ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for the ‘ネパール’ Category

ルピー札,中国製に

ネパール国立中央銀行(NRB)が,震災復興で大量に必要となっている紙幣の印刷製造を,中国企業に委託し始めた。

NRBは,これまで紙幣製造をインドネシア,フランス,オーストラリアの会社に委託してきた。ところが,このところ製造技術の点でもコストの点でも,中国企業が優勢となってきた。B・カデルNRB執行役員によれば,「品質は,以前他国で印刷したものと同様高品質でありながら,コストは以前の半分以下だ」(新華社,2017年2月14日)。そこで,NRBはルピー紙幣の印刷製造を中国企業に切り替え始めたのである。

170215c■CBPM社HPより

中国企業は,これまでネパールの硬貨は受託製造したことがあるが,紙幣については,2016年6月に中国国営CBPM社(中国印钞造币总公司)が100ルピー札を2億1千万枚製造したのが初めてだという。

その後,CBPM社は,競争入札において欧米企業やインドネシア企業に競り勝ち,5ルピー札(2億枚)や1000ルピー札(2億6千万枚)の製造をも受注した。これで,5ルピー札,100ルピー札,1000ルピー札が中国製に切り替わっていく。

このネパール紙幣受託製造について,中国メディアは,誇らしげに,その意義を力説している。

「ネパール中央銀行幹部が最近,中国企業印刷の紙幣はデザイン,色彩,偽造防止の点で改善されている,と称賛した。・・・・CBPM社印刷の色鮮やかな紙幣は,高品質でありながら,低コストである。」(人民日報,2016年6月21日)

「リ・ツェンCBPM事業所長は,こう語った。『わが社は中国製の印刷機,製版プレート,インク,紙,スレッドを使用し,ネパールのルピー紙幣を印刷した。これは,わが社の技術ばかりか総合的な能力をも示すものである』。」(中国ラジオ,2017年1月18日)

中国が,紙幣製造のための高度な製紙技術や印刷技術を持つに至ったことは,よくわかった。だが,それはそれとして,自国の貨幣を他国に製造委託するなどといったことは,日本ではおよそ想像もできないことだ。外国製の自国貨幣を日々使うのは,どのような感じがするのだろう。機会があれば,尋ねてみたい。

170215a170215b
 ■ネパール国立中央銀行HPより

*1 “Nepal saves millions by printing banknotes in China,” Xinhua English, 2017-02-14
*2 “1st shipment of Nepal’s 1,000-rupee banknotes delivered from China,” China Radio International’s English Service, 2017-01-18
*3 “Nepalese official hails China-printed banknotes,” People’s Daily, June 21, 2016
*4 “Nepal’s currency notes printed by Chinese company for 1st time,” Xinhua, 2016-06-17
*4 “10 firms get NRB nod to print banknotes,” Kathmandu Post, Apr 12, 2015

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/02/15 at 18:39

カテゴリー: ネパール, 経済, 中国

Tagged with , ,

対ネ直接投資の68%,中国から

ネパールへの外国からの直接投資・上期(2016年㋆~17年1月)は,7600万ドルであった。そのうち中国からが5200万ドルで,全体の68%を占める。主な投資分野は,観光,インフラ,レストランだという(新華社,2月5日)。ネパールにおいて中国の存在感がますます高まるのは,当然といえよう。

【参照】⇒⇒ネパールと中国

  ▼中華街,ますます拡大
 150214b150214c

  ▼安くて美味しくて楽しい、カトマンズ中華料理
 151122b151122a

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/02/07 at 17:21

カテゴリー: ネパール, 経済, 中国

Tagged with

ゴビンダ医師,10回目ハンスト開始

トリブバン大学医学部(IoM, TU)教育病院のゴビンダ・KC医師が11月13日,ハンストを開始した。9月26日開始の前回ハンストは,ダサイン入りとともに終了。今回はその再開であり,通算10回目となる。

1.ゴビンダ医師の要求
ゴビンダ医師の要求は,医療制度と医学教育の改革であり,一貫している。現在の具体的な要求は,次の通り。
 ・医科教育法を速やかに制定せよ。
 ・医科教育不当介入のカルキCIAA委員長の弾劾。
 ・トリブバン大学副学長へのTR・カニヤ教授の任命に反対。
 ・トリブバン大学医学部長は年功により選任せよ。

2.医学部利権
医学部は大組織であり,関係利権も巨大である。たとえば,TU医学部は現在,医学教育をする連携カレッジを8校承認(affiliate)している(下掲リスト参照)。これらのカレッジは,入学定員増を図るため,有力者に関係機関への口利きを頼む。あるいは,利権を狙う有力者が,新たな医科カレッジを承認させようとしてTUに圧力をかける。TUの副学長(事実上の学長)や医学部長は,そうした働きかけの最大のターゲットであり,事実,CIAAを含む様々な政治勢力により,これまでに幾度も医学部長が任期途中で交代させられたという。

3.年功人事の「合理性」
ネパールでは,いまもってアフノマンチェやチャッカリが蔓延し,利権が構造化されている。そうしたところでは,能力主義・評価主義といっても,実際には人事への外部介入やコネ人事の口実とされてしまう危険性が高い。いまのネパールでは,近代的な能力主義,業績主義よりも,むしろ年功制の方が実際には「公平」であり「合理的」であるといわざるをえない。ゴビンダ医師が医学部長の年功選任を要求するのも,おそらくそのような考えからであろう。

今回のハンストでは,ゴビンダ医師は,医学部長へのKP・シン教授の選任に反対し,年功どおりJP・アグラワル教授を選任すべきだと主張している。年功どおりでないと,結局,医学マフィアに踊らされる利権的政治任命となってしまうからだという。

[参照]Tribhuvan University (T.U) affiliated
Institute of Medicine (IOM); Universal Medical College (UCMS); National Medical College (NMC); Janaki Medical College (JMC); KIST Medical College (KISTMCTH); Chitwan Medical College (CMC); Gandaki Medical College (GMCTHRC); Nepalese Army Institute of Health Sciences ( NAIHS). (Source List of Medical Colleges Of Nepal, MEDCHROME)

161120

*1 “Dr KC warns of another fast,” Kathmandu Post,” Sep 4, 2016
*2 “Dr KC begins 9th fast-unto-death,” Kathmandu Post, Sep 26, 2016-
*3 “Cabinet fails to dwell on Dr KC’s demands,” Kathmandu Post, Sep 28, 2016
*4 “Dr KC begins his 10th hunger strike,” Kathmandu Post, Nov 13, 2016
*5 “What does the IoM dean issue mean? Orthopedic surgeon Govinda KC’s protracted fight against ‘political hand-picking’ continues,” Kathmandu Post, Nov 16, 2016
*6 “Dr KC in frail health on 6th day of fast-unto-death,” Kathmandu Post, Nov 18, 2016

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/11/20 at 16:45

駐ネ中国大使,于红さん着任

新たに駐ネ大使に任命された于红(ユ・ホン)さんが11月7日,着任した。15日には,プラチャンダ首相を訪問。

于红大使は,1965年生まれ。外交部アジア局で要職歴任。経済分野が専門とのこと。中ネの経済関係緊密化への布石と見られている。

[参照]Message from Ambassador 2016/11/15

161117a161117b(在ネ中国大使館HPより)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/11/17 at 17:17

カテゴリー: ネパール, 外交, 中国

Tagged with

穂高のネパール料理店

穂高駅のすぐ近く,穂高神社の前の鳥居横にネパール料理店クリシュナがある。良い立地と値付け。繁盛しているのではないか。今回は入らなかったが,次の機会には昼食か夕食をいただいてみたいと思っている。

161027161027a
クリシュナHP/鳥居横のクリシュナ

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/10/27 at 19:02

カテゴリー: ネパール, 文化, 旅行

Tagged with ,

新任大使アグレマン取得停止要請

「カトマンズポスト」や「ヒマラヤンタイムズ」(8月2日)によれば,議会聴聞特別委員会(PHSC)が首相府や外務省に対し新任予定大使のアグレマン(派遣先国同意)取得を進めないよう,要請した。議会での聴聞がまだ完了していないというのが,その理由。

PHSCによれば,議会聴聞が完了していないのに政府が現任大使召還やアグレマン取得を先行させるのは,議会無視であり,憲法違反である。
 憲法282条(1)大統領は,包摂原理に基づき,ネパール大使および他の特使を任命する。
 憲法292条(1)憲法会議の推薦に基づき任命される最高裁長官,・・・・および大使は,任命の前に,議会の聴聞を受けるものとする。

PHSCは,憲法規定に依拠し,このようにオリ内閣を批判しているものの,新任大使任命手続きはすでに進められており,議会聴聞も今日(8月2日)から始める予定だ。よもや,発表済みの新任予定大使のうちの誰かが,明日選出予定のプラチャンダ新首相(NC=MC連立)により拒否される,といったことはあるまい。

160802b 160802a 160802

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/08/02 at 12:02

カテゴリー: ネパール, 外交

Tagged with ,

ナショナリスト親中派オリ首相の辞任

オリ首相(UML)が7月24日,辞任した。オリ政権は,第2党のUMLと第3党のマオイストを主軸とする連立政権だったが,マオイストが政権離脱し,議会少数派に転落したため,不信任案採決の直前に自ら辞表を大統領に提出し,辞任したのである。2015年10月発足から9か月余の短期政権であった。

それでは,マオイストはなぜ連立を離脱し,オリ首相不信任に回ったのか? いくつか理由は考えられるが,最大の直接的理由は,おそらくUML・マオイスト「9項目合意」(5月5日)のオリ首相による実行が期待できなくなったことだろう。

「9項目合意」では,マオイストに当事者の多い人民戦争関係訴訟を終わらせることがうたわれ,またそれと同時に予算成立後のプラチャンダへの政権禅譲の密約もあったとされている。ところが,人民戦争期の加害者への免罪や不動産移転の追認には被害者の反対が強く,また政権禅譲密約も反故にされそうな雲行きであった。そこでプラチャンダは,オリ首相を見限り政権離脱,第1党のNCと組み,自ら内閣不信任案を議会に提出したのである。

むろん,それだけではない。オリ首相の政権運営については,強権的ナショナリズムとの批判が高まっていた。マデシの憲法改正要求闘争を力で抑え込み,政府批判のブログ投稿者やデモ「参加者(見学者?)」(いずれも外国人)を逮捕した。さらに著名な知識人カナク・デクジト氏も別件逮捕され,一時,生命の危機に陥りさえした。

このような強権的ナショナリズムは,人民戦争を経て獲得された諸民族・諸共同体参加の包摂民主主義を危うくするもの,かつての一元的中央集権国家へ後戻りするものとみられるようになった。

そして,ネパールでナショナリズムに傾けば,歴史が物語るように,地政学的力学により反インド・親中国となる。オリ首相も,ナショナリズムに傾けば傾くほど,反印となった。マデシの反政府闘争,特に国境封鎖闘争をインドが支援しているとみなし,インドの内政干渉を非難し,駐印大使の召還や,大統領訪印の直前中止さえ断行した。

これとは対照的に,中国との関係は一気に前進した。オリ首相の3月訪中の際の「共同声明」では,中国側は「2015年憲法」制定を歓迎し,
 ・石油類供給
 ・中ネ間道路・鉄道建設
 ・国境経済ゾーン開設
 ・治安機関強化支援
などを約束した。オリ首相は,インドに代わり得る交通交易路を確保したと,その対中外交の成果を誇示したのである。

中国側も,オリ首相を大っぴらに支援してきた。在ネ中国政府筋がネパールの有力者たちにオリ首相支持を働きかけたし,中国系メディアもオリ首相を称える記事をつぎつぎと掲載した。たとえば,辞任後の記事ではあるが,インドのBusiness Standard(29 Jul)は中国のGlobal Timesが次のように伝えた,と報道している。

オリ首相は,「1990年代以降,最大のネパール首相」であった。「ネパールは,近代国家になった1956年以降,インドに全面的に依存してきたが,オリ首相はこの依存をほぼ完全に打破した。」「国境封鎖すれば,ネパールは窒息しすぐ降参するとインドは信じてきたが,オリ首相はこの状況を覆したのである。」

インドが,こうした親中派オリ政権を快く思わず,さまざまな形でNCやマオイストに働きかけ,親印派政権に置き換えようとしてきたことは,まず間違いないであろう。

次のNC=マオイスト連立政権の首相と目されているプラチャンダも,最大の懸案であるマデシ問題について,憲法を改正し,マデシ(とインド)の要求に応えたいと語っている。プラチャンダは,中国とのこれまでの約束を守り友好関係を促進するとも語っているが,次のプラチャンダ政権が対中印関係をこれまでよりインド寄りに修正する,と見るのが一般的である。

160731a 160731b
 ■オリ前首相(UML:HP)/プラチャンダCPN-MC議長(同党HP)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/07/31 at 19:53