ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘インバウンド

高山の英語化(3):横断歩道停車の文化

高山市は,どうやら市役所が音頭をとって「英語化」を進めているらしい。『声の広報たかやま』では,「おもてなしの英会話」が放送され,これはネットでも聴くことが出来る。英語で,おもてなし!

▼高山市外国人宿泊数(同市HPより)

この高山市の英語化政策は,外国人観光客激増とも相まって,言語使用のみならず人々の行動にも影響を及ぼし始めているようだ。最も驚き感心したのは,交通道徳。やんちゃな大阪はむろんのこと他のほとんどのところでは,歩行者が横断歩道の前に来て立っても,単にそれだけでは車の方はまず止まらない。車の流れが途絶えてから,歩行者の方が横断歩道を渡り始める。道交法は歩行者優先,停車を義務付けているが,実際には車優先となっている。

ところが,高山では,歩行者が横断歩道のところに来ると,たとえ渡る素振りを見せなくとも,むろん渡り始めなくても,車の方が先にピタッと止まる。歩行者優先,実に見事。欧米の交通道徳が高山に取り入れられ,早や文化として定着したのだ。

もちろん,これはごく短期の,わずかの目撃事例からの単なる推測にすぎない。高山の歩行者優先は,以前から遵守されてきた地元の伝統的交通道徳なのかもしれない。が,あまりの高山激変に驚いた私には,それが近年の外国人観光客激増やそれに対応するための英語化政策と無関係とはどうしても思えない。

横断歩道では歩行者優先を当然と考え,そう行動する外国人観光客がこれほど増えてくれば,彼らの行動様式に地元,高山の人々の方が合わせざるを得ないのではないか? 駅案内を英語優先とせざるを得ないのと同じように。


■駅前の横断歩道。駅前広場はほぼすべて外国人観光客/早朝の上三之町

【参照】Eテレ「おもてなしの基礎英語」:年間3000万人に届く勢いの訪日外国人旅行客。・・・・そんな海外からのゲストを「おもてなし」の心で迎え入れ、気持ちよく過ごすために使える基礎レベルの英語を学ぶ新番組。

谷川昌幸(C)

 

Written by Tanigawa

2018/10/22 at 14:03

高山の英語化(2):英語看板

高山の英語化が最も顕著に見られるのが,市内の看板や案内表示である。英語優先どころか,英語だけのものも少なくない。

たとえば,これは駅前一等地のインド・ネパール料理店。ほぼ満席,繁盛しているようだ。この店の店名や料理紹介などは,入口や表通り側のものはほぼ全部英語(アルファベット)表記,日本語もあるにはあるが横道の側の上方に少し見られるにすぎない。

同様にマクドナルド,飛騨牛料理店,そして喫茶や酒場も,表記は英語優先か英語だけ。

さらに銀行やホテルも,駅前などでは,もちろん英語表記。

高山は,”English first“からさらに前進,”English only“に向かい始めているようだ。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/10/21 at 10:10

奥飛騨の秋(1):西穂高

秋たけなわ,奥飛騨に,駆け足で行ってきた。渓谷の谷沿い,平湯~栃尾~新穂高温泉付近は紅葉にはまだ少し早かったが,西穂高岳(2909m),焼岳(2455m)など高山の中腹から上の方は木々が黄や赤に色づき始めていた。

新穂高には,平日にもかかわらず,ロープウェイを増発しなければならないほど多くの観光客が来ていた。しかも,その三分の一くらいは外国人。

面白いのは,ここでのアジア系と西洋系の人々の行動パターンのちがい。ロープウェイ終点「西穂高口駅(2156m)」に着くと,アジア系の人々の多くはまず屋上展望台に上り自撮り棒などで写真を撮り,次に階下の土産物屋に向かう。これに対し西洋系の人々の相当数は,屋上展望台はそこそこにして,曇天で寒かったにもかかわらず駅舎から出て,周辺の散策に向かう。中には,子供連れで西穂登山道を登り始めた家族さえいた。軽装だったから途中までであろうが。

短期間であっても旅に出ると,日常を離れ,心身ともにリフレッシュできる。


■西穂高口駅展望台ポスト/ロープウェイから望む焼岳


■しらかば平駅(1308m)から錫杖岳(2168m)方面を望む/しらかば平の野菊(?)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/10/17 at 16:01

カテゴリー: 自然, 文化, 旅行

Tagged with , , , , ,