ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘ガンドルン

セピア色のネパール(8):ポカラ~ダンプス~ガンドルン

ネパールに初めて行ったのは1986年3月,アンナプルナ・トレッキングが目的だった。記憶は写真以上にセピア化しているが,それでも強烈な印象は変色しつつも残っている。

カトマンズからポカラへは,バスで行った。片道39ルピー(約400円),約7時間。大型バスに乗客殺到,車内に入れない人は屋根によじ登った。私も,もたもたしていて車内に入れなかったので屋根に登ったが,外国人と見て地元民乗客が車内に移してくれた。親切に痛く感謝! 山羊やニワトリも乗車していたが料金不明。

■ガードレールなし。崖下には転落車も。

バスは,デコボコ,クネクネ道をハラハラ,ヒヤヒヤさせながら走り,ところどころ,茶店があるところ(いまでいうドライブイン)に停まり,小休止をとった。トイレ休憩でもあるのだが,困ったことに茶店付近には,まずトイレは見当たらない。仕方なく近くの物陰や畑に行って用を足した。女性も同じ。強烈な「無トイレ文化」の洗礼だった!

■少し大きなバス停で小休止(町名失念)

夕方,ポカラにつき,ロッジに宿泊。ツイン30ルピー(300円位)。その頃のポカラは,カトマンズよりもはるかにのどかな,田園の中の小さな町であった。いまは50万人近い大都市だが,当時は6万人ほど。車も少なく,自然にあふれていた。ブーゲンビリアなど花々が咲き乱れ,ペワ湖は水清く,山からは飾りをつけた馬やラバの隊商が町に降りてきた。まるで,おとぎの国!

■ペワ湖岸で放牧
■ペワ湖で食器洗い

■ポカラに入ってくる隊商

ポカラからダンプス~ランドルン~ガンドルンと,トレッキングを楽しんだ。マチャプチャレやアンナプルナに感動したことはいうまでもないが,それ以上に印象的だったのは,村の風景や生活。まるで昔の日本の村を追体験しているようだった。

村のロッジ(宿屋)はごく質素であったが,それだけになおのこと懐旧の念に駆られた。ツイン,1泊4~6ルピー(40~60円位)。申し訳ないので,収穫したてのエンドウを買い求め,茹でて食べた。うまかった!

■ダンプス付近

■ダンプスのロッジ
■ガンドルンのロッジ前から望むアンナプルナ

体験は,時のふるいにかけられ,忘れがたいものだけが変形し変色しつつ残っていく。それに加え,外国人の体験は,もともと余所者の身勝手な,自分本位のものであることを免れない。そうしたことは重々承知しながらも,「後期」高齢者ともなると,古き良き昔の懐旧には,往々にして抗いがたいのである。

【参照2022/09/28】郷里とネパール:失って得るものは?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2022/09/19 at 16:45

紹介:「ヒマラヤに呼ばれて」

児童文学作家による「ネパール人との深い交流」の体験を描いた長編ノンフィクション。
 ▼さとう・まきこ「ヒマラヤに呼ばれてーこの世に偶然はないー」ヒカルランド,2018

著者は1991年,43歳のとき,「な~んとなく」ネパールへトレッキングに出かけ,その自然と文化と,そしてとりわけ人に魅了されてしまう。

「ネパールの貧しい少年を母として見守ることになった筆者。マン[上記少年」をはじめとするネパール人との深い交流の中,筆者の生活や価値観は大きく変わっていく」(表紙キャプション)

このようなネパールとの関わり方は,ネパールに出かけたことのある日本人の多くにとって,著者ほど深くはないにせよ,多かれ少なかれ自ら身をもって体験したことであり,したがって本書を読むと,そのことが懐かしく,また時には自責の念に駆られつつ,思い起こされるにちがいない。

私の場合,初めてネパールに行ったのは著者のほんの数年前,ルートも,著者のその後の訪ネの際のものと合わせると重なる部分が多い。

ロイヤルネパール航空(RNA)ーーカトマンズーーポカラーーフェディーーダンプスーーランドルンーーガンドルン

本書を読んでいると,私自身の初の訪ネの際の途方もない当惑と驚きと感動の日々を追体験しているようであった。

(C)谷川昌幸

Written by Tanigawa

2021/06/26 at 17:29

山麓マラソンの酔狂と平和貢献

某ネパール情報によると,鉄の女や男が,またまたアンナプルナ山麓を走ったらしい。50~100km。わが青春時代に,ヒィヒィ,ゼィゼィいいながら這うようにして登ったあの急峻な山腹を駈け上り駆け下ったというから,「なんと酔狂な!」とあきれるやら,感心するやら。何の因果で,こんな苦行をやらねばならないのだろう?

 ガンドルン(1985)

まぁ,人間は食って寝て生涯を終えることでは満足できないやっかいな動物,何かをせざるを得ないらしい。何をするか? 限られた人生,どうせなら面白いことに限る。では,何が面白いか? 面白いのは,一言でいえば,役に立たないこと。役に立つこと,特に金儲けや出世が目的となると,活動は手段となり,面白くなくなる。活動は,それ自体を目的とするとき,他の役には立たず,それゆえ面白い。何の役にも立たない物好き,酔狂な活動こそが,人間をして無我夢中にさせるのだ。

ヒマラヤ・マラソンは,その典型だ。こんなことをやっても,何の役にも立たない。苦しいだけだ。怪我をしたり,下手をすると死ぬかもしれない。損得からいえば,損するだけ。それでも,鉄の男や鉄の女が,とりつかれたように無我夢中になって走ったらしい。酔狂なことだ。なぜ,そんな(損な)ことをするのか? 面白いから,としか考えられない。

活動に没入し酔狂に徹すると,雑念(金儲けや出世)が滅却され,人は純化される。一心不乱に遊ぶ子供のようなものだ。この無邪気な子供は,雑念をもたないから,自分たちの体験を共有し理解し合えるのだ。

アンナプルナ・マラソンには,外国からも酔狂な人々が多数参加したという。彼ら,鉄の女と鉄の男は,雑念を振り払って走り,走りながら雑念を振り払い,自然人に返っていったのだろう。彼らは走るという純粋経験を共有し,そこからは深い相互理解が生まれる。スポーツとは,本来,そのようなものであるはずだ。

 ガンドルン(1985)

これと対照的なのが,近頃のプロ・サッカー。ナショナリズム丸出しで,私は大嫌いだ。入場時の子供利用もイヤラシイ。オリンピックも大嫌い。国旗掲揚なんか見たくもない。サッカーもオリンピックも,スポーツではない。我利我利亡者の争いが,本来のスポーツであるはずがない。

アンナプルナ・マラソンでも,ネパール国軍からの参加者が,途中で車に便乗するなど,ズルをしたらしい。走ることが手段になると,そのようなことが起こる。こんな体験は共有できない(共有したら山麓マラソンは成立しない)。しかし,そんなズルは例外であり,ほとんどの人は走ることそれ自体を目的に走り,体験を共有し,相互理解を深めあったという。

ヒマラヤ・マラソンは,平和貢献を目的にはしていない。走ることそれ自体が目的であろう。が,逆説的ながら,そのような非政治的な経験の共有こそが,相互理解の拡大・深化をすすめ,平和に大きく貢献することになるのである。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2011/01/22 at 22:08

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。