ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘アレント

囲い込まれた自然と文化:宝塚

宝塚に転居して一年,近隣の目もくらむ自然格差・文化格差に愕然たる思いだ。

宝塚は神戸・六甲山系の東山麓。かつては美しい里山・田園地帯であったのだろうが,容赦ない宅地開発で,いまや醜怪な現代都市に変貌している。

以前の比較的余裕のあった邸宅が相続で売却されると,跡地は分割され,3~4軒のマッチ箱住宅が建つ。あるいは,わがアパートのような,貧相な墓石型集合住宅となる。

このような新興住宅住民には,豊かな自然や文化は無縁だ。働き,食い,寝るだけ。貴族主義者のハンナ・アーレントは,「労働」を必然と消費に隷従する最下級の人間行為と喝破したが,私のような庶民アパート住民には,反論のしようもない。

かつて高度成長以前の日本社会では,そうではなかった。人々の多くは貧しかったが,下町でも農村でも時間はあふれ,様々な趣味や遊び,つまり多様な文化が栄えていた。美しい自然と多様な文化は,日本を訪れた外国人を痛く感動させた,日本古来の伝統であった。

いまの宝塚には,もはやそのような自然や文化はない。雑然とした必要と消費のための街に成り下がってしまった。

例外があるとすれば,それは金網と鉄格子で囲い込まれた広大なゴルフ場だけ。そこは別天地。花々が咲き乱れ,小鳥がさえずる美しい自然の中で,時間はゆったり流れ,優雅なゴルフ文化が享受されている。

現代資本主義は,富だけでなく,自然と文化をも囲い込む。現代型エンクロージャー! 貧しくとも,自然と時間と文化を享受できた頃の方が,庶民は幸福であったのではないだろうか。

130331a
■切れ切れながらも,わずかに残る里道の桜並木。先人の風流が忍ばれる。金網の向こうはゴルフ場。

130331d ■現代の囲い込み:ゴルフ場

130331b ■貧乏人立ち入り禁止

130331c ■貧乏人のひがみ根性

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/03/31 at 23:12

コピペ革命の「すばらしき新世界」

谷川昌幸(C)

ネットに掲載したら,無断転載は防止できない。RSS等も発達し,無断掲載と変わらない。コピー禁止など,まったく無意味だ。

これは,コピペ革命(コピー&ペースト革命,切り貼り革命)だ。情報プロレタリアが情報ブルジョアの情報独占支配を粉砕し,情報を万人のものたらしめつつある。これに対し,アメリカなど情報帝国主義勢力は,著作権を振りかざし,軍隊で脅し,コピペ革命を弾圧してきたが,古来,情報は万人のもの,正義は情報プロレタリアートの側にある。

つい先日までマオイスト中国はコピペ革命の旗手だったが,米日情報帝国の軍門にくだり,また自国内ブルジョア反動勢力の圧力に負け,反革命に寝返った。しかし,まだまだ,北朝鮮など,情報プロレタリア諸国がブルジョア物品をコピペしまくり,頑張っている。噂では,現状ではまだドル札,タバコ,酒,ブランド商品など,ローテク商品・情報のコピペであり,これらは軍隊の脅しによる弾圧で,封じ込めにある程度成功している。しかし,情報プロレタリア諸国や先進国情報プロレタリアがコピペ革命をネットに持ち込むのは時間の問題であり,そうなれば世界コピペ革命の成功は間違いない。

情報ブルジョアジーの反革命成功の見込みはまず無いが,最大限の抵抗はするだろう。たとえば――
・コピペを想定し,世論操作用情報だけ掲載。
・記事はさわりだけ。
・写真・絵画は画質を落とす。

つまり,掲載記事の質を落とし,情報プロレタリアートには,低俗情報しか見せないようにするのだ。そして,価値のある情報は,アクセス制限をかけ,高い情報料を払う者だけに見せるようにする。この方法は,たしかに一時的には有効かもしれないが,いったんネットに掲載した以上,その気になればコピペは可能であり,結局コピペ革命は阻止できない。人民情報解放戦争の勝利は間違いない。

この情報革命に対する反革命は,したがって,情報化そのものの原理的否定とならざるをえない。つまり,本物の価値ある情報の完全秘教化だ。情報は,口伝を原則とし,やむなく文章化,映像化したものは,厳重に管理された宝物庫の奥深くに保管する。そして,信心深い信者にのみ,高い拝観料を取り,コピペできない形で拝観させる。情報の密教化こそ,コピペ革命に抵抗しうる唯一の途だ。

こうして,本物の価値ある情報は,結局,大衆には縁遠いヒマラヤ霊山の奥深くに隠され,秘教化する。

そして,下々のおびただしいネット情報は,ガラクタと化す。コピペ革命でコピーされた情報は,情報創造者の手を離れ,それには修正など本人のコントロールは及ばなくなる。コピペ情報は,無主化し,無責任となる。どんな間違いにも,誰も責任を取らない。

むろん,カント大先生の頃であれば,公衆の美的判断が働き,「美しくない情報」は淘汰された。しかし,21世紀のコピペ革命は,そんな啓蒙の楽天主義を木っ端みじんに粉砕するだろう。本物は徹底的に秘教化され,大衆から隠される。大衆には,本物と偽物の区別さえつかない。氾濫する情報は,本物とも偽物とも区別されないまま,「たんにそこにある物」となってしまう。

H.アーレントがどこかで言っていたことをもじっていうなら,情報プロレタリアが世俗的必要のためにせっせと「労働」し,情報産品を生産し,そして「消費」する。それは,世界の中での永遠を意識した人間の「活動」でもなければ「作品」でもない。他の動物たちが,生存のために身体を働かせて食物を摂り,排泄し,そして死んでいくように,人間も,永遠性と関わる何かを創出する独立の人格性を奪われ,無主労働で情報を生産し,消費し,そして死んでいく。

これが,コピペ革命の「すばらしき新世界」だ。

Written by Tanigawa

2008/01/16 at 12:32

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。