ネパール評論 Nepal Review

ネパール研究会

Posts Tagged ‘ゴルカ

ゴルカの落差と格差:美少女の不幸

 谷川昌幸(C)
ゴルカの町(バスターミナル付近)と,その上下の村との高度格差と生活格差には,目がくらくらする。 バスターミナル付近は,電気,水道が普及し,生活はカトマンズや日本の地方都市と大差ない。この十数年で急速に近代化したのだろう。
 
ところが,そこから急勾配の踏み分け道を20~30分も登ると,電気も水道もない民家がたくさんある。ゴルカの女性はみな美しい。これらの家の美しい少女や主婦たちが,重い水瓶を右手で腰のところに抱え,あるいはドッコに乗せ,転げ落ちそうな急坂をあえぎ,あえぎ登ってくるのを見ると,胸が痛む。
 
水場のある眼下のバス・ターミナル付近が急発展しなければ,これら美少女たちの生活は苦しくとも幸せであったであろう。しかし,いまは幸せとは到底思われない。眼下の町では蛇口をひねれば水が出て,炊飯器でご飯を炊き,テレビを楽しむことができる。空いた時間には美しい服を着て,友人たちと外出もできる。眼下の町との生活格差は,高度落差以上にはなはだしい。幸せでいられるはずがない。
 
このゴルカでは,そして他の大部分の地方では,マオイズムは決して時代錯誤でもなければユートピアでもない。この生活格差を救済するには,革命的変化によらざるをえない。日本も欧米も,みな血なまぐさい暴力革命により近代化してきたのだ。
 
たしかに暴力革命は犠牲が大きく,避けることができれば,それにこしたことはない。しかし,この目もくらむような高度落差の国の絶望的生活格差を見ると,平和的改良の難しさに,だれしも途方にくれざるをえないだろう。
 
 ゴルカ・バスターミナル
 
 水運びの村の美少女2人
 
 山腹の民家(バスターミナルから約20分)

Written by Tanigawa

2009/03/21 at 15:16

カテゴリー: 社会, 文化

Tagged with , ,

ゴルカのキリスト教とイスラム教

 谷川昌幸(C)
ゴルカの町にも,キリスト教会らしきものがあった。マオイスト・アーチから少し入った道路沿いにホサンナ・マンダリ/Hosannna Churchの看板が掛けられている。外から見ただけなので,どの会派の教会で,どのような活動をしているのかは分からない。 また,町では,イスラム教徒にもときどき出会った。カトマンズ・ムグリン間の川向かいの村にはたしかにモスクがあった。ゴルカにもあるのだろうか?
 
 
宗教は多くの人々にとってアイデンティティの核心をなしており,様々な宗教があるのは当然だ。日本にも神道,仏教,キリスト教,その他の宗教など,無数といってよいほどある。だから多宗教は自然なのだが,その一方,宗教は心情の動員力が強く,しばしば大きな社会的軋轢を生み出し,紛争をもたらす。 その解決方法として広く認められているのが政教分離だが,しかし,これはなかなか難しい。日本でも,靖国神社問題がことあるごとに表面化する。
 
ネパールにキリスト教やイスラム教や仏教諸派などが入ってきて布教活動をするのは自然なことだし,止められない。しかし,状況によっては,既存社会との軋轢を生み,紛争を引き起こすことも考えておかなければならない。特に先進諸国の人々は,自分たちが激しい残虐きわまりない宗教弾圧を経験してきたことを忘れてはならないだろう 。
 
ホサンナ教会
 
押しても引いても鞭打ってもここを動かない牛
 
 

Written by Tanigawa

2009/03/21 at 15:06

カテゴリー: 宗教, 旅行

Tagged with ,

ゴルカのマオイスト

谷川昌幸(C)
バブラム・バタライ氏に敬意を表し,ゴルカの状況調査に行ってきた。道路は,カトマンズ・ムグリン間もムグリン・ゴルカ間も,最近改修されたらしく,予想以上によかった。特にポカラ分岐点からゴルカまでは,バブラム道路かな(?)と思うほど快適だった。ネパールにも政治道路があるのだろうか?
 
ゴルカは初めて。山腹の小さな町だが,この近辺の村々の中心らしく,屋根にまで乗客を満載したバスがかなり頻繁に通っており,バザールもにぎわっていた。 町も周辺の村々もカラカラに乾燥し,赤煉瓦色の土はサラサラの粉末状となり,一面を覆っている。水は豊富で,いくつも水場があるが,各戸への水道は普及していないらしく,大きな水瓶を持った少女たちが急坂をあえぎあえぎ登ってくる。過酷な労働であり,水の貴重さが身にしみる。
 
ゴルカはバブラム・バタライ氏の本拠だが,マオイストのポスター類は意外に少ない。町の入り口には,例のマオイスト・アーチが設置されていたが,ポスター類はUMLのものもNCのものもある。 夕方,数十台のバイクと乗客満載のバス2台と,武装警官満載の車両が登ってきた。マオイストと警戒の武装警官らしい。バイク隊は凶暴そのもの,そしてバス満載のYCL(たぶん)も大声でシュプレヒコールを叫んでいた。 こんな夕方から何をするのかと見ていると,小型トラックに乗り換え,停電で薄暗い村々を回って,オルグをやっているらしい。遠くの村の方面から,シュプレヒコールが聞こえてくる。やがてゴルカの町に戻ってきて,ホテル下の広場で解散となった。こんな圧力を掛けられたら,村人は抵抗できないだろう。
 
ただ,ネパールの不思議なところは,先にも述べたように,他勢力が根絶されるのではなく,共存していることだ。軍駐屯地があり兵隊だらけだし,シャハ王家のゴルカ王宮には熱心な信者の参詣が絶えない。高級ホテル(といっても1室15ドル)では,朝7時からお偉いさんが車で参集,チャッカリ兼朝食兼選挙運動(?)をやっていた。警察幹部らしい人も一緒だった。 ヒマラヤは,春霞のため全く見えなかった。
 
  
 ゴルカ(2009.3.20)

Written by Tanigawa

2009/03/21 at 00:39

カテゴリー: マオイスト, 旅行

Tagged with , ,