ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for the ‘旅行’ Category

イタリアの旅(7):カトリック教会の遍在

イタリアはカトリック教会の地元だけに,教会がいたるところにあり,だれでも入って祈ったり見学したりできる。有名教会でなくても,優れた彫刻や絵画があちこちにある。ときにはパイプオルガンが演奏されていることもあり,これはまさしく天上からの音楽,しばし時のすぎるのを忘れるほどだ。

むろん異教徒にとって,カトリック教会関係の事物には戸惑うことも少なくない。たとえば,ミラノ大聖堂(ドゥオーモ)の「聖バルトロマイ」。皮剥ぎ刑に処せられた身体の,あまりのリアルさにゾォーとする。

またトリノの教会(名称失念)の「悲しみの聖母」。胸に矢が7本も刺さっている。直視に堪えない。

アルプス地方に行くと,山の中腹や山頂に十字架が立てられている。たとえばアオスタのPunta Vallettaz中腹(2300m)には,十字架のイエス像があるが,これまたあまりにもリアル。一帯は広大なスキー場で,冬はスキー,夏にはハイキング,マウンテンバイク(専用コース多数),トレイルランニングなどが盛んにおこなわれている。それらと十字架のイエス,異教徒には違和感を禁じ得ない。

アルプス地方にはまた,小屋根付きの十字架のイエス像があちこちにある。これも,出会うたびにドキッとし緊張する。

一方,村の出入口や山道の脇にある聖母の祠は,日本のお地蔵さんのような感じ。ほほえましく,異教徒にも違和感はあまり感じられない。

そして,墓地。永遠の平和(pax)の地であり,立派な墓が多く,どこも花いっぱい,美しく維持管理されていた。生活はなお信仰に根付いているようだ。


 ▲聖バルトロマイ/ミラノ大聖堂


 ▲悲しみの聖母(トリノ)


 ▲十字架のイエス(アオスタ)


 ▲小屋根付き十字架[左右は別の十字架」(クールマイユール)


 ▲聖母の祠[左端](コーニュ)


 ▲墓地(クールマイユール)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/07/24 at 17:56

カテゴリー: 宗教, 文化, 旅行

Tagged with , ,

イタリアの旅(6):印象的な街の造形

イタリアはいうまでもなく古い伝統を持つ芸術の国,審美眼の乏しい私でさえ思わず立ち止まり見入るようなものが街のあちこちにあった。

といっても,特に計画し街を歩いたわけではない。アルプス山麓に行く前後にミラノとトリノに立ち寄り,ついでに街に出たに過ぎない。しかも日中は大変な猛暑,日陰に入ったり,あちこちの教会に入ったりして休んだので,歩いたのはわずか。それでも,こんなものに出くわした。

これらはいずれも,特別なものではなく街にたくさんあるものの一つであろう。それがそれぞれ印象的だということに感心した。なお,最後の自動車宣伝は,クールマイユールのもの。たしかに「伝統破壊」ではある(参照:イタリアの旅(1): 規則は知ってから破れ)。

●街の造形(ミラノ)

●街のポスター

 ▼ミラノ:ピッコロ座/ミラノ: GAN MANZONI

▼トリノ:ビバルディ展

●店舗/地下鉄ポスター

 ▼トリノ:ロリポップ/ミラノ:「共和国」駅のペット食品広告

●らくがき?(ミラノ)
▼交差点機器箱のイラスト

●景観独占(クールマイユール)
▼モンテビアンコ(モンブラン)を背に宣伝

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/07/23 at 19:30

カテゴリー: 社会, 文化, 旅行

Tagged with , , ,

イタリアの旅(5):神をもカメラ監視

イタリア北部は比較的治安が良いとされ,事実,ミラノで多少用心したものの,トリノではほとんど不安を感じなかったし,ましてやアルプス山麓のアオスタ谷ともなると平和そのものだった。

しかしこれは,顕在的警備の成果かもしれない。都市では,軍隊や警察が,要所要所で,その存在を顕示する形で警備していたし,地方の町や村でも警官の姿をよく見かけた。

こうした顕在的警備の典型が,監視カメラ。空港,駅,道路,広場などはむろんのこと,地下鉄車内や田舎の農作業小屋前などにも設置されている。

いや,それどころか,教会にすら監視カメラがあった。いまや全知全能のはずの神をもカメラで監視せざるをえない時代となったのだ。いやはや何ともバチ当りな,恐れ多いことではないか!


 ▼ミラノ中央駅前:銃を構え24時間警備

▼ミラノ大聖堂(ドゥオーモ)


 ▼クールマイユール:後方はモンテビアンコ(モンブラン)(監視カメラ)


 ▼クールマイユール古道/Saxe村はずれ(監視カメラ)


 ▼トリノ: 教会入口扉の掲示「ビデオカメラ監視区域」


 ▼トリノの街角

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/07/22 at 17:44

カテゴリー: 社会, 情報 IT, 旅行

Tagged with , , ,

イタリアの旅(4):英語はしゃべらない

イタリア北部では,英語はほとんど通用しなかった(南部不明)。日本以上!! 

観光地のアオスタ地方で切符を買おうとしたが,駅窓口係も路線バス運転手(兼切符販売)も,一言も,料金の数字でさえ,英語は口にしなかった。もちろん英語で説明してくれる係員もいるにはいたが,多くはない。ここでは英語は通用しないと覚悟した。

イタリアは多言語社会だし,英語は小学校から学んでいる。だから少なくとも日本人と同程度,あるいはそれ以上に英語力はあるはず。それなのに頑として,しゃべらない。外国人が多く宿泊するホテルでも,テレビチャンネルは何百もあるのに,英語はBBCとCNNくらい。それらも,1,2チャンネルからはるかに遠い400チャンネルあたりに隠されている。

これらのことは偶然とは思われない。英語は,少なくとも日本人程度には話せるのに話さない,使えるのに使わない。日本のように,国家元首たる首相までも,公式の場ですら,へらへらかつての敵性言語たる英語をしゃべり,英語帝国主義に自らこび,へつらうのとは対照的。さすが文化の国イタリアだ。

旅行者が旅行先の文化を尊重するのは当たり前。旅先でのことなど,身振り・手ぶりや数字・地図筆記などで,たいてい用は足りる。外人客のためにカタコト英語を話す必要など,さらさらないのだ。


 ▼トリノ:ポー河畔交差点/分別式ごみ箱

▼クールマイユール:トレッキングルート案内板

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/07/20 at 20:22

カテゴリー: 言語, 文化, 旅行

Tagged with , ,

イタリアの旅(3):文化としての喫煙

イタリア(北部)は,お隣のオーストリア同様,タバコ天国。ホテル,レストランなどでは喫わないようだが,広場,道路,駅などでは多くの人が喫っている。しかも,女性が目に付く。歩きタバコも平気。

タバコが健康に悪いことは,百も承知の上だろう。そこが,タバコ天国から一転,タバコ禁止原理主義に転向した心情的同調社会,日本との違いだ。

文化は健康に悪い。健康より文化ということか。

 ●ミラノ中央駅

 ▼改札口/発車時刻案内板


 ▼プラットホームの吸殻入


 ▼プラットホームの吸殻入(?)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/07/18 at 10:01

カテゴリー: 文化, 旅行

Tagged with ,

イタリアの旅(2):路面電車の便利

都市は北部のミラノとトリノを見ただけだが,便利を実感したのが路面電車。街中いたるところに路線がひかれ,旧式箱型電車や最新式数両連結電車まで,さまざまな電車が走っている。バスも安くて便利だが,快適さやエコの点では,やはり路面電車が勝る。

日本では,路面電車は,長崎や高知などで頑張っているものの,ほとんどの都市で時代遅れの邪魔者扱いされ,早々に撤去されてしまった。特に惜しいのが京都。市電が残されておれば,京の魅力は今の比ではなかったはずだ。

 ●ミラノの路面電車

 ●トリノの路面電車

 ▲路面電車/電車軌道走行の連結バス

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/07/17 at 14:02

カテゴリー: 文化, 旅行

Tagged with , , ,

イタリアの旅(1): 規則は知ってから破れ

イタリアに3週間ほど行ってきた。ミラノ⇒モンテビアンコ(モンブラン)山麓⇒アオスタ⇒トリノ⇒ミラノ。予備知識なしの単なる物見遊山だが,それでも異国に行くと,あれこれ珍しい事物に出くわす。現地事情に詳しい人には周知のことであったり,単なる思い違いにすぎないかもしれないが,以下,フェイスブック投稿と一部重複するが,いくつか紹介してみたい。

1.旅費の安さ
イタリアは,個人旅行でも,安くなった。航空券は,一流航空会社でも往復8万円余。ネパールと同程度以下。ホテルも,日本よりかなり安い。中・長期滞在なら,日本国内旅行より安上がりだ。(昨年行ったオーストリアも同様だった。)そうしたこともあってか,どこに行っても,中国などアジア諸国からの旅行者が多かった。

▼香港空港には無料の飲用水(冷&熱)やタブレット・パソコンが各所に設置されており便利。

2.規則は熟知してから破れ
ミラノ空港についたとたん目にしたのが,この写真の広告。

 To break the rules, you must first master them.

広告主の意図は別のところ(真の革新アピール)にあるのだろうが,これはいわば「確信犯」の勧め。心情的同調的日本人の最も苦手とするところだ。

確信犯的規則破りと思われるもので,すぐ目にしたのが信号無視。歩行者は,どこでもあまり信号は守らない。驚いたのは,車ですら,赤信号を平気で無視すること。数回目にした。大丈夫と思ったら,自己責任で走ればよい,ということか? (ただし,横断歩道は人優先,車はきちんと停まる。)

▼ミラノ中央駅前の路面電車

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/07/16 at 14:53

カテゴリー: 文化, 旅行

Tagged with , ,