ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘コングレス

NC党役員,それでも包摂不足の批判

コングレス党(NC)新役員は包摂的選挙で選出されたが,デワン・ライ氏らは,それでも包摂不足と批判している。
 * DEWAN RAI, “Congress puts marginalised communities on the margins,” Kathmandu Post, Mar 15, 2016

記事によれば,新しい党中央執行委員会の女性委員数は,以前の17人から14人に減少した。その14委員のうち,一般枠選出は一人だけで,他の13委員は留保クォータ枠から選出。憲法は女性議員33%を定めているのに,党女性役員は17%だけ。党では女性が周縁化されている,というわけだ。

また,マデシからは,マデシ住民の多い第2州を含め,州選出委員は一人も選ばれていない。このように,NCは「周縁化されているダリット,女性,ジャナジャーティおよびムスリムを代表させることに大きく失敗した」。

“マデシ住民多数州からはマデシを代表として選出しなければならない”――そうとも言えるし,そうでないとも言える。ここで,包摂民主主義の評価は分かれる。

160316■たしかに男ばかり(コングレス党FB)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/03/16 at 11:29

カテゴリー: 政党, 民族

Tagged with , , ,

コングレス党の包摂民主主義選挙

コングレス党(NC)が,第13回党大会(3月3-7日)において,次期党役員を選出した(途中経過既述)。

1.憲法の政党規定
ネパールの政党は公党であり,憲法第29編第269-271条において,その構成・運営が厳密に規定されている。
 ・政治イデオロギーや政治哲学を共有する人々が政党を組織・運営する。(某国“野合”政党はネパールでは失格?)
 ・党綱領は民主的でなければならない。
 ・全国および州の党役員は少なくとも5年ごとに選挙で選出。
 ・党の各レベル執行役員は,国民の多様性を反映させるため,比例制としなければならない。

2.NC選挙結果
党 首: S.B. デウバ (शेरबहादुर देउवा Sher Bahadur Deuba)
書記長: S. コイララ (Shashank Koirala)
会 計: S.T. ヤダブ (Sita Devi Yadav,女性)

中央執行委員(85)
 一般選出(25): デウバ派14,ポウデル派11
 州代表(14[各州2]): デウバ派7,ポウデル派7
 クォータ(22): デウバ派14,ポウデル派8
   [留保クォータ: 女性6,先住民5,マデシ5,ダリット5,ムスリム1] 

▼開票途中結果図解(Republica,14 Mar 2016)
160315

3.包摂民主主義の功罪
ネパール政治は,いまや一種の包摂民主主義原理主義といっても言い過ぎではあるまい。政治的に最大限自由であるべきはずの政党についてさえ,憲法でこまごまと規定し,党運営には包摂原理の厳守が求められている。

包摂民主主義には,むろん功罪両面がある。ある段階までは“功”の方が大ということは,たしかにいえる。これは認めなければならないし,事実十二分に認められる。

しかし,それにしても,ネパールはスゴイ! これから先,ネパール政治はどうなるだろう? 世界注視の政治実験とすら,いってもよいだろう。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/03/15 at 11:23

NC党首にデウバ氏,コイララ「王朝」退潮

コングレス党(会議派,NC)は,第13回党大会(2016年3月)において,党の主要役員を選出した。
 党 首:शेरबहादुर देउवा Sher Bahadur Deuba
 書記長:Shashank Koirala
 会 計:Sita Devi Yadav

1.微妙なバランス
党の新三役を見ると,党首のデウバ氏は,長らく反コイララ・反主流派で,一時はNCを分派,NC-Dを結成し党首となっていた。今回のNC党首選では,決選投票で主流派ポウデル氏を破り当選した。新憲法の連邦制や世俗制を評価。マデシに好意的。

これに対し,書記長のシャシャンカ・コイララ氏は,BP・コイララの末の息子で,コイララ「王朝」嫡流。連邦制や共和制に批判的。会計のシタ・デビ・ヤダブさんは,マデシ女性。十数年前,夫をマオイストに殺害され,それを機に政治家となる。政治経験は比較的浅い。

これら三役以外の役職の多くはまだ決まっていないが,デウバ体制の要職を占めるとみられている人々の多くは,連邦制や世俗制に批判的といわれている。特に,デウバ体制のキーパーソンと目されているクム・バハドウル・カドカ氏は,強硬なヒンドゥー国家主義者として知られている。NCデウバ体制は,微妙な力関係のもとにあるといってよい。

2.コイララ「王朝」退潮
コングレス党は,1947年の設立以来,事実上,コイララ一族の支配下ないし影響下にあった。この間,スバルナ・シャムシェルやKP・バタライが何回か党首になったが,いずれもコイララ家がバックにあった。

ところが,今回,党大会で反主流派のデウバ氏が,コイララ家の支援なしで,党首に当選した。コイララ「王朝」の退潮は明らかだ。これがNCの今後の動きにどう影響するのか,注目される。

3.デウバ党首の略歴
1947 6月17日極西部ダデルドゥラ郡生まれ。チェットり。
1971 ネパール学生組合(NSU)委員長
1991 内相
1995 首相
2001 首相
2002 NC-D結成,党首
2004 首相
2007 NC-D,NCと再統一
2016 NC党首
トリブバン大学政治学部卒,LSE(英)留学
パンチャヤト王政反対闘争で9年間投獄
2005年,汚職容疑で在宅逮捕(政争がらみとの説あり)

▼歴代党首(デウバ党首FB,NCホームページ)
160311b

160311a

【参照】
*KAMAL DEV BHATTARAI,”Deuba may be surrounded by persons opposed to federalism, secularism in NC nucleus,” Kathmandu Post,Mar 10, 2016
*”The rise of Deuba,” Nepali Times Monday, March 7th, 2016
*Kathmandu Post Editorial,”To new NC leadership: Resolution to key issues will lead to stability and growth, which in turn leads to long-term stability,” Mar 7, 2016
*The Himalayan Times Editorial, “It is Deuba,” March 09, 2016
*KAMAL DEV BHATTARAI,”Deuba defeats Poude: Eighth Nepali Congress president takes party leadership out of the Koirala family after two decades,” Kathmandu Post,Mar 8, 2016

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/03/11 at 16:55

カテゴリー: ネパール, 政党

Tagged with , , ,

スシル・コイララ前首相,憲法史に名を残すか?

スシル・コイララ前首相が2月9日,亡くなられた。77歳。1939年8月12日生まれ。首相在職2014年2月11日~2015年10月10日。

スシル前首相は,名門コイララ一族出身で,いずれも元首相のMP・コイララ,BP・コイララ,ギリジャ・コイララのいとこ。1954年頃からネパール民主化運動に参加。インド亡命16年間。反政府活動資金獲得のためのロイヤルネパール航空機ハイジャック事件(1973)に関与し,インドで逮捕,3年間投獄。

スシル前首相は,BPやギリジャのような雄弁なカリスマ的指導者ではなかったが,決断すべき時には果敢に決断し実行する,ネパール政界では数少ない「清貧政治家」だったという。その彼の最大の業績は,いうまでもなく2015年9月16日,首相として主要諸政党を説得し,制憲議会において「2015年憲法」を可決成立させ,9月20日大統領の名により公布施行したこと。

この2015年憲法については,マデシ諸党を中心に反対も少なくないが,歴史的にみると,それこそが長きにわたるマオイスト紛争を法的に決着させたことに疑いの余地はない。今後,この憲法が,必要な場合には適切に改正され,永続化することになれば,スシル・コイララ前首相の名はネパール憲法史に長く残ることになるであろう。

140211b 140211a
■コングレス党HP/スシル・コイララ首相フェイスブック

【参照】第37代首相はスシル・コイララNC議長

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/02/14 at 10:56

「実」より「名」,プラチャンダの連邦制提案

マオイストのプラチャンダ議長が10月15日,民族名結合の州名とするのであれば,10州以下の連邦制でもよい,と語った(Republica,15 Oct)。2013年11月の制憲議会選挙では,マオイストは12州を提案していた。

141015 ■マオイスト12州案(प्रतिबद्धता पत्र)

連邦制は,いうまでもなく新憲法制定への最大の懸案の一つ。連邦を構成する州の数が少なければ,州区画が大きくなり,民族/カーストごとの州をつくれず,相対的多数派の民族/カーストの力が大きくなる。州名も多数派民族/カーストの名前か,民族/カーストとは無関係の,たとえばコングレス提案の「東州」とか「西州」といった民族/カースト中立州名になるであろう。この場合,前者はいうまでもなく,後者であっても,現実政治においては多数派民族/カーストが実際にはヘゲモニーを握ることになる。

世間では,名前など符号にすぎないとか,「名」より「実」だなどいわれることも少なくないが,実際には「名」が「実」を左右する。夫婦同一姓強制への固執がそうだし,会社合併で「三菱東京UFJ」とか「三井住友」のように旧会社名継承にこだわるのも,「名」が「実」を規定すると信じられているからである。その意味では「名」は「実」より重要だ。

ネパール連邦制の議論において,プラチャンダが,州名を複数の民族/カーストの名を結合したものにするなら,州の数は10以下でもよいと述べ,コングレス党の6~7州案に大きく歩み寄ったのも,とりあえずは「実」を捨てるふりをして「名」を取る作戦だろう。被抑圧諸民族/カーストの権利実現をスローガンとして民主化運動を闘ってきたのだから,彼らのメンツ(名前)だけはつぶさないでやってくださいね,と情に訴える高等作戦。

もともとネパールでは,どの民族/カーストであれ,単独で独自の州をつくることは困難なのだから,結合名の州という提案は少数派民族/カーストにも受け入れられやすいものだ。そして,「名」を取れば,いずれ「実」をも取れるという希望も,少数派民族/カーストはもつことができるであろう。さすが策士,プラチャンダ!

しかし,果たして,それでうまくいくのであろうか? 結合名にするとして,では実際に,民族/カーストの名をどう結合するのか。プラチャンダは「キラト-ルンビニ-コシ州」といった例を出しているが,本当にこの程度で済むのだろうか? 

日本には,「三井住友海上あいおい生命」といった長~い社名や「損保ジャパン日本興亜」といった珍妙な社名があるが,いくら長くても珍妙でも丸く収まっているのであれば,それはそれでよい。

しかし,ネパール連邦制は,もっとはるかにやっかいだ。西洋諸国が焚き付けた民族アイデンティティ政治は,民族/カースト名をいくつ連結してみても,とうてい丸く収まりそうにはない。パンドラの箱を開けたツケは,ここでも地元住民に付け回されることになるのであろう。

[参照]火だるまのバタライ博士: マオイスト14州案

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/10/15 at 20:15

コングレス党の憲法骨格案

コングレス党(NC)が10月11日,憲法骨格案を作成し,「憲法に関する政治的対話と合意形成委員会(Constitutional Political Dialogue and Consensus Committee [CPDCC])」(バブラム・バタライ議長)に提出することになった。分かりにくいところもあるが,要旨は以下の通り(Nepalnews.com & Repuiblica, 11 Oct)。

1.連邦制
(1)6州又は7州。タライは2州に分割。下図参照。
(2)州の名称:州議会において2/3の多数により決定。
(3)州首都:州議会で決定。
(4)州公用語:ネパール語と,州民使用の他の2言語。
(5)州内自治体:州議会が1年以内に区画と名称を決定。区画は民族/カーストを考慮。必要な場合は,特別区を設定。
(6)州議会:議員定数25~50。大臣25人以内。

2.立法
(1)上院(連邦院):議員定数75以内。各州選出10,内閣の助言に基づき大統領任命5。
(2)下院(代議院):議員定数175。小選挙区選出。ただし,75人は包摂比例原則により候補者選出。(75人は比例制選出かもしれない。後日確認。)

3.行政
(1)大統領:儀礼的国家元首。連邦議会と州議会から選出される選挙人団が選出。
(2)首相:議会の多数により選出。不信任案は,首相就任1年経過後,現首相に代わりうる別の首相候補の名を明記した場合にのみ,提出可能。
(3)内閣:10人以内。

4.司法
(1)最高裁判所:長官と裁判官は「憲法会議」が指名。憲法解釈,司法記録保存。
 *憲法会議=最高裁長官(長),法務大臣,最高裁長老裁判官2,弁護士会指名1
(2)憲法裁判所:新憲法制定後10年間設置。連邦制に関する紛争の裁判。
 *憲法裁判所裁判官=最高裁長官,最高裁長老裁判官2,「憲法会議」又は「司法会議」推薦の専門家2。
(3)州裁判所

▼コングレス党の6州案と7州案(Repuiblica, 11 Oct)
141014

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/10/14 at 11:14

カテゴリー: 憲法, 政党

Tagged with ,

第37代首相はスシル・コイララNC議長

1.首相選挙
ネパール制憲議会=立法議会は2月10日,コングレス党(NC)のスシル・コイララ議長(सभापति शुशिल कोइराला)を首相に選出した(सभापति =chairman, president)。第37代首相。

 首相選挙立候補:スシル・コイララNC議長のみ。
 議員総数:571(2月10日現在)
 政党別議席数:NC196, 統一共産党(UML)175, マオイスト(UCPN-M)80, 国民民主党(RPP)24, 他96(2月10日現在)
 出席議員数:533
 賛成:405(NC,UML,RPP,共産党ML,MJF-L,他)
 反対:148(マオイスト,他)

 140211b ■コイララNC議長(NCホームページ)

2.NC=UML連立政権
スシル・コイララ首相選出は,選挙で大勝したNCとUMLの「7項目合意」(2月7日)により,実現した。

▼NC=UML7項目合意(2月7日)
 (1)新憲法は1年以内に制定。
 (2)第1次制憲議会における憲法関係各党合意事項の承認・継承。
 (3)新憲法施行前に大統領と副大統領を新たに選出。
 (4)現大統領と現副大統領の任期は,制憲議会=立法議会において暫定的に延長する。
 (5)UMLは,首相選挙において,スシル・コイララNC議長に投票する。
 (7)制憲議会議長はUMLとし,NCはこれを支援する。

3.コイララ首相の公約
コイララ首相は,NC=UML連立内閣首相であり,当然,「7項目合意」が基本となる。この合意に基づき,彼は,首相選挙立候補演説において,つぎの「12項目目標」を公約した。

▼12項目目標(2月10日)(nepalnews.com, 10 Feb)
 (1)和平プロセスの継続・完了。
 (2)新しい民主的・共和的憲法の1年以内の公布施行。
 (3)地方選挙の6か月以内の実施。
 (4)経済発展と社会正義のための基本政策の作成。
 (5)インフレ抑制。
 (6)すべてのバンダ(ストライキあるいは閉鎖)の規制。
 (7)紛争被害者の救済。
 (8)法の支配による平和と秩序の確立。
 (9)内外資本の投資環境の改善。
 (10)インフラ建設および社会サービスの可及的速やかな促進。
 (11)印中および他の友好国との関係の強化。
 (12)すべての政党とつねに協力し,コンセンサスによる統治を目指す。

 140211a ■コイララ首相フェイスブック

4.勇猛にして清貧
スシル・コイララ氏は,1939年生まれで74歳。独身で,質素な生活を好み,「清貧指導者(saint leader)」などとも評されている。

一方,スシル氏は,名門中の名門,コイララ一族の一員であり,パンチャヤト期にはBP・コイララ,ギリジャ・コイララらとともに激しい民主化闘争を闘っている。

特に有名なのは,1973年のギリジャをリーダーとするハイジャック事件。1973年6月10日,NC党員3人がビラトナガルを離陸したロイヤル・ネパール航空機をハイジャックし,インド・ビハール州に強制着陸させ,ネパール政府公金3百万ルピーを強奪した。反パンチャヤト武装闘争の軍資金とするためだった。スシルは,このハイジャック事件の支援メンバーの1人として逮捕され,デリー監獄に投獄されたが,1975年,保釈された(wiki)。

政党活動が禁止されていたパンチャヤト期には,ガネッシュマン・シン,KP・バッタライなど激しい実力闘争を闘い長期間投獄された政党政治家が,たくさんいた。スシル首相もその1人なのである。

 140211c ■NCトロイカ(NCホームページ) 

5.揺り戻し
NC=UML連立コイララ内閣が,「行きすぎた」民主化革命体制からの揺り戻しとなることは間違いない。「12項目目標」を見ても,バンダ規制や「法の支配」強化があげられている。

NCとUMLは旧1990年体制の中心勢力だったし,コイララ首相に賛成投票したRPPも今回の選挙で26議席を獲得し勢力を回復しつつあ。

さらに,マオイストは野党を選択したものの,幹部らはこの数年で戦利品を十分すぎるほど手中にし,体制内化している。プラチャンダ議長自身,「1年以内の新憲法制定というコイララの公約は評価できる。われわれは,憲法制定を建設的な立場から支援する」と明言している(Republica, 10 Feb)。

だから,2007年暫定憲法体制からの揺り戻しは避けられないだろうが,問題は,それがどの程度になるか。たとえば,「12項目目標」の公約では,新憲法は「民主的・共和的」とされている。「連邦制」はない! たまたまなのか,それとも意図的なのか? もし意図的に落としたとすれば,これは大問題になる。

歴史的に見ると,イギリス革命,フランス革命など大きな革命はたいてい「行きすぎ」,それへの揺り戻しが起こり,結局,状況から見てそこそこ妥当なところに落ち着く。巨視的に見れば,ネパール革命も,そのような経過をたどるのではないだろうか?

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2014/02/11 at 19:43