ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for the ‘文化’ Category

世界でいちばん美しい村,大阪上映

「世界でいちばん美しい村」が,大阪の「第七芸術劇場」(淀川区十三)で,6月17日から上映される。石川梵監督らのトークショーも予定されている。詳しくは,同劇場HPをご覧ください。
 ●第七芸術劇場 http://www.nanagei.com/

世界でいちばん美しい村
「ネパール大地震で壊滅した村が、悪戦苦闘しながら復興を果たそうとする姿を捉えた感動のドキュメンタリー。貧しくともいつも笑顔のアシュバドル一家、村を支える一人の看護婦、神秘的な風習、ヒマラヤの大自然を舞台に繰り広げられるさまざまな人間模様を捉える。」(公式HPより)

■公式HPより

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/06/13 at 10:53

カテゴリー: ネパール, 自然, 文化

Tagged with ,

ネパール社会科学の英語偏重

カトマンズ法科大学(Kathmandu School of Law)の准教授が2名連名で,ネパールの社会科学における英語偏重を手厳しく批判している。以下,補足説明を加えつつ,要旨を紹介する。
 ▼Pranab Kharel & Gaurab KC, “Beyond English,” Republica, 11 Jun 2017

ネパールの社会科学は,学校教育においても専門研究においても,使用言語は英語が主となっている。学生は,母語では受験対策本はあっても良い教科書はなく学習に苦しみ,たとえ十分な知識を持っていても英語発表を要求されるためその能力を十分に発揮できず悩んでいる。研究者・専門家向けの社会科学雑誌や,セミナー,シンポジュウムなども,多くが英語。

その結果,ネパールでは,社会科学の基本諸概念が十分に習得されず,創造的構想力が欠如し,英語文献をなぞるだけとなりがちである。そしてまた,これは英語文献の諸概念に相当する諸概念がネパール語にはないという状況をもたらすことにもなっている。

ネパールにおける英語偏重⇒創造的構想力育成不全⇒母語貧困化⇒さらなる英語偏重⇒・・・・

この英語支配への転落の悪循環をどう断つべきか? ネパール人学者には「ネパール語や他のネパール母語による学術論文の執筆を勧めるべきだ」。また,ネパール母語による良質の教科書の作成・使用も不可欠だ。

外国人学者にも責任はある。外国人学者には,ネパール母語の十分な知識を持たず,英語文献を選好するきらいがある。「これは,非英語文献を蔑視する尊大な態度といってもよいだろう。英語圏大学で英語が必須なら,ネパールで社会科学に携わる者にはネパール諸言語の知識が必要不可欠のはずだ。」

――以上が記事要旨。これは,ネパール語はおろか英語ですらおぼつかない私には耳の痛い批判だが,非英語圏の言語問題の核心を突く指摘であり,むろん日本も例外ではない。

日本の政府・財界はいま,金儲けファースト,浅薄なグローバリズムにとりつかれ,英米語を世界共通語と妄信し,小学校英語必修化や大学入試英語外部丸投げ,あるいは英語の会社公用語化などを進めている。

日本はこれまで,初等教育から高等教育まで,いや世界最先端学術研究でさえ,母語で行うことのできる世界でも稀な非英語圏国家の一つであった。わが先人たちは,舶来知識を参考にしつつも,日本語を工夫して必要な諸概念を日本語で構築し,洗練し,高度化させてきた。この努力は世界に誇り得るものである。

ネパールにおける英語偏重批判――日本も謙虚に耳を傾けるべきであろう。


 ■英語学校大繁盛(バグバザール)/カトマンズ法科大学HP

【参照】
英語帝国主義による英米文化の刷り込み
英語帝国主義にひれ伏す公立学校
英語帝国主義とネパール

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/06/12 at 16:13

カテゴリー: 言語, 教育, 文化

Tagged with , ,

国語としてのネパール語の位置

カナクマニ・デグジト氏が,「ネパール語の位置(ネパール語の役割)」と題した興味深い記事を『ネパリ・タイムズ』(4月7-13日号)に書いている。専門外の私には少々わかりにくい文章だが,論旨はおおよそ次のようなことだろう。(厳密には原文をご覧ください。)

ネパール語は,ネパールの国語(国家語・国民語)であり,ネパールの人々の便利な共通語(リンガフランカ)だが,その反面,それがネパールで用いられてきた他の多くの言語の衰退を招いたこともまた事実である。

歴史的にみて,ネワール語かマイティリ語あるいはヒンディ語にもチャンスはあったが,結局,国家統一した「カス」の人々の言語たるネパール語がネパールの国語・共通語になった。

特に1960年代以降,カトマンズの中央権力が国家統治のためネパール語を国語として普及させていった。また,知識人らも,ネパール語を多様な人々の住むネパール社会に適するように発展させていった。

ネパール語普及には,ゴルカ兵も大きく寄与した。ゴルカ兵は任地でネパール語を共通語として使用して習熟し,退役帰国後は,ネパール語訳『ラーマーヤナ』を持ち帰るなどして,非ネパール語地域にネパール語を広めた。

さらにもう一つ,ネパール語それ自体がきわめてダイナミックな言語だったことも,その普及に大きく寄与した。ネパール語は,複雑な思考や感情を簡潔な文章で表現できるし,擬音語(オノマトペ)も豊富だ。ネパール語は,この優れたダイナミズムにより,ネパールの他の言語とも結びつき,ネパールの国語・共通語となることができたのだ。

その結果,ネパールには,他の南アジア諸国に見られるような,英語対自国語といった言語対立・言語格差(English vs. Vernacular devide)はない。その反面,国語としてのネパール語を持つがため,外部世界との関係では島国的となるきらいがあり,今後,それが問題となるであろう。

以上がカナクマニ・デグジト氏の記事のおおよその論旨だとすると,彼はかなりのネパール語ナショナリストと見てよいであろう。しかし,国語としてのネパール語のおかげで,少なくともネパール国内には英語使用者と非使用者の間の言語に起因する深刻な対立や格差はないというのは,事実であろうか? とても,そのようには思えないのだが。


 ■様々なネパール語辞典。三枝編著『ネパール語辞典』はネパール国内書店販売のペーパーバック版。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/15 at 15:26

カテゴリー: 言語, 文化

Tagged with , , ,

宝塚の桜

宝塚の桜は,4月9~10日が満開。あいにくの小雨,曇天だったが,電力補助自転車(*1)で,ちょっと回り道し見てきた。

最も風情があるのは,山麓古道沿いの古木並木の桜。宣伝されないので近所の人しか来ないが,実に美事。花見客に見られ囃され誉めそやされることなく,それでも古道を包み隠さんばかりに咲き盛る桜は,この上なく華やかで,そして切ない。生のはかなさ,死の予感さえ抱かせる。たしかに日本人好み。死の美化にさんざん利用されてきたのも,もっともだ。

これと対照的なのが,宝塚歌劇場付近の桜。美しくはあるが,古道沿いの桜のような切なさ,哀愁は感じさせない。観光用の見世物であり,だから写真にとっても,魂を抜かれたり,祟られたりすることはない。

▼宝塚歌劇場付近の桜

(*1)蓄電池使用の電力補助自転車は優れもの。急坂でも難なく登れる。ただブレーキ制動力が弱く,速度を出すと危険。賠償保険加入を義務付けるべきだ。性能向上は革命的であり,電力補助98%といった高性能自転車も出るだろうが,これは自転車?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/11 at 10:07

カテゴリー: 文化, 歴史

Tagged with ,

春爛漫の小旅行

久しぶりに上京し,大塚の「ネパリダイニング・ダルバート」で正調ネパール料理をいただきながら,ネパール関係の友人と楽しく歓談した。翌日は,快晴の桜に誘われ,今や戦後復興の象徴ともなっている「東京タワー」や,明治・大正期に日本各地の建築物が移築され多くが重文指定されている横浜三渓園を見物した。そして,帰途,湯河原から忍野八海にまで足を伸ばし,霊峰富士をふもとから遥拝してきた。春爛漫,楽しい小旅行であった。

■「ダルバート」(4月2日)


■東京タワー(増上寺4月3日)/三渓園(4月3日)

■富士山(三国峠4月4日)

■富士山(401号線駿河台4月4日)

■富士山(忍野八海4月4日)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/05 at 20:32

カテゴリー: 自然, 文化, 旅行

Tagged with , , ,

雪の自然と現代的幸福の不自然

昨夜から雪。一面銀世界できれいだが,住民にとっては,やっかいもの。

高度成長以前であれば,冬はコタツに入り茶を飲み,おしゃべりするか,せいぜい薪ストーブのそばで米俵や縄を藁でつくるくらい。みな貧しかったが,それなりに幸せな自然な冬の生活であった。

ところが,常在戦場の現代,雪が降ろうが霰が降ろうが,槍が降ろうが,働かねばならない。そこで,役所は早朝から除雪車を出し,常夏の国から輸入した石油を惜しげもなく使い(燃費1km/ℓ以下?),除雪する。住民は,大枚はたいて冬タイヤに替え,それでもスリップ事故に脅え,積雪渋滞にたえ,通勤せざるを得ない。

農家も大変。現代農業は商品作物でないとやっていけないので,冬に春や夏の野菜や果物をつくるため,ビニール温室を設置し,熱帯輸入の石油を燃やし,雪が降れば,夜中でも起きて倒壊防止のため雪下ろしをせざるを得ない。

不自然なことをしなければ生きられないのが,資本主義社会。現代の豊かさは,不自然なことに幸福を感じること。そのうち,自然中の自然,死さえも克服し,永遠の生という至福を,人間は手にすることになるであろう。

170123b170123a

170123e

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/01/23 at 13:39

カテゴリー: 経済, 自然, 農業, 文化

Tagged with ,

京都の米軍基地(106):文化侵略尖兵としての米語道路表示

京都新聞(1月13日)によれば,京都府庁は,米軍人・軍属のために,アメリカ語の道路情報表示を始めた。
  Beware Icy Road(路面凍結注意,凍結注意)
  Caution Heavy Snow(大雪注意)
植民地根性丸出し,卑屈この上なし! 米国人がやってきて運転するのなら,日本語表示を学んでからにすべきだ。

そもそも,アメリカ語より日本語(中国渡来漢字)の方が,はるかにわかりやすい。「Beware Icy Road」は13文字もあるのに,「路面凍結注意」は半分の6文字,「凍結注意」なら1/3の4文字。「Caution Heavy Snow」となると,16文字もあり,だらだらと,しまりがない。日本語なら,「大雪注意」,わずか4文字,1/4ですむ。断然,日本語(中国渡来漢字)表記の方が合理的だ。

このわずか4ないし6文字の日本語が覚えられないはずがない。もし,どうしても覚えられないなら,そんな人物に車運転の資格はない。日本政府は,もし独立主権国家の政府であるのなら,彼らの運転を断固拒否すべきである。

▼基地交付金で設置された住民監視カメラ
170114a170114b
 ■経ケ岬バス停/京丹後大宮IC入口

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/01/14 at 18:45