ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for the ‘民主主義’ Category

ゴビンダ医師のハンスト闘争(20)

6.第15回ハンスト
 (1)なぜジュムラでハンストか?
 (2)決死のハンスト(i) 
 (3)決死のハンスト(ii) ①ハンストと延命治療(前出)

(4)決死のハンスト (iii)
②それほど苦しくない断食
「決死のハンスト」が現代では困難になった第二の理由は,断食に対し,人道主義的人命救助を大義名分に,「強制摂食(force-feeding)」が多用されるようになったため。

ハンスト,とりわけ死覚悟の「決死のハンスト」は,不当な扱いや支配に対する最終的なギリギリの抵抗方法である。ハンストは一人でも決行できるし,「決死のハンスト」であれば命を賭けるので訴える力は極めて大きい。さらに,決死の覚悟がいかに重く衝撃的なものであるにせよ,その死さえ覚悟してしまえば,断食ないし絶食そのものは,一般に想像されるほどには苦しくはない。

断食はそれほど苦しくはないというと,まさか,そんなことはあり得ないと一蹴されるに違いないが,実験してみた限りでは,少なくとも私にとっては苦痛はさほどなかった。

数年前,ふと思い立ち,断食をしてみた。水と塩分だけを取り,何も食べないでいると,2,3日は空腹を感じたが,それを過ぎると空腹感は減少していき,それに反比例して心が和らぎ,平静となり,幸福感(euphoria)さえ感じ始めた。いわゆる「飢餓陶酔(hunger-high)」。1週間すぎたころ,ふと我に返り,これは危ない,このままでは断食死し「即身仏」になってしまうと思い,そこで断食実験は終了することにした。

ほんの一回の短い断食実験にすぎないが,その体験から,私自身は,断食それ自体はたいして苦痛ではなく,むしろ恍惚の至福に向かうものであり,自分の死期を悟ったなら断固断食死を選択する決心をした。経管栄養補給による救命・延命治療など,もっての外! この決心は今も変わっていない。

ほんの一回の短期の実験にすぎないが,この私の断食実験の結果がある程度一般化できるとするなら,ハンストそれ自体はそれほど苦しくはなく,死さえ覚悟してしまえば,「決死のハンスト」ですら想像するほどには困難なものではないことになる。

むろん,死は,誰にとっても最も恐ろしく避けたい,究極の選択である。ハンストが難しいのは,空腹・飢餓の苦痛よりもむしろ死の恐怖によるものといえる。ハンストは,その死を覚悟してしまった人にとっては,したがって想像するほど困難な選択ではない。しかも,一人でも決行でき,生命を賭しているだけに効果は劇的であり絶大だ。

この状況は,強権的支配,とりわけ民主主義が形骸化した多数派専制体制にとっては,どうあっても避けたい事態だ。「ハンスト死」は主義主張への「殉死」であり,反体制闘争の導きの星となる。体制側が,あらゆる手段を駆使して,ハンスト死を阻止しようとするのは当然といえよう。

 
 ■釈迦の断食/ガンジーの断食(1932年)


 ■山形の即身仏(やまがたへの旅

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/02/11 at 15:39

ゴビンダ医師のハンスト闘争(19)

6.第15回ハンスト
 (1)なぜジュムラでハンストか?
 (2)決死のハンスト(i) (前出)

(2)決死のハンスト(ii)
しかし,もし仮に政府が要求を呑んでいなかったとしたら,ゴビンダ医師はどうしたであろうか? あるいは,どうされていたであろうか? これは生死と自己選択(自己決定)にかかわるギリギリの難しい問いである。

①ハンストと延命治療
一つは,本人の意思にかかわりなく実施されるであろう救命・延命治療の問題。医学の「進歩」がハンスト死の成就を困難にしている。

ゴビンダ医師の場合,彼自身は,「決死のハンスト」を宣言しており,死は覚悟していたであろうが,危険な状態になれば,最初に収容されたジュムラの病院であっても,彼の「決死」の意思にかかわりなく,病院側はおそらく最大限可能な救命治療をしていたであろう。

また,そのような状況が予想される場合,政府の積極的な介入も十分考えられる。そもそも,政府がハンスト中のゴビンダ医師をジュムラからカトマンズに移そうと何度も試み,結局は事実上強制的にヘリ輸送してしまったのも(詳細後述),彼の「ハンスト死」ないし「殉死」の成就を恐れたからに違いない。カトマンズに移し設備の整った病院に入れてしまえば,医師らに圧力をかけ,ゴビンダ医師自身の意思にかかわりなく,あるいは彼が意識を失ってしまっても,生かし続け「ハンスト死」させないための延命治療を最大限続けさせることが出来るからである。

善悪はとりあえず置くとして,たとえ「決死のハンスト」であっても,現代では実際には本人の意思通りの衝撃的,劇的な「ハンスト死」は,事実上,困難な状況となってしまっているのである。(ハンストに起因する疾病で後日,治療中に命を落とすことはあろうが,これは多かれ少なかれ「病死」の意味合いを帯びざるを得ない。)

なお,本人の意思(自己決定)に基づく延命治療の中止は,欧米だけでなく,日本でも認められつつある。すでに日本学術会議「死と医療特別委員会」も,「尊厳死について」(1994年)において,「患者の自己決定ないし治療拒否の意思を尊重して延命医療の中止,すなわち尊厳死を容認した」(『終末期医療のあり方について』2008 年)と宣言している。

しかしながら,これはあくまでも医学的に尊厳ある生の維持が不可能な場合の延命治療の中止であって,ここではハンストは,当然ながら全く考慮されていない。ハンストは延命治療中止の正当理由とはならない,ハンスト者には最大限可能な延命治療がなされる,とみるべきであろう。

PIRAのハンスト死
アイルランド共和国軍暫定派(PIRA)のボビー・サンズら10人が1981年,獄中ハンストで餓死した。首相であった「鉄の女」サッチャーは,彼らを見殺しにしたとして激しく非難攻撃された。「決死のハンスト」放置は,為政者にとって,リスクの大きな選択である。
■Bobby Sands Trust HPより

谷川昌幸(C)

ゴビンダ医師のハンスト闘争(18)

6.第15回ハンスト
(1)なぜジュムラでハンストか?(前出)

(2)決死のハンスト(i)
ゴビンダ医師はハンストのためジュムラに行ったが,彼の場合,ハンストはハンストでもそれは,これまでと同様,死を覚悟した「決死のハンスト・死のハンスト(hunger strike unto death, fast unto death)」であった。

ハンストにはいくつかの方法があるが,大別すれば,おおよそ次のように区分できるであろう。
・期間:決死(unto death),無期限,期間限定
・飲食:完全絶食,水のみ,水と食塩,水・食塩・栄養液等
・治療:完全拒否,酸素吸入のみ,ブドウ糖液等の投与,救命治療全般

ゴビンダ医師の今回のハンストは,どのような方法で行われたのか? この点については,これまでと同様,あまり詳細には報じられていないが,期間が無期限の「決死のハンスト」であったことは明白である。飲食は,水と食塩のみ。治療は,酸素吸入は受けていたが,ブドウ糖液の注射は拒否した。非常に厳しい過酷なハンストといってよいだろう。

そのためハンストに入ると,ゴビンダ医師の体調は急激に悪化した。体重減少,血圧低下,血糖値低下,白血球減少,血中マグネシウム低下,筋肉けいれん,嘔吐感,胸の痛み,心室性期外収縮,立ち上がり困難,発声困難,昏睡,そして心停止の恐れ・・・・。

この経過がメディアで刻々と伝えられると,ゴビンダ支持が全国に拡大,政府はついに7月26日,ゴビンダ医師の要求をほぼ受け入れ,彼はハンストを終了,一歩手前のところで死をかろうじて免れた(経過は後述)。

■ゴビンダ医師ハンスト(ゴビンダ教授連帯FB,2018年7月5日)

*1 Devendra Basnet/DB Budha, “Dr KC’s condition deteriorating,” Republica, July 9, 2018
*2 Devendra Basnet/DB Budha, “Dr KC refuses medication,” Republica, July 10, 2018
*3 Devendra Basnet/DB Budha, “Dr KC losing consciousness,” Republica, July 14, 2018
*4 Devendra Basnet/DB Budha, “Docs prepare to place Dr KC on ventilator,” Republica, July 16, 2018
*5 “Dr KC diagnosed with hypocalcemia,” Republica July 17, 2018
*6 “Dr KC agrees to checkup at mother’s request,” Republica, July 24, 2018

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/02/09 at 16:19

ゴビンダ医師のハンスト闘争(16)

5.オリ共産党政権成立とその医学教育政策
(4)政府側反論:民主主義の法と手続きを守れ
オリ内閣や共産党(NCP)の側の反論は,政権側からすれば至極当然ではあるが,民主主義の法と手続きを守れ,の一点張りである。

オリ首相は,プシュパラル追悼記念集会(7月23日)や党本部集会(7月24日)において,こう語った。――野党はゴビンダ医師を政治的に利用し,問題ではないことを問題化し,反動勢力の陰謀に加担しているが,「これは許されざることだ」。ネパールは憲法を最高規範とする連邦民主共和国。すべての問題は,「法の支配([記事ではrule of law,内容的にはrule by law]」を遵守し,民主的議会を通して解決されるべきだ。「民主国では,議会が法律を作るが,コングレス党にはそのような法律を受け入れるつもりがあるのだろうか?」「コングレス党は,われわれに民主主義を教えようなどとすべきではない。政権にあったとき,コングレス党は122人の人民を殺し,何千人もの教員や公務員をクビにしたではないか。」(*1,2,3)

これらの集会には,プラチャンダNCP共同議長も出席していた。彼も,「もし群衆動員ですべてを決めるのなら,議会はいらないではないか。ハンスト要求に政府が応じていたら,秩序なき混乱に陥ってしまうだろう」などと述べ,この件についてはオリ首相を全面的に擁護した。(*4)

閣僚の中では,ラム・B・タパ(バダル)内務大臣が強硬発言を繰り返している。7月3日の代議院において,タパ内相はこう述べた。「民主主義は,[病院,交差点など]いかなる場所でも抗議行動をする権利までも保障してはいない。・・・・われわれはKC医師の意見に敬意を払い,民主的な方法で解決しようとしている。誰も法の上にはいない。KC医師には,民主主義の諸価値を尊重していただきたい。」(*4)

あるいは,Onlinekhabarによれば,タパ内相は,「病院や交差点のような特別の場所での抗議行動は混乱をもたらす。なぜ他の場所を選ばないのか? そんな行動は民主的とは言えない」と述べ,KC医師を「権威主義者」だと批判した。内相の考えは,記事によれば,「民主的政府の行為に対し抗議するのは民主主義それ自体への抗議を意味する,というものであった」。(*4,5)

以上のように,オリ共産党政権は,民主主義の法と手続きの正統性を前面に押し立て,ゴビンダ医師のハンストによる改革諸要求を頭から拒絶しようとしたのである。

■タパ内相(Kantipur TV, 2016/05/25)

*1 “NCP flays NC for siding with Dr KC,” Himalayan, 24 Jul 2018
*2 “Accept democratic procedure, PM Oli urges NC,” Himalayan, 25 Jul 2018
*3 “PM urges main opposition to accept democratic procedure,” Republica, 24 Jul 2018
*4 “Home Minister: Govt hasn’t deprived people of right to protest, but Dr KC is authoritarian,” Onlinekhabar, 4 Jul 2018
*5 “Home Minister vows to address demands of Dr KC through democratic way,” Kathmandu Post, 4 Jul 2018
*6 Bihar Krishna Shrestha, “Saving Nepal’s democracy from its “Democrats,” Telegraphnepal, 22 Jul 2018

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/01/14 at 17:24

ゴビンダ医師のハンスト闘争(5)

2.ゴビンダ医師ハンスト略年表
ネパールの情報化はすさまじく,ゴビンダ医師関係記事もおびただしい数量にのぼる。たとえば,ネット版「リパブリカ(マイ・リパブリカ)」だけでも,医学教育問題再燃の4月末頃からゴビンダ医師第15回ハンスト問題ほぼ決着の8月中旬までの間に,ゴビンダ医師関係記事が,短信を除いても,160本以上掲載されている。社説や長い署名記事も少なくない。他紙も,リパブリカほどではないが多くの記事を載せているし,インド各紙も詳しく伝えている。とても追い切れない。

さらに,出来事の日付特定に困るのが,記事により日付が異なることが少なくないこと。いずれが本当なのか? また,日付ではなく曜日使用の慣行も困りもの。「法案を木曜日に提出した」とか「首相が日曜日に会見した」といった形で,日付ではなく曜日が一般に記事では用いられる。多くは前後関係で日付がわかるが,出来事が錯綜していたり以前の出来事であったりすると日付が判然としない場合も少なくない。そのためカレンダーとにらめっこしながら,曜日から日付を割り出す作業を繰り返す。面倒くさいうえに,どうしてもはっきりしない時もあり,いらだつ。なぜ,日付にしないのだ!
 ■カトマンズポストの曜日表記

というわけで,以下の略年表にも不正確な部分があるかもしれない。ご容赦願いたい(随時補足,訂正予定)。

(1)ゴビンダ医師の15回のハンスト

開始年月日 ~ 終了年月日
第1回 2012.07.05~2012.07.08
第2回 2012.08.11~2012.08.17
第3回 2014.01.11~2014.01.24
第4回 2014.02.08~2014.02.15
第5回 2015.02.20~2015.03.03
第6回 2015.08.24~2015.09.06
第7回 2015.09.19~2015.09.29
第8回 2016.07.10~2016.07.24
第9回 2016.09.26~2016.10.07
第10回 2016.11.13~2016.12.04
第11回 2017.07.24~2017.08.15
第12回 2017.09.25~2017.09.27
第13回 2017.10.05~2017.10.18
第14回 2018.01.08~2018.01.13
第15回 2018.06.30~2018.07.26

 *ゴビンダ・KC:1957年3月25日生

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/10/07 at 11:40

ゴビンダ医師のハンスト闘争(4)

1.民主的専制とサティヤグラハ:ネパールから学ぶ(4)
ゴビンダ医師のハンスト(サティヤグラハ)は,こうしたネパール社会の現状を踏まえたうえで行われたものだが,そこには日本のわれわれにとっても学びうるものが少なからず存在するように思われる。

現代の日本は,自由や権利も民主主義も,制度的にはネパールと同様,憲法等により明確に保障されている。ところが,現実には,政治は野党の無原則な離合集散,萎縮により与党政府の思いのまま,民主主義の土台をなす政治倫理は衰弱し,国民の諸権利も侵食される一方だし,社会は政財界バックの市場原理主義により格差拡大,少数勝者の楽園となりつつある。日本国民の多くは正当な権利も健康で文化的な生活も満足には保障されていないのに,現体制は民主主義により成立し,支持を拡大し,着々と永続化に向け前進している。現代日本は,露骨な強権的専制ではなく,柔らかい,真綿で絞められるような「民主的専制」ないし「多数者専制」に陥りつつあるとみるべきである。構造的には,ネパールと同じではないか?

むろん,現代の日本にはネパールとは比較にならないほど長い,豊富な自由主義と民主主義の経験がある。しかし,たとえそうではあっても,日本政治が先の希望が見えない時代閉塞的な状況に陥りつつあるという点では,ネパールと同じである。日本でも,民主主義はいまや,富者・勝者がつくり出す国民多数派のものである。少数派が国民に訴え,支持を広め,民主的に体制を変えることは,ますます困難になりつつある。

たとえば,憲法改正について,これまでよく目にしてきたのは反対派の署名活動や意見広告であった。改正賛成派の同様の動きは,いまのところそれほど活発ではない。しかし,もし改正賛成派が,機塾せりと見て,一般国民向けの署名活動や意見広告を本格的に始めたらどうなるか? おそらく形勢一転,署名活動も意見広告も改憲派圧倒的優勢となるだろう。反対派は,街に出ても,新聞を開いても,テレビをつけても,改憲派の署名活動や意見広告を見聞きすることになる。民主国では,体制が民主的であればあるほど,反体制派の反対運動は困難となる。


 ■護憲派意見広告(朝日2007/5/3)/改憲派意見広告(産経&読売2018/6/28)

いまの日本は,そのような反政府少数派の反対運動が困難なソフトな「民主的専制」に陥りつつある。この状況では,体制側の政策に反対するには,民主主義以外の方法をも模索せざるをえない。そうした方法のうち,非民主的だが倫理的に正当であり,困難を極めるが実行されれば極めて効果的と思われるのが,サティヤグラハである。ここでゴビンダ医師のサティヤグラハとしてのハンスト闘争の紹介を試みるのは,このような問題意識からである。

ただし,ここでは,ゴビンダ医師の第15回ハンストにつき,全過程を跡付けたうえで,首尾一貫した形で紹介することは,断念せざるをえない。ハンストをめぐる動きが極めて複雑なうえ,このところの情報化により関係情報もおびただしい数量にのぼるからである。以下では,主な出来事や論点ごとに紹介していく。時間の前後や記述の濃淡,重複などが生じるかもしれないが,ご容赦願いたい。

■ガンディーのハンスト(AP, 1943/2/11)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/10/02 at 13:50

ゴビンダ医師のハンスト闘争(3)

1.民主的専制とサティヤグラハ:ネパールから学ぶ(3)
このような現代型「民主的専制」が行われているとき,人々はそれに対しどのような方法で抵抗できるのか? 

民主主義そのものの第一原理は,あくまでも理念的には主権者人民の自治であり,方法的には多数決である。個人の自由や権利は自由主義ないし個人主義の原理。したがって民主国では国民多数派が政府を組織し,政策を決定し施行する。そして,この政策の決定・施行が民主的な手続きに則って行われている限り,その政策への不服従は,論理的には,民主的ではないことになる。

むろん民主国では一般に,国民の自由や権利が保障されているので,少数派が自分たちの意見を広め多数の支持を得,自ら多数派となって政府を民主的に変えることは,論理的には可能である。が,先述のように,民主国の政府は民主的に国民を教化するので,教化が進めば進むほど,少数派が国民に訴え支持を広めることは,実際には困難となる。現代型「民主的専制」の成立である。

このようなとき採りうる抵抗手段の一つが,「サティヤグラハ」である。サティヤグラハは,他の人々がどうであれ,不正をただすため一人敢然と立ち,実行する。その意味で,それは多数派に依存せず,したがってそれ自体は「非民主的」な政治闘争である。いまのネパールは,そのようなサティヤグラハに訴えざるをえないような状況になりつつある。

サティヤグラハは,このように民主的方法に依存しないので民主的専制に対しても有効でありうるが,その一方,その闘争行為が人々に見聞きされなければ効果を発揮できないこともまた事実である。ガンジーの一連のサティヤグラハが成功したのも,それが地域から全国へ,そして世界へと広く知られるようになったからである。いまのネパールはどうか?

ネパールはいま,情報化が急激に進み,地域の出来事であっても全国に,いや全世界に瞬く間に知れ渡るようになった。以前のネパールでも情報は口コミなどで伝わっていたが,情報伝播は,量と質の点でも速さと広さの点でも,現代の比ではない。いまのネパールは情報化社会であり,そこはすでに,知られることを大前提とするサティヤグラハが効果を発揮しうる社会状況となっていると見てよいであろう。


 ■与党絶対多数の代議院(WIKIより作成2018年9月30日)/ゴ医師連帯FB(2016年8月30日)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/10/01 at 14:39