ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Archive for the ‘経済’ Category

「一帯一路」喧伝のUNDPネパール

このところ「UNDPネパール(国連開発計画ネパール)」が,中国主導の「一帯一路」を連日,ツイッターなどで大々的に宣伝している。ネパール・メディアを見る限り,中国本国より国連の方が熱心にさえ見える。

UNDPは2016年9月19日,「一帯一路」を中国と協力して推進する了解覚書に署名した。そのための「行動計画」にも合意している。了解覚書に署名したヘレン・クラークUNDP総裁(元ニュージーランド首相)は,署名後,こう述べている。

「一帯一路計画(BRI=Belt and Road Initiative)」は,経済成長と地域協力のための強力な基盤(platform)であり,途上国を主とする40億人以上の人々を対象としている。・・・・それは,持続的発展のための重要な触媒となり,また加速装置ともなりうるものである。」(UNDP HP, 2016-09-19)

手放しの賞賛といってもよいであろう。権威あるクラーク総裁(在職:2009~2017年)が,こう号令をかけているのだから,「UNDP中国」はむろんのこと,「UNDPネパール」も「一帯一路,万歳!」となるのはごく自然な成り行きである。

これはやはり中国外交の勝利とみてよいであろう。UNDP拠出金(2016年)は,第1位=日本,第2位=EU,第3位=米国であり,中国は上位30位以内には入っていない。それなのに,米国は「アメリカ・ファースト」で国内向きとなり,米追従の日本も中国のような壮大な世界構想は示せない。

古来,世界の新たな秩序をつくり平和と繁栄を実現しようとするのは,新たな覇者。世界秩序の中心は,西洋から中国へと,いま大きく転換しはじめたのではないだろうか?


 ■UNDP in China HP/UNDP in Nepal Twitter(2017-05-14)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/05/16 at 20:34

「一帯一路」にネパールも参加

「一帯一路(OBOR=One Belt One Road)」は,陸と海の現代版シルクロードによりアジア・中東・欧州を一つの緊密な経済圏にしようとする,中国主導の壮大な計画。その第1回国際会議が5月14-15日,北京で開催される。

ネパールは,すでに幾度かOBOR参加の意向を表明しており,プラチャンダ首相が3月に訪中したときにも直接その旨伝えたが,正式の了解覚書調印は今日(5月12日),ネパール外務省において行われた。北京開催のOBOR国際会議には,KB・マハラ副首相兼蔵相らが参加の予定。

OBORへのネパールの期待は大きい。了解覚書調印式に出席していたPS・マハト外相も,「道路と鉄道はネパールにとって重要であり,この分野への投資を期待している」と語っている。

一方,南隣のインドは,中国主導のOBORには消極的だという。しかし,ロシア,イラン,ネパール,スリランカなど周辺の国々はこぞって参加しそうだし,国際機関,たとえばUNDPも下掲のようなポスターをネットで拡散している。こうした状況で消極的,あるいは不参加となれば,インドは取り残されかねない。インドはどう動くか? ネパールにとっても気になるところであろう。

[追加]インド不参加。ドイツ,ハンガリー等は関係文書署名拒否(朝日新聞,5月17日)

 
 ■UNDP Nepal, Twitter, 12 May 2017/UNDP China(*3)

*1 “Nepal officially signs OBOR,” Republica, May 12, 2017
*2 “Nepal, China sign framework deal on OBOR,” Kathmandu Post, May 12, 2017
*3 Christina Pinna, “UNDP and China’s Belt and Road Initiative,” 19 Sep 2016 (isid.unido.org)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/05/12 at 19:08

中ネ共同軍事訓練の地政学的意味

ネパール国軍と中国人民解放軍が,カトマンズの「パラ軍学校」において,初の共同軍事訓練「サガルマータの友好2017」(4月16~25日)を実施している。これは,ネパールをインド勢力圏内の一小国とする伝統的な見方からすると,驚くべき新たな事態とみてよいであろう。(参照:ネ中共同軍事訓練「サガルマータの友好2017」

そのことを中国政府側から明快に分析し,その意義を高く評価しているのが,『環球時報』のこの記事:
 ▼Liu Zongyi, “Indian Worry Over China-Nepal Drill Outdated,” Global Times, 21 Apr 2017
著者のLiu Zongyi氏は上海国際問題研究院の上席研究員。以下,この記事の概要を紹介する。

—– —– —– —– —–

「サガルマータの友好2017」は,テロ対策と災害救助を目的とする中国とネパールの共同軍事訓練である。ネパールは,中国と緊密な経済関係を持つに至り,「一帯一路」への参加も希望している。それには,テロ対策を進め,「この地域の安全と安定」を図ることが不可欠だ。また,ネパールは地震など災害多発国であり,災害救助訓練も必要だ。

この共同軍事訓練は,こうした目的を持つものであり,当初,大隊規模での実施を予定していたが,インドの対ネ圧力により,「パラ軍学校」での小規模な訓練となってしまった。が,たとえそうであっても,この共同訓練には大きな意義がある。

インドはこれまで,冷戦的な地政学的観点から,ネパールやブータンを「自国の勢力圏内」におき,「中国との間の緩衝地帯」として利用してきた。そして,ナショナリズムが高揚し,モディ首相が就任すると,インドは「対中強硬策」をとり,「中国が南アジアやインド洋沿いの国々と経済協力を進めることを警戒し,中国の影響力を押し返そうとしてきた」。

ネパールは,そのようなインドに「政治的,経済的,文化的など様々な面で依存してきた」。そのため「ネパール人の多くが,シッキムのように,自分たちも国家としての独立を失うのではないかと恐れてきた」。

そのネパールにとって,「この共同軍事訓練は,中ネ二国間関係が政治的・経済的・文化的なものから,軍事的防衛の領域にまで拡大したこと」,あるいは「ネパールが大国間バランス外交に向け前進したこと」を意味する。さらにまた,「中国との共同軍事訓練は,ネパール国内の民族的分離主義を抑止することにも役立つ」。

中国は,中国‐ネパール‐インドの三国間関係につき,明確な立場をとっている。中国は,ネパールが中国とインドの架け橋となることを願っている。中国‐ネパール‐インド経済回廊を前進させることにより,これら三国すべての発展を加速できる。インドが中国とネパールの協力をどう見るにせよ,中国とネパールとの協力は,両国民の利益となるものであり,拡大し続けるであろう。

—– —– —– —– —–

以上が,Liu Zongyi上席研究員の『環球時報』掲載記事の要旨。中ネ共同軍事訓練をバックに唱えられているにせよ,議論それ自体は,まったくもって正論である。ネパールが独立を堅持し,もって中印の架け橋になるとは,ネパール政府が以前から繰り返し唱えてきたネパール外交の表向きの基本方針だし,中ネ印の平和的経済発展にも反対のしようがない。

たしかに,新たな「正義と平和」は,新たな強者の側にある。ネパールは,昇竜・中国に導かれ,インドの勢力圏から脱出し,相対的により独立した「中印のバランサー」ないし「中印の架け橋」へと向かうのであろうか?


■ネ中共同軍事訓練(国軍HP)/一帯一路(Xinhua Finance Agency HP)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/25 at 19:10

カテゴリー: インド, ネパール, 経済, 軍事, 外交, 中国

Tagged with ,

中国のネパール地方選支援,インドが懸念

インドが,中国によるネパール地方選支援を警戒している。(参照:ネパール地方選を中国援助)たとえば,インドのフリー・ジャーナリストのジヌーク・チョウダリーは,「ネパール地方選を中国はなぜ支援するのか」(*1)において,次のように述べている。

中国は,プラチャンダ首相の訪中の際,ネパール地方選への百万ドルの支援を表明したが,これは「ネパールの紛争を煽るもの」だ。なぜ中国は,あえて選挙支援に踏み切ったのか? それは,「一帯一路(OBOR)」推進を図る中国にとって,ネパールがますます重要となってきたからだ。中国は,カトマンズ環状道路(第二期工事),ポカラ国際空港,仏陀国際空港,セティ水力発電所などの建設に意欲を見せている。中国は,こうした事業を進めるため,ネパールの政策決定への影響力を確保しようと考えており,今回の地方選支援もその一環にほかならない。

チョーダリは,1年前の別の記事「中国インフラのインド国境付近での拡充」(*2)においても,中国は「国境地域の防衛戦略強化のため,ネパール,パキスタンなどの近隣諸国を利用している」と,インドの安全保障の観点から警鐘を鳴らしている。

このように,ネパールへの中国の影響力の拡大は経済的にも政治的にも座視しえないというインド側からの議論が,このところ目に付くようになってきた。

■一帯一路(Xinhua Finance Agency HPより)

*1 Jhinuk Chowdhury, “Here’s why China is financing local elections in Nepal,” Hindustan Times, Apr 03, 2017
*2 Jhinuk Chowdhury, “Expanding Chinese Infrastructure on the Indian Border,” Live Encounters, May 2016
*3 Kallol Bhattacherjee, “China to fund local elections in Nepal,” The Hindu, March 30, 2017
*4 “China Promises USD 1 Million For Nepal Polls During Xi-Prachanda Meet,” News 18, March 27, 2017

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/04/09 at 19:44

友愛の原点としてのネパール,鳩山元首相

鳩山由紀夫元首相が訪ネし,カトマンズで3月18日,ネパール商工会議所幹部と会い,水力発電所への投資の可能性などについて協議した。その後,ポカラに行き,21日に現地で記者会見,投資環境の整備,中小企業の育成,観光開発の促進などについて語った。また同日,カトマンズに戻って,プラチャンダ首相とも会っている。

鳩山元首相はAIIB(アジアインフラ投資銀行)委員であり,ネパールへの関心も高い。日本では,MK・ネパール元首相ら,訪日ネパール要人と会談しているし,訪ネの際(2006年1月,2013年9月など)には,大統領,首相ら政財界要人とも繰り返し会談している。ネパールは,鳩山元首相にとって,特別な国のようだ。ヤダブ大統領やレグミ首相と会談した時,彼はこう述べている:

私からは,「日本とネパールの外交関係が樹立されたときの日本の首相は祖父一郎であり, 父威一郎は外相としてネパールを訪れ,私は友愛の原点はネパールにありと思って訪れた。 三代に亘って縁を戴いていることに感謝している」と話したところ,大変に喜んでくださ った。(鳩山「ネパール旅行記」,『友愛』526号,2013年11月10日)

■プラチャンダ首相HPより

*1 “Japan’s ex-PM Yukio Hatoyama in Pokhara,” The Himalayan Times, March 20, 2017
*2 “Japan’s ex-PM stresses on investment-friendly atmosphere,” The Himalayan Times, March 21, 2017
*3 “Former Japanese PM Hatoyama pays courtesy call on PM Dahal,” Annapurna Post, Mar 22, 2017

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/03/22 at 23:56

カテゴリー: 経済, 国際協力

Tagged with ,

ルピー札国産化計画

ネパール政府がルピー札を国内で印刷することを検討し始めた(Republica, 14 Feb)。

ネパールは,1990年自由化以降,猛烈なインフレに見舞われ,通貨価値は急落,いまやほぼ1ルピー=1円。まもなく1円以下になるだろう。このままでは,札束をリュックに詰め買い物に行くことになりかねない。

これは不便だから,5千ルピー札,1万ルピー札が出され,これを機にルピー札がすべてネパール国産となるのだろうか? ちなみに,ベトナム中央銀行はすでに50万ドン紙幣を印刷発行している。

170219c110908170219b
■ホッチキス止めの500ルピー札/同1000ルピー札/ベトナムの50万ドン札

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/02/19 at 18:41

カテゴリー: 経済

Tagged with , ,

ルピー札,中国製に

ネパール国立中央銀行(NRB)が,震災復興で大量に必要となっている紙幣の印刷製造を,中国企業に委託し始めた。

NRBは,これまで紙幣製造をインドネシア,フランス,オーストラリアの会社に委託してきた。ところが,このところ製造技術の点でもコストの点でも,中国企業が優勢となってきた。B・カデルNRB執行役員によれば,「品質は,以前他国で印刷したものと同様高品質でありながら,コストは以前の半分以下だ」(新華社,2017年2月14日)。そこで,NRBはルピー紙幣の印刷製造を中国企業に切り替え始めたのである。

170215c■CBPM社HPより

中国企業は,これまでネパールの硬貨は受託製造したことがあるが,紙幣については,2016年6月に中国国営CBPM社(中国印钞造币总公司)が100ルピー札を2億1千万枚製造したのが初めてだという。

その後,CBPM社は,競争入札において欧米企業やインドネシア企業に競り勝ち,5ルピー札(2億枚)や1000ルピー札(2億6千万枚)の製造をも受注した。これで,5ルピー札,100ルピー札,1000ルピー札が中国製に切り替わっていく。

このネパール紙幣受託製造について,中国メディアは,誇らしげに,その意義を力説している。

「ネパール中央銀行幹部が最近,中国企業印刷の紙幣はデザイン,色彩,偽造防止の点で改善されている,と称賛した。・・・・CBPM社印刷の色鮮やかな紙幣は,高品質でありながら,低コストである。」(人民日報,2016年6月21日)

「リ・ツェンCBPM事業所長は,こう語った。『わが社は中国製の印刷機,製版プレート,インク,紙,スレッドを使用し,ネパールのルピー紙幣を印刷した。これは,わが社の技術ばかりか総合的な能力をも示すものである』。」(中国ラジオ,2017年1月18日)

中国が,紙幣製造のための高度な製紙技術や印刷技術を持つに至ったことは,よくわかった。だが,それはそれとして,自国の貨幣を他国に製造委託するなどといったことは,日本ではおよそ想像もできないことだ。外国製の自国貨幣を日々使うのは,どのような感じがするのだろう。機会があれば,尋ねてみたい。

170215a170215b
 ■ネパール国立中央銀行HPより

*1 “Nepal saves millions by printing banknotes in China,” Xinhua English, 2017-02-14
*2 “1st shipment of Nepal’s 1,000-rupee banknotes delivered from China,” China Radio International’s English Service, 2017-01-18
*3 “Nepalese official hails China-printed banknotes,” People’s Daily, June 21, 2016
*4 “Nepal’s currency notes printed by Chinese company for 1st time,” Xinhua, 2016-06-17
*4 “10 firms get NRB nod to print banknotes,” Kathmandu Post, Apr 12, 2015

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/02/15 at 18:39

カテゴリー: ネパール, 経済, 中国

Tagged with , ,