ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘コネ

ヤミとコネの功罪

外人が外から見ると,ネパール社会の基底にはまだ「ヤミ・コネ」経済があるように思われる。といっても,暗い面ばかりでなく,そうであるからこそ,ネパール社会が突如苦境に陥っても,崩壊せず,何とか秩序を維持し存続できているのではないだろうか。たとえば,インド「非公式」経済封鎖による石油・ガス不足。

日本のような人間関係の希薄化した大衆社会だと,生活必需品の不足に人々は慌てふためき,パニックとなり,一気に過激な群衆行動に走りがちである。他方,政府も,大衆に選ばれ大衆に依存しているからこそ,大衆群集心理の恐ろしさを熟知・警戒し,何とかして大衆パニック,大衆暴動を回避しようとして焦り,一気に専制化し,強権的経済統制・社会統制に向かう。

そして,こうしていったん専制的権力を握ると,現代大衆国家は,高度に発達した情報技術を駆使して国民すべてを――たとえばマイナンバーなどで――管理し,その専制体制を永続化させる恐れが強い。そこには,権力が見てコントロールできない「ヤミとコネ」はない。現代型専制は,すべてを見て,すべてを支配する。

ところが,ネパールは,まだそのような現代型大衆社会ではなく,「ヤミとコネ」が至る所に伏在し,必要な時には表の機能を効率よく代替する。石油・ガス不足が長期化し,先が全く見通せなくても,人々が,不平不満はあっても,決してパニックにならないのは,そのためだ。「ヤミ・コネ」経済が十分に機能しているのだ。

ガソリンは「ヤミ」ルートで大量に流れ,「コネ」を通して「ヤミ」価格で取引されている。ガソリンは現在正規価格112ルピー(131円)位だが,「ヤミ」では500ルピー前後で売買されているそうだ。

「ヤミ」ガソリンは,まずインドから相当量入っているのではないかと思われる。インドからポリ容器などに入れ,あるいは車やバイクを燃料満タンにして,ネパールに入国し,それを「ヤミ」に流せば,4~5倍のぼろ儲けとなる。やっていると見るのが自然だ。マデシ反政府派がインドからの入国車両・バイクを攻撃するのにも,それなりの理由がある。

一方,ネパールに正規に入ったガソリンについては,それがどれだけ「ヤミ」に流れているかは不明。だが,役得や「コネ」で入手したガソリンを転売すれば,それだけでぼろ儲け――あるいは恩を売ること――ができるのだから,相当量あっても不思議ではあるまい。

こうした「ヤミ」ガソリンは,ミネラルウォーター用容器で受け渡されることが少なくない。1本1リットル。ネパールのプラスチック容器は薄くて弱い。すぐ破れ漏れる。こんな危険な「ヤミ」ガソリンが出回ると,新聞が報道しているように,ときには引火し惨事となる。たしかに異常な事態だが,一方,それによって相当数の車やバイクが「自転車操業」的に動いていることもまた事実である。

このように,「ヤミ・コネ」経済は,不足している物資を,危険を伴いつつも,それなりに効率的に調達し,供給・分配している。高価な「ヤミ」価格でも,それを買える人々に売るという意味では,必ずしも資本主義に反するものではない。

いまの「非公式」経済封鎖のもとで,ネパール政府が,この「ヤミ・コネ」経済以上に効率的に石油を供給分配できるかどうか? 遺憾ながら,はなはだ疑問である。

151129b ■かまどで調理。干し米の油揚げ(食品名?)

151129a ■のどかではある風景(ラトナ公園前)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/11/29 at 18:08

カテゴリー: インド, 社会, 経済, 文化

Tagged with , , ,

制憲議会選挙2013(20):「革命英雄プラチャンダ」試論2

マオイストが「包括和平協定」(2006年)締結後,合法政党となり,体制内化していったことは,周知の事実である。この変身は,コングレス(NC)や共産党統一マルクス・レーニン派(CPN-UML)が,そしてまた西洋中心の国際社会が,要求したことであった。

マオイストの体制内化は,文字通りドラスティックであった。党幹部ら,特にプラチャンダ議長は,おおかたの期待をはるかに超える「革命的」な過激さで体制内化し,人々のドギモを抜いた。プラチャンダは,勇敢な「革命英雄」から,過激な体制内「豪傑」へと華麗な転身を遂げたのである。

プラチャンダは,首相就任直後,「王様ベッド」を首相公邸に運び込み,世間をあっと言わせた。その後も,超豪華党本部や党議長宅,中・米をも巻き込んだ巨大利権ルンビニ開発,息子を押し立てたエベレスト遠征など,アッケラカンと権力私物化を満喫した。そして,今回選挙では,親族縁者をあちこちに立て,身内コネ社会ネパールの実情を,一身をもって満天下に暴露した。さすが大物,何ら臆するところがない。ネアカの大豪傑だ。

131129b ■「選挙公約(प्रतिबद्धता पत्र )」開発計画 

ネパール政治社会の宿痾とされる権力私物化や利権は,王制下では,特権階級が比較的限定されていたため,わかりやすく,それだけ御しやすかった。ところが,民主革命により権力分有参加が一気に進展し社会関係が複雑化したため,権力や様々な意思決定過程に参加する人びとの数が激増し,それに応じて,権力私物化や利権も拡散した。いまでは,多くの人が,どこかで,何らかの利権を求め,右往左往している。

プラチャンダは,いまやその利権的コネ社会ネパールのチャンピオンである。ネパール社会の現実を理念化して映し出す鏡,それがプラチャンダだ。多くの人びとが,いたるところで,こそこそやっていることを,プラチャンダは,大胆不敵にも,何の言い訳もせず,何はばかることなく,平然とやってのけてきた。まさしくネアカ豪傑だ。

プラチャンダが,自覚的に露悪的態度をとり,世間を覚醒させようとしているのかどうか,それはわからない。しかし,プラチャンダの権力私物化や身内コネ優遇を非難すれば,たちどころにそれは,非難している人びと自身に跳ね返ってくる。あなた自身はどうなのか,と。

すくなくとも,よそもの外国人には,こそこそと小ずるく利権をあさる小心者よりも,米・中をも手玉にとり,何はばかることなく,アッケラカンと巨大利権を要求するプラチャンダの方が,はるかに魅力的だ。

もしプラチャンダが,自覚的にこのような自己戯画化の態度をとっているなら,彼は本物の大物だといえよう。

131129a ■「選挙公約(प्रतिबद्धता पत्र )」裏表紙

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2013/11/29 at 13:56

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。