ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for the ‘民主主義’ Category

ゴビンダ医師のハンスト闘争(29)

7.ハンスト:開始から終了まで
(1)ジュムラでハンスト開始
(2)体調悪化
(3)ゴビンダ医師支持の拡大

(4)カトマンズへの強制移送
ゴビンダ・KC医師が,「医学教育令2017年」の継承発展たる「医学教育法」の制定を求めジュムラでハンストを開始したのに対し,オリ共産党政府は,医療格差象徴の場として選ばれたジュムラでの交渉を忌避,彼を首都カトマンズに連れ戻し,そこで説得しハンストを止めさせようとした。政府側は次のように主張した(19日カトマンズ移送後報道も含む)。

オリ首相:①「納税者のカネから給料をもらっている者が,自分に割り当てられた義務を果たしもせず,政府を独裁的などと,どうして非難できるのか?」(7月9日頃,官邸での第2州共産党議員との会談において*46)。②「KC医師は,問題解決ではなく,問題をつくり出そうとしてきた。」そして,様々な勢力がそれを利用し,彼の治療を妨害してきた。医者や公務員が職務を放棄して街頭に出てよいのか? 医学教育法は,議会で審議すれば,修正に応じる用意はある。(7月24日付報道*47)

プラチャンダ共産党共同議長:KCのハンストには慣れっこ。政府は彼の生命を救おうとしているのに,反民主的勢力が彼を殺そうとしている。一個人の街頭運動で決められてしまうのなら,政府も議会も不要。反革命勢力がKCを政治的に利用している。コングレス党はKCの死体を踏みつけ利用するような恐ろしい政治をするつもりか。(7月24日付報道 *47)

GM・ポカレル教育大臣:①医学教育法は議会提出済。「座り込みで何でも変えようとする伝統は終わりにしなければならない。議論してはならないことは何一つないが,解決はハンスト以外の方法で見出すべきだ。」(7月10日付報道*48)②「KC は主権的上院に圧力をかけ自分の命令に従わせようとしているが,これは許されないことだ」(7月11日付報道*49)③7月13日,KCを強制的にカトマンズに連行することもありうると発言(7月17日付報道*50)④7月14日ジャーナリスト協会でのコメント。政府はKCの生命を救いたいと考えている。「天候の回復を待っている。拒否されても,KC医師をここカトマンズに連れてこざるをえないかもしれない。」(*51)

政府は,このような対KC強硬姿勢を維持しつつも,U・ヤダブ保健大臣が7月6日,医師2名,看護師数名をジュムラに派遣した(*52)。が,KCは,地元ジュムラの医師らに看てもらうとして彼らを拒否,退去を要求した(*52,53,54)。また,政府側はKR・バラル教育省事務局長を長とする政府交渉団を派遣したが,この交渉団は政府方針通りKCにカトマンズ帰還を要求するだけであったため,実質的な交渉には入れなかった(*55,56)。

そうこうするうちに,KC支持運動はますます拡大・過激化,政府は追いつめられKCのカトマンズ移送強行に急傾斜していった。カルナリ州政府が7月17日,KAHSでは治療困難だとしてKCのカトマンズ移送を中央政府に要請したのも,おそらく中央政府のそうした意向を受けてのことであろう(*57)。そして,ついに7月19日午前8時ころ,政府はKCカトマンズ移送を発表,軍ヘリをジュムラに派遣した。ヘリは同日午前9時半ころジュムラ軍駐屯地に着陸。(*58)

このヘリによるKC移送の知らせを受け,KC支持派はハンスト中のKAHSに多数集結,移送を阻止しようとした。彼らは,KCに移送を伝えるため訪れたカルナリ州のMB・シャヒ首相,N・バンダリ内務法務大臣らを阻止し,追い返した。

そこで郡当局(B・パウデル郡長)は,治安部隊にKC連行を命令した。抵抗する者には射撃も許可したという。銃使用については,警告はしたが,実際には実弾は発射されなかったようだ。催涙弾は使用。それでも,KAHS付近での激しい衝突により,40名にも及ぶとされる多数の負傷者が出た。(*58,59)

この衝突の知らせを受けたゴビンダ医師は,苦渋の決断を迫られた。彼は,要求が通らなければカルナリで死ぬ覚悟だと繰り返し明言していた――
「ニュース報道によると,政府は私をカトマンズに連れていくためヘリコプターを送るそうだ。私は,この聖なるカルナリの地で死を迎える覚悟をしており,カトマンズには私の要求がすべて受け入れられるまで帰るつもりはない。」(*60)
「7項目要求が満たされなければ,カトマンズには戻らない。たとえ死ぬことになろうとも,ここジュムラで死ぬことを選ぶ。」(*61,62)

ゴビンダ医師の決死の覚悟は,このように明確だったが,それではなぜ彼は,結局はカトマンズ移送に同意したのか? 理由はただ一つ,当局の強硬な実力行使によりKAHS周辺に結集していたKC支持派や治安部隊に多数の負傷者が出始めたこと。当局側は,拡声器を使い,衝突で警官死亡と放送したとさえ言われている。この放送はウソで,実際には警官は釘でけがをしただけだったようだが,もしそうした放送があったのであれば,KCにも聞こえていたであろう(*63)。KCは,こうした犠牲者続出の知らせを聞き,カトマンズ移送への同意を決断せざるをえなくなった――

MB・シャヒ州知事に対し,KCはこう訴えた。「暴力を止めよ,病院破壊を止めよ。こんな暴力を引き起こすくらいなら,カトマンズへ行く。」(*58)

こうしてKCは7月19日,軍ヘリに乗せられ,スルケット経由でカトマンズ(トゥンディケル)へ運ばれた。当初,政府は,KCを近くのビル病院に収容する予定だったが,これにはKCが断固抵抗,結局は彼の勤務先であるトリブバン大学教育病院(TUTH)に移送した(*64,65)。午後4時,KC移送作戦完了(*58)。

TUTHに収容されたゴビンダ医師は,ここでハンスト闘争をさらに継続することになる。

ジュムラ(jumlanepal.blogspot.com)

*46 “Height of cruelty,” Republica, July 9, 2018
*47 “Oli, Dahal spit venom at NC, Dr KC,” Republica, July 24, 2018
*48 “Dr KC rejects PM’s proposal for one-on-one by phone,” Republica, July 10, 2018
*49 “Centre continues to ignore Dr KC’s plight,” Kathmandu Post,Jul 11, 2018
*50 “Govt at last forms team for talks with Dr KC,” Republica, July 17, 2018
*51 “Dr KC to be brought to Capital forcibly: Minister,” Kathmandu Post, 2018-07-14
*52 “Rights bodies urge govt to take care of Dr KC,” Republica, July 6, 2018
*53 DB BUDHA, “Dr KC refuses to see docs from Kathmandu,” Republica, July 6, 2018
*54 Devendra Basnet/DB Budha, “Choice of Jumla was to draw govt attention to Karnali: Dr KC,” July 8, 2018
*55 “Govt forms talks panel led by Education Secy Baral,” Republica, July 16, 2018
*56 “Dr KC says govt is indifferent,” Republica, July 19, 2018
*57 “Dr KC appeals for medical attention,” Republica, July 17, 2018
*58 “40 injured in clash as Dr KC taken by force to Kathmandu,” Republica, July 20, 2018
*59 “Dr KC airlifted from Jumla,” Republica, July 19, 2018
*60 “Fasting surgeon refuses to leave Jumla,” Kathmandu Post, Jul 12, 2018
*61 Devendra Basnet/DB Budha, “Dr KC refuses medication,” Republica, July 10, 2018 *62 “Dr KC’s supporters to foil govt plans to airlift him to capital,” Republica, July 14, 2018
*63 “Police duped Govinda KC,” Nepali Times, August 3, 2018(Onlinekhabar, 30 July)
*64 “Dr KC brought to Surkhet,” Republica, July 19, 2018
*65 “Chopper carrying Dr KC landed at Tudikhel; rushed to Teaching Hospital,” Republica, July 19, 2018

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/04/06 at 18:21

ゴビンダ医師のハンスト闘争(27)

7.ハンスト:開始から終了まで
 (1)ジュムラでハンスト開始

(2)体調悪化
ゴビンダ医師は,6月30日午後3時頃から,郡スポーツ開発委員会ホールでハンストに入った。報道では,酸素吸入は受けてもグルコース(ブドウ糖)は拒否したとされているから,このハンストはおそらく水と食塩のみの最も厳しいハンストであったとみてよいであろう。

ゴビンダ医師の体調は,スポーツ開発委ホールの劣悪な環境もあって,ハンストに入って間もなく,急速に悪化していった。医学的なことは全くの専門外だが,報道によると経過はおおよそ次のようだったらしい。

ハンスト3日目の7月2には,早くも手足,頭部,胸部の痛みを訴え,尿量は200ml/日に激減。KAHS(カルナリ健康科学アカデミー)医師は,危険な状態に陥りつつあると警告した。

7月4日になると,ゴビンダ医師の体調はさらに悪化,危なくなったので,KAHSの医師らが午後5時半ころ,彼をKAHSの救急病棟に移した。以後,7月19日午後のカトマンズ強制移送まで,彼のハンストはKAHSで続けられることになる。以下,体調悪化の状況――

7月7日:手足,胸部,頭部に痛み。血圧低下,白血球減少。静脈内注入液,投与。
7月8日:酸素吸入開始。
7月11日:白血球減少,血糖値低下,血中マグネシウム低下。筋肉けいれん,嘔吐感。ほとんど話せない。
7月14日:せき。心拍異常。
7月16日:心拍異常。喉の異常,手のはれ。立てない。体重65㎏から56㎏に減少。
7月19日:常時酸素吸入開始。胸の痛み,せき。PVCs(心室性期外収縮)で心停止の恐れ。   
     ⇒⇒午後,カトマンズへ強制ヘリ移送


Solidarity for Prof. Govinda KC FB2018年7月17日/18日

*9 “Dr KC continues hunger strike in Jumla despite deteriorating health,” The Himalayan Times, July 02, 2018
*10 “DAO Jumla orders KIHS for best treatment as Dr Govinda KC’s health deteriorates,” Republica, July 2, 2018
*11 “Dr KC taken to emergency unit after his health deteriorates,” Kathmandu Post, Jul 4, 2018
*12 DB BUDHA, “We can’t treat Dr KC at present site: Doctors,” Republica, July 4, 2018
*13 “Dr Govinda KC rushed into ICU as his condition deteriorates,” Republica, July 4, 2018
*14 “Dr KC admitted to emergency ward,” Republica, July 5, 2018
*15 “Dr KC’s health ‘worsens’,” Kathmandu Post, Jul 8, 2018
*16 “Dr Govinda KC shifted to special care unit,” HIMALAYAN, July 8,2018
*17 “Dr Govinda KC shifted to special care unit,” HIMALAYAN, July 08,2018
*18 Devendra Basnet/DB Budha, “Dr KC refuses medication,” Republica, July 10, 2018
*19 “AHRC urges govt to save Dr Govinda KC’s life,” HIMALAYAN, July 11, 2018
*20 “KAHS prepares ventilator and defibrillator for Dr Govinda KC,” HIMALAYAN, July 15, 2018
*21 “Govt forms talks panel led by Education Secy Baral,” Republica, July 16, 2018
*22 “Dr KC appeals for medical attention,” Republica, July 17, 2018
*23 “Dr KC diagnosed with hypocalcemia,” Republica, July 17, 2018
*24 “Dr KC says govt is indifferent,” Republica, July 19, 2018
*25 “Dr Govinda KC diagnosed with PVCs; govt sends helicopter to bring him back,” HIMALAYAN, July 19, 2018

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/03/20 at 16:38

ゴビンダ医師のハンスト闘争(24)

6.第15回ハンスト
(6)決死のハンスト(v) 
④強制摂食:いくつかの事例 A. 西洋近世・近代の奴隷と病人 B. イギリス

C. アメリカ もう一方の人権と民主主義の国,米国では,いまでも強制摂食が合憲・合法とされ,刑務所や収容所でしばしば実施されている。

米国では,自己決定権ないし「独りでいる権利」が「プライバシー権」として広く認められているが,そこには「自殺の権利」までは含まれてはいない(末期患者尊厳死は別問題)。また,国家には秩序維持の権利義務があり,そのために必要な場合にはプライバシー権の一部を制限することが出来る。ハンストをする権利は,そうした制限可能な権利の一つであり,必要な場合には,ハンスト死防止のための強制摂食が認められるとされている。

米国刑務所での強制摂食としては,早くには1917年,ニューヨークの刑務所内でハンストをした女性産児制限主義者に対し,実施された。以後,強制摂食は継続され,たとえばコロラド州の刑務所では,2001~2007年に,少なくとも900回の強制摂食が実施されたという。そこでは2014年にも,ハンストをした8~9人に対し,強制摂食が行われている。(*5)

さらにウィスコンシン州の刑務所では2016年,ハンストの3人に対し強制摂食が実施された(*15)。米国では,州により扱いは異なるが,刑務所での強制摂食はマニュアル化されているとみてよいであろう。

米国の強制摂食として最も悪名高いのが,米軍グアンタナモ収容所(キューバ)でのもの。グアンタナモでは,早くも2001年1月からハンストが始まり,最多の時は150人余がそれに参加した。このハンストについては,2013年までは報告されているが,それ以降は情報不開示となったため詳細不明。

グアンタナモ収容所は,いわば治外法権であり,収容者の扱いは残虐を極めた。ハンストにも,当然のように強制摂食が実施された。ここでは死ぬことは許されない。人間の最後の自由,死ぬ権利さえ奪われている。「核軍縮キャンペーン(CND)」は,2005年大会において,次のような緊急決議をしている。「大会は,グアンタナモの200人以上の拘留者によるハンストが摂食と鎮痛剤の強制により長期化し8週目に入っていることを懸念をもって指摘する。」

米国で,いま最も問題にされているのは,急増する難民・移民希望者に対する収容所や拘置所での強制摂食である。「移民関税局(ICE)」は,食事9回拒否でハンストと認定し,裁判所の許可の下,強制摂食を行っているという。

「ICEは,収容所収容者の生命を守り,収容所の秩序を維持していく。・・・・ハンストを行う収容者に対しては,その健康と安全のため,ICEは食物と水の摂取をきちんと見届けている。収容者のハンストが,生命あるいは健康にとって危険かどうかは,医療担当者が常に監視している。」(*1)

この2019年1月には,ICEテキサス収容所が,ハンストをしているインドとキューバからの難民申請者30人のうちの6人に対し,裁判所の許可を得て強制摂食をした。彼らは鼻から出血し,耐えがたい苦痛を訴えている(*8)。


■ICE強制摂食抗議デモ(NYT, 2019/01/31)/グアンタナモ強制摂食(Graphic News, 2013/05/01)

D. ロシア ロシアの刑務所では,ハンストに対し強制摂食が行われている。テロ等の罪で収監されたウクライナ人映画監督オレグ・センツォフは2018年5月から抗議ハンストを続けたが,この強制摂食を避けるため同年10月6日,ハンストをやめざるをえなかった。

E. 北朝鮮 北朝鮮教化所は2018年夏,看守に対する抗議ハンストを行った収監者2人に対し,ホースを口に入れ強制摂食させた。

F. イスラエル イスラエル議会は2015年,ハンストで抵抗するパレスチナ人収監者に対する強制摂食を合法化した。
■イスラエル議会強制摂食法制定(The Telegraph, 2015/07/30)

G. インド インドの人権活動家で「鉄の女」とも称されるイロム・ミャルミラが2000年,インド軍による住民虐殺に抗議しハンストを開始したのに対し,インド政府はチューブによる強制摂食を始めた。彼女は,これに耐え16年間もハンストを続けたが,闘争方針を変え州議会選挙に出て闘うため2016年8月9日,ハンストを終了した。


■Burning Bright: Irom Sharmila(Penguin, 2009)/シャルミラ-ハンスト10年目(Facebook, 2011/09/19)

*1 BURKE, GARANCE, “UN: US force-feeding immigrants may breach torture agreement,” AP,
*2 Burke, Garance and Martha Mendoza, “U.S. immigration officials are force-feeding detainees who’ve been refusing food at Texas centre,” AP, January 31, 2019
*3 DAUGHERTY,OWEN, “UN says US force-feeding detained immigrants may violate torture convention,” The Hill, 02/07/2019
*4 Greenberg, Joel K., “Hunger Striking Prisoners: The Constitutionality of Force-Feeding,” Fordham Law Review, Volume 51, Issue 4 Article 7, 1983
*5 Hsieh, Steven, “Colorado’s Federal Supermax Prison Is Force-Feeding Inmates on Hunger Strike: Solitary Watch reports that eight to nine prisoners are taking part in the strike, held at the federal government’s highest-security prison” The Nation, Feb 27, 2014
*6 Long, Clara “ICE Force-feeding Immigrant Detainees on Hunger Strike: Force-feeding is Cruel, Inhuman and Degrading,” Human Rights Watch, February 1, 2019
*7 Miller, Ian, A History of Force Feeding: Hunger Strikes, Prisons and Medical Ethics, 1909–1974, Springer Nature, 2016
*8 Stevens, Matt, “ICE Force-Feeds Detainees Who Are on Hunger Strike,” New York Times, Jan. 31, 2019
*9 “1910 Liverpool, Force-Feeding: The suffering of a suffragette,” Lapham’s Quarterly
*10 “Cartoon depicting force-feeding from The Daily Herald: Illustration depicts Asquith force-feeding an imprisoned suffragette,” British Library
*11 “Force-feeding,” Wikipedia
*12 “Force-feeding in English jails – a hidden history,” The University of Manchester, 5 Nov 2015
*13 “Force-feeding at Guantanamo Bay,” Graphic News, 05/01/2013
*14 “Prison officials force-feed inmates on hunger strike against solitary confinement,” RT, 29 Jun, 2016

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/02/28 at 18:04

ゴビンダ医師のハンスト闘争(23)

6.第15回ハンスト
 (6)決死のハンスト(v) 
 ④強制摂食:いくつかの事例
  A. 西洋近世・近代の奴隷と病人

B. イギリス 収監ハンスト者への強制摂食が本格的に行われ始めたのは,英国においてのようだ。

英国では,19世紀末から20世紀初めにかけて,サフラジェット(Suffragette)が女性参政権を求め勇猛果敢に闘った。彼女らは,投獄されると,ハンストで抵抗した。当初,政府は殉死を恐れ,ハンスト者を釈放したが,1909年多数の収監サフラジェットがハンストを始めると,方針を改め,強制摂食を始めた。

英国内務省の1909年声明によれば,「人為的摂食(artificial feeding)」は人道的であり,理性を失い食べられなくなった収監者が生命を失うことを防止するのに必要な治療である。

しかしながら,実際には,抵抗するハンスト者を拘束し力づくで実施される強制摂食は,出血や嘔吐を伴う,肉体的にも精神的にも耐えがたい苦痛をもたらす「拷問」に他ならなかった。特に女性サフラジェットへの強制摂食は,「口からの強姦」として嫌悪され非難された。

英国政府は,千人以上のサフラジェットに強制摂食をしたとされるが,結局これを継続しえず,1913年に「猫ネズミ法(Cat and Mouse Act)」を制定した。収監者がハンストを始め危険な状態になると釈放し,回復すると再収監するという,まるで猫がネズミをいたぶるような,いかにも皮肉とユーモアの紳士の国,英国らしい法律だ。が,仮釈放したサフラジェットの再逮捕は容易ではなく,実効性は低かった。そうこうするうちに第一次世界大戦(1914-18)が勃発し,対サフラジェット強制摂食問題は終息した。

しかし,英国での強制摂食は,その後も,主にアイルランド民族派のハンスト者に対し継続された。1917~23年,多数のアイルランド民族派が捕らえられ,獄中ハンストは一万人にも及んだという。そうした中,ハンストをしていたトマス・アシュが1917年,強制摂食により死亡,大問題となった。これを機に,アイルランドでは強制摂食は実施されなくなった。

一方,英国では,トマス・アシュ強制摂食死以後も,強制摂食は継続された。英国の刑務所では1913~40年に834人(うちIRA40人)がハンストをし,強制摂食は7734回にも及んだ。(*13)

そして戦後1974年には,IRAのマイケル・ゴーガンと他の4人が英国ワイト島の刑務所でハンストを開始,強制摂食された。そして,64日目,ゴーガンが17回目の強制摂食後,死亡した。この強制摂食死は内外に大きな衝撃を与え,ついに英国政府はハンスト者に対する強制摂食を断念するに至った。

ところが,その代わり,ハンストは放置されることになり,再びハンストを始めたゴーガンの獄中仲間フランク・スタッグは1976年,ハンスト62日で餓死した。その後,1981年には,「鉄の女」サッチャー首相が,ボビー・サンズらIRAメンバー10人のハンストを放置して餓死させ,大問題になったことは周知のとおり。

人権と民主主義の総本家,イギリスでも,ハンストと強制摂食はなおも未解決の難問として残されているのである。


■強制摂食反対ポスター/「猫ネズミ法」反対ポスター/T・アシェ伝記

*13 “Force-feeding in English jails – a hidden history,” The University of Manchester, 5 Nov 2015

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/02/27 at 15:25

ゴビンダ医師のハンスト闘争(21)

6.第15回ハンスト
 (1)なぜジュムラでハンストか?
 (2)決死のハンスト(i)
 (3)決死のハンスト(ii) ①ハンストと延命治療
 (4)決死のハンスト(iii) ②それほど苦しくない断食(以上前出)

(5)決死のハンスト(iv)
③強制摂食:人道名目の拷問
すぐ思いつき,事実,世界各地で利用されてきたのが,ハンスト者に対する「強制摂食(force-feeding)」である。ゴムチューブなどの管を鼻や口から食道に差し込み,流動栄養食を直接,胃に流し込む。あるいは,それができないときは,栄養液を点滴投与し生存を確保する。胃瘻でさえ,場合によっては実施されるかもしれない。

現象だけを見れば,日本でも日常的に行われている延命治療となんら変わりはない。現代では,生命は地球より重く何物にも代えがたいとされ,治療の可能性が少しでもあるのであれば,可能な限り延命治療をし,生命を救う,すなわち心臓を動かし続けることが正しいとされている。

強権的体制の為政者は,皮肉なことに,この人道主義的生命尊重の世情を巧みに利用する。生命はすべてに優先されるべきものだから,たとえ本人が主義主張貫徹のため「ハンスト死」を望もうとも,それは誤った考え方であり許されない。ハンスト者は,正気を失い,生きるために食べるという最も根本的な理性的判断ができなくなっている。だから為政者としては,生命尊重の人道主義の観点から,本人の意思にかかわりなく,強制摂食など,必要最大限の救命措置をとらなければならないというのである。

しかしながら,これは明らかに,生命尊重人道主義の偽善的政治利用である。ハンスト死させてしまえば,先述のように,それは社会に対し劇的な効果を持ち,為政者は大きな打撃を受ける。さりとて,ハンスト死を避けるためハンスト者の要求を呑んだり収監ハンスト者を釈放すれば,それが前例となり,ハンストが頻発し,統治は困難になる。社会秩序は乱れ,人々の安全は保障されなくなる。為政者にはハンスト者の要求を呑むことも,収監ハンスト者を釈放することもできない。そこで結局,ハンスト者がいくら食事を拒否しても強制的に栄養を取らせる「強制摂食」の方法を,為政者は採らざるをえないことになるのである。

ところが,ハンスト者への強制摂食は,人命尊重や社会秩序維持(社会の安全)をいかに力説しようが,実際にはそれ自体,精神的にも肉体的にも耐えがたい苦痛を与えるものであり,「拷問」に他ならない。

「拷問」は,近代国家では19世紀以降,法的に禁止されるようになった。ちなみに日本国憲法も「拷問は絶対にこれを禁ずる」(36条)と明記している。国際社会では,1948年採択の世界人権宣言が「何人も、拷問又は残虐な、非人道的な若しくは屈辱的な取扱若しくは刑罰を受けることはない」(5条)と宣言し,これがそのまま国連によって1966年「自由権規約」の中の規定の一つとして採択された。現代では拷問は許されない。

ハンスト者に対する強制摂食は,この現代社会では明確に禁止されている「拷問」に相当する。世界医師会も1975年採択の「東京宣言」において,「収監者,収容者のハンストに対し強制栄養法の使用[強制摂食]をさせてはならない」と厳しく警告している。

それにもかかわらず,強制摂食は,いまなお世界の少なからぬ国々で繰り返し実施されている。ネパールでも実施されない保証はない,と危惧せざるをえない。

ハンスト者に対する強制摂食はいまなお未解決の難しい問題であり,詳しくは別稿をまたざるをえない。以下では,参考のため強制摂食の事例をいくつか紹介するにとどめる。

■収監サフラジェットへの強制摂食(英紙1913年5月24日)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/02/19 at 11:33

ゴビンダ医師のハンスト闘争(20)

6.第15回ハンスト
 (1)なぜジュムラでハンストか?
 (2)決死のハンスト(i) 
 (3)決死のハンスト(ii) ①ハンストと延命治療(前出)

(4)決死のハンスト (iii)
②それほど苦しくない断食
「決死のハンスト」が現代では困難になった第二の理由は,断食に対し,人道主義的人命救助を大義名分に,「強制摂食(force-feeding)」が多用されるようになったため。

ハンスト,とりわけ死覚悟の「決死のハンスト」は,不当な扱いや支配に対する最終的なギリギリの抵抗方法である。ハンストは一人でも決行できるし,「決死のハンスト」であれば命を賭けるので訴える力は極めて大きい。さらに,決死の覚悟がいかに重く衝撃的なものであるにせよ,その死さえ覚悟してしまえば,断食ないし絶食そのものは,一般に想像されるほどには苦しくはない。

断食はそれほど苦しくはないというと,まさか,そんなことはあり得ないと一蹴されるに違いないが,実験してみた限りでは,少なくとも私にとっては苦痛はさほどなかった。

数年前,ふと思い立ち,断食をしてみた。水と塩分だけを取り,何も食べないでいると,2,3日は空腹を感じたが,それを過ぎると空腹感は減少していき,それに反比例して心が和らぎ,平静となり,幸福感(euphoria)さえ感じ始めた。いわゆる「飢餓陶酔(hunger-high)」。1週間すぎたころ,ふと我に返り,これは危ない,このままでは断食死し「即身仏」になってしまうと思い,そこで断食実験は終了することにした。

ほんの一回の短い断食実験にすぎないが,その体験から,私自身は,断食それ自体はたいして苦痛ではなく,むしろ恍惚の至福に向かうものであり,自分の死期を悟ったなら断固断食死を選択する決心をした。経管栄養補給による救命・延命治療など,もっての外! この決心は今も変わっていない。

ほんの一回の短期の実験にすぎないが,この私の断食実験の結果がある程度一般化できるとするなら,ハンストそれ自体はそれほど苦しくはなく,死さえ覚悟してしまえば,「決死のハンスト」ですら想像するほどには困難なものではないことになる。

むろん,死は,誰にとっても最も恐ろしく避けたい,究極の選択である。ハンストが難しいのは,空腹・飢餓の苦痛よりもむしろ死の恐怖によるものといえる。ハンストは,その死を覚悟してしまった人にとっては,したがって想像するほど困難な選択ではない。しかも,一人でも決行でき,生命を賭しているだけに効果は劇的であり絶大だ。

この状況は,強権的支配,とりわけ民主主義が形骸化した多数派専制体制にとっては,どうあっても避けたい事態だ。「ハンスト死」は主義主張への「殉死」であり,反体制闘争の導きの星となる。体制側が,あらゆる手段を駆使して,ハンスト死を阻止しようとするのは当然といえよう。

 
 ■釈迦の断食/ガンジーの断食(1932年)


 ■山形の即身仏(やまがたへの旅

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/02/11 at 15:39

ゴビンダ医師のハンスト闘争(19)

6.第15回ハンスト
 (1)なぜジュムラでハンストか?
 (2)決死のハンスト(i) (前出)

(2)決死のハンスト(ii)
しかし,もし仮に政府が要求を呑んでいなかったとしたら,ゴビンダ医師はどうしたであろうか? あるいは,どうされていたであろうか? これは生死と自己選択(自己決定)にかかわるギリギリの難しい問いである。

①ハンストと延命治療
一つは,本人の意思にかかわりなく実施されるであろう救命・延命治療の問題。医学の「進歩」がハンスト死の成就を困難にしている。

ゴビンダ医師の場合,彼自身は,「決死のハンスト」を宣言しており,死は覚悟していたであろうが,危険な状態になれば,最初に収容されたジュムラの病院であっても,彼の「決死」の意思にかかわりなく,病院側はおそらく最大限可能な救命治療をしていたであろう。

また,そのような状況が予想される場合,政府の積極的な介入も十分考えられる。そもそも,政府がハンスト中のゴビンダ医師をジュムラからカトマンズに移そうと何度も試み,結局は事実上強制的にヘリ輸送してしまったのも(詳細後述),彼の「ハンスト死」ないし「殉死」の成就を恐れたからに違いない。カトマンズに移し設備の整った病院に入れてしまえば,医師らに圧力をかけ,ゴビンダ医師自身の意思にかかわりなく,あるいは彼が意識を失ってしまっても,生かし続け「ハンスト死」させないための延命治療を最大限続けさせることが出来るからである。

善悪はとりあえず置くとして,たとえ「決死のハンスト」であっても,現代では実際には本人の意思通りの衝撃的,劇的な「ハンスト死」は,事実上,困難な状況となってしまっているのである。(ハンストに起因する疾病で後日,治療中に命を落とすことはあろうが,これは多かれ少なかれ「病死」の意味合いを帯びざるを得ない。)

なお,本人の意思(自己決定)に基づく延命治療の中止は,欧米だけでなく,日本でも認められつつある。すでに日本学術会議「死と医療特別委員会」も,「尊厳死について」(1994年)において,「患者の自己決定ないし治療拒否の意思を尊重して延命医療の中止,すなわち尊厳死を容認した」(『終末期医療のあり方について』2008 年)と宣言している。

しかしながら,これはあくまでも医学的に尊厳ある生の維持が不可能な場合の延命治療の中止であって,ここではハンストは,当然ながら全く考慮されていない。ハンストは延命治療中止の正当理由とはならない,ハンスト者には最大限可能な延命治療がなされる,とみるべきであろう。

PIRAのハンスト死
アイルランド共和国軍暫定派(PIRA)のボビー・サンズら10人が1981年,獄中ハンストで餓死した。首相であった「鉄の女」サッチャーは,彼らを見殺しにしたとして激しく非難攻撃された。「決死のハンスト」放置は,為政者にとって,リスクの大きな選択である。
■Bobby Sands Trust HPより

谷川昌幸(C)