ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘ゴルカ

戦時犯罪裁判要求,プラチャンダ首相の覚悟は?(2)

2.クリシュナ・プラサド・アディカリ虐殺事件
母ガンガ・マヤ・アディカリの息子クリシュナ・プラサドは,父ナンダ・プラサドら家族とともに,ゴルカ郡プジェルに住んでいた。

ところが,2004年6月6日(4日?),チトワン郡バクラハル・チョークでクリシュナが殺されているのが発見された。SLCを終えチトワンの親戚を訪れた彼を,マオイストが警察スパイと疑い,拉致して暴行し,バイクにロープでつないで引き回し,バクラハル・チョークの木の幹に縛り付け,銃撃して殺したとされる(*2)。あるいは,マオイストがクリシュナを警察スパイと疑い,ゴルカからチトワンに連行して虐殺した,という報道もある(*3)。

しかしながら,父ナンダは,息子殺害には別の理由があったと考える。そのころ,ナンダ一家は所有地をめぐり親戚と争っていた。この親戚は,マオイスト支配下の「村政府」にナンダを訴えており,これが息子殺害の背後にある,より深い理由だというのである(*5)。

2004年6月のクリシュナ虐殺事件の大枠が,もし以上のようなものなら,これは人民戦争期の戦時犯罪の典型と見ることが出来る。
 (1)ゴルカは,マオイストのナンバーツーの実力者だったバブラム・バタライの地元であり,人民戦争の中心地のひとつ。
 (2)チトワンは,マオイスト指導者プラチャンダの地元であり,襲撃や紛争多発。
 (3)私的な財産争いとマオイスト政治闘争との連動。あるいは,私的な財産争いにマオイストを利用,またはマオイストが私的な財産争いに介入し利用。

クリシュナ・アディカリは,プラチャンダの地元チトワンで「警察スパイ」として「処刑」され,残された家族はバブラムの地元ゴルカでマオイストの敵とみなされ,糾弾され始めた。皆殺しの脅迫さえあったという(*3)。

160818 ■ゴルカとチトワン(○印)(Google)

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2016/08/18 at 10:57

震源地ゴルカの被害状況

ゴルカは震源地であり,前述のように,村や町の被害が心配されている。ゴルカ出身のバブラム・バタライ元首相(マオイスト)がヘリで緊急視察したところ,全壊に近い村もあるようだ。

ネパールの村々は,急峻な山腹にへばりつくように点在したり,ナイフの刃先のような狭い稜線上に位置するものが多く,素人目にも,揺れや地滑りには極めて弱そうだ。。

それらの村々への道路も,山腹を切り開いただけの山道が多く,各所で不通となっていると思われる。ヘリなどの支援はできないのだろうか?

▼ゴルカの村と町(バタライ元首相FBより)
150427f150427g

▼ゴルカ(2009年3月)

[参照]ゴルカ関連記事
ゴルカの落差と格差:美少女の不幸
血みどろのゴルカ王宮

[追加]ゴルカ郡だけで,死者375人,不明多数(Republica, 28 Apr)。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2015/04/28 at 11:24

国土改造ブームのネパール

カトマンズでも地方でも,土木工事。道路拡幅,下水道敷設,河川改修などなど。正式憲法なんかなくても,ネパールは,活気に満ちている。世界最高水準の憲法があっても,老化衰退落日の日本とは好対照だ。

ネパールの国土大改造に突破口を開いたのは,マオイストだ。支配有産階級の既得権益など一顧だにせず,被差別カースト・少数民族の解放を進める一方,まずは道路建設に着手した。

お手本は,マオイストの博士バブラム・バタライ幹部(党・政府要職歴任*)。地元ゴルカに立派な高規格道路を建設したかと思えば,カトマンズでは居住者の訴えに一切耳を貸すことなく,文字通り蛮勇をふるって,情け容赦なく家やビルを破壊し,道路を造っていった。このマオイストの革命的国土改造政策は,第二次制憲議会選挙で大勝したNCとUMLの現政権もチャッカリいただき,さらにそれに拍車をかけている。
 * 「博士(Dr)」は,ネパールでは権威中の権威。首相在職中(2011-13)でも,呼びかけは「博士」。「博士」であり,しかる後に首相であったマオイスト。ほほえましい。

ネパールの道路建設は,革命的に乱暴だが,それはそれなりに優先順位を付け,合理的に工事を進めていることがよく分かる。路側を掘削して大きな段差が出来ても,舗道上に深い穴が出来てもそのまま。が,大丈夫,車も歩行者も,その程度のことは十分予測して通行する。車が転落し仰向けになっても,歩行者が穴に落ち足を骨折しても,自己責任,注意不足にすぎない。

あるいは,たとえば何回か取り上げたカランキ交差点。環状道路と市内からタンコットへ向かう道路が直交する大交差点だが,信号機は撤去され交通警官手信号,ときにはそれすらなく運転手の自主判断で通行する。超ローテク人力交差点。そして,その上に架かるのは,必要最低限ギリギリの,革命的に安普請の貧相な陸橋。こんなトンデモナイ交差点は,日本は絶対に造りはしない。しかし,現実には,これが交差点として十分に機能しているのだ。

むろん,この国土改造のネパール方式は,先進諸国には受け入れられないだろう。個人の権利は尊重しなければならないし,伝統や文化,環境や景観も尊重しなければならない。そして,何よりも,先進諸国では,人々が国家を信用し政府に依存して生きているからである。

▼道路工事
150212a150212b
 ■マイティデビ/同左

150212c150212f
 ■マッラホテル付近/ダーラン(スンサリ)の道路拡幅・下水道工事

150212i150212j
 ■環状道路(ドビガード付近)のネパール式=中国式拡幅工事/同左

▼住民の抵抗
150212e150212d
 ■2階以上死守/歩道新設のため撤去されたと思われる1階の壁(マイティガル)

▼整備された道路
 150212g150212h
 ■ビラトナガル~ドゥハビ~ダンクタ道路/バラトプル~イラム道路。高所の峠でも,道路も送電線もよく整備されている。付近は茶畑。

150212k
 ■超近代的都市道路(ビシュリバザール付近)。片側4車線+歩道+太陽光LED照明

カランキ交差点(2012年)
 
121128b

谷川昌幸(C)

謹賀新年 2011年元旦

Written by Tanigawa

2011/01/01 at 22:04

カテゴリー: ネパール, 社会

Tagged with , ,

国家より党優先のマオイスト

マオイスト第6回拡大中央委員会(Plenum)が11月21日,ゴルカのパルンタールではじまった。25日までの予定。
ゴルカ郡パルンタール付近

このプレナムには,全国から6千人が参加,その中にはカントンメント収容の人民解放軍戦闘員1400人も含まれている。あれあれ,これは「包括和平協定」「武器・軍管理監視協定」違反ではないかな?

22日には,バイダ副議長とバタライ副議長が運動方針案を読み上げた。各2時間。バイダ副議長は,人民蜂起で人民民主主義(人民独裁)を実現せよ,と檄を飛ばしたらしい。これに対し,バタライ副議長は,いやいやそれはまずい,まずマオイスト主導で新憲法を制定し平和を実現する努力を尽くすべきだ,もしそれが妨害され新憲法制定が困難になったら,そのとき人民蜂起に訴えるべきだ,と提案したという。

この左右両論を踏まえ,23日午前,プラチャンダ議長が,まあまあ,なあなあの折衷案を出し,ケンケンガクガクの議論を通して弁証法的統一を図る予定とのこと。唯物論的弁証法よりも,やはり本家ヘーゲルの精神的弁証法の方がマオイスト好みらしい。

これはマオイストの大会だから,それはそれでよいが,この拡大中央委員会のおかげで,世界新記録を更新中の首相選挙が棚上げとなり,MK・ネパール暫定首相は「世界虎保護会議」のためロシアに行ってしまった。次の第17回首相選挙は,12月16日(木)の予定。われらがポウデルNC議員団長は,もちろん立候補を継続する。えらい。

ここネパールでは,国家と党の関係はすでに逆転,党の方が国家に優先する。マオイストが政権を取れば,すんなり党主導人民民主主義国に移行できるわけだ。未来は輝かしい。

で,目を未来から足元に転じパンタールを見ると,ここは20年ほど前いったことがあり,美しいところなのだが,なんと,プレナム参加者の6分の1,1000人余が食中毒で倒れてしまった。飲料水か食事が原因らしい。未来は輝かしい。が,足元はおぼつかない。

谷川昌幸(C)

Written by Tanigawa

2010/11/23 at 19:49

車の運転と国家統治

 谷川昌幸(C)
 統治governmentは,「船を操る」が語源。操船,あるいは現代であれば車の運転を見ると,その国の政治のあり方がよくわかる。
 
イギリスが民主主義の国とされるのは,タイタニック号事件(史実とすれば)に見られるように,船長以下乗組員が職責に殉じ,英国男性乗客が「紳士」として振る舞ったように,人々が目先の利益よりも規範や誇りを重視し行動する態度を身につけているからだ。民主主義は紳士の政治である。
 
ネパールの政治は,この対極にある。政治はそれぞれの文化ごとに様々であってよいが,もしかりに西洋民主主義をモデルとするなら,ネパールの政治家には「紳士たれ」といわざるをえない。そして,紳士となるには,客観的規範(ルール)をたとえ自分に不利であっても守り抜くという「やせ我慢」の美学の体得が不可欠である。
 
この美学がもっとも赤裸々に現れるのが,現代では道路交通である。深夜,車一台通らなくても,赤信号で止まる。愚劣かつ高尚だ。紙一重の差。わかる人にはわかる。それが紳士だ。ネパールの車運転はこの対極にある。
 
3月19日,ゴルカに行く途中,大渋滞に巻き込まれた。カトマンズ,ポカラ,チトワンの三方面からの幹線の集まる三叉路,ムグリンのはるか手前で車が止まり,全く動かない。トラック運転手は車台の下に潜り込み寝ている(日陰で涼しい)。露天が店開きし,飲み物,お菓子,弁当を売りに来る。 はてはサドゥ(ヒンドゥー教行者)たちが現れ,渋滞解消のため(?),有難いお祈りを唱え,祝福を受けよと呼びかける。まさにネパール的(インド的)混沌。ゴルカよりも面白そうだが,ゴルカに行くという目的合理性には反する。私も近代人だから,イライラが募り,この前近代的・非合理的渋滞を呪い始めた。
大渋滞。車台下で昼寝。路上販売始まる。
 
もしこれがバンダ(ゼネスト)かチャッカジャム(道路封鎖)だとすると,マオイストかマデシか,あるいは身内を轢き殺された一族かが,自分たちの要求を通すためやっているに違いない。はなはだ不合理で,紳士的でなく,したがって民主的ではない。ケシカラン! もうあきらめ引き返そうかと思い始めた頃,これはどうやら自然渋滞らしいということがわかった。
 
そこで周囲を見回してみると,こんなことをやっていては渋滞は当たり前だ,と思われる不可解な交通慣習がいたるところに見られる。 まったくもって不可解なのが,自己中(自己中心)の横着駐停車だ。この道路はインド・タライとカトマンズを結ぶ幹線で,大型トラックが多数往来する。それらのトラックが,道幅の狭いところに平気で駐車している。たとえその20~30m先に広い空き地があっても,そこまでいって駐車することは,しない。カトマンズからムグリンまで,ずぅ~と観察してきたが,そんな自己中横着駐車が無数にあった。紳士たるもの,ルールに従うこと以上に,他人に迷惑をかけないことを心がける。ネパールの運転者はこの逆,他人のことなどまったく考えていない。おそらく,それが迷惑をかけるとすら意識していないのであろう。
 
近代的愚劣の新名所マナカマナの茶店で,ハイカラ軽薄「即席ラーメン」を恭しく賞味しながら見ていると,この世のものとも思えない超自己中ドライバーに,あきれるのを通り越し,いたく感動させられた。何と,道の両側に車を止め,茶店に入り,茶を飲んでいる。当然,通行困難になり,渋滞が始まり,ブーブー,プープーとやかましくなるが,われ関せず,まったく平気だ。恐れ入りました。
両側駐車名所マナカマナ。即席ラーメン賞味のレストランより。
 
しかし,こうした自己中は悪いことばかりではない。ネパールでは,少々他人に迷惑をかけても,怒られない。プープー,ブーブーとけたたましいが,日本のように血相を変えて文句を言い,あげくのはて殴り合いになったり,逆上して殺したりするようなことは,まずない。迷惑なれしていて,迷惑を迷惑とも感じていない。だからこそ,バンダが日常化しても,停電16時間になっても,人々はまぁ仕方ないか,と平静でいられるのだ。日本だったら,天下の一大事,非難の雨あらし,首相の首が飛んでしまう。
 
19日のムグリン渋滞も,大型トラックが駐車し,そこにばかでかい超豪華ツーリストバスが来て動けなくなたことから発生したものだった。 まったく動かない。そうなると,これまた不可解きわまりないのだが,ネパール人(インド人)ドライバーは,待つことができない。二車線なのに,反対車線に出て我先にと先に突き進む。同じことが,渋滞の向こう側でも,当然,発生している。つまり,渋滞の起点を挟んで,反対向きの車が二車線をびっしり埋め,角突き合わせているわけだ。これでは,もうどうにもならない。事態は悪化するばかりで,道路そばのサドゥご一行の祈りも,ますます熱を帯びてきた。
渋滞解消祈願(?)のサドゥご一行(左)。バス前がわれらの乗用車。 
 
ここでスゴイのは,さすがヒンドゥーの神々,行者の祈りが通じたのか,役人か顔役のような人物が警官をつれ,現れた。そして,権威を振りかざし,テキトーに車を整理し始めた。すると,あ~ら不思議,角突き合わせ二進も三進もいかなかった車が少しずつ動き始め,やっとムグリンを通過できた。
 
考察。ネパールのドライバーは,ルールがあるところではルールに従いルールのないところでは良識により他者に配慮する英国紳士の対極にある。このネパール・ドライバーの行動様式は,交通量が少ないときは有効であろうが,交通量が増えると対応できなくなる。したがって,もし車社会以前に戻るのがいやなら,ネパール・ドライバーも交通ルールと良識に従う紳士とならざるをえないのである。
 
同じことが,国家の操縦者たる政治家についてもいえる。社会が複雑化・流動化してくると,もはや人を見て統治するその場しのぎの「人治」は無理だ。ルールによる「法治」,良識による民主主義に移行せざるをえない。ネパールは紳士とならざるをえない。
 
渋滞犯の超豪華巨大観光バス(中央)。近代悪救済を呼びかけるサドゥ(右)。
 
【補足】
これは単なる精神論ではない。1970年頃までの大阪では,整列乗車,整列駐車ができなかった。電車やバスがくると,皆われ先にと乗車口に殺到し,押し合いへし合いの大混乱。運転でも,割り込みや二重,三重駐車は日常茶飯事だった。 それが,「紳士たれ」キャンペーンにより,いまではお行儀よく整列乗車,合法駐車ができるようになった。何かを失ったのではあろうが,それはいまは問わない。
 
とにかく,教育は偉大であり,一世代で人々の行動様式は革命的に改造できることが,大阪で実証された。トラですら,その気になれば,飼い慣らすことができるのだ。

Written by Tanigawa

2009/04/04 at 11:37

血みどろのゴルカ王宮

 谷川昌幸(C)
ゴルカ王宮(旧王宮)は,ゴルカの町から急な石段を1時間ばかり登った険しい尾根の上にある。春霞で何も見えなかったが,晴天であれば,マナスルをはじめヒマラヤの山々が一望できる絶好の位置にある。
 
ここは(旧)王宮であり,もちろんヒンズー教の聖地でもある。行者たちが修行しており,牛食い外人と知りつつ,祝福を受けよと,かなり強引に呼びかけてくる。 登ったのは金曜午前であり,参詣者はあまり多くなかった。祭礼の日であれば,さぞかし多くの善男善女が訪れるのであろう。その証拠に,王宮への参道沿いには茶店がいくつも店を構え,路上ではお供え用の花や山羊も売っていた。
 
そして,すさまじかったのが,犠牲の動物たち(山羊など)の血。大量の血の染みこんだ石段が延々と王宮へと続いている。その犠牲の動物たちの血を踏みしめながら,王宮へと登っていくわけだ。 一段登るごとに,その犠牲の動物たちの生命と血と肉で私は生かされていることをいやでも自覚させられる。厳粛たらざるをえない。そして,その頂点に君臨するのが,王宮である。支配の空間構成としても,よくできている。
 
王制廃止以前は,ここは王宮の一つであり,王族のためヘリポートも用意されていた。庶民の参詣も制限されていたのだろう。王制が廃止された現在,ここはうまく開発すれば,絶好の観光地となるだろう。下々は,どの国の人であれ,王様が大好きなのだから。

 王宮への参道。犠牲の動物の血染めとなっている。

王宮

この鐘の手前で犠牲が捧げられる

行者

 

 

Written by Tanigawa

2009/03/22 at 23:41

カテゴリー: 文化

Tagged with , ,