ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘ゴビンダ・KC

ゴビンダ医師のハンスト闘争(26)

7.ハンスト:開始から終了まで
(1)ジュムラでハンスト開始
ゴビンダ・KC医師は2018年6月29日,空路ジュムラに入った。医療過疎地カルナリ州のジュムラで「決死のハンスト」を敢行し,「医学教育令2017年」の継承発展たる「医学教育法」の制定など保健医療制度の抜本的改革を訴え,オリ政府に圧力をかけ,それを実現させるためであった。

翌6月30日,ゴビンダ医師は,ハンストを予定していたKAHS(カルナリ健康科学アカデミー)教育病院に向かったが,途中で警察に阻止された。仕方なく予定を変えジュムラ郡役所に向かったが,今度は役所入口付近で拘束され,警察署に連行されてしまった。

ジュムラ郡当局は,ゴビンダ医師ハンスト情報に基づき,あらかじめKAHS,郡役所,郡警察署それぞれの200m以内での抗議活動を禁止していた。警察は,この禁止命令に違反したとしてゴビンダ医師を拘束したのである。

警察署に留置されたゴビンダ医師は,午後3時ころ,そこでハンスト開始を宣言した。これに対し,KC支持派が激しく抗議,困った警察は彼を「郡スポーツ開発委員会ホール」に移した。そこは電気すらなく,ジメジメしており,鳩の糞だらけ。特に日没後は暗くて寒い過酷な環境。それでもゴビンダ医師は,ひるむことなく,床(コンクリート?)にマットを敷き,そこで敢然とハンストに入ったのである。15回目のハンスト。


■ジュムラ(jumlanepal.blogspot.com)/KAHS付近(KAHS HP)


■KAHS(MN. Marhatta, Dean)/KAHS教育病院(KAHS FB)

*1 “Dr Govinda KC begins hunger strike at police office after arrest,” Kathmandu Post, Jun 30, 2018
*2 “Dr KC starts hunger strike in Jumla,” Kathmandu Post, Jul 1, 2018
*3 “Dr KC’s first night of 15th fast-unto-death in darkness,” Republica, July 1, 2018
*4 DB BUDHA, “Dr KC starts 15th hunger strike, is briefly arrested,” Republica, July 1, 2018
*5 DB BUDHA, “KC supporters gather in Jumla,” Republica July 2, 2018
*6 “Dr KC Begins Hunger Strike In Jumla,” NEW SPOTLIGHT, July 1, 2018
*7 “DR KC STARTS HUNGER STRIKE IN JUMLA,” Yuvanepal.Com, July 1, 2018
*8 “Dr KC starts hunger strike in Jumla,” The Province Times, July 1, 2018

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/03/16 at 17:56

ゴビンダ医師のハンスト闘争(19)

6.第15回ハンスト
 (1)なぜジュムラでハンストか?
 (2)決死のハンスト(i) (前出)

(2)決死のハンスト(ii)
しかし,もし仮に政府が要求を呑んでいなかったとしたら,ゴビンダ医師はどうしたであろうか? あるいは,どうされていたであろうか? これは生死と自己選択(自己決定)にかかわるギリギリの難しい問いである。

①ハンストと延命治療
一つは,本人の意思にかかわりなく実施されるであろう救命・延命治療の問題。医学の「進歩」がハンスト死の成就を困難にしている。

ゴビンダ医師の場合,彼自身は,「決死のハンスト」を宣言しており,死は覚悟していたであろうが,危険な状態になれば,最初に収容されたジュムラの病院であっても,彼の「決死」の意思にかかわりなく,病院側はおそらく最大限可能な救命治療をしていたであろう。

また,そのような状況が予想される場合,政府の積極的な介入も十分考えられる。そもそも,政府がハンスト中のゴビンダ医師をジュムラからカトマンズに移そうと何度も試み,結局は事実上強制的にヘリ輸送してしまったのも(詳細後述),彼の「ハンスト死」ないし「殉死」の成就を恐れたからに違いない。カトマンズに移し設備の整った病院に入れてしまえば,医師らに圧力をかけ,ゴビンダ医師自身の意思にかかわりなく,あるいは彼が意識を失ってしまっても,生かし続け「ハンスト死」させないための延命治療を最大限続けさせることが出来るからである。

善悪はとりあえず置くとして,たとえ「決死のハンスト」であっても,現代では実際には本人の意思通りの衝撃的,劇的な「ハンスト死」は,事実上,困難な状況となってしまっているのである。(ハンストに起因する疾病で後日,治療中に命を落とすことはあろうが,これは多かれ少なかれ「病死」の意味合いを帯びざるを得ない。)

なお,本人の意思(自己決定)に基づく延命治療の中止は,欧米だけでなく,日本でも認められつつある。すでに日本学術会議「死と医療特別委員会」も,「尊厳死について」(1994年)において,「患者の自己決定ないし治療拒否の意思を尊重して延命医療の中止,すなわち尊厳死を容認した」(『終末期医療のあり方について』2008 年)と宣言している。

しかしながら,これはあくまでも医学的に尊厳ある生の維持が不可能な場合の延命治療の中止であって,ここではハンストは,当然ながら全く考慮されていない。ハンストは延命治療中止の正当理由とはならない,ハンスト者には最大限可能な延命治療がなされる,とみるべきであろう。

PIRAのハンスト死
アイルランド共和国軍暫定派(PIRA)のボビー・サンズら10人が1981年,獄中ハンストで餓死した。首相であった「鉄の女」サッチャーは,彼らを見殺しにしたとして激しく非難攻撃された。「決死のハンスト」放置は,為政者にとって,リスクの大きな選択である。
■Bobby Sands Trust HPより

谷川昌幸(C)

ゴビンダ医師のハンスト闘争(18)

6.第15回ハンスト
(1)なぜジュムラでハンストか?(前出)

(2)決死のハンスト(i)
ゴビンダ医師はハンストのためジュムラに行ったが,彼の場合,ハンストはハンストでもそれは,これまでと同様,死を覚悟した「決死のハンスト・死のハンスト(hunger strike unto death, fast unto death)」であった。

ハンストにはいくつかの方法があるが,大別すれば,おおよそ次のように区分できるであろう。
・期間:決死(unto death),無期限,期間限定
・飲食:完全絶食,水のみ,水と食塩,水・食塩・栄養液等
・治療:完全拒否,酸素吸入のみ,ブドウ糖液等の投与,救命治療全般

ゴビンダ医師の今回のハンストは,どのような方法で行われたのか? この点については,これまでと同様,あまり詳細には報じられていないが,期間が無期限の「決死のハンスト」であったことは明白である。飲食は,水と食塩のみ。治療は,酸素吸入は受けていたが,ブドウ糖液の注射は拒否した。非常に厳しい過酷なハンストといってよいだろう。

そのためハンストに入ると,ゴビンダ医師の体調は急激に悪化した。体重減少,血圧低下,血糖値低下,白血球減少,血中マグネシウム低下,筋肉けいれん,嘔吐感,胸の痛み,心室性期外収縮,立ち上がり困難,発声困難,昏睡,そして心停止の恐れ・・・・。

この経過がメディアで刻々と伝えられると,ゴビンダ支持が全国に拡大,政府はついに7月26日,ゴビンダ医師の要求をほぼ受け入れ,彼はハンストを終了,一歩手前のところで死をかろうじて免れた(経過は後述)。

■ゴビンダ医師ハンスト(ゴビンダ教授連帯FB,2018年7月5日)

*1 Devendra Basnet/DB Budha, “Dr KC’s condition deteriorating,” Republica, July 9, 2018
*2 Devendra Basnet/DB Budha, “Dr KC refuses medication,” Republica, July 10, 2018
*3 Devendra Basnet/DB Budha, “Dr KC losing consciousness,” Republica, July 14, 2018
*4 Devendra Basnet/DB Budha, “Docs prepare to place Dr KC on ventilator,” Republica, July 16, 2018
*5 “Dr KC diagnosed with hypocalcemia,” Republica July 17, 2018
*6 “Dr KC agrees to checkup at mother’s request,” Republica, July 24, 2018

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/02/09 at 16:19

ゴビンダ医師のハンスト闘争(17)

6.第15回ハンスト
(1)なぜジュムラでハンストか?
ゴビンダ・KC医師(博士,TU教授)は,オリ内閣に対し,政府提出「医学教育法案」を撤回させ,「医学教育令2017年」の継承発展たる「医学教育法」を制定させるため,カルナリ州のジュムラ(人口約10万人)に行き,そこでハンストを決行することにした。15回目のハンスト。

それにしてもなぜ,ハンストのため,わざわざ遠隔地ジュムラまで行かなければならないのか? ゴビンダ医師は,こう説明している(“Dr KC to start 15th fast unto death from today, in Jumla,” Republica, 29 Jun 2018)。

「私は次のハンストをジュムラで開始することにしたが,それは私の闘いがつねに庶民のためのものだからである。地方の人々は基礎医療さえ保障されていないのに,与党有力者らは都市部を優先し,医療の営利事業化により巨利をむさぼろうとしている。」

「カルナリ保健科学アカデミー(KAHS)は2007年開設だが,医学士(MBBS)課程はまだ開設されていない(注)。共産党幹部は選挙の時は票のため人々に耳触りの良いことをいうが,選挙が終われば,人々のことなどどうでもよく,彼等との約束などきれいさっぱり忘れてしまった。だからこそ,私は政府が無視してきたここ,カルナリ[のジュムラ]において,人々と共にありたいと思うのだ。」
(注)KAHSは『暫定憲法2007年』のもとで制憲議会が開設。現在の根拠法はKarnali Academy of Health Sciences Act, 2068 (2011)


■KAHS(FBより)/カルナリ州ジュムラ郡

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/01/25 at 16:44

ゴビンダ医師のハンスト闘争(13)

1.民主的専制とサティヤグラハ:ネパールから学ぶ
2.ゴビンダ医師ハンスト略年表
3.マテマ委員会報告
4.医学教育令制定と医学教育問題調査委員会報告
5.オリ共産党政権成立とその医学教育政策
 (1)医学教育政策後退とゴビンダ医師の抵抗(以上前出)

(2)オリ政権の医学教育法案
オリ政府は「医学教育令2074(2017)年」の期限切れ(2018年7月4日)を前に,6月末,議会に「医学教育法案」を提出した。この法案は,ゴビンダ医師が危惧していたように,「医学教育令の主要22規定を削除したもの」(*1)であった。主要変更部分は以下の通り。
 ・カトマンズ盆地内の医大新設申請許可
 ・既存大学提携開設医大を5校以内とする制限の撤廃
 ・奨学金付き学生定員を50%に引き下げ
 ・病院開設後すぐ医大新設申請可能(医学教育令では3年後)
 ・実業家の医療分野参入促進(*2,3,4)

しかも,この政府法案には,「迅速審議(fast truck)」が付帯されていた。これにはコングレス党など野党が反対,政府は提出済みの法案をいったん取り下げ,7月6日,「迅速審議」抜きの法案を再提出した。しかし,法案の内容そのものには大きな変更はなかった。

▼参照:「ネパール・メディカル・ショー2017」会場風景
Nepal Medical Show

*1 “Govt unwilling to meet Dr KC’s demands: Talks team,” Republica, July 26, 2018
*2 “Replacement medical education bill draws flak,” Republica, July 1, 2018
*3 Bishnu Prasad Aryal, “Business stake of CPN bigwigs at heart of medical education bill tussle,” Republica, July 5, 2018
*4 Ashok Dahal, “Medical education bill with disputed provisions back in parliament,” Republica, July 7, 2018

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2019/01/05 at 17:09

ゴビンダ医師のハンスト闘争(12)

1.民主的専制とサティヤグラハ:ネパールから学ぶ
2.ゴビンダ医師ハンスト略年表
3.マテマ委員会報告
4.医学教育令制定と医学教育問題調査委員会報告(以上前出)

5.オリ共産党政権成立とその医学教育政策
(1)医学教育政策後退とゴビンダ医師の抵抗
2018年2月15日,オリ共産党政権が発足した。ゴビンダ・KC医師の要求する医学教育改革については,コングレス党前政権も積極的とは言えなかったが,それでも前年秋,ゴビンダ医師の要求をほぼのみ「医学教育令2074(2017)年」を制定した。ところが,同政令発布直後の総選挙で大勝し政権を奪取した共産党(NCP)は,ゴビンダ医師の要求するような医学教育改革には強硬に反対してきた。ゴビンダ医師の改革要求闘争は,オリ政権発足により,これまでの成果ですら根こそぎ反故にされかねない状況となった。

事実,オリ政府は,「医学教育令2074年」の施行にも,それを法律として制定することにも否定的であった。また,医学教育問題調査委員会(MEPC)報告の公表や,そこで勧告されている腐敗・権力乱用責任者処罰にも着手しようとはしなかった(*1)。

これに対しゴビンダ医師は,改革要求が容れられなければハンストに入る,と繰り返しオリ政府に警告した。そして,このゴビンダ医師の不屈の戦いに,市民・学生・保健医療関係者らの支持も拡大し,政府はついにシンハダーバー(政庁地区)南西角交通要所のマイティガル・マンダラでの集会を禁止する強権発動に出た(集会参加者一斉逮捕は6月30日開始)。政府が力で医学教育改革を抑え込もうとしていたことは明らかである。

■マイティガル・マンダラ(赤丸印,Google)

しかしながら,それでもゴビンダ医師への支持拡大は止められず,「医学教育令2074年」の次の期限(7月4日)までに何らかの具体策をとらざるを得ない状況に,オリ政府は追い詰められていった。この間の経過の概略は以下の通り。

5月3日,ゴビンダ医師は,「次の議会で医学教育法が制定されることを期待している」とのべ,もし同法制定をはじめとする医学教育改革が実現されなければハンストに入る宣言した。主な改革要求:
・「医学教育法」の制定
 ・医学教育問題調査委員会報告で処分勧告された43人の処分実施
 ・規定以上の授業料を取る医大の処分
 ・マイティガル・マンダラでの集会禁止の撤回

これに対し,オリ内閣は5月9日,「医学教育令2074年」の継続を議会可決はしたが,それ以上の改革には手を付けようとはしなかった。そこでゴビンダ医師は6月7日,従来の改革要求に医療関係者脅迫禁止法の制定など新たな要求をいくつか加えた「6項目要求」を政府に突き付け,要求が容れられなければハンストに入る,と改めて宣言した。

ところが,議会で三分の二以上の絶対多数を握るオリ政権は,またもやゴビンダ医師の要求を無視した。オリ首相は,デウバ内閣がゴビンダ医師の諸要求をほぼ受け入れ制定した既存の「医学教育令2074年」を法律として継承発展させるのではなく,その精神に反する新たな“医学教育法”の制定(旧医学教育法への事実上の復帰)を目論んでいた。ゴビンダ医師は,こう非難している。

「この政府の方針は認められない。われわれは,一般の人々に利用可能な高度な医療と,妥当な負担で可能な高度医学教育を実現するために闘っているのだ。(*2)」

ことここに至って,ゴビンダ医師は,オリ政府には医学教育改革への意思なし,と判断せざるをえなくなった。そして,ついに6月29日,北西部カルナリ州のジュムラにおいて,彼は無期限ハンストに入ることになったのである。第15回目のハンストである(*2)。

■BBCのハンスト報道(ゴビンダ教授連帯FB)

*1 “Dr Govinda KC serves 15-day ultimation, warns of another hunger strike,” Onlinekabar, 3 May 2018
*2 “Dr KC to start 15th fast unto death from today, in Jumla,” Republica, 29 Jun 2018

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/12/29 at 16:21

ゴビンダ医師のハンスト闘争(8)

3.マテマ委員会報告
(1)保健医療専門職教育に関する上級委員会(マテマ委員会)[前出]
(2)「マテマ委員会報告」要旨
1)保健医療制度と医学教育の抜本的見直し。医科大学(医学部)の中央集中の解消。医学部,歯学部,看護学部のカトマンズ盆地内新設のための予備合意書[基本合意書](Lol)は,今後10年間,交付しない。すでに全医大23校のうちの7校がカトマンズ盆地内に立地している。(保健省HP[2018-10-30]によれば,現在の医科大学数は公立4,軍付属1,私立14の計19校。[注])

2)保健医療担当専門機関を設置し,医大開設認可,医大入試,医大付属病院運営等を監督させる。既存の「ネパール医学委員会(NMC)」は機能不全。

3)カトマンズ盆地内では,医科大学は,たとえ準備が進んでいても,新設は認めない。準備中の既存施設等は政府に引き渡す。「マンモハン記念健康科学インスティテュート」,「ナショナル医科大学」,「人民歯科大学」など。

4)大学が予備合意書(Lol)をすでに取得している場合,保健医療コース新設はカトマンズ盆地以外でのみ認められる。

5)医大開設予備合意書を取得し施設整備を終えている場合,その施設は政府に売却することができる。

6)一つの大学が提携(affiliate)できる医大ないし医学部は5校以内(既存医大は除く)。医大(医学部)を持たない大学には,提携医大の新設を認めない。

7)一つの郡に開設できる医大は,一校のみ。

8)提携医大のMBBS(医学士)定員は100人以下,授業料は350万ルピー以下。また,提携歯科大(歯学部)の定員は50人以下,授業料は180万ルピー以下。

9)医師資格試験(NMC実施)合格率が2回連続75%以下の場合,医大認可取り消し。

10)国家は,必要な医大の開設には,税軽減,土地貸与などの助成をすべきだ。

[注]ネパールの医科大学(★公立,☆軍付属,無印は私立)
Tribhuwan University Affiliated (TU)
・Institute of Medicine (IOM), Maharajgunj, Kathmandu ★
・Universal Medical College (UCMS), Bhairahawa, Nepal
・National Medical College (NMC), Birgunj, Nepal
・Janakai Medical College (JMC),Janakpur, Nepal
・Kist Medical College (KISTMCTH), Imadol, Lalitpur
・Chitwan Medical College (CMC), Bharatpur, Chitwan
・Gandaki Medical College (GMCTHRC), Lekhnath-2, Pokhara
・Nepalese Army Institute of Health and Sciences( NAIHS), Kathmandu ☆
Kathmandu University Affiliated (KU)
・College of Medical Sciences (CMS),Bharatpur
・Nepaljung Medical College, Chisapani, Nepaljung
・Kathmandu Medical College (KMC),Sinamangal, Kathmandu
・Nepal Medical College,Jorpati, Kathmandu
・Kathmandu University School of Medical Sciences (KUSMS),Dhulikhel
・Lumbini Medical College,Tansen, Palpa
・Nobel Medical College.Biratnagar
・Manipal Medical College of Medical Sciences (MCOMS),Pokhara
Not affiliated to TU or KU
・B.P. Koirala Institute of Health and Sciences (BPKIHS), Ghopa, Dharan ★
・Patan Academy of Health and Sciences (PAHS),Patan, Lalitpur ★
・National Academy of Medical Sciences (NAMS),Mahaboudha, Kathmandu ★

医科大学の格付け(*8)

*1 चिकित्सा शिक्षासम्बन्धी राष्ट्रिय नीति तर्जुमा उच्चस्तरीय कार्यदलको प्रतिवेदन २०७२ (High-level work report on national policy related to medical education 2072)
*2 “Mathema-led committee submits report,” Republica, 29 Jun 2015
*3 “Mathema committee submits report on new health education policy,” The Himalayan Times, June 29, 2015
*4 “Govt makes public Mathema committee report,” Ekantipur, Aug 4, 2015
*5 “Health Profession Education Commission: Govt picks names for regulatory body,” Kathmandu Post, Sep 18, 2015
*6 “Top Ten recommendation for restructuring ‘Nepals Health Profession Education Policy’,” edusanjal, 2015-07-05
*7 “Health Profession Education Policy sets a precedent for future public policies: Interview Kedar Bhakta Mathema,” Kathmandu Post, 2018-07-09
*8 “Top Medical (MBBS) Colleges of Nepal,” https://edusanjal.com/ranking/top-medical-mbbs-colleges-nepal/

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2018/10/31 at 16:10

カテゴリー: 健康, 教育

Tagged with , , ,