ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘アルジュン

グローバル情報化とアルジュンさん死亡事件報道

先述のように,アルジュンさん死亡事件の報道,とりわけユーチューブ動画は「衝撃的」であった。十数年前,いやおそらく数年前ですら,こんな動画がネット上に掲載され,世界中に配布され見られることは,まずなかったであろう。
▼小島寛明「【衝撃映像入手】16人で1人取り押さえ手足拘束した警察。検察取り調べ中にネパール人男性死亡」Business Insider Japan, Mar. 29, 2019

関心をもち検索すれば,事件を報じた英文記事も世界中で読むことが出来る。
▼SAKURA MURAKAMI, “Wife of Nepalese man who died during interrogation sues state,” Japan Times, Jul 27, 2018

世界はいまや万人監視社会になった。わがアパートですら,玄関,駐車場,駐輪場,ごみ置場などに監視カメラが設置され,四六時中,監視・録画している。アパートに出入りする人はむろんのこと,前を通るだけの人や車,犬や猫やタヌキなど,すべて見られ記録されている。

わがアパートが特殊なのではない。近くの駅や道路,ビルや駐車場はおろか,一般の民家にも,いや走り回る車にすら監視カメラが設置され,常時監視・記録している。他の地域でも,状況は似たり寄ったりであろう。

しかも驚くべきことに,これら監視カメラの映像は,革命的技術進歩により個々人の識別にすら利用可能だ。われわれは,つねに監視され,個人として識別され,記録されているのだ。しかも,それらの情報は,可能的にはネットを介して世界中に配布され利用されうる。いやそればかりか,いったんネット上に掲載されれば,その情報は無数に拡散し,ほぼ制御不能となり,半永久的に残り利用されうる。まさにグローバル監視社会! ネット情報化社会は,いわば「神の目」をもつに至ったのだ。

この情報化社会では,ネットにつながりさえすれば,世界中,どこからでも世界に向け,映像・音声・文字などの情報を送受信できる。ネパールの地方からでも,つい数年前までは想像もつかないような生の情報がネット上に多数送られ,だれでも閲覧可能となっている。神秘の国,秘境など,もはやどこにもない。

日本の留置場や拘置所も,このグローバル情報化から免れることは,もはやできないであろう。監視カメラが設置されておれば,その映像は,どこかから流出し,ネット上に掲載され,世界中に拡散される可能性がある。そして,いったん拡散すれば,もはや取り消しは不可能!

アルジュンさん死亡事件の「衝撃映像」がどこから入手されたのか,私には全くわからないが,すでに「Business Insider Japan」や「ユーチューブ」などに掲載され,世界中に拡散している。可能的には,世界中の人々が,いつでも,どこでも見ることが出来る。もちろん,アルジュンさんの郷里,ネパールの人々にも!

アルジュンさん死亡事件の裁判は,世界中から,とりわけネパールの人々により,見られている。

【参照】Kanak Mani Dixit : In Nepal, 91% of individuals now own at least one mobile device, almost half of them smartphones.


■Nepali Telecom, 12 Mar 2019 / Nepali Times, 12 Apr 2019

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/04/15 at 15:28

アルジュンさん取調中死亡事件,続報

アルジュンさん取調中死亡事件の続報が,Business Insider Japan(2019年3月29日)に掲載されている。

・小島寛明「【衝撃映像入手】16人で1人取り押さえ手足拘束した警察。検察取り調べ中にネパール人男性死亡」Business Insider Japan, Mar. 29, 2019

アルジュン・バハドゥル・シンさん(死亡時39歳)は,ネパールから料理人として来日,ネパール料理店で働いていたが,2017年2月頃失職,ホームレス状態になった。同年3月13日,他人名義クレジットカード所持などを理由に新宿署に連行され,14日逮捕された。

翌15日朝,アルジュンさんは留置場で暴れたとして十数名で取り押さえられ,戒具で身体を強く拘束,そのまま検察に送られた。ところが検察取り調べ中,体調に異変が生じたため午前11時頃戒具を外したところ,彼は午後3時前,急死してしまった。

アルジュンさんの妻は2018年7月26日,不当な強制的拘束により夫を死に至らしめた業務上過失致死の疑いで新宿署に刑事告訴した。また翌27日には,注意義務違反を理由に東京都を相手に慰謝料を求める訴えを東京地裁に提出した。

この事件の上記3月29日付続報には,アルジュンさん取り押さえ,戒具拘束の状況を記録した東京都提出証拠映像が添付されている。タイトル通り,衝撃的な映像だ。
⇒⇒【衝撃映像】取り調べ中にネパール人はなぜ死んだ。留置場で何が起きたのか

アルジュンさんはなぜ逮捕後,取調中に死亡したのか? 外国人の,いやひいては日本人自身の生命権をはじめとする基本的人権を守るためにも,裁判を通してアルジュンさん死亡の真相が,あますところなく徹底的に解明されるべきである。

▼戒具拘束されるアルジュンさん(東京都提出証拠映像,YouTube
 

【参照】
・小島寛明「ネパール人男性はなぜ死んだ。「移民」はいないが外国人労働者に頼る日本といびつな入管制度」Business Insider Japan, Sep. 12, 2018
・「手錠で拘束されたネパール人、検察の取調べ中に突然死…妻「真実知りたい」と提訴」弁護士ドットコム,2018年07月27日
・SAKURA MURAKAMI, “Wife of Nepalese man who died during interrogation sues state,” Japan Times, Jul 27, 2018
・小島寛明「東京地検の取り調べ中に死亡のネパール人、遺族が検察官ら告訴」,Business Insider Japan, Jul. 26, 201

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/04/10 at 16:35

検察庁取調中のネパール人男性不審死事件

報告者: 高橋徹氏,川上資人弁護士,小川隆太郎弁護士,橘真理夫弁護士,伏見良隆医師
入管問題調査会 第7回定例会
日 時: 2018年11月9日(金)午後7時~
会 場: 文京シビックセンター 区民会議室3階会議室A

 *入管問題調査会FBより転載

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/09/24 at 16:06

カテゴリー: ネパール, 人権

Tagged with ,

アルジュン不審死事件,報告集会

アルジュン・シンさん不審死事件の報告集会が開催されます。詳細は,下記集会案内をご覧ください。
【事件関係記事】
 ・「検事取り調べ中のネパール人容疑者倒れる 搬送先で死亡確認」,産経ニュース2017.3.16
 ・Kunda Dixit, “From Chitwan to Chiyoda,” Nepali Times, 29 Dec 2017 – 4 jan 2018 #890

 ■アルジュンさん葬儀(集会案内PDFより)

谷川昌幸(C)

—————————————————————-

検事の取調べ中に意識不明・突然死!? アルジュンさん事件報告集会のご案内

アルジュン事件弁護団 / アルジュンさんの裁判を支援する会(仮 称 )

2017年3月15日、ネパール人アルジュンさん(39歳)は検事しらべの最中に突然死亡するという事件が発生しました。事件の経過については添付の集会案内に詳しく書かれているので参照してください

事件を知った私たち支援者は、遺族と連絡を取ると共に、遺体の確保の手続き、弁護士法医学者へ調査の依頼、調査活動、遺族の呼び寄せ、葬儀を行ってきました。以下のように事件の報告集会を企画しています。

日時:2018年7月28日(土)18:00~20:00
場所:東京都新宿区大久保2-12-7 大久保地域センター3階(会議室A)
   JR「新大久保駅」徒歩8分 東京メトロ副都心線「東新宿」駅エレベーター口徒歩3分
内容:(1)アルジュン事件報告(弁護団) (2)アルジュンさん死因について(法医学、鑑定結果)

⇒⇒PDF: アルジュンさん事件報告集会のご案内

Written by Tanigawa

2018/07/01 at 14:16