ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘オバマ

包摂民主主義の訴え,駐ネ米大使(1)

A.B.テプリッツ駐ネ米大使が,ネパール・メディアに長文の米ネ国交70周年記念メッセージ「包摂的市民参加:民主主義のために」を寄せている。
 ▼ALAINA B. TEPLITZ, “Inclusive civic participation: Where democracies thrive,” The Himalayan Times, February 20, 2017

テプリッツ大使は1969年生まれで,2児の母。オバマ大統領により2015年3月,駐ネ大使に任命された。初の大使就任。

テプリッツ大使は,オバマ大統領任命ということもあってか,社会諸集団の包摂参加やマスコミなど「市民社会(civil society)」の自由と権利の重要性を力説している。この国交70周年記念メッセージも,そうした立場から書かれており,トランプ現政権との関係という観点からも,またネパール内政との関係(内政干渉ではないか)という観点からも,興味深い。

170220a170220b
 ■米大使FB(2月21日)/クンダ・デグジト氏ツイッター(2月21日)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2017/02/21 at 11:55

「美しい国」のニュースピーク国語

安倍首相の「美しい国」では,カタカナ英語の導入が進み,いまやニュースピーク文法によるダブルスピークや二枚舌が慣用化している。(ニュースピークは,元来,オセアニア国公用語。下記注参照)

すでにいくどか指摘したが,「美しい国」では,“Proactive Contribution to Peace”は「積極的平和主義」である。これは,「戦後日本」標準国語(オールドスピーク)に翻訳すれば,「戦争は平和である」ということ。新旧国語で意味が逆転している。

「美しい国」ニュースピークでは,このような転倒語法のほかに,ぼかし語法,ずらし語法も多用される。たとえば,先日の日米共同記者会見(4月24日)でも,外交の重要問題について,決定的な点で,ぼかし語法が用いられた。偶然,拝見した”Peace Philosophy(乗松聡子さん)”ブログに教えられ,愕然とした。

140502a ■琉球新報4月27日

Peace Philosophyによると,記者会見の公式同時通訳が,オバマ大統領の”profound mistake(深刻な過ち,重大な誤り)“を「非常に好ましくない過ち」と訳し,またマスコミも,NHKをはじめTBS,フジTV,産経,毎日,東京,日経など多くが「正しくない」と訳し報道したという。

▼大統領発言:(CNN記者質問への回答)
At the same time, as I’ve said directly to the Prime Minister that it would be a profound mistake to continue to see escalation around this issue rather than dialogue and confidence-building measures between Japan and China. And we’re going to do everything we can to encourage that diplomatically.(The White House,Joint Press Conference with President Obama and Prime Minister Abe of Japan, April, 24, 2014)

公式同時通訳
同時に総理に言いました。引き続きエスカレーションになってしまうということは、非常に好ましくない過ちになるということ。日中の間で対話や信頼醸成措置を形成すべきだと。我々としてもこれを外交的に奨励したいと思います。

NHK同時通訳
同時に安倍総理に申し上げましたが、この問題について事態がエスカレートし続けるのは正しくない ということです。日本と中国は信頼醸成措置をとるべきでしょう。そしてできるだけのことを外交的に私たちも協力していきたいと思います。

Peace Philosophyの訳語批判
Profound という言葉は非常に強い言葉である。・・・・serious よりもさらに強い言葉だ。もうこれ以上深刻なものはないというぐらい根本的に深刻だ・・・・。オバマ氏は、尖閣問題をこれ以上エスカレートさせるのは深刻な過ちであると安倍首相に私は直接言いました、と共同会見で表明したのである。・・・・これを「正しくない」などとの生ぬるい言葉にすり替えた日本のメディアは大罪を犯している。

Peace Philosophy指摘のとおり,これは巧妙な意味ぼかし語法だ。「美しい国」では,カタカナ英語や,日英翻訳を巧妙に利用し,総動員体制で日本版ニュースピークの普及が図られているのだ。

「美しい国」は「一民族・一言語・一文化」であり,世論操作はいとも容易。たとえば,つい先日まで「韓流」一色だったのが,いまでは一億総「嫌韓」。このような「品格」を持つ国では,ニュースピークへの抵抗は至難と覚悟すべきだろう。

[参照] G・オーウェル『1984年』1949年(新庄哲夫訳,ハヤカワ文庫,1972年)
 ・ニュースピーク: オセアニア国公用語,オールドスピーク(標準英語)に代わるもの(p.391)。「戦争は平和である。」「自由は屈従である。」「無知は力である。」(p.10)
 ・二重思考: 一つの精神が同時に相矛盾する二つの信条を持ち,その両方とも受け容れられる能力(p.274)。

140502b ■『1984年』表紙

谷川昌幸(C)

ルンビニを国際平和都市に,プラチャンダの野望

1.政治家プラチャンダの野望
プラチャンダ議長が,世界政治の檜舞台に立とうとしている。権力欲は政治家の本性であり,プラチャンダ議長が世界的政治家への野望を抱くことは決して悪いことではない。

2.プラチャンダ訪米の目的
すでに紹介したとおり,プラチャンダ議長は,中国系NGO「アジア太平洋交流協力基金(APECF)」の共同議長であり,またネパール政府「ルンビニ開発国家指導委員会」の議長(委員長)でもある。

そのプラチャンダが,ネパール政府ルンビニ開発委員会議長として訪米し,パン・キムン国連事務総長,オバマ大統領,クリントン国務長官らと会談,ルンビニ開発への協力を要請することになった。

またプラチャンダの法螺話かと思われるかもしれないが,決してそうではない。プラチャンダは,APECFの共同議長であり,また自らが果敢に決断し成立させた「和平7項目合意」の手土産もある。さらに,隠し球は,対印牽制。これは凄い,スゴすぎる! やはり,プラチャンダは大物だ。

3.素性不透明のパトロン,APECF
ルンビニ開発のパトロンは,APECF。素性不透明の中国系NGOだが,すでにルンビニ開発に30億ドル拠出を表明しており,現地ルンビニにも覆面調査団を何回もだし,下調べを終えている。また,APECFの実質的運営者と思われるXiao Wunan執行共同議長は2ヶ月前,オーストラリアでパン・キムン国連事務総長と会い,ルンビニ開発について説明,よい感触を得たという。

APECFは,中国の仏教団体を中心に,開発資金を募ることにしている。

■国際ルンビニ開発委員会  議長:パン・キムン国連事務総長(予定),実行委員長:プラチャンダ(予定)
■APECF  執行共同議長:Xiao Wunan,共同議長:プラチャンダ
■ルンビニ総合開発国家指導委員会  議長:プラチャンダ

この希有壮大なルンビニ開発構想は,すでにネパール政府のプロジェクトになっており,「国際ルンビニ開発委員会」が成立したら,APECFもその中に組み込むことになっている。

4.「国際平和都市」ルンビニ
プラチャンダは,抱負をこう語っている。

「ゴータマ・ブッダは,平和のシンボルとして世界中で尊敬されている。われわれは,地球上のあらゆる紛争を解決するためのセンターとして,ルンビニを開発したいと願っている。・・・・ニューヨークに行くのは,ルンビニを国際平和センターとするためである。」(Republica, Nov4)

5.現実主義者プラチャンダの成算
ルンビニを「国際平和都市」に! これはプラチャンダの観念的夢想ではない。国際的な権力関係と利害関係,および地政学的な計算に加え,国内の利害関係へも十分目配りし,さらにはプラチャンダ一族の利益もちゃっかり図りながら,彼はこのルンビニ開発計画を進めていくつもりなのだ。

国連と米中には「平和構築」の大義名分,内外企業には開発利益,そして国内の有象無象には目もくらむばかりの巨大利権配分――誰にも反対の理由はない,インドを除けば

もし目論見通り,プラチャンダ訪米団がパン・キムン国連事務総長,オバマ大統領,クリントン国務長官らと会談し,たとえ大筋だけであってもルンビニ開発への賛同が得られたならば,プラチャンダは,世界的政治家の仲間入りを果たし,そして新憲法制定後の新生ネパール共和国(大統領制移行予定)の初代大統領となるであろう。民主ネパールの建国の父プラチャンダ! ノーベル平和賞も夢ではない。

* Republica, Nov4, Peoples Review, Nov3.

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/11/04 at 20:41

カテゴリー: インド, 経済, 外交, 中国

Tagged with , , , ,

Un-Victim: 「武器を持つガンディー」としてのロイ(1)

「銃をもつガンディー」――あまりにも挑発的で神をも恐れぬ不遜な言葉だ。2009年12月、オバマ大統領がノーベル平和賞受賞演説でこれに近いことを述べた。彼は誠実で偉大な大統領ではあるが、アフガンなど世界各地で無防備な人民を多数殺しているアメリカの大統領であり、この呼称の域にはまだはるかに及ばない。
 (参照)ガンジーを虚仮にしたオバマ大統領 広島・長崎「平和宣言」批判 オバマ大統領の新軍国主義と朝日の海自派遣扇動 オバマ核廃絶発言と長崎の平和運動 オバマ大統領と国益と南アジア オバマ大統領の新軍国主義と朝日の海自派遣扇動 無節操なオバマあやかりイベント

「銃をもつガンディー」――あるいは、ひょっとしてこの呼称で呼ばれてもよいかもしれないと思わせるギリギリの域にいるのが、われらがアルンダティ・ロイだ。鋭利な言葉を縦横無尽に駆使して不正義と果敢に戦う作家、インド体制派にとってもっとも危険な知識人。そのロイが、『ゲルニカ』のインタビューにおいて、ガンディーを尊敬するにもかかわらず、なぜ銃を取らざるをえないか、このギリギリの問いに真正面から向き合い、誠実に答えようとしている。
 ■Arundhati Roy, “The Un-Victim,” Guernica, Feb. 2011

1.愚劣な質問
『ゲルニカ』のインタビュアー(Amitava Kumar)は、まず多くのインタビューを受けてきたロイに対し、愚劣な質問(stupid questions)と思ったのはどのような質問か、と問いかける。

「ロイ: かつて私はチャーリーローズ・ショー(Charlie Rose Show)に招かれ出演したことがある。彼はこう質問した。『アルンダティ・ロイさん、インドは核兵器を持つべきだと考えますか?』 そこで私はこう答えた。『インドは核兵器を持つべきだとは思いません。イスラエルも核兵器を持つべきだとは思いません。アメリカも核兵器を持つべきだとは思いません。』 『いいえ、そうではなく、インドは核兵器を持つべきだと思いますか、と質問したのです。』 私は全く同じように答えた。4回ほども・・・・。ところが、それは全く放送されなかった!」

あらかじめ想定していた回答を引き出すための質問、これはたしかに愚劣だ。次に、前後関係を棚上げにし、想定した回答を引き出そうとする質問。

「ロイ: 『マオイストは学校を破壊し、子供たちを殺している。こんなことが許されますか? 子供たちを殺すのは正しいことですか?』」

マオイストだろうが誰だろうが、子供を殺すのが悪であることは自明だ。その自明なことを答えさせることによって、質問者は、子供を殺すことは悪→子供を殺すマオイストは悪→ロイのマオイスト支持は誤り、という三段論法でロイをやりこめようとしているのだ。

これも愚劣な質問だ。人殺しは悪か、と問われたら、誰だって「人殺しは悪だ」と答えるに決まっている。しかし、現実にわれわれが直面する真の問題は、状況により人を殺さざるをえないときがあるのではないのか、という問いである。これなら本物の質問だ。ところが、腹に一物ある質問者は、状況も前後関係も棚上げして人を殺すのは悪かと質問し、悪だと答えさせ、それをもって人を殺さざるをえなかった人々を一方的に断罪しようとするのである。これも愚劣な質問である。

「ロイ: 愚劣な質問に答えるのは難しい。とてもとても難しい。愚劣は特有の方法で人を打ち負かす。とくに時間がなく、時間が貴重なときは。」

たしかに、そうだ。愚劣な質問は、本物の問題に対峙する勇敢な人々の誠意を踏みにじるものである。

(C)谷川昌幸

Written by Tanigawa

2011/02/23 at 08:18

浅井基文氏のオバマ批判と北朝鮮擁護論

谷川昌幸(C)
24日(土)午後,久しぶりの好天を横目に,浅井基文氏の講演(「日米安保50年」講演会―核密約と普天間問題を検証する!―)を聴きに行った。浅井氏は,「広島平和研究所」所長。
  
 
浅井氏は,オバマ大統領の「プラハ演説」や「ノーベル賞受賞演説」が,日本のマスコミでもてはやされているような核廃絶を目的としたものではなく,核拡散を防止するための「核管理論」にすぎないこと,またオバマ大統領が「邪悪」に対抗するための戦争を肯定していることを指摘し,厳しく批判された。
 
このようなオバマ批判は,講演会に参加していた多くの長崎市民をいたく落胆させたように感じられたが,私にとっては,これまでに表明してきた私自身のオバマ解釈と同じであり,十分に納得できるものであった。
 
しかし,私としては少し納得できないようなお話もあった。それは,北朝鮮の核に関するお話で,私の聞き違えでなければ,浅井氏は次のように説明された。つまり,北朝鮮脅威論は誤りである。北朝鮮の核保有は,米日の圧力の下でのギリギリのせっぱ詰まった選択であった。北朝鮮の核兵器は防衛的なものであり,したがって米日に対して先制的に使用されることはない。お話はこのような趣旨であったと思う。
 
この浅井氏の説明のうち,前段はほぼ納得できる。米日の脅威がなければ,北朝鮮は核兵器まで持つ必要はなかったであろう。追い詰められたすえ,やむなく核を保有するにいたった。おそらく,そういうことであろう。
 
しかし,後段の,北朝鮮の核兵器は防衛的なものであって先制攻撃には使用されないという説明には,少し違和感がある。浅井氏は「防衛的」という言葉そのものは使用されなかったが,お話の内容はそのような趣旨だったと思う。ちょっとあやふやなので,この点についてネットで調べてみた。
 
浅井氏は,所長を務めておられる「広島平和研究所」のホームページにおいて,こう述べている。
 
「北朝鮮をここまで追い込んだのはブッシュ政権の強行一本槍の対北朝鮮政策に最大の原因があることを再確認しなければならない。アメリカの政策が今日の北朝鮮の自暴自棄に近いあがきを生んでいるのだ。」
 
「相手を攻撃する「能力」と「意志」とが合体したときに脅威が成立するとする立論に基づけば、北朝鮮は「能力」は持つに至ったということとなる。 
 しかし、北朝鮮は、核ミサイルを見境なしに日本に対して使う「意志」はあるだろうか。仮に北朝鮮が日本を核ミサイル攻撃したとすれば、それを絶好の口実として、次の瞬間にはアメリカが北朝鮮をたたきつぶすことは目に見えている。金正日が無謀な対日核ミサイル攻撃によって自国の命運と自身の存立を無に帰せしめる愚かな決断を下すはずはないのだ。」(浅井基文「北朝鮮の核実験/ミサイル発射と日本・ヒロシマ」,ニューズレター2006年11月,http://serv.peace.hiroshima-cu.ac.jp/dletter/n2603.pdf
 
あるいは,『週刊 金曜日』(2010年3月26日)でも,浅井氏はこう述べておられる。
 
「「朝鮮半島有事」とか「台湾海峡有事」といった類の主張は虚構であり、まったくのフィクションにすぎません。米国自身が先制攻撃の軍事行動を起こさない限り、こうした事態は起こりえないのです。確かに大手メディアを通じて拉致問題や核開発、ミサイル実験などを材料に、北朝鮮は「恐ろしい国」、「何をしでかすかわからない国」といったイメージが、民族差別意識も底流となって国民に植え付けられている。しかし米軍は過去に北朝鮮に対して原子力空母を意図的に接近させて威嚇しているほか、毎年のように実施している米韓合同演習も、北朝鮮にしてみれば自国への核攻撃訓練であり、それこそ国家存亡に直結する脅威なのです。国力がじり貧なうえにそこまで追い詰められたら、北朝鮮にすればハリネズミが針を逆立てるように、ミサイル実験や核実験で精いっぱいの強がりを示す以外、なすすべがない。
 つまり、米国の先制攻撃を抜きにしてはあり得ない北朝鮮や中国の反撃を「脅威」とあげつらうなどという話は、米日軍事同盟の侵略性を覆い隠すための虚構の最たるものです。」(浅井基文「オバマの核政策とヒロシマ」,HP「21世紀の日本と国際社会」http://www.ne.jp/asahi/nd4m-asi/jiwen/thoughts/2010/327.html
 
浅井氏は,たしかに「防衛的」という表現は使用されていないが,しかしこれらの文章を読むと,北朝鮮や中国の核兵器は先制攻撃には使用されないもの,つまり「防衛的なもの」と見ておられると考えてよいであろう。
 
私には反核平和運動の知識はあまりないが,たしか以前,米の核は攻撃的,ソ連・中国の核は防衛的と区別し,後者を擁護する議論があったと記憶している。浅井氏の議論は,それに近いような感じがする。
 
このような核兵器保有の二分類は,私にはどうしても納得しきれない。米日の核戦略を棚上げにし,一方的に北朝鮮の核だけ非難するのは,もちろん正義に反する。しかし,それは十分認めた上で,いかなる理由であれ核保有には反対する,というのが,反核平和運動の本来の姿ではないだろうか。
 
もう一点,疑問に思うのは,浅井氏が合理的判断をなし得る近代国家を議論の前提にされていることだ。
 
浅井氏によれば,もし北朝鮮が米日を攻撃すれば,米の反撃で北朝鮮は壊滅する。「金正日が無謀な対日核ミサイル攻撃によって自国の命運と自身の存立を無に帰せしめる愚かな決断を下すはずはないのだ。」
 
浅井氏はこのようにいわれるが,この合理的選択の理論が破綻してしまったのが,グローバル化した現代世界ではないだろうか。現代のテロないし自爆攻撃は,近代主権国家を前提とした合理的選択理論の妥当性を完全に否定してしまっている。
 
アメリカが真に恐れているのは,この合理的選択をしない集団や国家の増大である。アメリカは,北朝鮮もそうではないかと恐れている。そのアメリカあるいは日本に対し,北朝鮮は壊滅をおそれ先制攻撃はしない,といってみても,説得力はない。
 
むしろ,国家破綻しそうだからからこそ,先制攻撃を仕掛ける可能性がある。そして,さらにややこしいのは,北朝鮮の苦境には米日の圧力以外にも様々な要因があり,どのような理由でいつ危機を迎えるかわからないことだ。
 
いずれにせよ,北朝鮮を声高な北朝鮮脅威論で追い詰めると,核あるいは他の手段による先制攻撃に走る危険性がますます増大することはたしかだ。これには,米日がいかに重武装しようが,防衛しようがない。9.11には,アメリカの核は何の抑止にもならなかった。米日は,軍事的圧力をかければかけるほど,先制攻撃を受ける危険性が増大するのだ。
 
だから,米日は自国の安全のために,北朝鮮脅威論により圧力をかけるのではなく,逆に北東アジアの緊張緩和にむけたあらゆる努力を尽くすべきである。北朝鮮が先制攻撃をしないからではなく,このままでは先制攻撃の危険性が高まるばかりだからこそ,日米は対北朝鮮政策を変更すべきなのである。
 
けっきょく,結論は浅井氏と同じになった。しかし,北朝鮮の核は防衛的であって先制使用はされない,というようにもとれる浅井氏の議論には,少々違和感を感じる。どの国であれ,武器をもてば,攻撃的にも防衛的にも使用する。北朝鮮もアメリカと同様核兵器を先制使用する可能性がある――アメリカは勝てるとの合理的判断により,そして北朝鮮は非合理的自爆攻撃として。

Written by Tanigawa

2010/04/24 at 22:41

カテゴリー: 平和

Tagged with , , ,