ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for the ‘人権’ Category

AI化社会の近未来(3)

2.AI化社会の諸相
この自動学習AIによる人間支配は,自由な自律的自己決定主体たろうとする人間の側には,様々な不都合を生み出す。たとえば,以下のようなことが起こりうる。

(1)個人に対する差別
 ・AI遺伝情報評価→「生まれ(血統)」による差別
 ・AI個人履歴評価→「過去」による差別(AIは忘れない)
 ・AI相性評価(AIお見合い)→結婚差別
 ・AI適性評価→就職・昇進差別
 ・AI信用力評価→カード使用制限,ローン拒否 
 ・AI非行・犯罪予測→差別的行動制限・予防拘禁など

NHK News, 2019/08/17

■岩田昭男「大手正社員でもクレカ審査落ち 理由は「信用スコア」の低さ?」AERA dot, 2018.11.25

(2)「個人の尊厳」の空洞化
AIは,個人情報を単に収集・分析・評価するだけでなく,それに基づき個々人に「最適な」情報だけを選び出し提供することにより,個々人の人格をつくり変えてしまう。

 ・個人情報の収集・分析・評価→各人向け「最適」情報提供→各人の人格(好み,感情,思想信条など)の改変

その結果,われわれ人間は,事実上,自分で自立的・主体的に判断し行為することが出来なくなってしまう。人間としての「個人の尊厳」の空洞化。

むろん,この場合でも,AIを使って他の人々に働きかけようとする人々は,AIの使用者であり自由といえなくもないが,先述のようにAIの自動学習が進むと,AI使用者ですらAIの分析・評価過程の理解・コントロールが困難となり,結局はAIの言うがままとならざるをえない。

こうなってしまえば,たとえ自由意志を持つのは人間だけだと固く信じ,最高法規としての憲法で「個人の尊厳」を保障していても,それは空洞化し形だけ,実際には自己欺瞞のための単なる建前にすぎなくなってしまうだろう。

Mark Rolston, Fast Company, 10.19.2017

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/08/20 at 10:18

カテゴリー: 社会, 情報 IT, 人権

Tagged with , , ,

AI化社会の近未来(2)

1.AIの自律化と人間支配
AI(Artificial Intelligence人工知能)の発達は日進月歩,いまや大抵のことは人間よりも効率的に情報収集し,分析し,的確に判断を下しうる。いずれ人間がAIを道具として使うのではなく,AIが人間を分析し,人間に働きかけ,人間を操作する,つまり人間を使う時代が来るであろう。ほんの少し前までであれば,SF夢物語にしかすぎなかったようなことが,いまや正夢になろうとしている。

(1)近代社会の大前提としての自立的個人
われわれ人間は,とりわけ近代以降,一人一人がそれぞれ独自の自我をもち,自己を意識し,最終的には自分が自分のことを決定する自由な行為主体であると信じてきた。日本国憲法も,そうした近代的個人の存在を大前提として,「すべて国民は,個人として尊重される」(13条)と規定している。

われわれは,最終的には自分の意思で決定し約束して(「契約の自由」),様々な人間関係をつくり運用する。夫婦,各種団体,会社,組合そして国家など,近代的であればあるほど個人の主体的な自由と責任を当然の前提として組織され,運用されている。

われわれは,この主体的な自由を行使し,その結果への責任を果たすため,情報収集(学習)し,比較分析し,評価する。そして,その学習し分析評価した結果に基づき,われわれは,自分にとって最善と考える選択肢を選び,それを実行し,その結果への責任を引き受ける。

むろん,そのような主体的自由の行使や責任の引き受けは容易なことではなく,それゆえ「自由からの逃走」が多かれ少なかれ現実には生じる。が,たとえそうであったとしても,近代社会がわれわれを本質的には自由な行為主体と認め,「個人として尊重」することを大前提として組織され運用されてきたことは,紛れもない事実である。

(2)AIによる情報収集と人間支配
ところが,最近のAIの驚異的な性能向上により,この自立的主体的個人の大前提が,たとえ建前としてであれ維持し続けることが困難となり始めた。<様々な情報の学習や分析評価は,個々人本人よりもAIの方がはるかに迅速かつ的確に行う。自分自身のことも,本人よりAIの方がよく知っている。いや,自分の自我と信じているものそれ自体でさえ,すでにAIにより形成され,コントロールされている。> ――もしこのような状態になってしまえば,人々を自由な行為主体とみなし「個人として尊重」せよと言ってみても,それは無意味である。そんな「主体的個人」など,もはやどこにも存在しないからだ。

われわれは,すでにグローバル情報化社会の中で生きており,いたるところで個人情報を取られている。情報に関し国境はもはや無意味。世界中の公私様々な機関が,絶え間なく情報を収集し,蓄積し,いまやその量は誰にも確認できないほど膨大な量に達しているはずだ。

しかも,そうした現代における個人情報収集は,情報を取られる本人が全く,あるいはほとんど意識していない場合が少なくない。たとえば日々の買い物,スマホ位置情報,ネット利用など。あるいは,現在ではすでに監視カメラがいたるところに設置されており,顔認証システムと組み合わせると,本人にほとんど気づかれることなく個々人を特定し,その行動を逐一記録保存することさえ可能だ。いやそれどころか,表情等の分析により個々人の感情,ひいては心の中の動きですら読み取り記録保存できるようになるであろう。自宅の「スマート化」(常時ネット接続自宅管理)や,常時ネット接続により体温・血圧・心拍数等の自動計測・管理ができる「スマート時計」を身に着けるのは,自ら個人情報を放棄しているようなものだ。グローバル情報化社会では,人は丸裸,プライバシーはなくなる。

AIは,われわれ人間自身ではもはや到底不可能となった,このような膨大な情報の迅速な収集・分析・評価を行う。「知は力だ」とすると,われわれ自身はもはや無力であり,AIの指示に従い,行動せざるをえない。そこには,自由な行為責任主体たる個人,尊厳を認められるべき個人は,存在しない。

このAIは,むろん人間がつくり出し,運用を始めたものである。しかし,AIが「機械学習」,「深層学習」など,高度な「自動学習 」を始めると,その情報収集・分析能力は人知を超え,AIそのものがブラックボックス化する。そして,AIがブラックボックス化すると,AIがなぜそのような判定をしたのか,どのようにしてそのような結論に達したのか,その根拠が知りえなくなる。それを知ろうとすれば,われわれ自身がAI以上に迅速かつ的確な情報収集・分析能力を持っていなければならないからだ。

アメーバのように無限に拡大し,複雑化し,不眠不休で超高速で働き続けるAI――人間に勝ち目はない。自動学習AIの事実上の自律(自立)と,そのAIによる人間支配!

The Dawn of AI

谷川昌幸(C)

AI化社会の近未来(1)

このところ心身ともに絶不調,ブログも休眠状態だ。介護疲れかと思っていたが,どうもそれだけではなさそうなので,仕方なく先日,十数年ぶりに健康診断を受けてきた。3週間後,もう一度受け,結果を聞くことになっている。といっても,荒療治はイヤなので,結果を知ってもどうしようもないのだが,そこは意志薄弱,健康診断くらいはと,つい受診してしまった次第。

何もする気がしないので,涼みに近くの小さな図書館に行き,ボケーとしていたら,ふと『AIと憲法』(*)という本が目についた。借りて帰り読み進めると,加速度的に進むAI化が私たちのの生活にもたらす様々な変化とそれに伴う諸問題が,主に憲法学の観点から具体例を挙げつつ分かりやすく分析されており,大変興味深く,改めてこの問題について考えることの重要性を再確認させられた。

以下は,本書『AIと憲法』に触発され,日頃AI化について私自身が感じていることを,思いつくままに列挙したもの。目下,絶不調のため単なる思い込みや論証不足の部分などがあるかもしれないが,ご容赦願いたい。

山本龍彦編著『AIと憲法』日本経済新聞出版社,2018
AIと憲法問題/AIと個人の尊重、プライバシー/AIと自己決定原理/AIと経済秩序/AIと人格/AIと教育制度/AIと民主主義/AIと選挙制度/AIと裁判/AIと刑事法/
「参照」
・日本経済新聞「AIと憲法 山本龍彦編著 未来の人格・人権概念を問う
・朝日新聞「(社説)AI時代の憲法 いま論ずべきは何なのか

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/08/18 at 11:14

京都の米軍基地(115):子供に銃!

経ヶ岬の米軍通信所フェイスブック(FB)が,戦闘服を着て銃を持つ子供の無修正写真を掲載している(6月2日付&12日付)。

▼銃を持つ子供(修正=引用者)

このFB写真だけでは子供とは断定できないが,体形・容姿からは,どう見ても子供である。また,子供だとしても,米軍関係者の子供の可能性もあるが,状況からみて,日本の子供の可能性が高い。

そうした子供たちの写真が他にも何枚かある。戦闘服姿で写真を撮ってもらう少女,拳銃付きガンベルトを着けてもらう少年,迷彩服の少年など。

▼戦闘服姿で写真を撮ってもらう少女/ガンベルトを着けてもらう少年/迷彩服の少年(修正=引用者)

これらの写真が撮られたのは,自衛隊が5月26日,経ヶ岬分屯基地62周年を記念し京丹後市後援をえて網野町八丁浜で開催した「エアーフェスタ経ヶ岬2019」において。このフェスタでは,自衛隊の装備展示,広報イベントに加え,F4戦闘機やUHヘリのデモ飛行も行われた。

ここに米軍も参加,キャンプ座間の陸軍軍楽隊が音楽演奏,第14ミサイル防衛中隊は軍装備展示,経ヶ岬通信所はアメリカンフードを提供した。主催は自衛隊(空自分屯基地)だが,米軍側も全面的に協力したとみてよいであろう。

このフェスタを見に来たのは,FBによれば,約4千人。地元・網野町の人口は1万数千人。会場の八丁浜からは遠い地域も多く,しかも高齢化が進んでいるので,4千人も来たのは驚異的だ。

その会場で,これらの写真は撮られた。子供に戦闘服を着せ銃を持たせたのが自衛隊か米軍かは,FBからだけではわからない。が,子供たちの写真をFBに掲載し,世界中に拡散しているのは,紛れもなく米軍である。

米軍のこのような行為は,平和(積極的平和)の理念に反し,また子供自身の人権の侵害になるのではないだろうか。

エアフェスタ案内

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/06/28 at 18:45

ゴビンダ医師のハンスト闘争(35)

8.「9項目合意」の評価
  (1)リパブリカ「KC医師との合意をその文書と精神に沿い実行せよ」(2018年7月29日)

(2)リパブリカ「KC医師との合意を実行せよ」(2018年8月13日)
「オリ首相とゴビンダ・KC医師が土曜日[8月11日],会談をもち,2週間前成立した9項目合意の実施につき話し合った。オリ首相は,合意の効果的実施のため監査委員会を設置することを提案した。首相は,以前は,KC医師のハンストや医学教育改革要求に反対と見られていたので,これは歓迎すべき一歩前進である。首相は前向きの姿勢を見せており,われわれも政府が約束を守り,合意に沿いその義務を果たすことを願っている。

オリ首相は,KC医師に監査委員会の長となるよう打診したが,即座に彼は辞退したという。KC医師のような人は,わが社会の道徳的権威であり,民衆の尊敬を集めている。国家はこの事実を認めるべきだ。彼は15回もハンストを行ったが,それは個人的な理由からではない。彼の目標は,この国の医学教育や保健サ-ビスの改革にあった。KC医師がいなければ,いまごろはMBBS[医学士課程]を学ぶのに1千万ルピー以上かかっていただろう。いまの学費はその半分以下だ――KC医師の妥協なき改革努力に感謝する。KC医師は,市民すべてに利用可能な保健医療を保障する憲法の精神を政府が遵守することを求めている。都市部の医療機関は例外なく繁盛しているけれど,遠隔地の村々の住民の80%は,下痢や発熱といったありふれた病気で死に続けている。わが国の憲法が求めているように,「社会主義指向」国家では,自分には必要なとき病院に行くすべのない人々であっても,十分な手当てが受けられるようにされなければならないのである。

オリ首相とKC医師との会談[8月11日]は,この国における医学教育を医学マフィアが牛耳っており,それを首相が手助けしているとして,人々が首相を糾弾しているときに行われた。この首相の会談への姿勢は,政府とKC医師とのこれまでの合意の効率的・効果的な実行へとつながるものでなければならない。二人は同じことを目指しているように見えはする。すべてのネパール人が良好な保健医療を受けられること,そして医学教育を受けうる能力のある人々が医科大学学費を払うため全財産を売り払わなくてもよくすることである。二人が,人々のための効率的で信頼でき利用可能な医療サービスと,学びたい人が学べる医学教育制度をこの国に実現しようと願っているのなら,[政府側が]KC医師とともに署名した合意諸項目が実行されない理由は,どこにもないはずだ。政府は,KC医師が同じ理由で再び次のハンストをしなくてもよいよう保証すべきだ。さもなければ,民衆の怒りを買い,オリ政府はたちまち民衆の今ある支持すらすべて失うことになるだけだからである。KC医師と人民は,保健医療と保健医療教育が直面している諸問題に政府が次にどのような対策をとるか,いまじっと見つめている。首相がKC医師と会談したことで,いくらか希望が見えてきた。どうか,この希望を消さないでほしい。」

▼180日,6年,15回のハンスト(Republica, 17 Jul 2018)

*91 “Implement agreements with Dr KC,” Republica, August 13, 2018

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/05/11 at 11:25

ゴビンダ医師のハンスト闘争(30)

7.ハンスト:開始から終了まで
 (1)ジュムラでハンスト開始
 (2)体調悪化
 (3)ゴビンダ医師支持の拡大
 (4)カトマンズへの強制移送

(5)カトマンズでのハンスト継続
ゴビンダ・KC医師は2018年7月19日,軍ヘリによりジュムラからカトマンズへ強制移送され,午後4時にはトリブバン大学教育病院(TUTH)に収容された。

ゴビンダ医師の体調は,20日以上にも及ぶハンストのため極度に悪化,生命すら危険な状態になっていた。7月20日にKCを見舞ったデウバNC党首は,こう述べている。「彼は危険な状態だ。何か言いたそうだったが,話すことはできなかった。・・・・彼の背後には何百万人もの支持者がいる。政府は直ちにKCとの話し合いに応じ,彼の要求を聞き入れるべきだ。」(*67)

7月22日には,KCの母(80歳)が彼と面会し,精密検査受診を訴えた。この母の懇願を受け,KCが検査を受けると,冠疾集中治療室(CCU)での治療が必要なほど危険な状態であった。(*68)

7月25日付報道では,TUTH医師が,KCは危険な状態にあると警告した。白血球数,血糖値,カリウム値が,いずれも基準から著しく外れ,記憶喪失もある。このままでは,痙攣(seizure)を引き起こし,意識喪失(coma)になるという。

まさに極限状態。この文字通りの「決死のハンスト」は人々の関心をさらに高め,メディアが連日,大きく報道し,KC支持の集会やデモ,医療機関のストなどが拡大していった。

7月21日には,マイティガルでKC支持大集会が開催された。参加したのは,ガンガ・タパ元保健大臣らNC幹部数名,「新しい力」党のバブラム・バタライとヒシラ・ヤミ,ビベカシール・サージャ党幹部,スシル・カルキ元最高裁長官,人権活動家のクリシュナ・パダディ,女優のクリシュナ・マナンダールといった有力者・著名人をはじめとする多数の人々(参加者数詳細不明)。

マイティガル集会後,ニューバネスワルに向け,「マフィアのお友だち政府はいらない」などと書かれたプラカードを掲げ,風船を手にした「風船デモ」が行われた。このデモ隊は,ニューバネスワルで警官隊と衝突,デモ隊側数十人と警官11人が負傷した。この知らせを聞き,デウバNC党首はオリ首相に会い,警官隊の実力行使を非難し,KCの要求に応えなければ,闘争をさらに強化すると警告した。(*69, 70, 71)

翌22日には,「ゴビンダ・KC医師連帯同盟」主催のKC支持集会がダーバー広場で開かれ,医師,看護師,医学生ら約300名が参加した。さらに23日には,国民民主党,ビベカシール・サージャ党,ネパール医学協会を中心とするKC支持集会が開かれ,数百人が参加した。こうしたKC支持集会やデモは,ポカラなどでも実施され,全国へと拡大していった。(*72, 73)

■風船デモ(Republica, 22 Jul 2018)

*67 Bishnu Prasad Aryal, “180 days, 6 years, 15 hunger strikes,” Republica, July 18, 2018
*68 “Dr KC agrees to checkup at mother’s request,” Republica, July 24, 2018
*69 “For Dr. Govinda KC, Against Govt’s Decision,” Republica, July 21, 2018
*70 “Dozens including 11 police injured in protests over Dr KC’s demands,” Republica, July 22, 2018
*71 “Civil society takes to the street over Dr KC’s demands,” Republica, July 22, 2018
*72 “Civil society starts mass sit-in supporting Dr KC’s demands,” Republica, July 23, 2018
*73 “Civil society’s mass sit-in continues Monday,” Republica, July 24, 2018

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/05/06 at 09:41

グローバル情報化とアルジュンさん死亡事件報道

先述のように,アルジュンさん死亡事件の報道,とりわけユーチューブ動画は「衝撃的」であった。十数年前,いやおそらく数年前ですら,こんな動画がネット上に掲載され,世界中に配布され見られることは,まずなかったであろう。
▼小島寛明「【衝撃映像入手】16人で1人取り押さえ手足拘束した警察。検察取り調べ中にネパール人男性死亡」Business Insider Japan, Mar. 29, 2019

関心をもち検索すれば,事件を報じた英文記事も世界中で読むことが出来る。
▼SAKURA MURAKAMI, “Wife of Nepalese man who died during interrogation sues state,” Japan Times, Jul 27, 2018

世界はいまや万人監視社会になった。わがアパートですら,玄関,駐車場,駐輪場,ごみ置場などに監視カメラが設置され,四六時中,監視・録画している。アパートに出入りする人はむろんのこと,前を通るだけの人や車,犬や猫やタヌキなど,すべて見られ記録されている。

わがアパートが特殊なのではない。近くの駅や道路,ビルや駐車場はおろか,一般の民家にも,いや走り回る車にすら監視カメラが設置され,常時監視・記録している。他の地域でも,状況は似たり寄ったりであろう。

しかも驚くべきことに,これら監視カメラの映像は,革命的技術進歩により個々人の識別にすら利用可能だ。われわれは,つねに監視され,個人として識別され,記録されているのだ。しかも,それらの情報は,可能的にはネットを介して世界中に配布され利用されうる。いやそればかりか,いったんネット上に掲載されれば,その情報は無数に拡散し,ほぼ制御不能となり,半永久的に残り利用されうる。まさにグローバル監視社会! ネット情報化社会は,いわば「神の目」をもつに至ったのだ。

この情報化社会では,ネットにつながりさえすれば,世界中,どこからでも世界に向け,映像・音声・文字などの情報を送受信できる。ネパールの地方からでも,つい数年前までは想像もつかないような生の情報がネット上に多数送られ,だれでも閲覧可能となっている。神秘の国,秘境など,もはやどこにもない。

日本の留置場や拘置所も,このグローバル情報化から免れることは,もはやできないであろう。監視カメラが設置されておれば,その映像は,どこかから流出し,ネット上に掲載され,世界中に拡散される可能性がある。そして,いったん拡散すれば,もはや取り消しは不可能!

アルジュンさん死亡事件の「衝撃映像」がどこから入手されたのか,私には全くわからないが,すでに「Business Insider Japan」や「ユーチューブ」などに掲載され,世界中に拡散している。可能的には,世界中の人々が,いつでも,どこでも見ることが出来る。もちろん,アルジュンさんの郷里,ネパールの人々にも!

アルジュンさん死亡事件の裁判は,世界中から,とりわけネパールの人々により,見られている。

【参照】Kanak Mani Dixit : In Nepal, 91% of individuals now own at least one mobile device, almost half of them smartphones.


■Nepali Telecom, 12 Mar 2019 / Nepali Times, 12 Apr 2019

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/04/15 at 15:28