ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘インターネット

ホームページ転居

ホームページ版「ネパール評論」は,これまでヤフージオシティーズにおいていたが,ヤフーが3月末サービス終了を決めたので,やむなく「スターサーバー」に転居した。

IT素人のため,あれこれやってみて,なんとか既存データだけは新居に運び込んだが,リンクなどがちゃんと機能するかどうかは,まだ不明。試行錯誤,少しずつやってみるつもり。

それにしても,ネット事業は,摩訶不思議。転居先は使用料無料の2Gコース。私のホームページでは動画も音声も使用しないので,2Gもあれば容量は十分。しかも広告すら表示されない! これで採算がとれるのだろうか? 

いずれにせよ,このようなネット・サービスが利用できるのは,IT素人にとっては,まことにはありがたい。隔世の感。多謝!

▼転居先 http://pax.starfree.jp/ 

谷川昌幸(C)

 

Written by Tanigawa

2019/01/30 at 18:21

ジオシティーズ廃止でHP移転,やれやれ

ホームページ開設サービス「ヤフー・ジオシティーズ」が3月末で終了となる。通知メールを見落としていたらしく,数日前ページ更新不能となったのでネットを見たら,事業終了がネットニュースに出ていた。やれやれ。

「ネパール評論」のホームページ版は,十数年前,大学サーバー上でつくり始め,退職を機に「ジオシティーズ」に移した。

ITは全くの素人なので,「ジオシティーズ」への移行にはさんざん苦労した。試行錯誤,慎重に進めたが,それでもファイルやリンクが相当数なくなってしまった。それまでの努力が水泡に帰すどころか,文字通り消失,すら残らなかった。ITは恐ろしい。

それなのにまた,「ジオシティーズ」廃止のため,どこか別のサーバーに引っ越さなければならない。どうしよう? バックアップを二重,三重にとり,慎重に作業しても,素人の悲しさ,どこまで移せるか心もとない。またファイルやリンクが消えてしまうのではないか? いったい,いつまでかかるのだろうか? いまだ着手の意欲すら湧かない。

こうしたネット事業の場合,会社の都合で維持が困難になったら,その部分を他社に譲り渡し,事業を継続することはできないのだろうか? 素人利用者のため,ぜひ検討していただきたい。

ともあれ,「ジオシティーズ」終了は3月末,それまでに何とか移転せざるをえない。どこに移すか? 無料ないし低料金のものとしては,見た限りでは「スターサーバー」がよさそうなので,一応,利用登録だけは済ませた。が,移行作業は,素人には難しそうだ。やってはみるが,またまたファイルが紛失したりリンクが切れたりするであろう。やれやれ,先が思いやられる。

⇒⇒

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/01/15 at 14:54

カテゴリー: 情報 IT

Tagged with

情報過多ネパール:語るに語れず

ゴビンダ・KC医師(博士,TU教授)の第15回ハンスト(6月30日〜7月26日)に興味を持ち,ここで紹介したいと思っているが,あまりの情報量,とても追いきれず,目下,立ち往生。

ほんの十数年前,インターネットが普及する以前は,ネパールは外国人にとって情報過少であった。逆説的だが,情報が少なければ,ネパールについて述べるのは容易。何らかの方法でネパール情報を手にすれば,それをネタに話したり書いたりすることができた。

ところが,いまやネパール情報はネット上にあふれている。何を言っても,何を書いても,たいていのことはすでにネットに掲載されている。新発見,新解釈と思っても,要するにそれは知らないだけ,ネット世界の検索を怠っているだけのことかもしれない。このネット情報化時代にあっては,自らの無知と怠惰をさらけ出す結果となるかもしれないという覚悟なくしては,およそ何かを書き,あるいは話すことはできないであろう。

本もまた,このネット情報化社会では,愛玩鑑賞用は別として,もはや不要となった。以前は,ネパールなど外国に行くときは,事前に本や地図帳でその国のことを調べ,そのうちの何冊かを重くはあったが持って旅に出かけた。が,いまや旅行先のことは何でもネットに掲載されている。小さなスマホ一台あれば,旅行に限らず,生活に必要な情報はどのようなものであれ,いつでもどこでも,はるかに効率的にネットから手に入る。もはや本など印刷物はいらないのだ。ネット上での再説も屋上屋,不要だ!

いやはや,困った時代になったものだ。ゴビンダ医師のサティヤグラハ(真理要求・真理把持)闘争には大いに関心がある。時代閉塞状況に陥りつつある日本のわれわれにとって,そこには学ぶべきものが多々あるように思われる。むろん,そう思うのは私の無知と怠惰のせいかもしれない。いっそのこと,ゴビンダ医師のサティヤグラハ闘争について,私的備忘録風に,思うところを書いてみることにするか。

▼ネパールにおけるインターネット急拡大

 *Nepal Internet Usersより作成(http://www.internetlivestats.com/internet-users/nepal/)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/09/19 at 18:21