, Prachanda talks,” The Hindu Businessline, Sep 16, 2016
*4 “Never Been Prescriptive In Nepal’s Constitution Making: India,” NDTV, September 16, 2016
*5 Ram Khatry, “Report claims PM Narendra Modi refused to “welcome” Nepal constitution,” southasia.com, 17 September 2016

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/09/24 at 16:22