ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for the ‘団体’ Category

SSBを告発,CIAA(2)

2.CIAAによる告発
CIAAの9月25日発表によれば,SSBとその傘下のASDの不正・不法行為は,以下の通り。

[不正の概要](CIAA発表)
 ・SSBには,2002年設立以降,4億7千910万ルピーの収入があった。
 ・SSBとASDは,この5年間で,2億9千万ルピーを支出。
 ・この支出の多くは,SSB・ASD関係者への報酬,旅費,ホテル使用料,ピクニック経費,飲食代などに当てられた。
 ・「社会福祉委員会」は,SSBのこうした事業活動を適切に監査していない。
 ・ASDは無登録で,不法にNGO事業を実施。

CIAAは,これらの不正・不法行為につき,ラリトプル郡役所,社会福祉委員会等の関係当局に文書をもって通告し,調査を要請した。

以上が,メディアの伝えるCIAA発表の概要だが,それは,要するに,多額の支援金や寄付金を集めながら,それを本来の目的に使わず,お手盛り報酬や飲み食い,遊興に浪費してきた,という告発である。

ネパールにおいて,こうした告発は世間の受けが良い。途上国のネパールには,外国援助が大量に流れ込み,さまざまな事業が実施されているが,一般にアカウンタビリティや経済合理性に甘く,不正や腐敗がはびこってきた。ネパール庶民は,利権化した様々な援助事業を,日々,目の当たりにしているので,CIAAのような監査機関が大胆にそこに切り込めば,拍手喝采,頑張れ,ということになりがちなのである。

では,今回のCIAAによるSSB告発は,どうか? SSBやASDは,自己目的化した利権組織なのであろうか?

161008a■MCレグミ・レクチャー案内

1 “CIAA seeks action against Social Science Baha, Alliance for Social Dialogue,” The Himalayan Times, September 25, 2016
*2 “Social Science Baha claims CIAA misinterpreted facts,” Republica, October 1, 2016

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/10/08 at 16:42

カテゴリー: 団体, 教育, 文化

Tagged with ,

カオス後見人としての援助機関

途上国援助は,功罪両面があり,難しい。以下に紹介するのは,厳しく批判しているA.シュリバスタバ氏の記事。

▼ Arun Shrivastava,Towards a “Colored Revolution” in Nepal?: Foreign Interference Triggers Political Chaos,Global Research,October 11, 2012

[以下引用]
INGO,NGO,USAID,フォード基金,DFID(英国国際開発省),ジョージ・ソロス系人権諸組織,そして国連諸機関は,「カオス後見人」である。彼らの活動地ではどこでも,標的とされた国家は統治不能とされる。これは秘密でも何でもない。ネパールがまさにその実例だ。

ネパールの人々は,ネパールで活動する国際NGOや国際援助団体・国際人権組織はすべて次の6つのことを目標としている,ということを忘れてはならない。

(1)最有力な宗教の信用を失墜させ,最終的には破壊すること。

(2)キリスト教原理主義信仰を強化すること。ヒンドゥー寺院攻撃,NEFIN幹部たちの非礼なヒンドゥー教侮蔑発言,キリスト教原理主義者の資金援助でJoshua Projectが作成したデータベースと地図,これらはすべて次の決定的な第3の目標の達成を目指している。
 [(注) NEFIN: Nepal Federation of Indigenous Nationalities, ネパール少数民族連合,1991年設立,48民族協会が参加。Joshua Project: ヨシュア・プロジェクト,1995年発足,米国キリスト教世界ミッション部局,少数民族の調査支援組織。]

(3)民族(エスニシティ)/カーストの対立を煽動し,国民アイデンティティや国民の威信を破壊すること。

(4)策謀により危機を次々とつくり出した上で,自らを「危機管理者」として売り込むことによって,あるいは危機状況を放任することによってさえ,人民とその指導者たちによる自分自身の事柄の決定を妨害すること。10年間の内戦と,4年間に及ぶ新憲法制定過程の混乱とその結果としての失敗は,その明白な実例である。

(5)ヒマラヤは傷つきやすいものであるにもかかわらず,そこで略奪的・環境破壊的な資本主義を促進すること。これは,共同の資源管理と平等の利益分有を目的とする「伝統的な文化社会制度」を掘り崩し,弱体化させるものである。

(6)ネパールの政府と治安組織の中に深く浸透し転覆させること。
「以上引用」

シュリバスタバ氏の記事はかなりの極論であり,先に参照したもの(米軍「部隊」ムスタン派遣と「蓮の葉」作戦)と同様,裏付けが十分とはいえない。

しかしながら,ここで批判されていることは,実感としてはよくわかる。おそらくこれが,援助を受ける側のネパールの,もう一つの本音であろう。途上国,特に多民族社会との付き合いは難しい。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/10/16 at 11:49

アメリカ平和部隊,再開

アメリカの平和部隊は2004年9月,アメリカンセンターやゴルカ聖ヨセフ校などが爆破されたため,ネパールから撤退していたが,情勢好転を受け,11年ぶりに再開されることになった。
 ▼米ボランティア撤退開始

米平和部隊はケネディ大統領が創設,今年50周年である。これまでに20万人以上を派遣し,現在は約9千人が活動中。2011年度予算は,3億7千4百万ドル。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/12/20 at 21:05

カテゴリー: 団体

Tagged with , ,

ラブ・グリーン・ネパール:AOTS「社会貢献大賞」受賞

谷川昌幸(C)
ラブ・グリーン・ネパール代表のアミーラ・ダリさんが10月, 海外技術者研修協会(AOTS)「社会貢献大賞」を受賞された。このNGOのこともダリさんのことも全く存じ上げないが,まずはお目出たい。
 
ここで注目すべきは,この受賞を朝日新聞be on Saturdayが2面にわたって大々的に報道したことである。内戦中は殺伐な記事ばかりであったが,少し落ち着いてきたので,このような記事となったのであろう。平和が再建され,定着していくことを期待したい。
 
 

Written by Tanigawa

2009/12/20 at 16:00

カテゴリー: 団体

笹川良一氏のネパール訪問ビデオ

谷川昌幸(C)
笹川良一氏のネパール訪問ビデオがユーチューブで公開されている。訪問はかなり前のようだが,よく見ると,なかなか興味深い。
 

90226

Written by Tanigawa

2009/02/26 at 09:39

カテゴリー: 団体

JICA長崎 説明会

谷川昌幸(C)

わがゼミは,教師はダメだが,学生はみな優秀。引率などしなくても,自分たちだけで,アフリカの奥地であれ,インドの街中であれ,どんどん出かけていく。

JICAにも,学生たちは,いたって評判がよい。29日のJICA長崎説明会も,あちこちで宣伝している。長崎近辺の方は,ぜひご参加下さい。

90120 (クリックJICA長崎)

Written by Tanigawa

2009/01/20 at 19:43

カテゴリー: 団体

ネパール歯科医療協力20周年記念シンポジウム

谷川昌幸(C)

ネパール歯科医療協力会から,20周年記念シンポジウムの案内が来ました。20年間の活動を彷彿とさせる素晴らしいポスター。そのまま,ここで,ご紹介させていただきます。

81031shika

Written by Tanigawa

2008/10/31 at 13:51

カテゴリー: 団体