ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘ウィルス

コロナ禍からの漠たる未来不安

昨夕,新型コロナ(COVID 19)ワクチンを接種してもらった。1回目。しばらくすると,左腕の接種部分付近がしびれ始め,夜になると,鈍痛が左腕全体に広がってきた。

左腕の鈍痛だけではない。身体が注入された異物(ワクチン)を攻撃し始めたのか,ほてった感じで,いつまでも眠くならない。とうとう,一睡もしないまま,朝になってしまった。

ワクチンを接種してもらった左腕の鈍痛は,今日の午後になって,さらにひどくなった。このへんがピークだとは思うが,さていつまで続くやら・・・・。

それにしても,このような自然界にはない人造ワクチンを世界中の80億もの人々の相当数――理想的には全員――に接種しなければ,コロナ流行が止められないとは,なんたる恐ろしい,SFが現実化したような時代になってしまったものか。

世界のコロナ感染者累計(人)

むろん,新型コロナのような感染症の大流行そのものについては,公衆衛生をはじめ様々な分野で研究がすすめられ,効果的な予防法や治療法が見つけられ,そのつど制圧されるであろう。

私も,何よりも死を恐れる人間の一人として,それを願ってやまないが,その一方,まったくの素人ながら,コロナ大流行のような現象の繰り返しは,要するに,人類が増えすぎたからではないか,という素朴な疑問を禁じ得ない。

他の動物や植物であれば,増加しても,自然の許容量を超えそうになれば,必ず何らかの自然的規制が働き,許容範囲内に戻る。非情だが,それが自然の摂理。

ところが,人間は,他の動植物の有しない知恵により,自然を科学的に観察し,人為的にそれを制御したり改変したりできるようになった。これにより,人間増殖の自然的な限界は,次々と取り払われてきたのである。

その結果,いまやどこに行っても,たいてい人間がいる。逆に,以前はそこにいた様々な動植物たちは次々と姿を消している。人間は,その知恵により自然を征服しつつある。

新型コロナの流行も,多数説のウィルス自然由来説(コウモリ等からの感染)をとるなら,とめどもなく増殖する人間に対する自然界からの自然な規制である。ところが,これに対し人間は,身体に人造ワクチンを入れることにより,その自然の人口増殖規制を人為的に無効化しようとしている。この人為による自然の克服は,以前の他の感染症流行の場合と同様,今回のコロナ・パンデミックに対しても,すでに大きな効果を発揮し始めている。

しかしながら,たとえ今回の新型コロナが予防ワクチンにより制圧できたとしても,自然の側は,おそらく次のウィルスか他の何らかのものにより増えすぎた人類に立ち向かわせるであろう。これに対し,人間の側もまた別の新たな人造ワクチンか何かで迎え撃つ・・・・。こうして人間の自然な身体と生活は,一歩一歩,確実に自然から離れ,人造化されていく。サイボウーグ化だ。

また,人類の一部は,許容量を超えた地球を離れ,月や火星など,他の天体に移住し始めることにさえなるだろう。

以上は,もちろん全くの素人の極論である。また,人口論は,古来,もっとも危険な取り扱い要注意の議論である。が,それはそうだとしても,コロナ・パンデミックに脅え,予防ワクチンの副作用(副反応)に現に苦しめられていると,ついそんな暗い未来を思い浮かべてしまう。

杞憂にすぎないとよいのだが。

地球は何人の人間を維持できるか? すでに限界超過なら,何が起きるか?

(C)谷川昌幸

Written by Tanigawa

2021/06/07 at 19:36

ネパール評論HP,グーグルがレッドパージ

私のホームページ「ネパール評論」(http://www.wld-peace.com/)が,グーグルにより,今朝からレッドパージされている。「危険な偽サイト」だそうだ(下掲警告画面参照)。

アクセス数もごくわずかの弱小サイトだが,誰かに改ざんされた可能性もなくはないなぁ,と心配しているが,IT素人の悲しさ,どこがどうなっているのか,皆目見当もつかない。

しかし,どうも変だ。「ネパール評論」のアドレスは,http://www.wld-peace.com/だが,もとのサーバーはwww.geocities.jp。レッドパージされているのは,後者のサーバーの方だ。もしそうなら,www.geocities.jpを使用している無数のサイトの一つが改ざんされたので,おおもとのwww.geocities.jpがパージされてしまったということなのだろうか?

全く分からない。お手上げ。しばらく様子を見ることにします。

161108
■グーグル警告画面

【レッドパージ解除】 9日朝,ネットを見ると,レッドパージが解除されていた。グーグルに「偽サイトではない」と抗議したし,また,www.geocities.jpをレッドパージするのはさすがにまずいと反省したのだろう。ご心配をおかけしました。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/11/08 at 16:07

カテゴリー: 情報 IT

Tagged with , ,

ヒマラヤンに警告表示

数日前から,ネット版ヒマラヤンタイムズ(http://www.thehimalayantimes.com/)に警告表示が出るようになった。

150422■グーグル警告画面

ヒマラヤンタイムズは,この警告が出るはるか以前(1年くらい前)から,読み込みに時間がかかり,変だなとは感じていた。IT素人には,HP構築の単なる不都合なのか,あるいはウィルスか何か危険なものがあるのか,それとも閲覧ソフト(グーグル)またはアンチウィルス・ソフト(マカフィー)の誤作動なのか,全く見当もつかない。

不思議なのは,おそらく,こうした異常はわかっていたはずなのに,ずっと放置されてきたこと。

いずれにせよ,素人は,危なそうなところには近づかないに限る。しばらく様子を見て,警告が出なくなってから,読むことにしよう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/04/22 at 08:55

カテゴリー: 情報 IT

Tagged with

要注意! www.nepalnews.com

マーカンタイルのnepalnews.comの動きが変だ。スタイルの全面改訂をしているようだが,ページの読み込み先を見ていると,かなり怪しい。

私はパソコンやネットの素人であり,詳しいことはまったく分からないが,今朝,IE画面に次の表示が出た。本当かもしれない。

これは報告されている安全でない Web サイトです。
http://www.nepalnews.com
このページを閲覧しないことを推奨します。
この Web サイトは、個人情報や金融情報を盗み取る可能性のある、お使いのコンピューターへの脅威を含む Web サイトであると報告されました。

ネパールの代表的大企業の一つマーカンタイルのネットサイトであり,まさかとは思うが,用心はした方がよいだろう。ネットに詳しい方,ご教示ください。

■ 正常復帰(2012.1.24追加)
nepalnews.comは,この記事投稿時は確かにおかしかったが,しばらくして正常に復帰しました。その後,特に問題はありません。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/01/09 at 10:38

カテゴリー: 情報 IT

Tagged with ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。