ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘インド

プラチャンダの平和,なるか?

マオイスト拡大中央委員会(Plenum)は,今日27日閉会する。プラチャンダ議長の最終運動提案はまだ公表されていないが,2011年5月28日までに「人民連邦民主共和国憲法」が制定できなければ,人民蜂起による権力奪取を目指すというものになるようだ。
マオバディ・プレナム

ネパールは,6月30日のマダブクマール・ネパール首相の辞任表明以来,暫定政府の統治を続け,首相選挙は16回に及んでいるが,憲法起草実務は着々と進んでおり,原則さえ決定すれば,それに応じた条文を備えた新憲法がただちに公布施行できるはずである。ネパールの法実務家の能力はたいしたものだ。

しかし,肝心の憲法の原理原則が定まらない。この調子で首相選出ができず,2011年1月15日UNMIN撤退となれば,バイダ副議長の人民蜂起の目が出てくる。プラチャンダ議長もその可能性を認め,保険を掛けているので,人民戦争再開となるかもしれない。

もし人民戦争再開となれば,今度は,インドがもっと本格的に介入し,それに対抗して中国も北方からの進出(侵出)を図るだろう。大変なことになる。

プラチャンダ議長は,「人民民主主義憲法」を要求している。十分に過激な主張であり,NCやUMLに呑めるとは思えない。インドも認めない。難しい事態になるかもしれない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2010/11/27 at 19:18

マオイスト,印マオイスト訓練か?

谷川昌幸(C)

インド政府が10月11日,インド・マオイストがネパールで訓練を受けている,と警告した。これまでのところ,マオイストは国際連帯を唱え,、「南アジア・マオイスト諸党・諸組織協力委員会(CCOMPOSA: Coordination Committee of Maoist Parties and Organizations of South Asia)」のような組織をつくっているが,実際には他国マオイストとはあまり仲がよくなかった。イデオロギー政党の宿命であろう。

ところが,もしインド内務省発表が事実だとすると,インドでもマオイストが勢力を拡大し,すでに最大勢力となっているネパール・マオイストに接近し始めたことになる。

もちろん,ネパール・マオイストのプラチャンダ議長やパサン(NK.プン)PLA総司令はインド内務省発表は謀略だと反論しており,まだ事実かどうか分からないが,印ネは地続きであり,かつてはネパール・マオイストがインドを闘争拠点としていたことも歴史的事実だから,印ネ・マオイストが連帯強化に向かい始めたとしても不思議ではない。

もしインド内務省が警告するように,印マオイストがネパール・マオイストに接近し,印ネ・マオイスト共闘が成立すると,これは印ネ両国ばかりか,米中にとっても一大事。早晩,介入がはじまるだろう。

インド・マオイストについては,敬愛するA.ロイが,圧倒的に面白い。

Arundhati Roy, Maoism: The Trickledown Revolution, Outlook India, Sep 20, 2010

これは長い評論だが,機会があれば,紹介したい。

▼ チトワン・ジャングル内の印ネ国境線(Google)

101017

Written by Tanigawa

2010/10/17 at 12:59

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。