ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for the ‘国王’ Category

コケにされる大統領、天の声は印から

ヤダブ大統領が、諸党合意による首相候補の選出期限を12月22日(土)まで延期した。11月23日の初回から、これで延期4回目。まるでバナナのたたき売りだ。

ネパールの諸政党には、統治の当事者能力がない。王制の頃も、諸政党は同じようなことを繰り返した。仕方なく、国王が天の声を発し、首相を決めた。

ところが、民主化とともに国王の権威が衰弱すると、そっと耳打ちのような介入では効き目がなくなり、介入はあからさまな強権的なものになった。しかし、国王がやむなく強権的な介入をすると、当の諸政党はそしらぬ顔で責任転嫁し、国王専制を非難した。そして、結局は、王制を廃止し、めでたく「完全(絶対)民主制」を実現したのである。

この完全民主制は、完全だから、他に責任を転嫁することはできない。だが、責任をとれないのに責任を引き受けると、どうなるか? 2010-2011年には、諸政党は多数派を形成できず、首相選17回の堂々たる世界記録を達成した。今後100年は破られない、大記録だ。

政党政治の未熟は、いまも同じだが、以前とは状況がかなり変わってきた。以前は、まだ国連や国際社会がネパール民主化に熱意を持ち、あれこれ介入し、圧力をかけていた。ところが、もはや世界社会は、ネパール民主化へのかつてのような関心を失い、冷たく突き放すようになった。

天の声は、もはや国連からも世界社会からも降されない。そこで、結局は、もっとも頼りになる宗主国インドに、天の声を懇願せざるをえないことになったのである。

これは大統領の訪印を見れは明らかである。大統領は、諸党合意首相候補の提出期限を3回も無視され、面目丸つぶれ、権威は地に落ちた。大統領の言うことなど、どの政党もきかない。そこで、大統領は12月24日の訪印を決め、インドの権威を借りて、第4回目の候補提出期限を12月22日に定めたのである。もし22日までに首相候補を提出しなければ、訪印し天の声を聞いてくる、というわけだ。

ネパールは、民主主義の成熟以前に権威の源泉たる国王を廃止してしまったため、結局、それに代わる権威の源泉をインドに求めざるをえなくなった。ナショナリストを自慢しながら、訪米し天の声を聴く某国首相よりはましだが、それでもみっともないことに変わりはないだろう。

121219
 ■ヤダブ大統領(The Hindu)

[追加]印外相の口先介入(2012-12-22)
インドのクルシド外相が21日、ネパールの挙国一致政府形成問題について、口先介入した。外相は、ヤダブ大統領の努力を評価し、こう述べている(ekantipur, Dec22)。

「ネパール国家元首として、大統領は、すべての党を話し合いのテーブルに着かせるため、最善の努力をしている。」

「ニューデリーにできることは、挙国一致政府を形成し選挙を実施する努力を、精神的・道徳的に(morally)支援することだけだ。」

控え目な表現ながら、24日のヤダブ大統領訪印直前の口先介入であり、これだけでも十分効果がある。天の声は、やはりインド方面から降るのではないか? 大統領訪印後の展開が注目される。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/12/19 at 20:24

ガルトゥングの王制擁護論

1.ガルトゥングの訪ネ前インタビュー
ヨハン・ガルトゥングといえば,「積極的平和」や「トランセンド法」で知られる平和学の世界的権威だ。そのガルトゥングが,来年1月のネパール訪問をまえにインタビューに応じ,いくつか興味深い指摘をした。インタビューは下記ネパリタイムズに掲載。

▼Johan Galtung,Interview, “If you want peace, abolish hunger,” Nepali Times, #626, 12-18 Oct, 2012

2.王制の正統性
第一に注目すべきは,王制(君主制)についてだ。ガルトゥングの祖国ノルウェーは王国であり,立憲君主制・議院内閣制をとっている。ネパールについても,ガルトゥングは,このような立憲君主制の方が適切だと考えているようだ。

ガルトゥング:王制(君主制)についていうならば,正しい(正統性がある Legitimate)か否かは,ひとえに王制の在り方による。王制だから正しくないとは思わない。専制(despotism)こそが不正なのだ。国王個々人と王制そのものとは区別されなければならない。

ネパール人の多くは,王制そのものは支持していたと思われる。立憲君主制は,王制の象徴性と憲法による規制を両立させるものだ。マオイスト紛争期に,私はカトマンズのある警察署長と話したことがある。彼が言うには,マオイストの40項目要求のうちの39項目には賛成であり,したがってマオイストの断固取締には躊躇するほどであったが,それでも他の1項目,王制廃止には賛成できなかった。

マオイストの王制廃止要求は,一般の人々の思いからは外れるものであったと考えられる。」(Ibid)

ここでガルトゥングは,まず第一に,制度と人を区別せよ,といっている。これは常識であり,もし区別しないなら,ヒトラーを生み出した民主制は悪ということになってしまう。王制についても,ある国王が悪政を行っても,だからといって直ちに王制そのものが悪となるわけではない。王制と専制は峻別されなければならないということである。

ここでガルトゥングは,ネパールの王制復古を積極的に唱えているわけではないが,自国ノルウェーが王国であることもあり,立憲君主制には彼は好意的であるとみてよいであろう。

3.連邦制と国家統一
連邦制については,ガルトゥングは強く支持しているが,その根拠は,説明(ネパリタイムズ記事)の限りでは不明確だ。

ガルトゥングによれば,連邦制は,権力や資源を豊かなところから貧しいところに移転させるが,これが直ちに国家分裂をもたらすわけではない。各州は,資源自治権や言語教育決定権などを保有しつつも,「国家」や「国民」の一部として行動する。州は地理的区分だが,どの州も他州の権利を侵害できず,したがってその意味では,一つの国の部分として行動せざるをえない。だから,分裂とはならない。

このガルトゥングの連邦制擁護論は,記事が正確だとすれば,論拠薄弱であり,説得力がない。彼自身のこのインタビューにおける他の主張とも整合性がない。西洋諸国には,多民族途上国の連邦制への思い入れがあるのではないだろうか?

4.自由より食糧
これはインタビュータイトル(If you want peace, abolish hunger)となっている議論である。この部分を見ても,ガルトゥングが想像以上に保守的な考えをもっていることがよくわかる。

たとえば,ネパール暫定憲法は最高裁解釈では同性婚を認めているが,ガルトゥングによれば,そうした権利は西洋諸国では重要となっているが,ネパールではまだ最優先課題の一つであるわけではない。「ネパール人にとっては,日々の食事への権利の方がもっと重要であろう。一言でいえば,ネパール憲法は,もっと守備範囲を限定した憲法であるべきだ。」

このガルトゥングの忠告は,わからないわけではない。メシもまともに食えないのに,同性婚のような,最先端の権利をあれもこれもと追いかけ回してどうなる,憲法は身の丈相応の簡素なものにせよ,という忠告である。

それはそうだ。私もそう思うし,幾度もその趣旨の発言をしてきた。途上国では,自由権,社会権,参政権のいずれも満足には保障されていない。一気に,それらすべてを実現することは到底不可能なので,当然,優先順位をつけざるをえない。もしそうだとすると,同性婚などのような最先端の権利よりも,国家としていま努力を傾注すべきは飢餓救済などの基本的権利の保障だ,という議論は十分になりたつ。これは合理的,現実的な判断だ。

しかし,その一方,これは一種の途上国差別であり,無意識の優越感の現れといってもよいであろう。「まともにメシも食えず学校へも行けないのにケイタイをほしがってどうする」といった,上から目線の「おごり」である。

食糧にも事欠き,電気・水道・道路も普及していない途上国に行って,最先端の法・政治制度や最新の工業製品を宣伝して回るのはいかがなものかと思うが,その一方,現地の人々がそうした最先端・最新の制度や製品を求めることについては,それは彼ら自身の選択であり,見守るよりほかはあるまい。日本人だって,幕末維新の頃は,ずいぶん分不相応な新制度・新製品に飛びついていた。自戒したい。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/10/14 at 15:06

カテゴリー: 国王, 憲法

Tagged with , , ,

ゾンビ議会か復古王制か

制憲議会選挙は,カネと正統性の欠如で,実施がますます難しくなってきた。選挙して何が変わるのか,といったしらけムードが広がっている。

そこで台頭し始めたのが,制憲議会(CA)復活案。NC内では元々強かったし,UMLでも2日,元議員たちが党本部御殿に集まり,5月27日の議会消滅は党指導部の責任だ,選挙ではなくCA復活せよ,との虫のよい要求をとりまとめた。

マオイストは,政権党だから,CA選挙を建前とするが,元議員の多くはいわゆる「○○チルドレン」であり,おそらく選挙ではなくCA復活を願っていると思われる。

しかし,このような形での復活議会は,何の正統性もないゾンビ議会であり,成果はあまり期待できない。

選挙も議会復活も困難とすれば,残るは1990年憲法の復活,王制復古となる。これにも,もちろん大きな問題がある。マオイスト革命は,社会構造を大きく変えた。一種の社会革命といってもよいほどである。そうした新しい社会において,旧体制への復古が可能とは到底思われない。もし王制復古となるのであれば,それは天皇以上に無権力の象徴国王とせざるを得ないだろう。

シラケ選挙かゾンビ議会か復古王制か? いずれもパッとせず,元気が出ないが,アナーキーや専制よりはマシとはいえるであろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/08/04 at 09:48

カテゴリー: 選挙, 国王, 憲法, 民主主義

Tagged with , ,

大統領の政治化助長

コングレス,統一共産党などが,ヤダブ大統領に対し,11月22日総選挙経費70億ルピーを認めるべきではない,と圧力をかけている。これは,予算の当否よりも,そのような要求の仕方そのものの方が問題である。

暫定憲法は,議院内閣制であり,「行政権は内閣にある」(第37条)。大統領は議会により任免され,内閣または議会議長等の助言により,憲法で定められた儀式的・形式的行為のみを行う。大統領は,国政に関する実質的な決定権限は一切持たない。大統領は,1990年憲法の定める国王の儀式的・形式的行為を継承しているのである。

ところが,その大統領に対し,NCやUMLは,首相や内閣の予算に関する助言を拒否せよ,と要求している。憲法で認められていない政治的権限を行使せよと迫っているのだ。

これは,実は,諸政党が1990年以降,国王に対して繰り返し行ってきたことだ。1990年憲法は日本国憲法よりはるかによくできた憲法であった。ビレンドラ国王も,少なくとも1990年以降は,憲法を遵守し行動しようと努力していた。

ところが,民主化により権力を得た諸政党は十分な統治能力をもたず,自党に都合が悪くなると,すぐ国王に直訴し国王介入により政治を有利に動かそうとした。国民民主党だけでなく,コングレス党も共産党も,みな同じこと,何かあると王宮に参内し,「ご聖断」を仰いだ。

それでも,ビレンドラ国王は最大限憲法を遵守し国王介入を抑制したが,ギャネンドラ国王になると,そのような抑制は一気に取り払われ,国王親政へと一気に突き進んだ。ギャネンドラ専制は,国王というよりは,国王の政治的利用を繰り返してきた諸政党の責任である。

それと同じことを,またNC,UMLなど諸政党が大統領を使ってやり始めた。暫定憲法で儀式的大統領を決めておきながら,その大統領の「ご聖断」を仰ぎ,政治介入を要求する。民主国家の政党にあるまじき,幼児的行為だ。専制は権限を越えた権力行使。それを,諸政党が大統領にやらせようとしているのだ。

大統領の民主専制は,国王専制よりもはるかに恐ろしいことを忘れてはならないだろう。

【参照】ネパール王制と天皇制:苅部直「新・皇室制度論」をめぐって

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/07/13 at 14:47

マオイスト王制復古?

王制復古といえば,われらがヒシラ・ヤミ同志。マオイスト女性を率いる猛者であり,そして,いわずと知れたバブラム・バタライ首相の奥様である。

そのヤミ同志によれば,政党政治のていたらくがこのまま継続すれば,元国王の復位となる可能性が高い。

けしからんのは,もちろんUMLとNC。彼らが利権争いに明け暮れているため,偉大な夫バブラム首相がいくら頑張っても,全党合意はならず,王制復古がちらちらしだしたのだ。

バブラム首相には,権力欲などこれっぽっちもない。5月27日に合意ができていたら,直ちに辞職するつもりだったし,いまでも合意がなれば,いつでも辞職の用意はある。偉大な夫,バブラム首相は,人民のために誠心誠意はたらいているのだ。

と,まあ,このようなヤミ同志の悲憤慷慨は分からないではないが,しかしマオイストはもともと王家とは必ずしも悪い関係ばかりではなかった。どこかでつながっている。

まさかとは思うが,切羽詰まって「マオイスト王制」なんてことにはならないでしょうね。

【参照】
パルバティ同志,ヒシラ・ヤミ(1)
パルバティ同志,ヒシラ・ヤミ(2a)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/07/11 at 20:44

カテゴリー: マオイスト, 国王

Tagged with , ,

王制復古と人民の自由

ギャネンドラ元国王は,最近のインタビューで,立憲君主あるいは儀礼君主として復位する用意があると語った(BBC-Nepal, 6 Jul)。

私は,王制が本質的にイケナイものだとは思わない。われらが哲人カントは,民主制は本質的に専制的であるのに対し,君主制は「法の支配」と自由・平等が実現される共和的な体制だと喝破した。事実,カントの伝統に棹さす西欧には君主国が多い。イギリス,ノルウェー,スウェーデン,デンマーク,ベルギーなど,みな君主国だ。それなのに,それらの国々の開発機関やNGO,あるいは王立アカデミーなどの学者先生方は,競ってネパールに共和制を押しつける。そんな暇があったら,自国の王制打倒にまず立ち上がるべきだろう。
  ■カントにおける共和制と民主制 2008/03/24

というわけで,ネパールが王制復古してイケナイわけはないが,復位されるのがギャネンドラ元国王であったりパラス元皇太子であっては,少々マズイであろう。お二人は,革命前,権力政治にあまりにも深く関与されすぎた。王制復古となるのであれば,元国王のお孫さんなどの方が国王にはより適任であろう。

巷でも,王制復古論が元気になってきた。カマル・タパRPP議長は,制憲議会消滅により自ずと制憲議会選挙前の王制に戻ったと主張している(Telegraph,8 Jul)。2008年4月10日以前の体制だ。理屈としては,そうもいえなくもない。

ただ,ここで注意すべきは,王制復古を目指すとしても,それは旧体制の半封建的既得権益の復活となってはならないということ。王党派の中にはこれを狙っている人々も少なくないであろうが,これは絶対に阻止しなければならない。王制復古は,もしそれを目指すなら,少なくともすでに獲得された自由・人権体制の上に,それを安定させるための飾りとして国王を置く,という形にすべきだろう。

御輿には,やはり神様(らしきもの)が載っていないと,様にならない。

【参考】
THE RATIONALE FOR THE KINGSHIP IN NEPAL (1996)

  MASAYUKI TANIGAWA

1. Nepalese King and Japanese Emperor
The Nepalese monarchical system is an.exceptional theme being discussed by Japanese constitutional lawyers who had.paid.little attention.to the Nepalese constitution.and.politics so far. Since the promulgation.of the Japanese constitution.in 1946, the Emperor has been.one of the biggest constitutional puzzles among Japanese intellectuals. They have studied.the Emperor by using comparative as well as historical and.theoretical methods. The Emperor has been.compared with.the Kings (Queens) of Britain,Belgium, Norway and.so on. The Nepalese King has been.among them. Takeshi Ebara allotted.one chapter to the Nepalese monarchy in.his voluminous book, AComparative Constitutional Study on.Monarchy (1969). Many other studies on.the Emperor also refer to the Nepalese King. For Japanese scholars, the monarchy is the most interesting part of the Nepalese constitution.

For Nepalese scholars too, the Nepalese monarchy is undoubtedly regarded.as one of the most important political institutions enshrined.in.the constitution. Nepalese politics is much.influenced.by interpretations of the King’s function. If He has the right to nominate the prime minister, the Houses (the House of Representatives and.the National Assembly) will be weaker. If not, theywill be stronger and.He is likely to become a mere symbol. The King is still a big factor in.Nepalese politics.

Here, I would.like to verify the Nepalese King’s functions according to the constitution.of 1990, compare them with.the Japanese Emperor’s and finally point out the reason.for the King in.Nepal. Although.both.the King and.the Emperor must be studied.from a wider cultural point of view, I
cannot help.limiting the study to a comparative study of their functions sanctioned.by the respective written.constitutions.

2. The King as a Symbol

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/07/08 at 17:50

カテゴリー: 国王, 憲法, 民主主義

Tagged with , , ,

王制復古を,カマル・タパRPP議長

このところ国民民主党(RPP)が元気だ。6月9日には,カトマンズ・クーラマンチに数千人を集め,決起集会を開いた。

RPPのカマル・タパ議長は,弁舌さわやかな魅力的な政治家だ。確信的王党派であり,もしRPPが党勢回復すれば,プラチャンダ・マオイスト議長のよきライバルとなるであろう。

9日の決起集会で,タパ議長はこう檄を飛ばした。5月27日の制憲議会解散で,マオイスト,NC,UML,マデシ連合は国民の信認を完全に失い,1990年憲法と王制に復帰したとみてよい。あるいは,もしそれが認められないなら,バタライ首相は辞職し,最高裁長官(現または元)の責任の下に暫定政府を設立し制憲議会選挙を実施,そこで新憲法を制定すべきだ。国民の多くは既成政党に失望し王制支持に復帰しているので,新憲法には当然王制が規定される。「国王にはしばしの自重をお願いしてきた。いずれ人民が国王にナガルジュンからナラヤンヒティへのご帰還をお願いすることになろう。」

9日のRPP決起集会では,DS.ラナ副議長も「4党の唱えた連邦制と世俗制が誤りであったことが明白となった」とのべ,また来賓のディベンドラ・ネパリ(NC)も「王制復古となっても,国王の復讐など心配する必要はない」と演説している。

RPPの再興がなるかどうかまだ分からないが,風向きが多少変わり始めたことはたしかだ。タパ議長は,目下もっとも正統性の高い最高裁に目をつけ,また大統領も利用しようとしている。うまい。そして,もし要求が通らなければ,街頭に出て実力で1990年憲法を回復する,とすごんでいる。したたかでもある。

メディアでは,「人民評論」など,まだ王党派系は元気がないが,メディアの動向も含め,これからどうなるか,注目していたい。

 Kamal Thapa (ekantipur)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2012/06/10 at 21:24

カテゴリー: 国王, 憲法, 政党

Tagged with , ,