ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for the ‘社会’ Category

ゴビンダ・KC医師,10項目合意でハンスト中止

ゴビンダ・KC医師は10月18日,政府との間で10項目合意を締結し,13回目のハンストを14日目で中止した。

10項目合意要旨
 ・医学専門職教育に関する政令を10月23日までに閣議決定する。
 ・トリブバン大学医学部授業料の値下げ。
 ・トリブバン大学とカトマンズ大学における医学教育不正調査および責任者処分。
 ・医大新設にあたっては,特に人口と地域を考慮する。

この合意要旨からはKC医師の要求が大幅に認められているように見えるが,政府が約束を守るかどうかは定かではない。

最大の問題点は,医学専門職教育に関する規定が法律ではなく政府政令とされたこと。この政令は3か月以内に議会の承認が必要とされているが,立法議会の会期はすでに10月14日に終了しているし,新議会開会は連邦議会選挙後,おそらくは2018年1月末以降となる。選挙結果がどうなるかも全く分からない。たとえ10月23日までに現内閣が政令を制定しても,3か月以内(1月23日まで)に新議会で承認が得られるかどうか,皆目見当もつかないのだ。

KC医師も,そのことは十分わかっているはずだ。「私は,医学教育の改善と医学部の国内における公平な配置のため,これまで闘ってきた。・・・・いまや,議員の多くが人民の利益のために働いていないことが誰の目にも明らかになったに違いない。彼らは,特定の諸集団の利益に奉仕しているのだ。」(*2)

それでも,KC医師は,政府が10月23日までに閣議で医学専門職教育令を制定すると約束したことを大きな前進と認め,ハンストを中止した。そして,政府がもし約束を破ればハンストを再開する,と宣言した。長期ハンストで身体は衰弱していても,意気はますます軒昂である。

■カトマンズ大学医学部(同HPより)

*1 “Dr KC ends hunger strike after 10-pt pact with govt,” Kathmandu Post, 18 Oct 2017
*2 “Dr KC breaks 13th fast after 14 days,” Kathmandu Post, 19 Oct 2017
*3 “Dr KC ends fast after Deuba pledges ordinance from cabinet,” Republica, 19 Oct 2017

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/10/20 at 15:39

ゴビンダ・KC医師,13回目ハンスト

ゴビンダ・KC医師が10月5日,13回目のハンストに入った。現在の立法議会の任期は来年1月21日まで。11月26日/12月7日には,現行2015年憲法に基づく初の連邦議会選挙が行われる。KC医師としては,これまでの闘争の成果をご破算にされてしまう恐れもあるので,新体制に移行する前に,医学教育/医療制度の改革に目途をつけたいと考えているのであろう。KC医師の要求は基本的には以前と同じ。(参照: 過去記事

・マテマ委員会勧告に従い,医学教育法/健康専門職教育法を制定せよ。
・カトマンズ盆地内での医大新設認可を10年間停止し,地方各地に国立医大を開設せよ。
・医学部授業料の上限を定め,私立医大にも順守させよ。
 [KC医師要求の医学部授業料上限額]
  MBBS:カトマンズ盆地内 385万ルピー,カトマンズ盆地外425万ルピー
  BDS:195万ルピー
  MD/MS:225万ルピー

ところが,こうした改革要求に対し,UMLやマオイストの議員を中心とする「医学マフィア」が強硬に抵抗,「医学教育法案」を骨抜きにし,改革を阻止しようとしている。

「主要3党は,医学マフィアの企てに加担している。これは,民衆の四分の三に医療を受けられなくし,中下層階級出身学生に医学教育を受けられなくするものだ。」また,「カトマンズ大学医学部は,政府規定額より高い授業料[500百万ルピー]を取り,これにより医学マフィアに金儲けさせる許しがたい役割を果たしてきた」。このようなことは,「断じて許せない」(*3)。

KC医師は10月12日,51名からなる対政府交渉団を組織し,政府と具体的な交渉に入ることにした。また,これに呼応して10月14日には,大規模なKC医師支援デモも行われた。連邦選挙で騒然とする中でのハンスト闘争。KC医師にとって,状況は有利とは言えない。今後どう展開するか,予断を許さない。

 連帯ツイッター(7月20日)

*1 “Dr Govinda KC launches 13th hunger strike,” Kathmandu Post, Oct 6, 2017
*2 “People should hit the streets to support Dr KC: Prof Mathema,” Republica, October 9, 2017
*3 “Dr KC on 13th hunger strike, wants KU VC sacked,” Republica, October 6, 2017
*4 “Dr KC warns of stern protest against judiciary,” Republica, October 9, 2017
*5 “Justice missing from judiciary: Dr KC,” Republica, Oct 11, 2017
*6 “Dr KC names talks team of 51 members,” Republica, October 13, 2017
*7 “Rally taken out in support of Dr KC,” Himalayan Times, October 15, 2017

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/10/17 at 15:31

カテゴリー: 社会, 教育

Tagged with , , ,

イタリアの旅(16):そぐわないガチャガチャ

北イタリアのそこここに,日本ではやっているのとそっくりのガチャガチャが置いてあった。景品は宇宙戦士フィギュアなどで,大きい方が2ユーロ,小さい方が1ユーロ。お小遣い程度なので,子供たちが買うのだろう。

ガチャガチャ(カプセルトイ)は,もともと欧州発祥。19世紀末ロンドンあたりに現れ,それが米国に渡り,そして日本などに広まったとされている。だからイタリアにガチャガチャがあっても不思議ではないのだが,石造りのイタリアの街には,どう見てもそぐわない。浮いている。

たとえば,アオスタでは,ローマ遺跡石壁の向かいの店先にガチャガチャが数台,並べてあった。その前を通ると,そこだけ異質であり,違和感を禁じ得なかった。落書きは,結構様になっているのに,これは不思議。

●アオスタの街とガチャガチャ

 ▲駅前売店/食品店


 ▲ローマ遺跡石壁とその前で開催の土曜市

 
 ▲ローマ遺跡石壁向かいの店先のガチャガチャ


 ▲工場壁のらくがき

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/08/05 at 19:19

カテゴリー: 社会, 文化, 旅行

Tagged with ,

イタリアの旅(9):車は私有から共用へ

ミラノ・マルペンサ空港からバスでミラノ中央駅に着いてすぐ目についたのが,自動車や自転車の共同利用(シェアリング)施設。世界一美しいとされる駅舎もすごいが,それ以上に驚いたのがこの車共用(カーシェアリング)の普及だった。日本では当然の常識として疑いもしなかった私有前提の車社会――それがいよいよ転機を迎えたのではないか?

もとより予備知識は何もなく,しかも都市部にいたのはほんの数日だったから,その間街で偶然目にしたものにすぎないが,それでも様々な形態の共用施設があちこちにあった。

移動手段としての車や自転車の私有は,家庭の事情や業務などで特に必要な人を除けば,たしかに不合理・不経済だ。欧州では,国家や自治体がそれら,特にエコ電気自動車の共用(シェアリング)を支援し普及を図っているという。

自転車はもとより,車であっても電動式になれば,維持は容易,世界中で今後,急速に普及していくのではないか。日本ももちろん,例外ではあるまい。

●車の共用(カーシェアリング)

 ▲ミラノ中央駅前


 ▲トリノ

●自転車の共用

 ▲ミラノ中央駅前/使用方法図解


 ▲トリノ/設置場所等案内

●古代ローマ遺跡・路面電車・共用車(ミラノ)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/07/26 at 11:32

カテゴリー: 社会, 経済, 旅行

Tagged with , , , ,

イタリアの旅(6):印象的な街の造形

イタリアはいうまでもなく古い伝統を持つ芸術の国,審美眼の乏しい私でさえ思わず立ち止まり見入るようなものが街のあちこちにあった。

といっても,特に計画し街を歩いたわけではない。アルプス山麓に行く前後にミラノとトリノに立ち寄り,ついでに街に出たに過ぎない。しかも日中は大変な猛暑,日陰に入ったり,あちこちの教会に入ったりして休んだので,歩いたのはわずか。それでも,こんなものに出くわした。

これらはいずれも,特別なものではなく街にたくさんあるものの一つであろう。それがそれぞれ印象的だということに感心した。なお,最後の自動車宣伝は,クールマイユールのもの。たしかに「伝統破壊」ではある(参照:イタリアの旅(1): 規則は知ってから破れ)。

●街の造形(ミラノ)

●街のポスター

 ▼ミラノ:ピッコロ座/ミラノ: GAN MANZONI

▼トリノ:ビバルディ展

●店舗/地下鉄ポスター

 ▼トリノ:ロリポップ/ミラノ:「共和国」駅のペット食品広告

●らくがき?(ミラノ)
▼交差点機器箱のイラスト

●景観独占(クールマイユール)
▼モンテビアンコ(モンブラン)を背に宣伝

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/07/23 at 19:30

カテゴリー: 社会, 文化, 旅行

Tagged with , , ,

イタリアの旅(5):神をもカメラ監視

イタリア北部は比較的治安が良いとされ,事実,ミラノで多少用心したものの,トリノではほとんど不安を感じなかったし,ましてやアルプス山麓のアオスタ谷ともなると平和そのものだった。

しかしこれは,顕在的警備の成果かもしれない。都市では,軍隊や警察が,要所要所で,その存在を顕示する形で警備していたし,地方の町や村でも警官の姿をよく見かけた。

こうした顕在的警備の典型が,監視カメラ。空港,駅,道路,広場などはむろんのこと,地下鉄車内や田舎の農作業小屋前などにも設置されている。

いや,それどころか,教会にすら監視カメラがあった。いまや全知全能のはずの神をもカメラで監視せざるをえない時代となったのだ。いやはや何ともバチ当りな,恐れ多いことではないか!


 ▼ミラノ中央駅前:銃を構え24時間警備

▼ミラノ大聖堂(ドゥオーモ)


 ▼クールマイユール:後方はモンテビアンコ(モンブラン)(監視カメラ)


 ▼クールマイユール古道/Saxe村はずれ(監視カメラ)


 ▼トリノ: 教会入口扉の掲示「ビデオカメラ監視区域」


 ▼トリノの街角

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/07/22 at 17:44

カテゴリー: 社会, 情報 IT, 旅行

Tagged with , , ,

監視カメラの警察使用,朝日が肯定的に報道(2)

朝日新聞は,大阪版夕刊に前述の記事を掲載した3日後の2月19日,今度は総合ページに大野博人編集委員のコラム「日曜に想う」を掲載した。タイトルは「『安全のため』奪われる自由」。これは,夕刊記事とは全く対照的な内容であり,その意味では,朝日新聞はバランスがとれている。

大野委員はこのコラムにおいて,オリバー・ストーン監督映画「スノーデン」や思想家ツベタン・トドロフ著『屈服しない者たち』を引照しつつ,「安全のため」という口実を認めることが,特に現代において,いかに危険かを鋭く指摘している。

≪[映画「スノーデン」において]「たいていの米国人は自由より安全を望んでいる」と米情報機関の幹部が話す。・・・・自分も監視されている,どこで何を見られているか分からない,丸裸にされている――。・・・・テロ対策という当初の目的からはみ出して,政治権力の監視活動はどこまでも暴走する。「安全のため」という口実を人々が受け入れ続ける限り。≫

≪トドロフ氏によると,政治権力が市民監視にのめり込むのは「すべてを知ることは,すべての権力を握ることにつながる」と考えるから。また,だれかが自分を監視しているとつねに意識する社会では,人と人との間の信頼が消滅するとも指摘する。人々が連帯しない社会。それこそ権力が思いどおりにしやすい社会である。」≫

≪政治家が声高に「安全のため」を語るとき,本当は自らの権力強化のためではないのか。「安全のため」なら仕方がないと思ったとたん,からめ取られているのかもしれない。なぜなら,あなたも私も普通の市民の大半は監視する側ではなく,監視される側になるのだから。≫

ここで大野委員は,権力による監視への警戒を訴えている。たしかに,それはそのとおりであり,その重要性はいくら強調しても強調のし過ぎではない。しかし,現代における行動監視の恐ろしさは,権力による監視が万人による監視とあい手を携えて進行し始めたところにあるのではないか? 

いまでは,情報技術の革命的進歩により,行動監視は一般市民でも容易に実行できるようになった。小学生程度の知識と技術があれば,お小遣い程度の費用で,いつでも,どこでも他人の行動を簡単に監視できる。万人による万人の監視社会――その夢が今まさに実現しつつあるのだ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/03/08 at 15:40

カテゴリー: 社会, 情報 IT, 人権

Tagged with , , ,